現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

病院で説明を受けるのは迷惑なのでしょうか?

ココ
2018年3月27日 9:50

迷惑なのでしょうか?

病気の相談ではないのですが
私は今回「分枝型IPMN」という聞きなれない診断がつきました。
膵嚢胞のことです。
正直何のことやら全く分かりません。ネットで調べると IPMN=悪性になる。という風に出てきます。
病院の看護師さんらですら知らない病気です。
検査して頂いた大きな病院の先生に説明を受けようにも 質問しすぎると嫌な顔をされ
結局 病気相談サイトで医療相談を受けて納得するようになります。
やはり 大きな病院では 納得のいく説明を受けるのは難しことなのでしょうか?

IPMNの知識が全くない私に難しい言葉で言われても理解できません。
患者が聞きすぎるのは やはり うっとうしく 嫌なことなのでしょうか?

どういう聞き方をすれば良いのでしょうか?

ユーザーID:4820294924  


お気に入り登録数:8
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

タイトル 投稿者 更新時間
迷惑というか
きのこ
2018年3月28日 15:15

>質問しすぎると嫌な顔をされ

何事も「し過ぎる」のはよろしくないです。
悪性になるの?心配!という気持ちは分かりますが医師にしつこく大丈夫か?などと聞くのは時間の無駄です。
感情に流されず、自分が知りたいことのみを適切に質問できるようにあらかじめメモにまとめておくといいです。

ユーザーID:4805611894
悪性になる?
2018年3月29日 20:49

膵管内乳頭粘液性腫瘍(Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm)ですね。これを書かずに「分枝型IPMN」とだけ説明されましたか?

1.ネットは適切な利用を
大学病院、医療機関、学会、製薬会社、患者の会などの情報は偏りが少ないです。IPMN=悪性になる、などと、いい加減な記載をしている記事を鵜呑みにしないこと。適切な記事は内容が難しいこともありますが、複数の記事を読み合わせてください。簡単でわかりやすい記事から難しい記事にステップアップしてください。

2.IPMNについて調べる必要はない
トピ主さんの病気は分枝型IPMNで、さらにトピ主さん独自の病状があります。主治医は、トピ主さんの病状で話をします。主治医には定期的な検査と言われましたか?手術かもと言われましたか?それに合致しそうな説明を探してください。

ユーザーID:8727109989
適量というのがあります
さくら
2018年3月29日 21:13

例えば、生理が重くて鎮痛薬をもらったとします。生理が重い人は、正常と何が違うのか、ホルモン?ストレス?子宮の病気?卵巣の病気?
ネットにはいろいろ書いてありますが、病院でこういうことを逐一聞いたら嫌な顔をされるでしょう。

特に、軽症で、定期検査だけすればいいような場合は、説明が少ないです。
分枝型IPMNの大半は、定期検査だけで済む軽症です。

生理の例に戻ると、普段より少し辛かった程度で、「何か重大な病気ですか?」だけで済まず「ホルモン剤を飲んだり、子宮摘出する必要はありますか?今なくても、今後はあるかもしれないんですか?」と聞いてしまうと、嫌な顔はされるかもしれませんね。


IPMNは、膵管内乳頭粘液性腫瘍(Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm)という名の通り、膵臓の管の中にできる腫瘍で、粘液を出し、形状が乳頭状です。で、

・主膵管というメインの管にできるタイプ=主膵管型
・それ以外にできるタイプ=分枝型
・両方にできるタイプ=混合型

があり、分枝型は癌化リスクは低い、とりあえず一番安心なタイプです。
とはいえ、いろいろなリスクを考慮して、手術を検討する場合もありますし、手術しない人でも、念のため、今後は定期的な検査をしていきます。

トピ主さんがどんな説明を受けて、どんな質問をしたのかわかりませんが、上記でわからないなら説明は難しいですし、それ以外の一般論なら答える必要があるか微妙です。

ユーザーID:8727109989
時間がとれないのかもしれないですね
一般内科
2018年3月29日 21:39

専門的な治療をせずに、総合内科として診療しています。
トピ主さんのように消化不良で私の外来日にヨソの質問をされることがあり、基本的な説明をして、あとは主治医に聞いてもらうよう言います。

分枝型IPMNは、膵臓腫瘍の一種で、ねばりけのある液を出します。出した粘液をためこんでのう胞状になり、画像検査ではのう胞が見えますが、「IPMNはのう胞か腫瘍か」と言ったら腫瘍です。
良性も悪性もあり、発見時に良性でも悪性になる=癌化するリスクがある点が、なおややこしいですね。
ちなみに、癌化リスクが高いのは「主膵管」という場所にできるタイプ、それ以外=「分枝」にできるタイプは大半が定期検査だけで済むようです。

ここまでが一般論です。
さて、それで、主治医から何と言われていますか。定期検査だけは続けるか、手術するかもしれないか、まだしばらく検査が続くか。ここから先はカルテ、検査結果を見ないとわからないので、主治医の先生に聞いてほしい内容です。
医師も、病気について「何でも」知っているわけではないですが、その他によくある質問は、生活上の注意点、薬や健康食品の飲み合わせなどでしょうか。

ユーザーID:8727109989
これだけでは情報不足ですが
たい焼き
2018年3月29日 23:00

トピだけでは、医師の説明が足りないのか、トピ主さんの質問がおかしいのか、判断はできません。
ただ、気になる点はあります。

IPMNですが、正式名称を見ての通り、のう胞ではなく腫瘍です。

>膵嚢胞のことです。

嚢胞型の腫瘍、嚢胞性腫瘍ですが、「腫瘍」なんです。どこの怪しいサイトが膵嚢胞と説明したのでしょうか?
また

>ネットで調べると IPMN=悪性になる。という風に出てきます。

「悪性になる」ではなく「悪性になる可能性がある」、つまり「癌になる」ではなく「癌になることがある」です。これは大違いです。どこのサイトにそんな嘘っぱちを書いてあったのでしょうか、それともトピ主さんの誤解ですか?

この程度の基本的な内容は、ネットにもたくさん載っています。このレベルで、資料を与えられても正しく理解できないのであれば、基本的な読解・理解力が厳しいので、詳しい質問は諦めてください。学校の先生みたいに基礎から噛み砕いて優しく説明する時間はないと思います。


「変わった病名を告げられたが、定期検査に通うだけ」ということはよくあります。
ある程度の身体や医学の知識がなければ、薬か手術か定期検査か、医師の言う通りにするしかありません。

ユーザーID:9604211617
あーそれは
スカイプ
2018年3月29日 23:10

膵癌は死亡率高いと言われる中、わりと代表的な良性膵腫瘍で、でもたまに癌化するやつですね。

・のう胞型の腫瘍
・分枝型はたいてい癌化しない
・でも定期検査する

ぐらいで良くないですか。ネットにもたくさん書いてありますね。他に基本的な知識がないから説明をというのは、時間ないと思います。もし、どうしてこんな病気になったのか、ずっと検査に通うのか、癌になったらどうするのかとか聞いたら、迷惑っていうか、医師だってそんなことわからないと思います。

ひとつ、言えるのは、深刻な病気だと、医学研究も進み、医師も丁寧に説明します。大したことない病気だと、医師はあまり説明してくれませんし、そもそも研究が進んでいなかったりします。分枝型IPMNは、わりと大したことない病気だと思いますよ。

ユーザーID:4184128342
軽症なら
2018年3月29日 23:45

病名が難解かどうかではなく、手術や、抗がん剤、免疫抑制剤など難しい治療が必要かどうかでしょう。

癌なら、けっこう説明してくれます。
癌になるかも、なら、そこそこ。
分枝型IPMNは、あまり癌にならないので、少しだけ。

ネットでちらっと見たところ、わかりやすいサイトが幾つか出てきましたが、悪性に「なる」じゃなく「なることがある」じゃありませんでしたか?そのへんが区別できないなら、お医者さんの言葉が難しいのではなく、あまりに門外漢すぎるんだと思います。説明にも限度はありますよ。

ユーザーID:0270988372
質問の仕方が良くない?
2018年3月31日 10:07

質問しすぎる、というのが「似たようなことを繰り返し聞く」ということなら嫌な顔をされても仕方ありません。
説明を聞いて、説明を理解した事によって出てくる新たな疑問について質問するなら嫌な顔をされることは余りないと思います。
少なくとも自分は医者に質問して嫌な顔をされたことはありません。

ネットの情報を見て、「IPMN=悪性になる」というような理解をされているので、頓珍漢な質問をしていることはほぼ確実だと思います。

ユーザーID:1826823308
本人の病状はOK、一般論はNG
m
2018年4月1日 12:00

トピ主さんの病気は「分枝型IPMN」なので、「主膵管型IPMN」や、「IPMN(主膵管型+分枝型+混合型)」の一般論は説明してくれないと思います。

また、トピ主さんの現在の知識と理解力に応じた説明になりますので、医療職レベル、大学受験レベル、高校生レベル…と分類していって、小学生レベルの知識しかなければ、小学生向けの説明になります。そこで高校生レベルまで説明するのは無理です。

それに、納得できない気持ちの正体は、難しい病名をつけられ病院へ何度も通う現状への「動揺」かもしれません。納得いくまで=動揺が落ち着くまで説明するというのは難しいと思います。いっそ、生命に関わるから手術という方がわかりやすいですが、「重症化するかも、しないかも。大抵は大丈夫。」という病気もたくさんあるのです。

ユーザーID:4491331225
どの様な質問をしている?
さくらもち
2018年4月2日 7:20

今のトピ主さんは、診断はついたが手術や抗がん剤などの治療は不要で定期的に受診をして様子見、つまりは経過観察中ですね。
トピ主さんは、ガンになる不安が大きいから、ガンになることについての質問をするのでは?
トピ主さんは今現在、何か症状がありますか?
日常生活に困ることがありますか?
可能性の低い事を毎回しつこく聞かれると医師も困ります。

今の医師に不安があれば、別の医師の意見をきくセカンドオピニオンを受けてはどうですか?

ユーザーID:1985869583
トピ主です。
ココ(トピ主)
2018年4月5日 15:39

お返事頂けた皆様ありがとうございます。
分枝型IPMNの診断がついたのが2週間前です。
膵体部に1.5cmの膵嚢胞があるそうで半年ごとの検査となりました。
全く聞きなれない病名に動揺し今までパニック状態になっておりました。
皆様のおっしゃる通り「悪性になる。のではなく 悪性になるかもわからない」ということなのです。
それが今まで理解できませんでした。
この2週間ネットでIPMNを読み漁りました。なぜか悪い方悪い方に考えてしまうのです。
先生はきちんと説明してくれてたはずです。それなのに私がパニックになってしまって 聞いてなかっただけだと今になって反省しております。
確か主治医は「慢性胃炎の人が癌になるのを観察しているのだと思ってください。
それぐらいのものなのです。」と言ってたような気がします(汗)
一人パニックになって 周りの人に迷惑をかけたみたいです。
皆様のレスを何度も何度も読み返し これからは少し冷静に落ち着こうと
反省いたしました。皆様には感謝いたします。

ユーザーID:4820294924
 
現在位置は
です