現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

死別を受け入れること

petit
2018年3月31日 23:03

半年前働き盛りの主人と死別しました。いまだに信じられず、苦しんでいます。皆さんは大切な人の死とどう向き合っていらっしゃいましたか?心の回復にむけてなにか良い方法がありましたら、教えていただけないでしょうか?まだ一歳の娘が将来、この現実に気が付いたきにどう伝えたらよいかも思い悩んでいます。

ユーザーID:4888096066  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
まだまだ・・・
riko
2018年4月1日 20:13

お辛い時間をお過ごしのことでしょう。

私は息子が10歳・娘が6歳の時に夫を亡くし、二人の子供を成人させることだけを目標に生きてきました。 「私も逝きたい・・」「いや、私まで死んだら子どもたちが孤児になる。がんばらなきゃ!」毎日この繰り返しでした。
とにかく子供たちのために3食を作り続けました。その食事が子どもの未来を創ると自分に言い聞かせて。
でも夜中はこっそり一人涙にくれていました。

結婚式を挙げた教会には、出勤前に毎日1時間、礼拝堂で泣いていました。
1年半くらいたってようやく教会へ行く頻度が少なくなってきました。
夫の分まで生きよう!生きて子どもたちの成人を見届けよう! やっとそんな気持ちになりました。
今年は13回忌です。娘は18歳になり今週希望の大学に入学します。
5年後、10年後を考える必要はないと思います。
今は悲しみながらも苦しみながらもお嬢様と生きていく。。それだけしか、いえ
それこそが苦しみから少しでも早く回復する方法なのではないでしょうか。

仕事と家事、子育てで終わった13年間でした。悔いは全くありません。
この春から一人になります。
残りの人生は自分のために、夫の分まで楽しもうと思います。
天国で夫に会えたらお土産話をたくさん聞かせてあげます。

あなたは1人ぼっちではありませんよ。日本中に、世界中に同じ境遇の方はたくさんいらっしゃいます。
一緒に頑張っていきましょう!





 

ユーザーID:5000049729
お辛いですね。
2018年4月1日 23:12

お悔やみ申し上げます。

パートナーとの死別ではありませんが、
15年前に学生の時に父親が亡くなりました。
前日までは、元気だったのに突然倒れてそのまま・・・。

正直、未だに涙してしまうこともありますし、
いないということは、分かってるんです。
でも実感はありません。
どこか、遠く離れて暮らしてるというか・・・。

私自身も結婚し家族を持ちました。
子どもは、かわいいです。
でも、仕事や悩みで辛い時にふと父親のことを思い出し涙もでます。
以前に比べると涙することは減りました。
時が経ち、落ち着いたのかもしれません。
事故に遭いそうになった時や、
大変なことを乗り越えた時は、いまだにお父さんが助けてくれた。
と思ってしまいます。

娘さんのためにも、前を向いてくださいね。
全てを抱え込む必要はないのですよ。すぐに前を向く必要もないです。
泣きたい時は、いっぱい泣いてください。
私もそうしてきました。
涙を我慢することはないですよ。

きっと亡くなられたご主人様も、トピ主さん親子を守ってくれています。

私の母が、父が亡くなった時に心配されていた時に
「主人は、この子達(私と兄)を残してくれましたから。」
と言っていたことを覚えています。
トピ主さんは、娘さんがいます。
2人でなら、きっと乗り越えられると思っています。

ユーザーID:4641981233
ここにもいますよ
ふきのとう
2018年4月7日 5:49

悲しいね、本当に。悲しいなんて言葉で言い表せないくらいの辛さ、心細さ、孤独感、喪失感、他にもいっぱい。こんなことが起こるなんて、とずーっとずーっと思ってる。でもやっぱりご飯を作り、仕事に行き、無理やり笑い、必死に生きてる人間がここにもいますよ。あなたを抱きしめて一緒に泣きたいです。出来ることをお手伝いしたいです。今は沢山の人に頼って甘えて生きてください。この広い空の下、やっぱり同じような境遇の人はいるんだよね。何とか何とか一日一日生きていきましょうね。

ユーザーID:6554867625
 


現在位置は
です