現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

老後のお金問題

金子
2018年4月1日 23:53

年金満額受給中の夫とまだ基礎年金は受給してない私の夫婦の二人暮らしです

私が65歳になって 基礎年金受給しても年金だけでは生活できず 貯金を切り崩しての生活になるため 長生きすると貯金が底をつき老後破産してしまうと今頃になって気が付きました

義母は元気で90歳を超えてるし 私の両親は米寿を過ぎてから亡くなったので 
夫婦そろって長生きしそうです

銀行で満期になった定期預金を投資信託や生命保険にしたらどうかと勧められました

投資信託の本を読んでみましたが 元金が保証されないようなので これ以上老後資金が減ったら困るのでどうしようかと思います

積み立てニーサのチラシをもらったので読んでみると
月一万円位からできるし 大きな損はなさそうなので
貯金には手を付けずに 食費や娯楽費を節約してやってみようかと思ったり

毎月一万円ずつ積み立てして 数パーセント儲かったとしても20年後に元金と合わせて300万円では まだ足りません

老後は年金だけでは心配な皆さん どんなことをしてお金を増やしていますか?
ノーリスクハイリターンな何かいい方法はないでしょうか?

ユーザーID:8975957156  


お気に入り登録数:381
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:62本

タイトル 投稿者 更新時間
メリットだけの方法あります
まも〜ん
2018年4月2日 13:17

働いて下さい。

ユーザーID:6594747556
あはは
老いの身
2018年4月2日 14:13

今更慌てても 数年後には老後が来るの判ってるでしょう。だから若いうちから節約倹約するんですよ。年間50万不足しても20年で1000万ですよー 60まで最低3000万貯めておかないと。減るのはすぐです。働くことですね。今の若い子はもっと困ると思う レストラン寿司や焼肉屋みんないっぱいですもん コンビニだらけだし

車もでっかいの乗ってる 計画立てて貯めないと。。

ユーザーID:9780388292
ノーリスクハイリターンはない
hah
2018年4月2日 14:16

投資は余ったお金をさらに増やすためのもの。虎の子をかけてはなりません。ど素人がうかうかとだまされるのは、なんとか増やそう、と思ってしまうからです。銀行の口車に乗らないように一般の人ならば考えましょう。

お金はとっても、さみしがり屋、という言葉をご存知ですか?お金は寂しがり屋なので、あるところに集まって行くのです。少ない所にはよってきません。くれぐれも、儲け話にのらないようにしてください。

まず、二人の年金内でやりくりすることを考えるのが先決です。たとえば二人合わせて200万ならその範囲で生活のやりくりを死守する。これを努力する、といいます。
さらには収入を増やすために、少しでも働きましょう。多くの職場ではいま、空前の人手不足です。主婦がパートから帰宅する夕方から夜にかけては、暇な時間があるシルバーの出番です。素人が夢のような投資話を考えるよりうんとてっとり早く、リスクも少ない。ほんの数時間、二人で掃除でもなんでもやる。これが一番です。いつまでも働きましょう!!

ユーザーID:8237678521
働く
体が資本
2018年4月2日 14:21

ノーリスクハイリターンなんて
あれば誰でもやってますよ
動ける間は働く
これに勝る術は無いと思います
脳と体の健康のため、社会への貢献
一石二鳥です

ユーザーID:0539125059
うまい話はありませんよ
月子
2018年4月2日 14:39

わが家の貯蓄はまずまずでも、今後の収入は先細りの状態で、心細い限りです。

投信はやめておいたほうがいいと思います。投資してよかったとの話を聞いたことがありません。

積み立てニーサやイデコは検討してみる価値がありそうです。

ユーザーID:0615341376
えっ
ハローワーク
2018年4月2日 15:06

トピ主さん働いてないの?昔から言うではないですか「稼ぎに追い付く貧乏なし」と。老後が不安ならトピ主さんもがむしゃらに働かないと。資産運用で何かをしようと考えているのですか?資産運用で老後を豊かに暮らそうと思う人は上流の人だけです。最低でも夫婦で一億ないと資産運用などとてもとてもですよ。老後が不安なら掛け持ちして働く事です。ホント冷たいレスで頭にくるかもしれませんがでもトピ主さんこれが現実です。もう一度書きます。「稼ぎに追い付く貧乏なし」。頑張って下さい。

ユーザーID:3784937092
働くしかない
kさん
2018年4月2日 16:13

>ノーリスクハイリターンな何かいい方法はないでしょうか?

そんなものが有ったら、苦労しませんね。
私も教えて貰いたいです。
イヤ、知っていても教えませんよ、きっと、だれも。

でも方法はあるんですよ
月一万円なんて言っていないで
夫婦でバイトでもしたら良いじゃ無いですか?
7〜8万円ずつ稼げたら、2人で14万円×12ヶ月=168万円
基礎年金は80万円弱くらいでしたっけ?お二人受給なら、バイト併せて320万円になります。
貯金減らさなくても生活できませんか?

ところで、生活費はおいくらで、貯金はどのくらい準備できていますか?

(すでに、フルタイムなどで働いていたら失礼しました。)

ユーザーID:6298005029
やらないほうがいい
四角
2018年4月2日 16:34

投資信託は怖いのに積立NISAが怖くないと考えているのであれば無知からなされる暴挙ですのでやめときましょう。
これの違いは儲けに税金がかかるかかからないかだけでリスクレベルは一緒ですよ。
でもまぁきちんと分散投資をすればリスクは低減します。
銀行に言われるがままやれば銀行にとって有利な商品を勧められますのでご注意を。

ノーリスクハイリターンのもうけ話があればネットに書かず自分で儲けます。
無知な方の最大のもうけ話は働くこと一択です。
短時間でも時給が少なくても働いている時間はお金を遣わずに逆に増えるんです。

ユーザーID:8518314107
働くのが手っ取り早い。
匿名
2018年4月2日 18:09

これならノーリスク。

ユーザーID:7080010380
ずっと働こう
生涯現役
2018年4月2日 18:10

老後も細々と短時間で働きましょう。
これでわずかでも収入を得続けることで貯金の切り崩しを軽減できます。
健康維持にも役立ちます。
(ハードに働く必要はありません。)

積立NISAは二十代の若い社会人こそ時間を味方につけられてお勧めな金融商品です。

ユーザーID:8246175943
お気の毒ですがありません!
経験豊富
2018年4月2日 20:52

 投資は「ハイリスク ハイリターン」か「ノーリスクあるいはローリスク ローリターン」しかありません。
 今から資産運用で老後資金を捻出するのは無理だと思います。
 お気の毒ですが、気づくのが遅すぎましたね。
 残された手段としては(自宅が持ち家であることが前提ですが)リバースモゲージぐらいしかないと思います。
 つまり自宅を担保に銀行から老後資金を借り、死後に銀行が自宅を処分して貸付金を回収する制度です。
 扱っている銀行で詳しい説明を聞いてみては如何ですか?

ユーザーID:7108493126
FPに相談
もーそー
2018年4月2日 22:01

FPは家計改善、老後資金の相談に乗ってくれます。
銀行や保険会社と繋がっていない、独立系のFPを探してください。
老後資金の本を読むのも良いでしょう。

生命保険や親から遺産は?
加給年金や加給年金(家を担保にお金を借りる)は?
一番現実的なのは、働くことです。

生命保険は止めた方がいいと思います。
積み立てニーサはいいけど…やるなら勉強して下さいね。

念のため書きますが、もしお子さんがいない夫婦だった場合は、夫の親兄弟にも相続権があるので、遺言が重要になってきます。

300万あっても、夫の介護費入院費、葬式代や墓代で消えませんか?
夫が亡くなれば、夫の年金もなくなります(遺族年金はあると思いますが)。

男性の寿命の最頻値(平均寿命で考えてはいけない)は87〜88歳ですが、今後も伸び続ける予測が出ているので、トピ主夫が亡くなる可能性が最も高いのは90歳前後になると思います。
女性の寿命の最頻値は93歳、今後も伸びる&トピ主さんが平均より長生きすれば100歳ぐらい?

少子高齢化で、施設に入りたい高齢者は激増、介護士(若者)は減少…介護ロボットが普及すればいいけど、施設入居は激戦で高額化するかもしれません。
FPと真剣に考えたほうがいいと思います。

ユーザーID:7448908218
今から積立?
oba
2018年4月2日 22:09

過去に遡って貯蓄を増やすわけにはいかないのだから、夫婦お二人共体の続く限り働かれてはどうですか?

ユーザーID:2727325611
繰下げ受給
ヘマタイト
2018年4月2日 22:49

・年金の繰下げ受給
私なら年金の繰下げ受給を選びます。
本来65歳で受給開始となるものを70歳まで繰り下げれば42%アップですから。
もちろんその間の5年間も働きます。
今無職なら働いて下さい。
長生き対策なので、早死にしたら損という考え方の人には合わないでしょう。

あと、外貨預金でしょうか。
手数料の安いところで円高の時に購入して、円安の時に売れば損はしません。
円安になるまで何年でも待って円に替えればいいだけです。
気長に待てる根性があるならおすすめです。
20年位の外国為替のチャートを眺めているだけでも面白いですよ。

ユーザーID:4841387764
リスクなしの投資はありません
ワンダふる
2018年4月2日 23:16

ただし限りなくリスクを抑えての投資は可能なようです。はっきり断定できないのは将来のことは誰にも分からないからです。
アセットアロケーション、ポートフォリオ、リバランスなど、もしこれらの用語がピンとこないのであれば何冊か本を買って勉強されることをオススメします。もちろんネットでも勉強できますが、私は書籍の方が理解できました。

失礼なことを言いますが、今からトピ主さんが大きく儲けるのは難しいと思います。短時間でも働いて稼ぎ、投資はおまけ程度に始められてはどうでしょう。
まずは少額から始めるのがいいです。間違っても証券会社や銀行に相談しないで下さいね。いいカモになってしまいますので。

ユーザーID:1777727122
詐欺に引っかかりますよ
mf
2018年4月3日 6:46

ノーリスク、ハイリターンの金融商品などありません。
元本保証で、高金利・高配当の金融商品もありません。
そんな「濡れ手に粟」のような話を期待していると、
全財産を失いますよ。
「ここだけの話」「あなただけに特別」
「今、○○に出資すると・・・」などと言って
話を持ちかけられたら、それはもう金融詐欺です。

銀行から勧められる金融商品のほとんどは
各種の手数料(購入手数料、信託報酬など)が高いものばかり。
本当に投資を考えるのなら、手数料もチェックしましょう。

保険は「投資」ではありません。投資とは真逆の商品。
「外貨建て」「変動」などは、その最たるもの。
目先の金利に騙されてはいけませんよ。

高齢であっても、地道に投資をすれば
預貯金の目減りを押さえることも可能です。
が、一攫千金はありません。
本気で投資のことを考えるのでしたら、
もう少し、勉強されると良いです。

ユーザーID:9172472306
唯一の方法
esezou
2018年4月3日 8:06

今気が付て良かったですね。

厳しいことを書きますが心して聞いてください。

ノーリスクハイリターンな唯一の方法。

収入に見合った支出に生活をシュリンクする。

以上。

保険ではお金は増えません。

NISAをやるには遅すぎますし税金を払っていないならメリットない。

投資信託もその金融リテラシでは無理。

年金受給前なら、満額に近づける方法や付加年金を調べてください。

あなた方は無策すぎました。

お金の掛からない生活にするのが一番。

ユーザーID:9897299611
老後のお金の問題、心配ですね
花火
2018年4月3日 8:18

老後のお金の問題、心配ですね。。。

こちらも60代、夫婦二人の暮らしです。
夫は年金、全額受給していますが私は国民年金のみ来年から受け取れます。

うちにも銀行から色々な提案が有りますが最後の砦とも言える老後資金だけは絶対安全でなければなりません。リスクのあるものには手をだしません。
ペイオフに備えて1,000万円ずつ複数の銀行に分散預金しています。

どちらも長生き家系のため長生きによって貯金が底をつく時があるのでないかという不安もあります。
そういうこともあって夫は69歳ですが継続雇用で働いています。このまま元気なうちは、ずうっーーと働いて貰うつもりです。
長生きするほど預金が増えていくことになります。

健康でお金の心配のない長生きしたいですね。

ユーザーID:5894458452
今まで何してたの?
働けよ
2018年4月3日 8:53

その年になるまで何も対策をせずに生きてきたんなら、そのツケが回ってきただけなのであきらめるか、今後身体が続く限り働くしかないです。
ローリスクハイリターンでもそんなものはないのに、ノーリスクハイリターン?
ふざけてるんですか?
あるわけないでしょうが。
うまいもうけ話のサギにひっかかって、今ある貯金を全部失わないようにね。
投資は素人が手を出すと大やけどしますよ。
夫もあなたも働きなさい。
それが確実です。
ラクしてもうかるような魔法みたいな方法はありません。
世の中、これだけサギ事件が報道されてるってのに一向に減らないのは、トピ主みたいなのがいるからなんだ、と納得。
早いうちから老後に備えていてよかった・・・。
60過ぎた時こんな事で悩まずにすむわ。

ユーザーID:2149266050
Que sera, sera!
恵まれた古希
2018年4月3日 14:50

私は何もしていません。小さな投資で得られる利益は、手数料と税金で消えます。大きな投資は性格的に無理です。金は天下の回りもの、座右の銘です。

退職して10年、現在夫婦−団塊世代の走り、同級生−の年金360万円と貯蓄の取り崩し60万円で生活しています。90歳まで続けられます。大きな出費−改装費600万円、海外旅行費600万円etc−は60代で終えています。

三男(クオンツ職)が常々私たちに言っていることは、私たち夫婦が認知症にならないことが彼にとって"ノーリスクハイリターン"だそうです。

私たちは健康です。強い味方−子どもたち−もいます。老後生活を楽しんでいます。

ユーザーID:8830182508
 
現在位置は
です