現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

猫に対する気持ちの持ちようを変えたい

YW
2018年4月9日 9:06

小町にはペットを飼っている方も多いと思いますので、ご相談します。

雌雄の猫2匹(推定10歳前後、避妊去勢済み)を飼っています。
8年前にペアで保護団体から譲り受けたものです。

同居生活4年目から些細なことがきっかけで度々(2ヶ月に1回くらい)喧嘩を起こすようになってしまいました。
喧嘩自体は毛が飛び散るほど激しいもので、一時期はストレスで一方がお漏らしをするようになってしまいました。
しかし、隔離部屋を設けることで、お漏らしもなくなり、数日後には何とか元の仲には戻れています。

この4年間の度々起こる喧嘩により、対策はわかりました。
お聞きしたいのは猫の喧嘩対策ではありません。

喧嘩が起こるたびに自分でもおかしいくらいに落ち込んでしまうのです。
半年前に出産したのに、喧嘩が起きると子供のことより猫のことを優先してしまうほどです。

喧嘩は防ぎようがないし(と思っています、詳細は省きますが一方の何気無い動作でいきなり起こります、その動作のパターンも様々で4年間色々考えて見ましたが無理でした)、起きても1週間ほどで戻るとわかっているのに、です。

少し前までは、いっそ一方を里子に出すか、隔離部屋で一生過ごさせるか…とまで考えていましたが、「そんなのかわいそうだな」と思ったので、その選択肢は捨てて、今後も今まで通りに飼いたいとは思っています。

そこで相談なのです。
この繰り返す猫の喧嘩に対してもっと気持ちを平静に保つこつ?を教えてください。
夫には「あなたは猫に感情移入しすぎだよ」と言われます。
自分でももっとドライに捉えて割り切って共存していきたいと思っているのですが…。
ペットを飼っている皆さんは、どう気持ちを切り替えて生活しているのでしょうか。

ユーザーID:0239673519  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本

タイトル 投稿者 更新時間
気持ちを引きずらないためには
ろんと
2018年4月9日 12:40

猫のケンカの後に、落ち込んでその気持ちを引きずってしまうわけですね。

そうならない方法はあります。

猫がケンカをしているときに、「ああ、どうしよう〜。なんで〜!」と
ハラハラドキドキしてませんか?

そのドキドキした気持ちとケンカが終わった後のす〜っと潮が引いたように
冷めていく気持ちとの 落差 がその後の落ち込みにつながってると
思われます。

ではどうするか。

猫がケンカを始めた際に、まずトピ主さんが

「うぎゃぎゃぎゃあああ!!!ぬにょ〜うんにゃにゃああああ!!!」と

ものすごい大声を出しながら四つん這いになり顔を真っ赤にし
まさに噛みつかんとばかりに威嚇してください。

まず、猫たちが怯えケンカする回数が減ります。

そして、トピ主さまはなんでだかすっきりとした清々とした
何かを成し遂げたような気持ちいい達成感にひたれます。

思い切って吠えましょう!

ウジウジ考えてもしょうがないことに、捕らわれてた自分が
あほらしくなりますよ。

また、猫君たちとも野生の友情が芽生えるいい機会にもなります

ユーザーID:0839071130
猫を人間化しすぎ?
えだまめ
2018年4月9日 18:49

わたしもあまり仲のよくない猫二人と住んでいるので、
主さんの気持ちとってもよくわかります。
主さんの猫ちゃんたちに対してのあったかい気持ちはいいのですが、
でも自分がそれによって落ち込んでいたら、問題だと思います。

猫同士は人間同士とちがう形で、お互いコミュニケーションします。
喧嘩、といってもいろいろ種類があって、第一段階は、喧嘩になることを避ける、
ということを常に自分たちでしているはず。
そのサインはとても微妙で、知識のない人間にはわかりにくい。
でも、注意してるとわかります。主さんもきっといろいろ知ってるはず。

これは無駄な体力を極力つかわない、という進化過程で生まれた戦略です。
猫はそもそもほかの猫と一緒に住むということをしないで進化した動物なので
(猫科で一緒に協力して狩りをするのは、ライオンだけらしいです)、
砂漠を歩いていて、ひょんなことで出くわしたほかの猫といちいち喧嘩していては
身がもちません。
不必要な喧嘩を避けるため、自分がいたところににおいを残したり、
いろいろ方法があります。

多頭飼いの猫ちゃんたちが実際に暴力が関わる喧嘩をするのは、
それらのサインが全部失敗した結果だと思います。
けれども、最後のところ ー血を流すような喧嘩ー は、やはり稀ですよね。
ていうか、主さんの猫ちゃんたちも、そこまでいったことないのでは?
だったらやはり彼らなりに、うまく共存していく努力をしているんだと
思います。

すこしうんちくを書きましたが、気の持ちようを変えたいということなので。
割り切るのには、猫ちゃんたちの習性を知る、というのも一つかな、
と思いました。

人間の子供に、猫と育つという環境を与えられるのは、親ができる一番貴重な
プレゼントのひとつだと思います。
主さんのお子さんも将来きっとその環境に感謝するのではないでしょうか。

ユーザーID:5927875031
激怒症候群
Honeymoon
2018年4月11日 10:21

今月の「ねこのきもち」という雑誌に載っています。
てんかんの一種?のようで、投薬でコントロールするようです。
本ニャンのためにも一緒に暮らすみんなの為にも、動物病院でぜひ相談してみてください。

ユーザーID:9041554566
トピ主です
YW(トピ主)
2018年4月12日 7:11

こんなどうしようもない悩みにご回答ありがとうございます。

ろんとさま
ふむふむと読み進め、途中で思わず笑ってしまいました。
ヒステリーっぽくわめいたことはありましたが、
あまりに人間の女性らしい振る舞いだったため野生の友情が芽生えなかったのかも…。
「ウジウジしてもしょうがないこと」、ほんとそうなんですよねー。
自分がアホらしくなるような振る舞いでふっきるのも大事ですね。

えだまめさま
ご回答内容、何度も何度も繰り返し読んでいます。
わかっていたつもりでも、きちんと説明してもらうと冷静になれる自分がいます。
なんだかすごく今後のためになるヒントをいただけた気がします。
習性の観点から猫の行動を捉えるようにします。
また、最後の言葉で救われた気持ちになりました。
衛生面など負の側面ばかり見ていた自分に気づかされました。
今後もうまく共存していけるように努力します!

ユーザーID:0239673519
 
現在位置は
です