現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

NHK ドキュメント72時間の有料介護施設を観て

終の棲家検討中
2018年4月12日 16:36

海が見える有料介護施設の特集がTVで放映されていました。
海には関心ございませんが、どのようなタイミングでシングルの皆様が入所の支度をしているのか、気になりました。
十数年前に都心在住の縁戚が介護施設で生涯を終えましたが、この者には国内外に家族がいて私の参考にはなりませんでした。

年金受給前の不労所得者の私は丈夫ではないものの、現在は入院などの心配はございません。
運転卒業後も生活に支障のない場所に持ち家があり、歯科定期検診の帰りには一人で外食を楽しみ、デパ地下で買い物三昧の生活に今のところ、不満はございません。

常に気掛かりなことは終の棲家のことです。

私の廻りは人にもお金にも恵まれた方々ばかりでどなたにも相談できずに随分前に没交渉です。
早くに亡くなった両親の実家は徒歩圏内もしくは区内なのですが、各々番付に載っていた程の家でひとりぼっち歴、数十年の私のことなど記憶にないと存じます。

今まで何一つ、楽しい、幸せだと感じたことがないまま人生を終えるのは全て私の責任で反省をしていますが、今更どうにもなりません。(反省をしておりますので、過去のご批判はご遠慮願います。)

以前に自宅の庭の敷石で滑ったことが原因で骨折をして手術が必要になりました。
運悪く、病院が休みに当たり、一人で救急車を呼び、搬送されました。
短期入院の保証人にも事欠く境遇でその時は保証金を積むことで事なきを得ましたが、長期入所となると話は別でしょう。

これからは似たようなシングルが増えるからお気になさいますなと菩提寺のご住職に言われますが、ご家族に恵まれ、実業家でもあるこの方に言われてもピーンときません。

身近な方を有料介護施設に入所させたご経験のある方、私と似たような境遇の方にご意見を伺えたら幸いです。

ユーザーID:6742085634  


お気に入り登録数:485
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:17本

タイトル 投稿者 更新時間
何が心配なのですか?
匿名後見人
2018年4月12日 21:42

トピ主さんの不安は、「親族がおらず保証人がいないので、
有料老人ホーム(終の棲家)に入れない」ということですか?

それなら成年後見人(今なら任意後見)を付ければ良いと思います。

私は成年後見人をしており、親族のいない高齢者(他人)を
老人ホームに入所させました。後見人がいれば保証人は不要です。

施設は「入所費を最後まで払えるか」「死亡後の遺体の引き取り」
を心配するので、それらがクリアできればどこでも入れますよ。

ユーザーID:7617853321
故郷を離れるかとどまるか・・
木の芽
2018年4月12日 22:06

同世代・地方都市住まいです。私もその番組を観ました。両親の介護が10年余りに渡りましたので、この地域の介護施設や病院などの情報には詳しくなりました。
でも、自分を看取っていただきたいと思う施設はこの地域にはありません。

東京や兄弟の住む都市の施設を訪れたり、パンフレットを取り寄せたりもしましたが、親を送ったばかりということもあってか、今ひとつ実感がわきません。

私がいいなと思った介護施設は、東京のキリスト教系のホームです。入居金や月ごとの支払いは高額ですが、手厚い介護と看取りをしてくださるとのことです。

私は、10代の終わりに大学進学のため上京し、海外生活も経験して28歳で帰郷した後、ずっと両親と暮らしてきました。

その間、語学を教える仕事を続け、趣味や友人・知人とのひとときを大切に過ごしてまいりました。両親はいなくなりましたが、この地に未練もあります。

60代は完全に両親のいない生活になります。仕事はできるだけ続けたいし、趣味を楽しみ高齢者施設でのボランティアもいずれは・・と思っています。

どこを終の棲家にするのか・・?故郷を離れるのかとどまるのか・・?離れるとしたらいつ・・?心が定まらないまま、とりあえず、やらなければならないことを続ける毎日です。

亡き両親と先祖に守られていると感じているので、故郷を離れることはないかもしれません。微力ながらこの地域のために貢献して、心静かに余生を送りたいと思います。

何も考えがなく楽観的かもしれませんが、今のところ成り行きに任せて生きています。

ユーザーID:2970611800
母が
2018年4月13日 7:01

あの施設はとても立派でしたね。
病院も併設されていて、恵まれています。

私の母は車椅子の生活になってやむを得ず、介護付きの施設に入所したのですが(テレビのような豪華な所ではないけれど、そこそこ良い所)
そこにもまだ健康なお年寄りが何人もお住まいでした。
身寄りがないのか、自宅より共同生活が良いからか、理由は判りませんが、私が見る限り、皆さん愉しそうでしたね。
(もちろん、心の奥は判りませんけど)

施設では好きな時に外出して、可能なら旅行に出ることもあるようですし、
足腰が不安なら、施設の送り迎えを利用することも出来ます。
家族や友達が来た時は自室でもゲストルームでも自由に使えます。

何より安心なのは看護師さんが24時間常駐していること。
テレビの施設は病院が併設されていたので、さらに安心でしょうね。
独り暮らしで心細いのは夜中に具合が悪くなることですから。


終の棲家、誰でも考えてしまいますよね。
私はどうなるのかなあ。

まとまらない文章でごめんなさい。

ユーザーID:8794150472
物を減らす
コボちゃん
2018年4月13日 8:03

現在のお住まいは持ち家路想定します。
まず死亡後の遺品整理は大変なので
ほとんど捨てましょう。
財産後見人を設定しましょう。
死亡後の葬式、段取り、金額、お返し、
連絡する人、しない人リスト。
戒名、お墓はどうするのか?
何もない方が楽ですよ。

携帯やプロバイダーの解約も
財産後見人でも解約できるように。
保険なども、銀行引き落としの支払いなども
後見人がわかりやすいように整理しましょう。
銀行の口座や残高もどうするか、
よく考えてください。
死亡届が出されたら口座は凍結されます。

ユーザーID:7921887468
レスします
ホーム彷徨い
2018年4月13日 8:09

早い話が有料老人ホーム入居への保証人が居ないことと
お金が足りないとのことでしょうか?
そういうことを検索欄に入れるといろんな老人ホームが出てきまして
自分の住む県ではないかもしれませんが
格安で保証人なしのとこも出てきますよ。
私もお金が足りなくて自分の住む都道府県に格安有料老人ホームがないので
頭が痛いです。

ユーザーID:4949380521
私もよく考えます
ぽちお
2018年4月13日 9:46

最近テレビで、配偶者も亡くして親戚友人とも没交渉で
老後入院等の保障人をどうするか…という話題をやっていました。
そういうのを請け負ってくれるNPO法人が全国に増えつつあるとのことでした。

ユーザーID:3844395754
レスします。
港の見える丘
2018年4月13日 9:49

テレビで紹介された有料老人ホームもそうですが、ある程度高額なホームへの入居は条件があります。
それは入所時ある一定の年齢に達していて且つ自立して生活が出来るという条件です。
最初から要介護の状態で介護棟への入所もできると思いますが料金体系が違う気がします。
だから多くの余裕のある老人は65歳以上になればそろそろ考え始めると思いますよ。
入所時少なくとも3000万円以上必要なホームは看取りまでしてくれるので安心だと思います。

例の「海の見える老人ホーム」(正確な名称は伏せます)は何と墓地まで用意してあるので死後も安心ですよね。普通70歳を超えれば身寄りのない人は考え始めると思いますよ。何せ入所時自立した生活が出来ないと入所できませんので。
その後重い介護認定されると介護棟に移されますが費用等の条件は最初の入居時と変わりませんので何の心配も生涯不要かと思います。

ユーザーID:7407200967
親を入居させました
手巻き寿司
2018年4月13日 11:25

介護の要諦は、食事、排泄、入浴の3つと言われています。
私の父は脳梗塞で倒れ、左半身の自由が効かなくなったこと、
母は転倒により骨折し以後歩行が困難になったこと
により老人ホームに入居しました。

以後は食事もトイレも入浴も施設の介助があり、
また毎日カラオケや編み物などの行事や同好会などもあって
入居者間の交流も多く楽しく過ごしていました。

ただしこういうアクティビティは施設によってバラつきがあり、
いわゆる介護付き賃貸型よりも介護施設の方が良いようです。

一人暮らしの注意点はなんと言っても健康と食事です。
一人暮らしだった母は知らず知らずのうちに十分な料理を作れなくなり
それが体力の衰えとなって転倒した、それが入居したとたん
栄養も十分とれる食事になって体調は良くなった、
今に思えばもっと早く気づくべきだったと後悔しています。

また、二人とも入居は倒れて救急車を呼ぶことから始まった、
たまたま子供の私が運良く気づいたから良いものの、
そうでなければ命を落としていたかもしれません。
その病院でも、また老人ホーム入居後の様々な健康トラブルでも
家族に判断を求められることばかり、独り身では難しいでしょう。

今はネットの時代、後はお金さえあれば買い物も映画も不自由なく
暮らせます。現金を下ろしたり特別な用事で外出があるときも追加料金で
付き添いを頼めます。

最後に一番大事なのは、その施設で最期を迎える看取りができるかどうかです。
中には健康不良をもって退所を迫るところもあり、何のための施設か分かりません。
我が親の場合も看取り可能と言いながら、一旦具合が悪くなって施設から入院すると、
あれこれ理由を付けて戻らせようとしない、
結局そのまま病院で最期を迎えることになりました。

ユーザーID:2258797397
人それぞれ
シロ
2018年4月13日 14:17

入所できたから、看取るものがいたから
財産があるから、子供がいるから

だから幸せだとは限りませんよ

貧乏だから、虐待されて育ったから
学歴が無いから、体に障害があるから

だから不幸だとは限りませんね

トピ主さんは施設に入所されたいんでしょうか?
私は介護職でしたが、親を入所させてもいいと思える施設はありませんでした

今現在、自律してデパ地下三昧ならそれを楽しんだ方がいいと思います
将来やってくるそういうものに現在を乗っ取られ状態では
毎日不安で仕方なくなりますよ

施設に入ったら、デパ地下どころじゃなくなります
デパ地下巡りで足腰を鍛えるのもいいじゃないですか

孤独死が悪いこと寂しいことのように扱われますが
人間死ぬときは死ぬ

そういうもんです

入所しても一人暮らししても寂しい人は寂しいままです
 

ユーザーID:0312338451
その番組、私も見ました
60代夫婦二人
2018年4月13日 16:27

結婚していますが子供がいません。
兄弟にも子供がいないので、甥姪に頼るわけにもいきません。
今は夫婦二人で仲良く暮らしていますが、どちらかが先に行くことも当然あり得ます。
いずれ年齢が進めば、日常の家事も負担になってくるでしょう。

夫婦とも両親の一人はすでに亡くなり、残った親はそれぞれ体に障害があり介護型の施設に入居しています。
比較的高級な施設ということもあるかもしれませんが、行き届いた介護を受けていると感じています。
自分も日常生活に不自由するようになったら、そのようなところにお世話になるしかないでしょう。

NHKの番組で紹介されていた施設はもっとお元気な方のための施設でしたね。
日常生活に不自由はないけれど毎日の家事からは解放されたい、高齢者だけで暮らすのは不安になってきた、という方々でしょうか。
要介護となる前に、こういうところにお世話になるのも悪くないなあと思って見ていました。

入居のタイミングは、今は好きな料理が日常的に億劫になってきたら、趣味のガーデニングが体力的に難しくなってきたら、検討を始めようかと思っています。

いろいろな諸手続きについては、弁護士さんに後見人をお願いすることになるでしょう。
終末期医療に関する意志表示、遺言書(ある程度のものを公的寄付希望です)の用意と同時に、信頼できそうな若い弁護士さん探しをそろそろ始めた方がいいかなと考えています。

ユーザーID:7708749568
その番組は見てませんが携帯からの書き込み
ちまき
2018年4月13日 22:21

最近実母が介護付き有料老人ホームに転居しました。
たぶん日本で最高レベルの高齢者専用住宅だと思います。
それは豪華で設備充実していますよ。
セキュリティもしっかりしていて24時間スタッフ常駐。至れり尽くせりです。

ただやはり、近居の家族が保証人と緊急連絡先欄に署名できるケース優先で受け入れているようです。
天涯孤独の入居者もいらっしゃるそうですが、かなりの財力がある上での特例ではないでしょうか。

しかしこの先団塊の世代のボリュームゾーンが過ぎ去れば
高齢者施設は余ってくるでしょう。
ホーム側も選り好みしていられなくなるんじゃないでしょうか。
ご住職の発言通りシングルが増えているわけですから、契約なども「家族なし」「公的機関の保証」前提で法整備が進むのでは?

母は父の残した財産があったし年金勝ち逃げ世代なので豊かな老後ですが、私たち子供は普通の庶民です。
老後は母のいるような豪華施設には入れないと思います。
しかし今回色々勉強して、「すごいお金持ちでなくても何とかなりそうだ」という
感触を得ました。
自分が用意できるお金に見合った施設なりサービスなりが必ずあるものです。
高望みせずそこで手を打てばいいのです。

問題は身辺整理、つまり断捨離です。
入居先はよりどりみどりの富裕層でも入居に踏ん切りがつかないのは
家財道具の整理がつかないからです。
捨てる/捨てないの決断ができなくなる。
粗大ゴミから小型不燃ゴミまで、処分する実務能力がなくなる。
それが老いです。

元気なうちから断捨離を意識して身軽になっておくこと。
終の棲家探しより前のこの段階が重要ですよ。

ユーザーID:8283566011
経験者でなく恐縮ですが
シングルベル
2018年4月14日 0:02

数日前のニュースで、保証人がいない方のお世話をする団体がとりあげられていました。
私も独身で、将来頼れそうな身内は姉妹のみ。残された方が困る立場です。
テレビをみながらその団体のHPにアクセスしたところ、サーバーダウン。
それだけ、同じような境遇の人が多いのだと思いました。
本人が元気なうちに意志を表明し、
一時的にお金を預けるなどすれば入院・入所できる
仕組みが増えていくとありがたいと思っています。

ユーザーID:0934253950
身元保証人
baba
2018年4月14日 14:39

一時入院、手術にせよ、施設入居にせよ、身元保証が必要です。
あとから裁判沙汰にならないために手術や治療方針の確認や、なにかあったときの連絡、万一、無断退去で逃げられるのを防ぐため、でしょう。
自分の親の介護経験から、親族が頻繁に訪れるか否かによって、スタッフの対応も違うように感じました。
お互いの情報交換ができないから、ある程度は仕方ないかもしれませんが。

ご自分より若い血縁者はいらっしゃいませんか?
うちの親族で、生涯独身者が二人、それぞれ姪が成年後見人となって、身元引受人→ 没後の諸手続きなどをすませました。
成年後見人は、その方の財産管理を任されるので、月に一度?預金を勝手に引き出していないか、家庭裁判所に出向いてチェックを受けなければなりません。
そういった手間のかかる分、経費などは受け取れるのだと思います。
親族で適当な方がいなければ、法定成年後見制度を利用して、しかるべき人に委任する。
それでも遺産が多く残るようなら、あらかじめ遺言書に記して、弁護士か司法書士に預ければよいのでは。
まあ、どちらも、全面的に信頼できるかどうか。万一の為、二重にしばりができるようにしたほうがいいかもしれません。
お金はご自分の暮らしの為、安心安全を確保するために使いましょう。

ユーザーID:3670030125
確定的なことではありませんが
なります
2018年4月15日 8:49

 施設を運営している立場としましては、人的にしっかりとした親族のいらっしゃらない方は原則お断りしています。
 費用のお支払だけでなく、さまざまな問題発生時のご対応をしていただける保証がないからです。「成年後見制度」を挙げている向きもありますが、これもケースバイケースであいまいな部分も多く、よく勉強されて、より確かなコースを選ばれるよう祈念します。

ユーザーID:6728684981
皆様 ありがとうございます
終の棲家検討中(トピ主)
2018年4月16日 20:23

年金受給前に亡くなった両親は自宅の近隣に〇〇〇庵と名前を付けた終の棲家を用意して毎日庭の手入れに通っておりました。
見合いとは思えない程の仲良しでしたから夫妻揃ってこの家で楽しい老後を夢見ていたようです。
母に先立たれた父は日に日に元気が無くなり、跡を追うように他界しました。

潜り門のある終の棲家は大都会に相応しくないと私は一切寄付かなかったのですが、図らずも相続で取得してしまいました。
両親の思いが重く、なかなか売却できずに母の十三回忌に漸く処分できました。

毎日少しずつ断捨離をしながら不動産を次々に処分しなければならないと思うとボケている時間はございませんね。

両親を看取った後、連合いに先立たれた叔母が脳梗塞で倒れて引取ることになりました。
当初は身体に麻痺があるももの、意思表示はできましたが、生活習慣病の合併症もあり、数ケ月後に会話ができなくなりました。
入院先の勧めで成年後見人を引受けることになり、不定期な家庭裁判所の呼出しに応ずる為、離職致しました。

姻戚の女性が専門家に成年後見人を現在依頼しているのですが、様々な問題があるようで恐くなりました。
詳細は難関試験に合格した方の批判になります故、控えますが、同様な悩みや問題を抱えている方も珍しくないようです。

私と似たような境遇の方が利用していた保証会社があり、将来はお世話になりたいと考えておりました。
が、経営者が資金を私的流用して倒産したことを知り、ガッカリしました。

先ずは断捨離をして先祖代々の永大供養を致します。
引続き、ご意見を伺わせていただけると有難いです。

ユーザーID:6742085634
大手保険会社が作ればいいのにと
在宅勤務
2018年4月28日 19:33

保障会社が倒産したり、私的に使われたのでは困りますね。
私は大手保険会社が、システムを作ればいいのにと思います。
うちの子供たちもずっと独身だと言っているので、既婚者も興味がある人は多いと思います。

ユーザーID:9938567288
最近考えていること
木の芽
2018年5月1日 4:35

2回目の投稿です。やはり私も最終的には身の丈に合った、看取りまで請け負ってくださる施設かなぁと思います。

先のレスで、東京のキリスト教系の施設を挙げましたが、費用が飛びぬけて高いです。一つの選択肢として、数年前、母を伴って訪れた中部地方の施設が私には身の丈かなと最近考えていました。

この地は父祖の地ですが、住みにくいです。ましてや家族のいない私にとっては、もはや何のしがらみもなく、少しでも快適に老後を過ごせる施設に入居したほうが・・と思います。

仲の良い兄弟と甥姪がいます。でも、彼らの居住地に押し掛けるのではなく、少し距離を置くことのできる地域のこの施設に入所して、最後の必要不可欠なことを甥姪に頼ることができればと思っています。

故郷を離れる唯一の心残りは親友の存在です。でも、彼女にはご主人と子供さんがいるので、私の境遇とは明らかに異なります。「私もいるし、ここにいたら」と言ってくれたこともありましたが、、、。

入所のタイミングとしては70代に入ってすぐくらいでしょうか。この地域は車が不可欠です。運転はせいぜい70歳まで、また、パートでやっている仕事もそのくらいまでがリミットです。

あと10年余り。その間に2025年問題もあるし、社会は大きく変わると思います。親戚の叔父叔母たちや団塊の世代の皆さまがどのような老後を過ごすのかを見届けたいです。

その施設に入所するまでの期間、倹約を楽しみ心身を鍛えて、身近な人のために尽くしたいと思います。断捨離も必要ですね。そして兄弟の家族とつながっていること。

私の目下の健康問題は睡眠障害です。若い頃から、安定剤なしでは眠れないようになりました。一病息災と言いますか、ほかの病を発症しないように気を付けるつもりです。

長文ごめんなさい。トピ主さまもどうぞご自愛ください。

ユーザーID:2970611800
 
現在位置は
です