現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

妻に子どもがいたことが養育費調停の話で発覚

晴れのち大雨
2018年4月13日 1:30

40歳半ば過ぎのバツイチ同士で結婚しました。まだ籍を入れてからそれほど日が経っていません。

子どもなし同士の結婚のはずだったのですが、先日、妻あてに弁護士から手紙が届きました。
そこには養育費調停の申立てをする意向が書いてあり、妻に10歳の子どもがいたということがわかりました。

さすがにビックリしたので他にも問い詰めると、メール約束での養育費を月々1万円程度払っていたものの面会交流などは4年近くしていないようで、ここ数年は入学式、誕生日など、すべて無視していたみたいです。

相手はお金持ちなので、本来なら1円も支払う必要がないのに「親としての最低限の義務を果たせ」と言われて払っていて妻は不服のようです。

また入学式も誕生日も向こうからは何も言ってこなかったから何もしなかったようですが、産んだ子どもに対してあまりに無責任すぎて「そういう問題ではないのでは?」というのが多分普通ですよね?

向こうからは年1度、子どもの誕生日の月に簡単な子どもの近況報告と、学校での様子が伺える通知表の担任のコメントをまとめたもののコピーが手紙で送られてきていたようですが、それに対しても関わりたくないという理由で無視していたようです。ただ向こうも妻の実家の電話や携帯も着信拒否をしていて、メール以外の連絡は受け付けてくれなかったそうです。

妻は介護職で人当たりの良さや優しさに惹かれて結婚しましたが、自分の子どもに対して、成長も見届けたいとも思わず、経済的負担もしようとしない、その考えにショックを通り越して唖然としています。これは、わたしの感覚がズレているのでしょうか?

非難されるのを覚悟の上で書くと、この先、妻と一緒に生活してゆくのが怖くなりました。わたしも再婚なので過去は関係ないと思っていましたが、子どもがいたことは別問題ではないのでは?と、ここ数日はよく眠れず疲れ切ってしまっています。

ユーザーID:8125374371  


お気に入り登録数:1535
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:4本
トピ主のみ(4)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です 01
晴れのち大雨(トピ主)
2018年4月21日 0:07

コメントはすべて読ませて頂きました。貴重な時間を割いてコメントをくれた方々に感謝します。(4/19まで読みました)

残された時間などは伏せさせてもらいますが、現在、弁護士に依頼して婚姻の取消しのための手続きに入っています。

話ができたときは妻に事情は聞きましたが、言っていることが変わるだけでなく相手の代理人とわたしが接触するのも拒んでいました。

実家に帰っている妻に何度も話し合いを要求したのですが「婚姻の取消をしたい」と言った以降はメールは無視で携帯も居留守になりました。

相手の実家に直接電話をしても母親が取り継いでくれないので「子どものこと知っていたわけですよね?」と頭に来たので言ったところ「何で言う必要がある」と逆ギレされただけでなく、離婚するなら慰謝料を請求するとのことで、恐怖感を覚えたため早急に行動に移ることにしました。

こちらが弁護士に依頼したことを伝えて、やっと話せている状況ですが、妻の口からは真実は出てこないと思っている時点で一緒に生きてゆくのは無理です。

それ以前に冷静になって考えると、レスでも指摘して頂いていますが、後々、相続問題なども出てくるので「子どもの有無は重要事項」です。

「婚姻の取消」は余程のことでもないと認められませんが、それが認められるということは話し合いの余地はないと思っています。

結婚式に出席してくれた親戚には会わす顔がありませんが、身内だけの結婚式にしておいたことだけが救いです。こちらの両親と兄弟には話をしました。結婚式の費用や弁護士費用などは当然妻に請求する予定です。

今回の件は、わたしにも落ち度があったというよりも「ダメ人間」と認定されても仕方がないと深く反省しています。子どもがいるのを知っていたら結婚はしなかったというのが本音です。(2へ続きます。)

ユーザーID:8125374371
トピ主です 02
晴れのち大雨(トピ主)
2018年4月21日 0:14

メロドラマみたいなレスもあるので、わたしの知っている範囲のことを本人が特定できない程度に書かかせてもいらいます。まず「日は経っていない」という書き方がよくなかったと思いますが、入籍して数日とかの話ではありません。

向こうの弁護士からの書面だと養育費調停の申し立ての理由は元々10歳というのが目安だったようで、月々の支払い金額だけではなく、支払期限、入学の際の費用の負担割合などの話し合いが目的のようです。

時期を見て誠意を持って養育費の話し合いをして「公正証書にする」ことは取り決めとして離婚協議書に記載されていたみたいです。

ただ向こうも会いたくないらしく、会って交渉することは困難で公正証書にはできないので調停という形を取るということです。尚、通知してきたのは、当時、離婚協議書作成のアドバイスをした元旦那さん側の弁護士のようです。

年下の元旦那さんは昨年、再婚したとのことです。今年の子どもの近況報告のついでに少し書いてあったようです。また調停のことも今年申し立てることが書いてあったそうですが、それを無視したので弁護士を通して来たのだと思います。(やはり妻が人として不誠実です。)

まだ連絡を取り合っていた頃、元旦那さんと電話で話をしたときに「結婚はしないのか?」と聞いたときは再婚は子どもが成人するまでは考えていなかったというより、懲りたので結婚自体をしないよと笑って元旦那さんは言っていたらしいですが、大きく体調を崩したらしく万が一のことを考え、子どもが懐いていた女性との再婚を考えたらしいです。

実際のところは、どうかはわかりませんが、継母と子どもが上手くいっていることも書いていたそうです。元旦那さんは、プライドが高いようで周りにほとんど頼らず、ひとりで仕事も子育て(送り迎え含めて)もやっていたみたいなので、妻は再婚に関しては安心したと言っていました。(3へ続きます。)

ユーザーID:8125374371
トピ主です 03
晴れのち大雨(トピ主)
2018年4月21日 0:31

元旦那さんの子どもへの愛情は間違いなく本物だということは妻も言っていました。子どももお父さんが大好きだったみたいです。ただ継母に関しては元旦那さんが悪い女に騙されてなければいいけどと言っていました。(あなたがそれを言いますか?)

面会交流はかなり緩やかな設定だったとのことです。(離婚協議書にも記載されているとのことです。)初めはテレビ電話などの交流もあって元旦那さんが妻のパソコンも含め設定したようですが、数ヶ月後には妻に新しい生きがい(介護職)が見つかったとのことで、妻のほうが面倒になっていったみたいです。

籍が抜けているので、子どもにいろいろやってあげても将来何も返って来ないから、と言っていることから二重人格ではないかと思っています。

親権に関しては、わたしが最後に話し合いをした日に聞きました。妻が主張して裁判になっても、元旦那さんに数ヶ月のひとりでの養育実績があったのと経済的な理由もあり、母親有利の日本でも、争ったとしても、妻が親権をまず取れなかったケースだとのことです。

離婚理由はどちらも有責ではないということは結婚前に聞いていましたが、新たに知ったことは、曲がったことが嫌いで筋を通そうとする元旦那さんと妻の実家(過干渉?)が、かなり不仲だったというのが最も大きな離婚理由だったらしいです。冗談ではないと思える出来事を、わたしも経験しましたのでわかる気もします。

妻の言っていることが日によって違いましたので、レスにもあったように、自分を守るために嘘をつける人間であることは間違いないのかな?とも思いますが、曲がったことが嫌いな元旦那さんとでは明らかに性格の不一致になるので、どちらも有責ではないのは本当ではないかと思われます。

わたしが知っているのは、これくらいです。これ以上は知るつもりはありません。(4へ続きます。)

ユーザーID:8125374371
トピ主です 04(ラストです)
晴れのち大雨(トピ主)
2018年4月21日 0:41

気づかれた方も多いと思いますが、親権の箇所に関しては「婚姻の取消」に該当するような理由がもう一つくらい出てくるかもしれません。

一緒に生きてゆくのであれば受け止めなくてはいけないと思いますが、終わらせる行動に入っていますので深入りはしませんでした。

わたしには実の子どもがいませんが、いたとしても元旦那さんのように一人で育てることは多分できません。口では格好良いことが言えたとしても、実際にその立場になったときのことを想像することができません。

二人とも年齢的に子どもは考えなかった結婚でしたが「もし二人の子どもがいたら?」と考えると、やはり妻のことが怖い人間に思えてしまいます。

たくさんレスを頂いたなかに、少なかったですが妻を養護してくれる温かいコメントがありました。それは、やはり理解できます。そのレスをくれた方たちは優しい方なのだと思います。

一方で「人としてどうなの?」という考えのレスが数レスありましたが、妻はその数レスの考えを持つごく少数派の人間なのかな?と感じました。

妻は都合が悪くなると逃げて、ケジメを付けるのが苦手な人間ということはわかりましたが、悪い人間ではないと思います。ただ重要なところが欠けていることは確かだと今回の件で思いました。

相手は家族ぐるみというのは間違いなく他にも隠していることがあるはずです。ただ、わたしにも落ち度がありますので、自分を正当化できることは何もありません。被害者ぶるつもりもありません。

婚姻の取消しが認められても今後再婚は考えませんが、小さな人間ですのでバツを増やしたくありません。

貴重な時間を割いて、親身なコメントをくれた方々に心より感謝いたします。

ユーザーID:8125374371
 
トピ主のみ(4)ほかのレスも表示

現在位置は
です