現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が末期ガン、余命1カ月

はちわれ
2018年4月15日 19:15

都内に住む働く母です。
実家は飛行機と車で4時間かかるところにあり、私は1人娘です。
一昨年末から実母の体調が悪く、色々調べてもらったところ末期ガンということがわかりました。転移があり、延命治療しか出来ない状態で余命は半年から一年。
そこまで仲の良い親子ではありませんでしたが、わかった時の衝撃は今も忘れられません。色々調べても調べても手の施しようがないと言うことがわかるばかり。
どん底まで落ち込みましたが、気持ちを切り替えて、可愛い盛りの娘と一緒に月一で実家に戻り、旅行にも行きました。大学進学と共に家を出たのですが、普通は年に1,2回帰ればいい方でした。一番実家に帰った一年でした。
治療は楽ではなさそうですが、抗がん剤が効き、副作用はありましたが、びっくりするほど普通で、このまま治るんじゃないかと錯覚しそうになるくらいでした。
でもちょうど発覚から一年が経った頃から、がたがたと体調を崩して、入院してしまいました。
そして今日から緩和ケアに移ることになりました。わかった時に覚悟したはずなのに、母ともうすぐ会えなくなると言う事を受け入れられません。でもそう考える反面、苦しそうな母をもう見たくない、早く終わって欲しいと思う自分もいます。休職しずっと自宅をあけて病院につめているので、仕事をして、旦那と娘との日常を取り戻したいとも思います。そんな事を考えてしまう自分が嫌です。

何かアドバイスをお願いいたします。

ユーザーID:6464841606  


お気に入り登録数:79
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です
はちわれ(トピ主)
2018年4月18日 14:21

トピ主です。
こんな書き殴ったような文章を気に留めていただき、レスを下さった皆さまありがとうございます。
43歳おじさままで一つ一つ読ませていただきました。まとめてのお礼になってしまい申し訳ありません。
緩和ケアの病院に転院して数日が経過しました。転院初日は移動の疲れか母の体調がかなり悪くなってしまい、また余命日単位という事実もわかり途方に暮れておりました。
ただ次の日からは緩和ケアの病院のお医者さま、看護師の皆さまのご尽力により苦痛は概ね取り除けております。もう通常のコミュニケーションはかないませんが。
覚悟は出来ているなんて書いてましたが、転院初日看護師さんの前で大泣きしてしまいました。その時に看護師さんが、緩和ケアは患者さんのためだけでなくご家族のためにもあるので、辛くなったらいつでも話しかけてくださいとおっしゃいました。なんてありがたいんだろうと。
一度泣き出してしまうと何を見ても涙が出てしまい、泣いてばかりいますが、泣きたい時には泣いていいんだとやっと思えました。母はもう数日で旅立ちますが、私の心の中にずっと居てくれると思います。今を大切に1日1日を過ごしたいと思います。
ありがとうございました。

ユーザーID:6464841606
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です