現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

離婚というのは、どのくらいの感情から考えるものなのか?

キャプテン鷹
2018年4月16日 12:51

41歳の妻子ある男です。
上の子が中3受験生になり、ピリピリしてます。
今まで私的には結婚し決め事において、必ず妻と話し合いの下歩んできました。
それはどちらの姓にするのかから始まり、どこに住んでどういう家にして子供の学校をどうするとかすべてです。
夫婦として私が譲歩することもあれば、妻が譲歩することもあったでしょう。
基本的に会話のある夫婦だと思っていますが、世間並みの痴話喧嘩もあります。
最近気になるのが、喧嘩のついでに垣間見える妻の本音です。
一方的にならないよう話し合って決めてきている筈なのに、過去のことを蒸し返す発言をします。
本当はこうしたかったんだ、あなたがそう言うから我慢したんだ、とか。
私だってそんなこと言い出されたら、妻の意見に合わせた事なんか沢山あります。
でも決めたことに、わざわざグチグチ蒸し返すようなことはしません。

そこで思ったのが、実は妻は幸せではないのではないかという事です。
知らぬ間に、私が妻を縛り付けてしまっているのかなと(そんなつもりはありませんが)
そう考えると子供が成人したら、妻を解放してあげた方がいいのかもと考えるようになりました。
こういった場合は私から離婚の話をすれば、妻としては待ってました!という感情なのでしょうか?

ユーザーID:3191084686  


お気に入り登録数:101
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です
キャプテン鷹(トピ主)
2018年4月18日 19:42

コメントありがとうございました。
個人の性質だと考えていたのですが、男女の脳の違いという指摘が多く見られました。
勉強になります。

補足しますと、言われる内容が明日からでも改善出来るような内容なら理解できるのです。
例えば、片付けが出来ていないとか洗濯物が雑だとか。
そういう指摘は、言われてもしょうがないとか反省すべきことだで受け入れられます。
しかし物理的にどうしようもない事とか、それを言っても変えることは出来ない事を蒸し返す意味が分かりません。
言う方はそれでスッキリして終わる女性脳なんだでいいのかもしれませんが、
言われた方は消化できずに根に持っているんだなと思うものです。
後戻りできない済んだことを夫にぶつけてくるのは、女性特有なのでしょうか?
世の男性は言いたいことを妻にぶつけられ、私と同じような気持ちになっている人って多いのでしょうか?

ユーザーID:3191084686
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です