現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ナハトムジーク

平行三角形
2018年4月16日 21:06

BSのクラシック番組を録画しています。

いつものようにながら聴きでしたが、妙に心を動かされたので再々生してみたらマーラーの交響曲7番でした。

マーラーはCDで聴いてもよく分からないところがあるのですが、指揮者の明晰な業のなせるところでしょうか?

その後のヴァイオリンの曲も、聞き覚えはあるがなんだっけーと思ったら、サン・サーンスの協奏曲3番でした。
華麗な曲とのイメージが強かったので、ベルリンフィルの日本人コンマスはこう弾くのかという想いでした。

さて、番組の冒頭でマロさんがアイネクライネを引き合いに出していましたが、ナハトムジーク(夜の歌)とはどのように定義されるものなのでしょうか?
セレナーデ(私は K388 が好きです)と同等で女性を称える歌との説明もあるようですが、今の時代でもそうでしょうか?

碩学小町の方々、歳は食っても浅学菲才の身に愛の手を・・・

ユーザーID:9611458753  


お気に入り登録数:33
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
マンドリン
平行三角形(トピ主)
2018年4月19日 13:25

マーラーの7番にはギターとともに用いられているようですね。

星霜の窓辺の下でかき鳴らしている様子が目に浮かびますが、どうも合わない。

ユーザーID:9611458753
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です