現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

日本に帰国された方いますか?

ヘトヘトです。
2018年4月17日 19:33

西欧のとある国で暮らしている20代の者です。
夫(現地人)と2人暮らし、一般企業で仕事をしています。

まだこちらに住み始めて3年ほどなのですが、仕事をしていても何をしていてもこの国になじめず、毎日毎日日本に帰りたいと四六時中思っています。
正直この国が好きではなく、息苦しくて仕方ありません。
そのストレスが関係しているのかわかりませんが、最近は体調まで崩してしまい病院通いです(精神系の病気ではないです)
通院、それもまたストレス…
一時帰国をすると本当に今の国に戻りたくなくて悲しくなり、一生この国にいると思うと感情が込み上げてよく泣いてしまいます。
でもまだ3年しかいないし、もっと私が辛抱強く我慢しないといけないのか…とも思います。

そんな様子を夫も見兼ねて「辛そうにしているのを見ていられない、近いうちに日本へ帰ろう」と本気で言ってくれています。
その優しさは嬉しいのですが…夫のカタコトの日本語レベルでは職探しも難しいだろうし、日本に移住したところで今度は彼が私が経験したようなつらい思いをすることになると躊躇しています。
ちなみに彼はエンジニア職で修士も持っているので、資格の面では問題ないのかと思いますが…

そこで質問というか、海外から日本へ移住した皆様のご意見や経験談をお聞きしたいです。
人それぞれ、家庭それぞれなので何とも言えないですが、人生の先輩方のお話を聞いて少し参考にさせていただければ…と思います。

宜しく御願い致します。

ユーザーID:1494808697  


お気に入り登録数:94
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本

タイトル 投稿者 更新時間
国際結婚でドイツに暮らしていますが
なるなる
2018年4月17日 20:40

夫の同僚のドイツ人の奥さんが日本人です。奥さんがドイツになじめず少々心のバランスを崩されたとそうで希望をだして勤務先の日本支社に転籍して現在は日本に暮らしています。駐在ではないので特別な待遇は無いそうですが本社としてもネイティブのドイツ人がずっと支社にいるのは良いと考えているみたいで安定した雇用が約束されているらしいです。
確かその同僚もエンジニアです。ご主人の会社に日本支社があれば聞いてみたらいかがですか?またきっと英語が問題無いと思いますので、それでしたら日本の大手企業で外国人雇用もあると思います。私の幼馴染は日本の会社に勤めるアイルランド人と結婚して、駐在期間以外は日本でずっと暮らしています。アイルランドは移民をする人が多いためかずっと日本に暮らすのもいやじゃないそうで、定年後も日本にいると言っているそうです。

ユーザーID:9462277475
私(達)は帰国しませんでした。
西欧歴11年目
2018年4月17日 22:44

私達は日本で出会い・お付き合い、20代半ばに結婚を機に主人の母国(西欧)に移住しました。

私も最初の数年は、トピ主さんと同じように毎日毎日日本に帰りたいと思っていました。
仕事にも学校にも行っていなかったので、友達もできず。
ホームシックは毎週のようになったし、何をしても楽しいと思わず、専業主婦で子供もいなかったので、日中はほぼ一人。会話するとしたら、スーパーの店員さんだけ。
何か嫌な事があれば、「日本だったら、こんな事にならなかったのに…」と思う日々でした。
そして同じく、私の主人も同じように励ましてくれたり、日本に戻ろうと話してくれたり。でも、主人の職場はすごーーーく恵まれているので(上司や同僚、勤務体系や金銭面など)、勿体ないと思い、というか、同じような職場はきっと他には見付からないだろうと思い、頑張って踏みとどまりました。

それから、少しずつ友達もできて、子供も生まれ、楽しく過ごしています。もちろん、悩みなどもありますが。
日本に戻っていたら、美味しい食べ物はたくさんあったかな?でも、こっちは祝日は少ないですが有給休暇は多いし、勤務時間も短く、残業などゼロ。日本だったら家族の時間は少なかっただろうな〜と思っています。

お友達はいますか?日本人の方でも、現地人の方でも、外国人の方でも。
少しでも、今住んでいる国の良いところは見付かりますか??

全然アドバイスにはなっていなくて、すみません。
でも、私も同じような感じだったので、書き込みしました。

ユーザーID:1140834332
稼げるほうの国に住む
洗濯中
2018年4月18日 2:15

以前、似たようなトピックにレスつけたのですが。今も考えは変わりません。稼げる国に住むのが一番です。

日本に引っ越したら、トピ主さんが大黒柱として生活していく覚悟が必要です。子供ができても正社員で働き続ける覚悟と現実です。日本語ができない夫さんのサポートも。今住んでいる国で仕事をしているトピ主さんは現地語もできるし現地での様々な手続きなどを自力でできるでしょうが。細々とした時間を取られることをしなければならない時、日本では夫さんは頼りになりません。

日本語が片言でも、トピ主さんが十分と感じて、同時に夫さんも修士持ちのエンジニアとしてやり甲斐を感じられる報酬を得られるならば、日本へ引っ越してもやっていけると思います。稼げさえしたら、若いから順応していけますよ。

リタイヤ後の生活を考える年齢(中年初老)のうちの場合、日本語の全くできない米国人夫は日本で暮らしても良いよと言いますが、私は疑っています。非英語圏に旅行すると、普段それほど執着のないテレビをやたらと点けたがって30分毎繰り返しつまらないヘッドラインニュースをずーっとつけてることなどから、英語のない環境にこの人は暮らせないだろうと思うし。体のあちこち痛いおばさんな私は、様々な書類や手続きを一手に受けて立ち、フォローし続けて生活する体力も気力もありません。

ユーザーID:3423847878
帰っちゃいなよ
ふて寝
2018年4月18日 5:37

トピ主さんは、現地で仕事ができるということは、語学力ともに能力が高いのでしょう。ある意味、頑張り過ぎた、のかもしれません。
しかも、まだ20代ということは、人生初の大きな壁にぶつかった、それがたまたま海外だっただけです。この小町を見ていれば、国内で結婚しても当然、環境が変わって、うまくいかない人はたくさんいますよ。

もう、これは「日本でしか治らない病気」と開き直ってはどうですか?(開き直れないから、病気なんですよ)やはり、旦那さんにも治せない。
あと、話が旦那さんまで日本に移住だとか飛んでしまってますが、何も、あなただけ、とりあえず日本に居ればいいだけのことなんです。
旦那さんが、第一に望む事、それはあなたが健康でいることですから。

国際結婚なんて、私は、同棲するために形式上結婚しなきゃいけないだけ、とも思います。反対に、悪いことをする輩も多いですが、あなたは正しい。
その国のビザのルールさえ守れば、いくらでも日本と行き来して暮らしてもいいんですよ。

ユーザーID:4046346199
レスします
ラズベリー
2018年4月18日 7:13

国際結婚をする前にその国に一生住むかもしれない
ということについてどうお考えでしたか?
覚悟はしましたか?
どちらの国に住むかはどちらかが我慢して
生きていくしかないと思います。
それを我慢と感じないことが1番良いのですが。

あなたはどちらの方があなたの人生において
後悔することになると思いますか?
それは日本へ帰国をせずにその国で暮らし続けてきたことですか?
それとも日本へ帰国してあぁ、あのままあの国で暮らしているべきだった
と後悔しますか?

旦那さんが日本で暮らしていくことに抵抗がないのであれば
日本へ一緒に帰国されたら良いと思います。
もし旦那さんに仕事が見つからなければ、
あなたが頑張って働いたら良いのでは?
そしていつかどちらも相手の国に住むことに限界を感じてしまったら、
その時はお互いの幸せのために別れた方が良いのかもしれません。

私は夫の国で夫と7年一緒に同棲し仕事もしていましたが、
その国にこの先何十年も一生は住みたくないと感じていたので
気持ちを伝え日本へ帰国しました。
その後夫が私と日本で生活をしていく決心をし来日し結婚をして
日本語ができなかった夫が日本で暮らして8年が経ちました。
私は日本へ帰って来たことを後悔することはないと
迷わず思えたので帰国しました。
夫も日本での暮らしに抵抗がないようなので良かったです。
生活は決して裕福ではありませんが
夫と子どもと楽しく幸せを感じながら日本で暮らしています。

ユーザーID:5096366454
トピ様が夫を扶養するなら可能でしょう
甘いかな
2018年4月18日 8:32

欧州で現地企業の役員をしています。元々は、こちらで大学院を出てその後就職、日本企業の駐在をした事もありました。その関係で、国際化している日本企業の内情は多少わかっているつもりです。

トピ様のご主人の資格は、現地では価値があるのでしょうが、日本でそれが使えるか如何かは問題です。
修士を持っていても、日本に利益をもたらす何かを持っているか如何か、只でさえ外国人になかなかまともなポストを解放しない、できない日本企業では、株主が送ってくる管理職でもない限り、良いポストはないと思います。

経済的に落差のある国なら、工場のオペレーターなどは口があるでしょうが、わざわざ日本に来て、外国語の教師や、飲食店で働くなど、本人が嫌がると思いますね。おまけに妻に食べさせてもらうという状況に、彼は耐えられるでしょうか?

何故、そんなにも馴染めない国で結婚されたのか???それが一時的なホームシックであれば、と願うばかりです。

現地で日本に進出している企業に転職ができるなら、将来、妻の国で仕事がしたいと希望を出すのは可能だと思います。

再度、外国人が日本で、まともな仕事に就こうと思ったら、その人が日本に利益をもたらす、日本の企業が欲しいと思うものを持っている事。日本語が堪能である事、この2点は、日本人が海外で働く場合と同じです。資格だけでは無理と思った方が良いです。

ユーザーID:5366512472
初心に帰れ
唯我独損
2018年4月18日 8:58

>毎日毎日日本に帰りたいと四六時中思っています。
>正直この国が好きではなく、息苦しくて仕方ありません。

結婚したときのことを思い出してみましょう。そうすれば、今の否定的な感情が薄らいでくるのではないでしょうか!
負のスパイラルに入っているので「息苦しくて仕方ない」まで落ちているけれど、実は結婚当初と比べて環境に変化はないはずです。

国際結婚というのは、そういう苦労を乗り切ってこそ続けられるもんじゃないでしょうかね。夫を除けば天涯孤独の地で、言葉だけじゃなく慣習も気候も違うのですから、想像しただけでもわかりますよ。
まさか、知らなかったなんてことはないでしょ!

ユーザーID:9165406196
「ご褒美帰国」
tenagazaru
2018年4月18日 10:34

 息抜きの為に、ご褒美帰国を自分に定期的にプレゼントする計画を生活に組み込んだら如何でしょうか。国際結婚をされたぐらいですから覚悟を持って移住されたと思います。配偶者がその国の方だから、就労する事も叶う訳で、滞在の仕方としては恵まれている方と考えます。

 ヨーロッパの人種差別がきつめの国に、主人の留学に帯同した形で暮らしました。ボディーブローのように、差別される状況がジワジワ効いてきました。猫を日本から連れて行っており、その子がいなかったら精神的に参っていたんじゃいかと思います。

 妊娠した際の通院も様々にドタバタでした。お腹が大きくなり、小さい子供達から指をさされて親がコソコソ説明をするという場面に何度か遭遇しました。どうやら、私の体が小さいので子供と思われていたらしく、「子供のお腹に赤ちゃんがいる」という認識だったようです。(身長はそこそこあるのですが東洋人の痩せ形体型でしたので、現地では子供服コーナーで服を調達していました。)

 その国で産む事も可能な保険に加入していましたが(保険適用で自費ゼロ)、諸般の事情を考慮して日本に帰って産む事にしました。初めての子育て、日本の良さを大事にしたいと思いました。

 因みに、主人はその国の大学の博士号も持っていましたが、現地就職はかないませんでした(留学が終わったらすぐ退去、国内の職を外国人に奪わせない為)。
 ご主人さまの技術と資格が日本でどのぐらい職に結び付くのかは、専門の派遣業者などにまずアプローチしてみるのも良しと思います。

 一足飛びにどちらかの国に「住む」の二択をする前に、一年に一回、日本で骨休めをする、というご褒美帰国を企画されたらどうでしょうか。国際結婚した義妹は、既に日本で暮らした期間の方がはるかに少ないのに、長期に盛大に「ご褒美帰国」を楽しみます。迎える親族が疑問に思う程…。

ユーザーID:0518378654
異文化間の移動は並大抵ではありません。
あらいぐま
2018年4月18日 11:00

米国在住○十年で日本に帰国してはいませんが帰国を目指しています。

タイトルの通りで覚悟して慎重に帰国を実行しようとしています。幸いにして母が東京の通勤圏で東京国際空港からたった2時間の場所に住み、一時帰国もしやすいのでアメリカで集めた豪華本などを帰るたびに運ぶなどして準備しています。

思えばアメリカで修士号を取った後、米国大都市の中央図書館に日本語本が溢れていたのに東京の公立図書館で英語の本が溢れているところは知らなかったのがアメリカに住む決心をしたきっかけのようなものでした。英語での意思疎通と英文読解力が向上して文化の差異を感じなくなるのにそれから十年ほどかかりましたが、その間にインターネットが発達して日本で英書を読むことも容易になりました。しかし帰ることリスクをもっとよく把握した上でないと結局不幸になると思っています。主さんの場合、特にご主人の仕事が問題です。

主さんはなぜ今身を置いていらっしゃる国文化に溶け込めないのでしょうか? その点の分析なしには日本に帰っても一時帰国ではなく実際に生活してみて違和感を覚えるだけだと思います。

ご主人には英語ができればなんとかなるということと、日本語は読み書きを後回しにすれば簡単な発音と規則的な文法のおかげで会話を習得するのは結構楽な言語だとお伝えください。

ユーザーID:1857047310
アドバイス
さくら
2018年4月18日 11:11

せっかく旦那さんが日本へ帰国しようって言ってくれているのだから、帰国するべきです。それからどうなるかがわかります。

>夫のカタコトの日本語レベルでは職探しも難しいだろうし、日本に移住したところで今度は彼が私が経験したようなつらい思いをすることになると躊躇しています。
この考えは解ります。でも日本で暮らしてみないからには何も解りません。辛そうにしているパートナーを見ている方も辛いですよ。

やってみて後悔するのと、やらないで後悔するのとではどっちが・・・って言うじゃないですか。日本に帰国してみましょう。意外と旦那さんも日本に馴染むかもしれないし。こればっかりは経験してみないと解りませんよね。

ちなみに、私の場合は逆で日本に住むことに耐えられなく海外移住しました。もう10年以上立ちますが、思い切って移住してよかったと思っています。日本を恋しく思う部分はありますけどね。

ユーザーID:0305752648
ご主人の日本での就職は無理ですか?
今回は匿名希望
2018年4月18日 16:37

ご主人がエンジニアと言うことで、日本でお仕事ができるのではないかと思い、こちらに出てきました。

私の主人もエンジニアです。結婚してもう30年以上になるのですが、その間15年近く日本に住んで日本で働いた経験から、ご主人も可能ではないかと思います。多少フェイクを入れますが、主人も日本語はそんなに流暢ではありませんでしたが、エンジニアだったことで日本企業に転職できました。

事務職ではないことで専門的な知識があれば職業上の問題はあまりありませんでした。ただ始めのころは会社のことでわからないことは全部私が手を貸さざるをえずで、見方によっては良い大人が、、、、、と思われていたかもしれません。
ただ、日本語で会議も出席できるようになり、電話も出られるようになったのでなんとか年月とともにましになったとでも言いましょうか、、、。

現在は彼の出身国に戻っていますが、数年後には日本に終の棲家を構えて戻ることにしました。

あなたがどこの国に住んでいらっしゃるかは判りませんが、私も年数が経つごとに現在住んでいる国について疑問に思うこと、不安に思うことが増えてきて、日本に帰国することに落ち着きました。
主人も15年弱の間にいろいろなことがありましたが、それでも日本が好きである気持ちは変わっておらず、日本という国に戻ることを楽しみにしています。

ご主人が日本に戻ろうかと言ってらっしゃるのなら、年齢も若いことですし、思い切って帰られることを勧めます。
エンジニアであることが仕事探しにはマイナスにはならないと思います。まず日本の同業の会社に雇用の可能性があるか当たってみてはいかがですか。
主人の場合は私が日本語で求職の手紙を書き、直接その企業の人事に送ってみました。それがすべての始まりで、面接までこぎつけ(数回の面接を重ねました。)採用されました。

可能性を信じてやってみてはどうでしょうか。

ユーザーID:1958560391
すみません、アドバイスではないのですが
たた
2018年4月18日 22:53

あなただけを日本へ帰すのではなく
一緒に日本への移住を考えてくれるなんて
優しい素敵な旦那さまですね

旦那さま、日本でいいお仕事が見つかりますように

ユーザーID:8956644876
英語ができるなら選択肢はいっぱい!
在外某所です
2018年4月19日 11:46

英語が通じるアジア某所に住んでいます。
周りに、奥さんが日本人でご主人が英語話者(日本語は片言)の国際結婚カップルが
たくさんいます。日本のものが入手しやすいところなので奥さん幸せ、生活や仕事は
英語なので、ご主人もストレスなく、双方にとって住みやすいのだそうです。
ちなみに、日本在住経験者も結構いらっしゃいます。英語プラス何か売りがあれば、
奥さんが日本人だと比較的仕事が見つかりやすいそうです。

トピ主さんのご主人が、英語がネイティブかニアネイティブなら、日本以外にも
こういう選択肢もあるかもしれません。あと、お住まいの西欧というのがロンドン
じゃないなら、ロンドンはどうですか?ロンドンも同じように、欧州の方と日本人の
国際結婚カップルが多くて、ご主人の出身国よりも、双方にとってストレスが減る、
とよく聞きました。

いろんな選択肢があると逆に迷いますね。

ユーザーID:3258855571
日本での生活体験
元東京人
2018年4月19日 15:50

90年代の始め、二十代半ばで西ドイツで結婚、生活を始めました。結婚後、直ぐさま、現地日系企業で働き始めましたが、通勤のアクセスは悪いは、買い物しようにも店は18時閉店、土曜は14時、日曜は閉店という環境で、現在の主さんの様に四六時中、自分は東京での生活とを比べていました。しかも、仕事の事でも、生活環境も大幅に東京がリードしていた様に感じていたので、ドイツでの生活は不満だらけ。主人は英語圏出身で、80年代の東京駐在、ドイツ、アメリカ駐在等国間の移動は平気な性格。私が独の生活に不満だったので、90年半ばに個人ビジネスで東京に引越。全て2人で準備しましたが、書類関連、生活基盤作り大変でしたね。あーやれやれと思った1年後、夫の元の会社が引越費用を負担するので、役職オファーがきたのを機に、独へ引越。自分は当時まだ精神的にも若くて、東京でやり残した事があった様な気がしたけれど、そんなものは特に無かった。ドイツへ引越後、私もまた現地で働き始めましたが、独の生活環境も街中の店の営業時間も延長されたり改善もされ、そこそこ生活しやすく感じていました。と、思っていた15年後、夫の勤務先も途中合弁や買収で、同じ勤務先でも独系になり、ひょっこりそこの東京駐在があり、これは書類関係が会社持ちで私にとっては天国。と思いきや、東京は暑い、騒がしい、人々は歩きスマホで無礼だし、市井の日本語は崩れているし、食品の市販品も、外食も甘過ぎか塩辛すぎで、東京生まれの自分が家族の中で一番適応出来ない始末。現在、又、在独ですが、主さんもまだ若くて、日本と比べて悶々とするならば、一度思い切ってご夫婦で日本で生活する事も荒治療ではありますが、自分たちの適地を見つける上で悪くはない経験になると思いますよ。

ユーザーID:4811483738
3年目が1番辛いと思います。
ロシアンブルー6キロ
2018年4月19日 16:01

50代アメリカ永住ですが25年前に
イギリスに8年間永住してました。

私も両国に丁度住んで3年目ぐらいに原因不明の眩暈
や湿疹が出ました。

永住権取得するまでに出国出来ないストレスとか
環境に適応するのに色々疲れるだと思います。

毎年日本に帰国してますか?

1週間でもいいので絶対に2年に1度は帰国すると
少しはマシになります。

1度休暇を取り日本に帰国してご主人が日本に住む
準備とかは後でいいのではと思います。

知合いがコンピュータ関係のエンジニアでした。

日本が好きで数年勤めて転勤願を出して今は日本にある
外資系コンピュータ関連会社で働いてます。
英語が話せればお仕事あると思います。

人生は長いので無理しないで体調を整えて下さい。

ユーザーID:5287567613
皆様のご意見、励みになります
ヘトヘトです。(トピ主)
2018年4月19日 18:21

皆様の貴重なご意見、拝見させていただきました。
本当にありがとうございます!すごく嬉しかったです…

この地に落ち着いた理由は仕事でした。
日本へ帰国しても良かったのですが、旦那の日本語レベルや日本社会に馴染めるか心配でした。
私が正社員として働けるこちらにと決心しましたが、結局私がぜーんぜん馴染めず…涙。
目の前に転がってた最も簡単な選択肢をとったツケだと反省しています。

幸い旦那の会社には日本の支社があり、会社に御願いするのも手かもしれません。
若いので通用するか心配ですが、チャレンジできる選択肢があるとポジティブに捕らえたいと思います。

彼は無職でも家で主夫するし大丈夫、早く帰ろう!と言っていますが、私は反対しています。
私が病気で働けなくなる可能性もあるし、今バリバリ働いている彼が、突然日本で何もやることがなくなり虚無感に襲われることが目に見えています。

どうしてこの国だとハッピーになれないのか、どうやって解決しようか旦那と話し合い、自分たちの失敗や改善できればいいポイントを分析し、2人の失敗談として今後の人生に生かせればいいかなと…
日本には「石の上にも3年」ということわざがあって、私が辛抱してればそのうちハッピーライフが来るかも?!と言ってたのですが、旦那が「…もう3年経ったよ」と諭してくれました。笑
彼も日本語学校に通って勉強も頑張っているので、本当にダメだったら帰るための準備や下調べをしておこうかなと思いました。
いざとなったら帰れると思うと少し気が楽で笑、今は病気もしたので頑張れる範囲で頑張ります。

人生の先輩方、皆様のご意見を伺えて本当に嬉しかったです。
悲観的になったり落ち込んだりするし今すぐ解決できる話ではないですが、皆様の声を励みに頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

ユーザーID:1494808697
ご自愛ください。
欧州在住主婦
2018年4月20日 16:42

私は、まだ10代の時にアメリカに留学して以来、海外暮らしです。
まだ学生だった時は、国を移り住んでも割と平気でしたし、語学も比較的に楽に習得できたので、『私って結構どこでも住めるわ』などと思い上がっていました。でも夫と出会って北欧に住んでから、精神が病むぐらいに落ち込みましたよ。現地で言語も習得し仕事もしました。でもそういうことじゃないんですよね。根本的にその土地と自分が合わない。私と夫は話し合って、二人が知り合った国に移住しなおしました。私も日本は好きですが、夫が日本では仕事ができないので。

ご主人が日本に移住しても良いとおっしゃっているなら、一度お二人で日本に住んでみてはいかがですか?片言でも日本語が話せるのなら、もう少し勉強すれば日常生活に不自由ないぐらいには上達するのではないでしょうか。それにまだ20代なら、仕事も比較的すぐに見つかるのでは?

私の知り合いにも、ご主人のリストラ(40代半ばぐらいで、お給料が良くなってくるとコスト削減で会社から首を切られる人が増えるんです)を機に、日本に移住したカップルが数組いますが、外国籍のご主人も結構良い就職先も見つかって普通に生活していらっしゃいます。東京が多いですけどね。

精神的なストレスで身体を壊してしまうと、回復するのにも時間がかかりますよ。
せっかくの20代、そんなに我慢することはないです。日本でうまくいかなかったら、またそれはその時に考えればいいことです。

ユーザーID:0526750507
エンジニアだったら仕事はある(と思う)
ぷれんち
2018年4月20日 22:43


私は日本の外資で働いていますが、外資には結構いますよ日本採用の外国の方。
英語が話せるのなら仕事はあります。というか専門知識(理系)があって英語ができたら奪い合い状態です。
日本人の理系って英語ができない人多いんですよね。なので会社が英語学習費用を補助してますけど本国や他の国の支店の人と会議まで出来る人がいなくて困っている状態です。

なのでまずは東京にある人材紹介会社にコンタクトを取ったら良いと思います。
今やスカイプで面接が出来ますからどこにいても転職活動は出来ます。
待遇は駐在で日本で働くのより良くありませんが、日本企業より良いと思いますよ。

ということでまずは人材紹会社を探して見てください。

ユーザーID:1328561668
仕事次第では
仕事するなら米国
2018年4月21日 1:41

トピ主さんとご主人のトータルで考えて、
日本でも十分に生活できるだけの仕事が見つかったら
日本に住んだらいいのではないでしょうか。
仕事も見つからないのにいきなり日本に引っ越すのが
先にくるとか、発想として理解できないです。

日本に住むならトピ主さんの方がメインで稼ぐくらいの
気持ちでいた方が良いと思います。
ご主人のキャリアや仕事の事しか
書いていないのには違和感があります。

トピ主さんは今も仕事自体がうまく行ってないのではないですか。
仕事していて四六時中日本に帰りたいと思うこと自体、
尋常ではないと思います。

ユーザーID:3811677084
 
現在位置は
です