現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

クリエイティブ系フリーランスのきちんとファッション

青が好き
2018年4月18日 15:03

こんにちは。トピタイトル的な仕事をしている40代女性です。

仕事上の最初の顔合わせ、打ち合わせ、会議、プレゼンなどで
どんな服を着るべきなんだろう…と、最近考えこんでいます。

クリエイティブでアート的センスや感覚がある人と見られたいし、
フリーで仕事をするからこそ、信頼できる、
きちんとした大人かつプロフェッショナルとも思われたい。

個人的な好みとしては、スーツは単調に感じるので
ジャケットとボトムが別の組み合わせが好みです。

他の方はどんな服装をしているのでしょうか?
また、クライアントとして、こういう相手と仕事をしている方の
ご意見もお聞きしたいです。

どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:5482393702  


お気に入り登録数:29
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
業務内容によりますが…
みけねこ
2018年4月19日 0:51

クリエイティブ系って、幅のある言葉ですよね。
パフォーマー、画家、音楽家、デザイナー、スタイリスト、などなど、様々だと思います。
依頼者も企業、行政、仲介業者、個人、同業者などいろいろで、そのシーンによって意見は分かれると思います。

私の場合は、企業のPR担当なので、ジャケットは必須だと思っています。
もちろんクリエイティブな発想もかなり重要ですが、企画書がきちんと出せるか、期日を守れるか、上層部に引き合わせたときにきちんと対応できるか、などの事務能力もかなり加味しますので、まずはTPOにあわせた服装をきちんとできるかって結構気になります。

超有名な先生でしたら別ですが、一般の方ですと、過去、弊社(スーツ率80%)に来社されたときに、だらしのない恰好(ジャケットなどのきちんと感がない)や、身の回りのマナーが守れない(ぼうしを取らないなど)の方は、だいたいルーズだったりすることが多く、何社か比べるときに条件が揃えば、それが決定打になり見た目判断で別の方にしたこともありました。

なので、ご自分がお召しになりたい服ではなく、相手のTPOにあわせて決めた方がいいと思います。
映像系で撮影があるとか、ご自身が壇上に立つ役者系の方で衣装も魅せたいなどの事情があれば変わると思いますし・・・

ユーザーID:1992256258
クライアント次第
neko
2018年4月19日 10:44

それで問題ないと思いますけど、後はクライアント次第ですね。

ユーザーID:4639259200
結構自由に
デザイン系
2018年4月19日 22:27

建築デザインです。
改まったプレゼン等では黒ジャケット、下はジーンズからスカートまで色々。
後は好きなもの着ています。
流行とか関係なく、自分に合うものを。値踏みされにくいテイストで。
お客様が役所系だと地味目で遊びは入れず、服飾系ブランドだとその会社と競合する会社の物は避ける、等。
歩く事や足場が悪い事も多いので、靴は革製でヒールなしの愛用ドイツやスペインのブランド、バッグは書類がいっぱい入って、急な雨に濡れないメッセンジャー。

同業やグラフィック系は、男女問わず黒やモノトーンが多いですが、あくまで綺麗目でもカジュアルです。
歳や収入によってブランドが高くなる感じでしょうか。ギャルソン→マルジェラ、のように。
質やデザインに拘る方が多いので、シンプルに見えて高い事は多いですね。

ユーザーID:7706656775
えりのあるものは着ています
みかん
2018年4月20日 16:05

私もそんな感じです。
最近は、ジャケットとワンピースが多いですね。

私の場合は、ジャケットとえりのあるシャツの両方というのは、あまり着ないのです。なんだかちょっと、自分のテンションに合わないのですね。必要なときは着ますけど。
ジャケットを着ないときは、えりのあるシャツを着ますね。
確かに、全員スーツみたいな会社もありますが、ちょっとだけゆるい感じが、クリエイティブ系のフリーランス(=外部の人間)という感じでいいと思ってます。

あと、個人的に長方形スカーフが大好きなので、海外に行ったときにまとめて買ってます。30本くらいあるかな。考えるのがめんどくさいときにいつも着る、シンプルなパンツにシンプルなトップにジャケットでも、スカーフを変えると気分が変わります。特に冬は、どうしても黒が多くなってしまうので、重宝しています。

ブローチが好きじゃないので、シンプルなイヤリングもたくさん持っています。

あと、靴は大事だと思います。ちょっとゆるめでも、靴がちゃんとしていると、全体が締まると思います。

こんな感じでしょうか。

ユーザーID:7360399678
セミオーダーYシャツ
灰色猫6キロ
2018年4月21日 6:41

50代クリエイターです。

英国製や播州織のYシャツに黒や水色カーディガン、
黒、グレー、ネイビーブルー他のサマーウールパンツ、
エコーオックスフォード革靴。

冬はカシミアのカーディガンやスーツぽく無いトラッドの
女性らしいロロピアーノ生地のジャケットを羽織ります。

スーツは最近は年齢的に似合わなくて着ません。

撮影現場の場合は袖を捲れるアウトドアブランド
Yシャツや夏はポロシャツとチノパンです。

自分のスタジオの場合はアンダーアーマーTシャツに
アディダスのジャージとサンダルが1番の作業着です。

クリエイター同士の場合は派手なお花柄の刺繍のトゥルーリジョン
のジーンズにTシャツです。

ユーザーID:6738905231
業種によらずジャケット
本当はラフ
2018年5月11日 15:30

企業のクリエイティブ系窓口の責任者です。

以前はノースリーブあり、
デニムもありの自由な業界でしたが、
転職してからは100%ジャケット着用、デニムNGです。
保守的、かつ男性の多い業界に転職したので。

お付き合いするのは
広告代理店、制作会社、ウェブプロモーション会社、
デザイナー、ライター、編集者などの方。
でも、以前の会社でも、今の固い会社でも、
先方の服装はあまり変わりませんね。
女性も含めて皆さん、スーツではないけれどジャケット着用です。

取引相手が女性の場合、
ジャケットはペプラムでもノーカラーでもOKです。
私の周囲はコムデギャルソンやジル・サンダーの
黒スーツ&白Tシャツが多いような気がします。

私自身はジャケットは着ますが、
スーツで着ることはほとんどありません。
黒以外にグレー、ネイビー、ベージュなどのジャケットを
型違いで持っています。


女性で1つ気になるのは
着慣れないジャケットを無理やり着ている感じのとき。
しわしわだったり、体型に合っていなかったり、
全体のバランスがおかしかったり…。
クリエイターの方にしては?というときがあります。
結局、センスを疑う(ビジネスセンスを含めて)ことになってしまうので、
それであればいっそのこと、スーツで来ていただいたほうが
無難で好感が持てます。

また、うるさいことを言わせてもらうと、
服装だけでなく、打ち合わせ時はバッグや小物も目立ちます。
バッグ、名刺入れ、ペンケース、メガネケース、ノートなど。

いいものである、流行のものである必要はないんですが…。
たとえば擦り切れていたり、
時々キャラクターものの小物を持つ方もいて内心驚きます。

ユーザーID:4960553802
何を着ても
傍流
2018年5月12日 13:49

クリエイティブ系って何?

それよりも,特にフリーランスということであれば,結果が第一であって,結果が出せないのに着ている物が「それっぽい」ものであっても仕方がないと思います。

不潔なのは論外ですが,それも程度問題。

ユーザーID:1642113079
ありがとうございました(トピ主です)
青が好き(トピ主)
2018年5月26日 19:28

傍流さん、本当はラフさん、灰色猫6キロさん、みかんさん、デザイン系さん、nekoさん、みけねこさん、レスをありがとうございました。
(猫関係のお名前の方が多かったのは偶然?)

他の方が実際にどんな装いをしているかを教えていただき、非常に参考になりました。
まとめてになってしまい恐縮ですが、お礼とお返事です。

ちなみに「仕事の質(結果)が第一」に異論はありません。
ただ、フリーランスが配慮すべき様々な事柄のひとつに「装い」もあると思います。またその装いは「相手やTPOに合わせる」ことも必要だと思っています。

●上着
・ベーシックカラーのジャケット(黒、グレー、ネイビー、ベージュ)
・デザインはテーラードでなくてもOK(ノーカラーやペプラムも可)
・カーディガンやスーツぽくないトラッドのジャケット

「スーツではなくてもOK、でもジャケットは必須」という方が多いようで納得しました。
皆さんおっしゃるように、上質な素材で、ベーシックカラーのジャケットやカーディガンがあれば、スーツでなくても適度なきちんと感が出せるのかなと思います。

手持ちはテーラードジャケットが多いので、少しデザイン性のあるジャケットを買ってみたいです。

若い頃は曲線的なジャケットも着ていたけど、今の気分ではもう少しサッパリしたラインで、小技が効いているデザインがいいな。
久々にもモードなブランドも回ってみようと思います(マルジェラも見てみたいです)

●衿のある/ないシャツ
実は私も、ジャケットの内側に衿のあるシャツは着たくないタイプで(かっちりしすぎに感じる)、「本当はラフ」さんに激しく同意です。

その分、ノージャケのときは仕立ての良いシャツがあれば安心できそう。シャツ専門店に行ってみたいです。「灰色猫6キロ」さんはどこで買っているのでしょう?

(続きます)

ユーザーID:5482393702
ありがとうございました(トピ主です)
青が好き(トピ主)
2018年5月26日 19:35

(トピ主続きです)

●「流行とか関係なく、自分に合うものを。値踏みされにくいテイストで」
なんだか心強く感じました。
「値踏みされにくいテイスト」というのは、一見して「〇〇系」と思われにくい、分類しにくい、ということですかね? 
もしそうであれば、私が日頃から意識している方向性です。

●長方形スカーフ、シンプルなイヤリング(私はピアス)
かさばらず、変化を付けられ、ベーシックカラーの差し色にできるのがいいですね。
意識して探してみようと思います!

●靴(きちんとした靴、オックスフォード革靴)
実は、ここはドキッとしました。とりあえずスニーカーやサンダルでなければいいかとゆるく考えていましたが、きちんとした革靴が正しい場面もありますね。
あえてマニッシュなひも靴を履くのも、今後採り入れたいです。

●バッグや小物(名刺入れ、ペンケース、メガネケース、ノート等)
こちらのご指摘にもドキッ。
素敵なペンも持っているのに、散らかったデスクの上からひっつかんできた量産型を使っていることが多く、自分でも「あーあ」と思っていたのです。
今後はこうした細部にも、もう少し気を遣おうと思います。

実は先日、パーソナルスタイリストのカウンセリング?を受ける機会があり、自分のファッション全般を振り返っていました。
パーソナルカラー(似合う色)も診断してもらえたのですが、黒とネイビー、濃いグレーや茶はOKだったのでちょっと安心しました(笑)。
自分の好きな色を小物で差し色にして、お仕事ファッションも楽しみたいと思います。
 
できればいつか、「あの人だからな〜」と思われるような、許容ラインギリギリのお仕事ファッションもしてみたい(そういう人物になりたい)! 
ですが、それまでは「好感度まずまずのきちんと感」と「自分の好きな路線」のバランスを取りながら、仕事服を選びたいと思います。

ユーザーID:5482393702
参考まで
観察してみた
2018年5月28日 11:16

周囲にそれ系の方たちがいるのでレスしますね。

●アシンメトリー派
アシンメトリーなワンピやトップスのひとたち
フォーマル感は素材で足してる人が多いかな、シルクとか光沢系
コットンとかカジュアル素材だと家感出るんでNG
アクセは地金を贅沢に使ってるものが多い

●ナチュラル派
ブランドで言うと45Rとかあのあたりのテイストですかね
麻とかざっくりしたのが似合う人が多いですが
ジャケットでそれなりにきちんと感出して来てたり
何気にお高い時計をつけてたりします……
それ以外はノーアクセなことが多いかも

●軽モード派
一見シンプルですけどよく見るとこだわってて
ハイテクスニーカーとか臆せず取り入れるのはこの方たち
きちんと感はあまりないですね

●あくまできれい目派
今シーズンでいうとワイドパンツにパンプス
落ち感ジャケットにネック広めのカットソー
みたいなひとたちですね
アクセは華奢系とごつい系どっちもいけるので
アクセで個性出したり変化つけたいならどうぞー

ユーザーID:8465040228
レスありがとうございます
青が好き(トピ主)
2018年8月5日 17:57

すいぶん日にちが経ってしまいましたが
「観察してみた」さん、レスありがとうございました。

挙げていただいた4タイプ、それぞれに思い当たる有名人や知人がいるので
ちょっと書いてみます。

●ナチュラル派
昔の上司(女性)がこんな感じ。
管理職ながら肩ひじ張らない感じがいいなと思っていました。
彼女自身、元々はナチュラルまたはフェミニン系の服が好きだったみたい。
ゆったりした淡い色のワンピースやスカートのような、
あまりビジネスっぽくないアイテムに、麻のジャケットを羽織ったりして
ビジネスモードに調整していたような気がします。

●アシンメトリー派
●軽モード派
モードな感じの人たちですね。
先日、旅行先のフランスで行ったレストランのマダム(女主人)がこんな感じで、
テキパキと動き回っていて格好よかった!
黒のノースリーブと細めアンクル丈パンツに、グレイのニューバランスのスニーカー。
ロングのウエーブヘアをひっつめ、黒縁眼鏡、首元に短いシルバーのチョーカー。
ハイブランドという訳でもなかったようですが、
機能的でおしゃれな仕事着という感じで、真似たくなりました。
(ギャルソンなどのブランドを着られるほどモードではない自分の場合、
「ちょっとデザインの凝った黒トップス」でチャレンジしてみたい)

●あくまできれい目派
欧米・欧州のビジネスウーマン(英国のメイ首相や、米国の前FRB議長のイエレンさんを連想)
みたいな感じですかね?
例に挙げた二人については、男性たちに交じって違和感ないダークカラーのジャケットに、
ごついネックレスやピアスを合わせていたりして、
個性や大人の女の余裕を感じさせるなあと感心していました。


(続く)

ユーザーID:5482393702
レスありがとうございます
青が好き(トピ主)
2018年8月5日 18:00

(続きです)

こうして例を挙げて考えてみると、
スーツでない「お仕事スタイル」の幅は意外と広そうとわかりました。

ジャケットなどの「形」、ダークカラーやモノトーンの「色」、
高級感のある「素材」や「小物」などの要素をいくつか採り入れて
仕事相手に対する「きちんと感」を組み立てていけば
その他は色々な要素を使っても大丈夫そうな気がして、楽しくなってきました。

(実際、先日フランス旅行に行ったときに見かけた40代以降の女性たちは、
そんな感じだったような気がします)

このトピあげて良かったな。
ありがとうございました!

ユーザーID:5482393702
ファッションの前に
オールフリー
2018年8月8日 10:18

一番最初のレスに

>業務内容によりますが・・・

とありますが、その返事はないようですね。

一言でクリエイティヴ系フリーランスと言っても範囲が広すぎます。
どういう業界か、どういう仕事か、クライアントはどういう人たちか

人様にアドヴァイスを受けようというときは
出来る範囲で情報を開示すべきではありませんか。
そこのところがきちんとできないのはファッション以前のことだと思うのですが。
フリーランスとして対人能力は大丈夫ですか。

ユーザーID:1146633424
 
現在位置は
です