現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

グリーティングカードはどんな時に贈りますか?

Moose
2018年5月6日 3:28

米国に20年間住んでいましたが、年老いた両親と伯母の手助けをするために帰国いたしました。 米国に居たときに趣味でグリーティングカードを作っていました。 きれいな紙でデコレーションしたカードです。 あちらでは誕生日やお礼など大人も子供もよくカードを送るので、使っていただけるように友人に差し上げたり自分でも送ったりして、結構喜ばれておりました。 
現在、家事に追われて仕事はできませんが、手仕事をする時間は少し取れるので、こちらでもまたカードを作りたいなと思うのです。 そして、できれば手作り品のサイトなどで販売したいと思いました。 もちろん儲けになるとは考えていませんが、家から出られないなりに、何か社会と経済的なつながりを持ちたいのです。 

そこで、皆さん、もしカードをどなたかに送られるとしたら、それはどういうときか教えていただけないでしょうか? プレゼントに添えて、とかカジュアルなお礼状として、などでしょうか? お友達の結婚や出産のお祝いに贈られることはありますか? また、どんな時にカードを受け取ると嬉しいかなども教えていただけるとありがたいです。 何をテーマにしたカードを作ったら日本で使えるか、参考にさせていただきたいのです。

お恥ずかしながら、二十数年前の常識は今の社会には当てはまらないと思いますので、こんな変な質問をさせていただきました。 よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8591416126  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本

タイトル 投稿者 更新時間
日常的に使っています
ワクワク
2018年5月17日 9:52

白い封筒から出てくる絵柄の素敵なカード、大好きです。
私は ユニセフで 様々な絵柄のカードを買っています。
ユニセフのカードのほとんどは、表はカラフルですが、開くと 真っ白なので使いやすいのです。
日常的に、 便箋やハガキに書く手紙の代わりに 全て ユニセフのカードに書いています。
用途を限定しない絵柄で、カードを開くと 中が無地というものが使いやすいです。
グリーティングメッセージがついていないカードは 日常的にお便りとして使えるので 本当に便利です。
便箋やハガキだと 手紙としての形式に則って 書かないと気分を悪くする人もいますが、
カードの手紙は 書きたいように自由に文章が作れるので、その点に於いても、大変 重宝しています。
手紙のマナーが苦手な妹も、私のように 全ての手紙は カードで出しています。
いつも素敵なカードを探すのですが、日本のカード売り場は お誕生日やクリスマスや
記念日のための文字が印刷されていて 自由に使えるカードが ほとんどありません。
中が白くて 用途を限定しないカードは 美術館に行かないと無いので、是非 出品してください。
トピ主さんの素敵なカードを使える日が楽しみです。

ユーザーID:3061480721
母の日、結婚招待カード、企業のイベント等
クリエイター
2018年5月18日 7:42

日本で特注品として私がデザインしたのは
上記でした。

結婚式の招待用カードはホテルロゴ入りで
かなり作った記憶があります。

日本人の方はクリスマスカードが海外から来ると
喜ぶようです。

英語が出来ると思うので欧米人が好きな和紙で日本風の
デザインカードを作り欧米人に売ればいいと思います。

ユーザーID:1321065405
是非町の子どもたちと一緒に
昔々子どもだった
2018年5月18日 11:45

市区町村役場(区役所、市役所、役場など)に問い合わせて「放課後子ども教室」の活動をやっていないか問い合わせましょう。
町の人が自分の持っている特技や趣味をを町の子どもたちに伝える活動で文部科学省の子どもプランの2つの事業のひとつです。
市町村名と「子ども教室」で検索しても見つかるでしょう。
子どもや親子を対象に講座が開けるのではありませんか?
一回2時間以内ですから外出できませんか?
我が町の場合は生徒からは保険と材料費を頂き、講師謝礼は3000円程度です。
有償ボランティアですね。
英語力を生かして活動できますよね。
小学校へ読み聞かせも出来ませんか?

是非是非その才能を町の子どもたちのために♪

時期としては父の日に
夏のお中元に添えて
敬老の日に
クリスマスに
お誕生日に
入園入学お祝いに
出産祝いに
結婚祝いに

アメリカと同じですよ。

無償でよければ近所の幼稚園などにプレゼントすると喜ばれ市場も広がるでしょう。
マルシェなどもありますよ。

ユーザーID:0433385091
誕生日、母の日、クリスマス
風のたより
2018年5月18日 13:31

私が贈ってきたのは、上の3種類です。
結婚や出産にはお祝いの品を贈るので、添え物としてのカードはお店が受け付けてくれる範囲で同封します。

今まで良かったカードは、開くとハガキの倍くらいのスペースで、そこに罫線や縁取りがあるものでした。ハガキよりたくさん書けました。
季節のご挨拶であれば、文言もプリントされたものを選びます。
言葉選びでデザインが完成すると考えているので、そこに一工夫あるものが好きです。しかし第一の理由は、自分で下手な文字を書く必要がないからです。

おそらく、年賀状と、書中見舞い、お歳暮くらいが日本人に根付いた表現で、カードは少し違います。
私は使いもしないカードを集めたり、美術館で物色する癖がありますが、もらったことはほぼないのです。
それはお前に友人がいないからだろう、と言われそうですが、文通は20年くらいしました。でもカードは数えるほどでした。
私の見たところ、日本人に多い順にこうなります。

1.手紙もカードも書かないタイプ(筆不精)
2.手紙を書くが便箋はシンプルなタイプ(真面目で律義)
3.手紙のかわりにカードを使うタイプ(合理的)
4.カードにこだわるタイプ(雰囲気やセンス重視)

ところで男性は言葉数の必要なことが苦手らしく、男性が買うのは印刷された文面のあるカードだという集計結果があるらしいですね。
じっさい家族であろうと彼氏であろうと、男性からカードをもらったことがありません。花束だけとか、アクセサリーだけとかです。

日本人にとってのカードは、日常的というより、イベント感覚が強いものに見えます。最近は「おつかれさま」「ありがとう」などプリントされた100円のふせんが出ています。こちらのほうが日本人の普段使いの感覚なんでしょう。

ユーザーID:9569818649
ありがとうございます。
Moose(トピ主)
2018年5月19日 15:16

投稿してからしばらくレスが付かなかったのであきらめていたところ、今日開いたらすてきなアイデアをいろいろいただいていました。 ありがとうございます!

ワクワクさん、なるほど、はがきや便箋と違って形式に縛られないというのは気がつきませんでしたが、カードの強みですね。 とても励まされました! 

クリエイターさん、確かに、クリスマスカードは欧米人向けですよね。 日本に滞在中の欧米人に使っていただけるように、考えてみたいと思います。 そういう方たちにネットでコンタクトできる方法から探します。

昔々子どもだったさん、地域活動への貢献もすばらしいアイデアです! 教えることは考えてもみませんでしたが、子供向けのカードのデザインでよいのがいくつかできたらぜひ町の子供たちと一緒につくってたいと思います。 さっそく役所に聞いてみます。 

風のたよりさん、確かに字を書くのが苦手なのは私もそうです。 そして気のきいた文も最初から書いてあるものがあると便利ですよね。 日本人の手紙事情についていろいろおしえていただいてありがとうございます。

皆さん、お忙しい中すばらしいアイデアや情報を色々教えていただき、大変嬉かったです。 ありがとうございます!

ユーザーID:8591416126
求める人は非常に少ない・・・
ききょう
2018年5月20日 8:37

外国でうん十年暮らしたのち帰国した者です。

私も同じような思いでいました。
以前暮らしていた国では、私の手作り、手描きのカードは大変評判が良かったです。
クリスマスバザーでは、実演販売もしました。
注文も受けました。

さて日本ではどうかと言うと、タイトル通りです。
私も手作り品のサイトに登録し様子をみました。
誕生日、クリスマス、ありがとう…英語版、日本語版、ありとあらゆるバージョンです。
「いいね」は結構いただきましたが売れません。
一枚当たり300円です。
市販されているカードより安い設定です。
一枚作るのに、最低3時間くらいかかります。
結局やめました。

二つ折りのカードですよね。一枚120円くらいでしたら
買い手が現れるかもしれないです。

ご自分でよく調査し、納得できるならいいとは思いますが。

ユーザーID:7021808038
ありがとうございます
Moose(トピ主)
2018年5月26日 0:15

ききょうさん、
そうでしたか。私とまったく同じですね。 
バザーはいいですね。 フリマで売れなかったら近所の教会のバザーなどに寄付しようと思います。 他にも寄付だったら受け付けてもらえる団体があるかもしれないですね。 ありがとうございます。

ユーザーID:8591416126
 
現在位置は
です