現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

飲み会を異様に重要視する会社? 携帯からの書き込み

もん
2018年5月10日 13:58

2年目の総合職女です。

うちの会社は一部上場の大手商社です。
給料良し、残業代100%支給、有給も取りやすい、福利厚生もかなり手厚く、業界内の地位も高く、条件的にはTheホワイト企業です。
が、辞めたいと思うくらい嫌なことがあります。

うちの会社は飲み会を異様に重視します。
強制じゃない飲み会はありません。
一次会は参加しますが、二次会は捕まらない限り帰っています。

そうすると、「朝まで頑張ることが大事。」「若手のうちは嫌だろうけど、我慢してとことん付き合うメリットはある。」「朝まで飲んで睡眠時間0だろうが、次の日何事もなかったように仕事をして一人前だ」等、説教されます。

一次会はメリットが見えますが、どうせみんな記憶をなくしている二次会に行くメリットが見えません。

二次会、三次会は楽しんでいるのは上の人や声が大きい人たちだけで、嫌々付き合ってる人たちは飲まず、たいして食わずでぼーっとしていて、ただただ時間が過ぎ去るのを待っています。

こんな意味のない時間があるでしょうか?
時間とお金は消費され、無駄なカロリーを摂取し太り、寝不足で肌は荒れ…。

私はお酒が強くないので酔えないし、体力もないので本当に苦痛です。帰り道泣いたことが何回もあります。

まだ週1程度で済んでいますが、先輩たちは、ひどい時は週5です。
接待なら私も頑張れますが、社内の馴れ合い飲み会の方が多いです。

これも仕事のうち、と言い聞かせてはいるものの、同年代の他の会社の友人に聞くと、飲み会は月に1回あるかないかという人が多いです。

つまらない飲み会に朝まで参加するくらいなら、朝まで仕事をして残業代をもらえた方がまだマシだと思ってしまいます。

私のこの考え方はゆとりですか?
うちの会社がおかしいと思っていましたが、皆様の会社はいかがでしょうか?
今後この会社で染まっていける自信がないです。

ユーザーID:0437236778  


お気に入り登録数:47
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:22本

タイトル 投稿者 更新時間
今でもそんなところがあるんですね
おっちゃん
2018年5月10日 14:49

私も商社勤めでしたが、精々月に一回でしたね。二次会以降は帰って構わないと思います。みんな酔っ払って訳がわからなくなってます。

ユーザーID:7346718272
夫の会社も重要視していました
uguu
2018年5月10日 15:01

夫の勤務する会社も飲み会を重視していました。
週3から週5です。

二次会からタクシーで上司のお宅で3次会・・
帰宅は午前2時、3時です。

3時間ほど、寝て7時に出勤。

二次会後に後輩を連れて
我が家で3次会ということも
ありました。

妻の私は、午前様の夫が
職場の方を伴って帰宅すると思うと
洋服のままうたた寝でした。

飲み会も仕事のうち・・

お給料はでませんが、人間関係を
円滑にするためには
重要のようです。

トピ主さんは女性でしょうか。

終電がなくなる前には帰宅なさった方が
いいですね。

歓迎会、送別会、暑気払い
忘年会、新年会・・

飲まない人も二次会までは
参加しているようでした。

ユーザーID:9073749739
ホワイトの対価
テナガエビ
2018年5月10日 15:16

大変ですよね。
同情します。

飲み会でざっくり話せる人間関係を築いておくことは、仕事の上でも重要ですから、飲み会にも効用があるのは確かだと思いますが、座が崩れたあとの二次会は、おっしゃる通り、特にそういうのが好きでない人には苦痛でしかありません。
適当に帰ればいいと思いますよ。

ただ、そのことを快く思わない、飲み会重視の上司や先輩がいるのは仕方ないです。
商社というのはそういうある種の体育会ノリ、営業ノリを前提に出来上がっている組織です。
会社まるごと営業みたいなものですから、顧客とのつきあいであればバックレもできません。
そういう意味で、「オレらの仕事はこういうものだと体得しろ」と考える上司、先輩はいるでしょう。
また、そういう二次会のような場を共有することで生まれる連帯感や、気乗りしない二次会でもぐっとこらえて座を盛り上げることのできる営業力や忍耐力を重視する人もいるかもしれません。
適当に帰ることでそういう人たちの不興を買うことは自分の選択の結果として受け入れなければなりません。
行くことにメリットがなくても、行かないことにデメリットはあり得ます。

若い世代から少しずつ社内の雰囲気を変えて行くか、そこそこうまくつきあって行くか、飲み会のつきあいが悪くても文句を言われないくらい実績を上げて黙らせるか、あるいは辞めるか。
「給料良し、残業代100%支給、有給も取りやすい、福利厚生もかなり手厚く、業界内の地位も高く、条件的にはTheホワイト企業」であることの対価が飲み会だと心得れば、あとはどちらを重視するか、あなたの割り切りの問題だと思います。
何もかもが夢のように素晴らしい会社、というのは残念ながらなかなか存在しません。
飲み会が月1回の会社の友人はあなたのような高給はもらっていないでしょう。

頑張ってください。

ユーザーID:1315344184
染まるのは程々携帯からの書き込み
くま
2018年5月10日 15:42

せめて月1にしたいですよね。

染まりきって欲しくないな。そこの職場、なんか浮わついてますよ。他の支店はそんなことないんじゃないですか?たまたま上の人間が、酒好きなんじゃないでしょうか?

大手と言う看板に守られて、危機感を持てなくなっているのかな?

飲み会をしたがる人って、不満を晴らしたいと言う面もあるので、余りにも頻繁にあるのなら、かなり皆さんお疲れなのかな?とも感じます。

週末は習い事を始めるなどして、「月に1度は是非参加させて下さい!」と社交辞令を言えるようになって下さい。

トピ主さんは、そう言う先輩方を反面教師にして、今一度気を引き締めていかれてはいかがでしょうか?

ユーザーID:9233397856
それはお気の毒ですね
50代サラリーマン
2018年5月10日 19:33

・商社、建設、広告代理店などの一部の業界
・歴史のある会社
・官公庁やお役所と関わりのある会社
はそのような傾向があるみたいです。

私はIT関係の会社に勤めていますが、20年ほど前までは
飲み会とか社員旅行とか多々あり、トピ主さんと同様、
うんざりでした。
昔は会社サイドも働く側も「会社第一」でしたが、それも
時代とともに変わってきて、多くの会社(職場)および
社員が「仕事とプライベートは別!」と考えるように
なったのです。

ところが、
・飲み会で職場の結束が強くなる
・誰でも飲み会は楽しいに決まっている
・飲み会に部下を強制参加させることで、自分の力をみせつける
といった勘違いをしている人がいるから困ったものですよね。
トピ主さんの会社はその典型的なものです。明らかに変な会社!

まあ、徐々に変わっていくとは思いますので、もう10年か20年
くらい辛抱かな?

ユーザーID:1500853721
身代金を渡す携帯からの書き込み
真夏
2018年5月10日 19:49

別名『飲み代 金(のみしろきん)』といいます。3000円位包んで逃げる、です。

誰も文句言わずに解放してくれるでしょう。

ユーザーID:1841943049
週一は多すぎ
ギブすん
2018年5月10日 21:36

ゆとりじゃなくてもその状況は嫌ですよ。私だったら嘘も方便で健康上の理由を盾にして断るかな。飲み会のことだけで会社辞めるのはバカバカしいですし。

ユーザーID:0537881778
今時珍しい会社だね!
常識人
2018年5月11日 14:10

 感想はタイトルの通りですが、大手の商社ということで今だに昔ながらの習慣が残っているんでしょうね。
 でも、私のいた会社の方がもっとひどかったですよ。
 夕方、上司から「この仕事をやっておいてくれ。」と言われ、その後、飲みに連れ出されて深夜まで付き合い、翌朝二日酔いで出勤したら「おい、昨日指示した仕事は出来たか?」と言われるような職場でしたよ。
 飲み会の翌日に仕事の催促をされないだけマシかもしれませんよ。

ユーザーID:6497444222
人生で最もムダな時間だった
純一
2018年5月11日 18:38

若い頃2年ほど仕えた営業部長。毎日、(本当に平日は毎日)会社の近くの居酒屋に陣取り、飲み会をやっていました。当時は交際費が緩かったのかお金はかかりませんでしたが、終電車まで続く酒盛りは苦痛でした。人生で最もムダな時間だったと思います。人付き合いって言うけど、何にも覚えてないんですから意味がないですよね。それこそ、勉強もできないし。

今は、内輪の飲みの機会は月1回あるかな、という感じで快適です。

ユーザーID:7182468880
うわー
まこ
2018年5月11日 21:49

それおかしいですよ。
私が以前勤めていた会社も本当に飲んでばっかりでしたが、みんな単に飲みが好きなだけだったので誰も強制なんてしませんでした。
そんな会社も今では、「今の若者は飲みに誘っても来てくれない」という事で全然飲まないらしいです。

ホワイト企業だけどこんな時代に飲み会が強制って、なんだかDV男と付き合う女性の決まり文句「手さえ上げなければ、普段は本当に優しいんです」みたいなのを彷彿とさせますね。
この場合は「お酒さえ飲まなければ…」でしょうか?
どちらにしても私はついていけないですね。お酒は好きですが。

ユーザーID:5759164938
飲めない人はいないのですか?
maimai
2018年5月12日 7:13

私は体質的にというか家系的に全く受け付けないので、もしそのような会社に入社したらどうしたらいいのでしょう。
会社というよりトピ主さんのいる部署の長がそういった考えなのではないですか?

トピ主さんは飲めるのですか?それなら「飲み会も給料の内」と考えたらどうでしょうか?中小企業で待遇も良くない上に人間関係で悩んでいる人はたくさんいますよ。そういう人から見たら我儘かもしれません。

私は会社の飲み会のとき、ウーロン茶を頼んで水割りのふりをしていました。

でも、飲み会を重視するなんて昭和の時代のようですね。

ユーザーID:4694796051
お疲れさまです
餡子は粒餡
2018年5月12日 9:05

私は飲み会は歓送迎会しか出たことがありません。
忘年会も新年会も任意です。
そのかわり、零細だし、残業代100%支給されたところで給与はそこそこだし、福利厚生は普通だし、産休育休は未だ前例がないし、有給は使い切ると上司(というか雇い主)から睨まれますが。
飲み会が義務じゃないのはおそらく雇い主がそういうの嫌いで起業したからでしょうね。

トピ主さんも身体を壊しそうなら辞めた方がいいかもですよ。

とはいえ、そんなTheホワイト企業で飲み会の強要もないところとなると、おそらく業績もさしてない状態で中途採用で入社することは無理でしょう。
第2新卒という手もまだあるのかな・・・?
いずれにせよ、ある程度はギャンブルのようなものです。

がまんするか、もしくはご自分の中で譲れない条件を定めて、進退を決めるしかないのでは。

ユーザーID:6061431207
昭和の会社
呑龍
2018年5月12日 13:22

昭和40年頃、
飲みニケーション と云う言葉が あった。
飲酒に寛容どころか 推奨されていた。

大学の 新歓コンパでは、果てしなく呑み、
救急車を呼ぶこともあった。

会社に入って 新人教育では、
飲みニケーション を大切にして
できるだけ参加するように教えられる。

今から思えば、未だ 社会が未熟だったのだ。

ところが、その後、
飲酒に対する 風潮が 大きく変わった。

社会が 成熟化 したからだろう。

職場での 飲酒習慣が 是正され、
ノンアルコール飲料が多くなった。
呑んで乱れることは皆無となり
ほとんど 素面で 帰宅する。

成熟した 紳士社会だ。

さて本題。

>うちの会社は一部上場の大手商社

なるほど、
いかにも、商社 や マスコミ に
ありそうな会社ですね。

トピ主さんの職場は、まだ、昭和の風潮が
残っているようだが、
もはや 絶滅危惧種 だろう。

世代交代が進めば、改善されるでしょう。

もう少しの我慢。。(だと思う)

ユーザーID:3146439634
無いわ〜
かっぱ
2018年5月12日 17:06

お酒飲みますが
会社の飲み会で朝までなんて無理です。
バブルかじってる世代ですがトピ主さんと同じ考えです。

説教をするのは誰ですか?
周りの全員ですか?
一部上場の大手商社全体が飲み会重視なんでしょうか?
トピ主さんの部(課)だけではないのですか?
○○ハラが問題視されているご時世にありえないと思います。

ユーザーID:7406711696
やだったら辞めれば
男です
2018年5月12日 21:20

そういう会社なんだから、いやだったら辞めればいいだけの話です。
あなたの会社おかいいですよ。でも、会社としては必要があってやっていることなので、会社はあなたの辞める権利を侵害していません。

そのような会社だったら、あなたの替わりはいくらでもいます。

ユーザーID:7481239857
上司の子守り
蝉丸
2018年5月13日 3:50

一部上場大手商社なら、「会社」ではなくて「部」とか「課」ではないですか?

今の50代くらいが若かったバブルの頃には、お客様の接待で毎晩毎晩忙しく、家族が寝静まった頃に帰宅していたのでしょう。
今さらそうそうに帰宅しても、奥様からは「夕食食べるの?」ティーンエイジャーになったお子様方からも「こんな時間に何やってんの?」と冷たい視線に晒される、帰宅難民の上司が先頭切って飲み会をやりたがっているのでしょう。

時代の、負の遺産ですね。

取引先との問題であるとか、仕事上の問題であるとかではないのだから、上に立つ人が鶴の一声で「飲み会の参加を強制するな。会社のとしての飲み会は歓迎会と送別会のみ」とでも言ってくれたらその日から改善する問題です。

折角会社がホワイトなのに、部長や課長クラスの人間数人が社員の生活をブラックにしてしまっているとしたら、会社にとっては大きな問題です。

>そうすると、「朝まで頑張ることが大事。」「若手のうちは嫌だろうけど、我慢してとことん付き合うメリットはある。」「朝まで飲んで睡眠時間0だろうが、次の日何事もなかったように仕事をして一人前だ」等、説教されます。

一度総務にでも、これで倒れたら労災が降りるのかどうか確かめてみたらどうでしょう?暴露してゆきましょう。

ユーザーID:3857120126
強制ってどういうこと?
ロッジ
2018年5月13日 14:10

鎖にでも縛られて連行されるの?
自分の意思の弱さを人のせいにしなさんな。

帰りゃいいでしょ。

ユーザーID:4885070373
ないわ〜。携帯からの書き込み
チリソース
2018年5月13日 19:55

アラフォー女性です。

私も今の職場に異動した数年前、飲み会だのランチだの社員旅行だのが頻繁にあり、「今時、何!?」と驚きました。

それでも、そういうイベントの類はせいぜい月に1、2回程度。
トピ主さんの会社程、頻繁にはありません。
上司が相当なお酒好きだとしても、皆さん、よく付き合っていらっしゃいますね…。

貴重なお金と時間は、出来れば自分の為に遣いたいですよね。
あれこれ言う同僚もいるかも知れませんが、外部の人間からすれば滑稽です。

それに、トピ主さんはまだお若いですが、20代の頃の不摂生が、30代〜40代に響いてきます。
体は正直だから。

さて、どうします…?
泣くくらいなら、何だかんだ理由を付けて帰った方がいい気がしますけれどね。飲む人達も楽しく飲みたいだろうし。

私は必要最小限の飲み会(一次会)だけ出席。
後は「帰りが遅くなると夫が怒る」と適当に断っています(嘘です)。
下戸の夫も「帰りが遅くなると妻が怒る」と逃げているそうです。

ユーザーID:0179487422
困ったもので
純一
2018年5月16日 17:19

「飲み会大好き」という人は一定数いるんですね。そういう人、「飲み会があってよかった」と思っているから、諭したって聞きやしません。そういう人が管理職だと最悪です。上層部から「ほどほどにしろ」と言われようと、メンバーが控えめにいやな顔をしようと、ともかく飲み会を開催します。以前の会社で問題になったことがあって、社長から注意があったんですが、結局箝口令が敷かれただけ、なんて事もありました。
また、メンバーも全員が嫌がっているわけではないんですね。普段仕事ができない人が、上席に近づく機会として利用し、あることないこと吹き込む場にしている、とか、自分も好きで飲みたいだけ、とか。

悪しき慣習だとは思うんですが、無くすことは難しいでしょうね。

ユーザーID:4595842742
普通ではない…が
○代サラリーウーマン
2018年5月17日 1:57

トピ主さんの会社は普通ではないけど、でも、それが彼らにとっては「普通」なんです。
一部上場の大手商社って事ですから、歴史とプライドもありますしね。

実は私の今の上司が、まさにその一部上場大手商社の出身です。そして、飲み会大好きです。
うちの会社に来てからはいろいろと勝手が違う事、そして何より時代が違う事を理解されたようですが、その片鱗はたまに感じます。
 
「50代サラリーマン」さんのレスのとおりで、一部の歴史のある大手の業界に、そういう会社があります。前に派遣でいた一部上場建設大手もそんな感じでした。

ただ、トピ主さんの会社が変である事は事実ですが、その事実を踏まえてどうするかはトピ主さん次第。
・何を言われようと2次会は行かない姿勢を貫く。次の日の嫌味もお叱りも柳に風と受け流す。そのうち異動もあるし、そういう人と認識されるかもしれません。そして、いつか時代の波がその会社にまで及んで来る事を期待する。まあ10年か20年か。
・そういう会社なので仕方ないと覚悟を決め、朱に交わって赤くなる。つまりは朝まで付き合う人になる。会社人生を謳歌する。
・こんな会社は無理と諦め、転職する。
他の部分は超ホワイトなわけですからなかなか決断は難しいでしょうけどね…

早くその会社が時代に追いついてくれるといいんですけどね…大きい会社でホワイトなだけに、なかなか当事者達も変革の必要性を感じないんですよね。そして若手もそうやって染まらされ、変革はどんどん遅れていくのです…

会社ってほんと、いろいろですよね。

ユーザーID:0296261127
 
現在位置は
です