現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

34歳 男性 今後のキャリアについて

マイロ
2018年5月11日 1:52

34歳 男性 未婚 貿易事務 約6年勤務

現在の英語力はTOEIC 825点

ある商材を輸出する乙仲(輸出代行会社)で勤務しております。

外国人の顧客が多いので、船積予定を打ち合わせする際に英語を使うことがしばしばあります。

特にメールで英語を使うことが多いです。
電話で英語を使うこともありますが、外国人の顧客でも会話は割と日本語を話せる方が多く、頻度は低いです。

ここ数年、会社の方針に疑問を持っており、退職をしようか迷っている状態です。

社内で懇意にして頂いている先輩や上司などにこういった話を何度かしたことがあるのですが、絶対に転職先を決めてから辞めた方が良いと
アドバイスを頂き、今の英語力で就ける案件に応募したりしています。

昨今、沢山の方が英語を使って仕事をしたいと考えのもとに転職活動をされているように私も同じような考えを持っているのですが、
英語を使って何をしたいのか、という点で自分の中に具体的な答えが出ていないような状態です。

正直、現状の私の英語力は大したものではなく、件の転職活動とは矛盾しますがもっと勉強、訓練をして力をつけ、より高度な英語力を求められる職種として働きたいと考えています。

ですが、現職の仕事量が多く、帰宅後の勉強は断続的にやっている状態です。

安直ではありますが、語学系職種で高度なものとして通訳や翻訳を選択肢の一つとして考えています。
大学(4年制)の専攻はIT系でしたが、仮に通翻訳で働くとしたら医療系やバイオ分野でやってみたいと思っています。
上記分野の知識や職種経験は全くないので、知識をつけるところからスタートになります。

仮にこれから退職をして勉強に集中したとして上記のような職に就くことは可能でしょうか。

また、別の選択肢などをご紹介頂けると幸いです。

貯金は300万ほどです。

ユーザーID:8547997559  


お気に入り登録数:5
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
キャリアを無駄にするか否か
ぽんた
2018年5月11日 11:28

まず、翻訳を前面に出す求人は賃金が低く、将来も
上がりません。買い叩かれる職種です。
英語を使った仕事で最も高い賃金を得られるのは
英語でプレゼン資料を作成してクライアントを英語で
説得するとか、英語で価格交渉などができる事です。
つまり、英語単体では買い叩かれます。
職種を大幅に変えるという事は、求人に応募した時点で
書類選考落ちする事が殆どです。まず滅多に通りません。
それが簡単に通るとしたら、人気のない中小企業です。
今の職種が苦でなければ、その職種を別の会社でやる
のが最もキャリアを生かした選択となります。賃金も
大抵は上がるでしょう。
転職は賭け事の側面と勝負事の側面があります。職務
経歴書経歴書ひとつとっても、大ウソは厳禁ですが、
絶対に出来ると自信のあることを、あたかもやってきた
かのように書くのはアリです。キャリアチェンジという
ほどは遠くなく、しかし少しずらした職種を希望する
場合はこのような経歴書の調整をするものです。
転職経験者が集う掲示板を見たり、事例をとことん研究
することで、転職を自分の思う通りに実現してください。
転職に何を求めているのか、これも自分の中で明確に
しておいた方が良いです。

ユーザーID:6584540062
トピ主よりぽんた様へ
マイロ(トピ主)
2018年5月12日 8:21

ぽんた様


ご返信有難うございます。

英語単体では将来的に厳しいことは分かっていたのですが、
職種の大幅変更も一般的にはおすすめできないですよね。

また、昨今の通翻訳システムの急激な進化も気になるところです。

現在の職種も視野に入れて再度転職の方向性を考えたいと思います。

一番のネックは労働環境と会社の方針なので、
この2点を重視しつつ転職活動したいと思います。

出来れば労働環境の良いところに入り直し、プライベートの時間で
自己研鑽していけるのが理想です。

貴重なご意見有難うございました。

ユーザーID:8547997559
海外の企業に勤めれば携帯からの書き込み
天野
2018年5月23日 20:18

もう独身なんだから、思い切って海外で勤めればいいんじゃないですか?

日本からでも海外勤務なら応募してると思うし。
海外で日本企業だったとしても。
あるところは休みが十分取れたり。

基本ヨーロッパの話になりますが
有給休暇が1年に5週間ぐらい取るのが義務。
だから、日本人がやってる外国の会社で勤めても、両立するには環境がいいし、外の出たら外国語だし。
ヨーロッパは物価は高いものの勉強するにはとても安い。
パリ ドイツなんかは 日本の飲食店多いし
働きながらでも勉強できるし、
ワーホリで行ってみて、学生ビザに変えて、
恋人ができればパックスという結婚より軽いが
その国にいていいビザがもらえる。
海外で勉強して、修行積んで
日本の貿易会社に海外からアプライするとかは?
とりあえず日本は 仕事と勉強 生活費この3つ
の政治家からの支えないから、スキルアップが難しい環境。
その点海外は努力さえすればなんとか。

大事なのは人脈になってくるわけだ。
面接資格を重要視している日本とは違って。

それに知識が足りなくてもネットのフリーランスで軽い翻訳業できるのでは。

ユーザーID:5563504226
トピ主より天野様へ
マイロ(トピ主)
2018年6月12日 12:57

天野様

アドバイスありがとうございます。

海外での就職ですか、ハードル高そうですね

でも、結婚してない今だからできることですね

選択肢の一つとして考えてみます。

返信が遅くなりすみませんでした。

ユーザーID:8547997559
ある程度語学力に自信があるのなら
goo
2018年6月16日 10:41

海外営業とかはどうでしょう?
貿易事務として培った知識も使えますし。

現職が本来の意味での乙仲であるのなら、英語も
貿易知識も使えるフォワーダーも転職先としては
ありかも知れないけどブラックな業界だから
薦めはしません。
楽しいですけどね。

ユーザーID:2187011554
 
現在位置は
です