現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

巣から落ちた野鳥のヒナにどうすればよかったのか

匿名
2018年5月13日 19:51

 今朝、家のベランダにヒヨドリのヒナが2羽いました。屋根に作られた巣から落ちてしまったと思います。野鳥だし、人間が手を貸してはいけないと思い様子を見ていたら、親鳥が何度も餌を運んできてホッとしました。
しかし、午後から雨が降り出し、降り始めの時にも親鳥が来ていたので安心していましたが、ベランダの南側は雨を防ぐものはないのが気がかりでした。
暫くして様子を見たところ、亡くなったヒナの姿がありました。もう1羽は衰弱していたので、雨が強まったので発砲スチロールに藁を敷いたものに入れ、タオルをかけています。バナナとトマトをすりつぶしたものを与えようとしましたが、ほとんど食べていないので厳しいと思います。
 雨が降り始めた時に、雨除けをしてあげれば命を落とさずにすんだのだとろうか・・・でも、人間が手を貸して親鳥が餌を運びに来なかったらと思うとできません
でした。しかし、小さい命を救えなかった自分がとても愚かで泣きました。助けられるなんて思うこと自体エゴなのかもしれませんが、同じような経験をされた方の
お話をお聞かせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:5921683838  


お気に入り登録数:79
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:29本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(2)

タイトル 投稿者 更新時間
貴方は、自分で出来る精一杯のことを
猫は親友
2018年5月13日 20:42

貴方は、貴方が出来る精一杯のことを為さったと
思います。

小鳥たちが生きるか死ぬかは、運命です。トピ主
さんは素晴らしい方です。

どんな事があったにしても、トピ主さんに責任は
ありません、と思います。

ユーザーID:8698266922
つばめ
oba
2018年5月13日 20:45

我が家に毎年つばめが巣作りにやって来ます。

時々巣ごと落ちてしまっていることがあります。

見つけたときはすでに手遅れの場合が多かったのですが、ある年はもうあと少しで飛べるくらい成長したヒナが落ちていました。

たまたま私の弟が来ていたのですが、プラスチックのかごと針金を使って「仮住まい」を作って、軒下に吊るしてくれました。

そうしたら何と親つばめがせっせとそこへ餌を運んできました。

もともとあった巣より低くなったためか、蛇や猫に襲われかけたこともありましたが、私が撃退し、無事ヒナは飛べるようになって巣立って行きました。

人間の作った仮の住まいでも親鳥はちゃんと育ててくれることに感動しました。

ユーザーID:4255812460
つばめのヒナ
poti
2018年5月13日 21:00

私も似たようなことがありました。家の玄関につばめが巣を作っていて、ヒナが生まれました。しかし、ある朝、その中の一羽が下に落ちていました。戻しましたが次の日も同じように落ちていました。他のより小さいヒナで、親からえさをもらいはぐれているのかと思って、虫を取って食べさせようとしましたが食べません。仕方なく、また巣に戻しました。ところがです。翌朝、というか夜中の三時ごろ、出かけるとき何の気なしに巣の方を見ると、何か違和感を覚えました。急いでいたし暗かったので違和感を覚えながらも、そのまま行ったのですが、帰宅してみるとヒナが一羽もいません。家族によると蛇が食べたのかもしれないと。そういえば、巣の方を見たとき、何かがうごめいていたような。ああ、もう少し私が早くきづいていたら・・・。かわいそうで仕方がありませんでした。たぶん、蛇が何日も前からヒナをねらっていたのかもしれません。ずいぶん前のことですが、このトピを読んで思い出しました。かわいそうですが、命というものはたぶん、どうすることもできないときがあると思います。不可侵というか、動物、植物、鳥、もちろん人間も与えられた命がどこへ向かうのか、誰もわからないのだと思います。

ユーザーID:1647261446
野生の動物は難しい携帯からの書き込み
エルも
2018年5月13日 21:03

私は落ちてた雀を保護したことありますが、偶々その日が異様に冷えていて、寒かったのと、落ちたときに羽かどこか傷んでいたのも悪かったのか、すぐに死んでしまいました。

落ちてた雀はご飯もろくに食べなくて、死にかけてましたが、クチバシの隙間から、砂糖水を少しずつ口にいれたら元気にはなったので、もし、親元には返せない可能性は高くなるのを承知でということなら、砂糖水よかったです。
その後は信用してくれて食べてました。
その後、冷やしてしまったのが痛恨のミスです。

ただ、野生は本当に難しいです。
夫は猫が子供を産んで、放棄したのを育てようとしたそうですが、全部死んだと言ってましたし、やはり親しか育てられません。

ひよどりも巣から落ちたどんくさい時点で、やはり、もうダメなんです。

テレビで見たどこかの水鳥の雛も、巣立ちの時に海に向かって崖から飛ぶのですが、海まで飛べずに陸地に落ちたら、即、キツネに食われてました。一発で、親よりうまく飛べるような雛が生き残り、大体、4羽に1羽ぐらいしか助かってませんでした。
大体、ダメで陸に落ちる。

巣から落ちた時点で終わった…という状態ですので、あまり気に病まないように。
どんくさい鳥が悪いんで。雛には悪いけどね。

ユーザーID:6494634735
私もあります。
ぽちゃゴロ
2018年5月13日 21:18

何年も前に住んでたところの屋根に、太陽光パネルがついていて。
その裏によくスズメが巣を作って、雛が駐車場に落ちて死んでいるのを見ました。
怖々死骸を片付けたり。
卵が落ちて割れてるのも見ました。
雛が落ちてるのは頻繁にありました。賃貸だったけど。

一回、二階のベランダ部分に少し大きめの雛が落ちてて。
世話を試みたけど死んでしまいました。
どうすれば良かったのかなと思いますね。
親鳥は来てませんでした。
動物病院に持ち込めば良かった?
でもどうなんだろう?野鳥だし。
持って帰るにしても、鳥は怖くて触れないです。
連れて行くにも怖い。

今も、庭でスズメが巣を作り、
たまに落ちて死んでいます。
見てると悲しくなりますね。
いっそ、巣を作れないように工夫するべきなのでしょうか。
気になります。

ユーザーID:8159484857
昔々のことです
2018年5月13日 21:23

30年近く前のことですが、今も胸が痛くなる思い出です。

ある朝、アパート2階のベランダの物干し竿に、ヒヨの雛が止まっていました。親鳥がなんども餌を運んでいたのですが、このままでは洗濯物が干せません。

雛の目の前に自分の手を出すとすんなりと手に乗ってくれたので、そのまま外に出てアパートの前の柵の上に移ってもらいました。
すぐに親が飛んできて餌を与えていたので安心していたのですが・・・


我が家の洗濯物も干せ、ゆっくりしていると、外がやけに騒がしい。
窓の外を見ると、カラスが何かを咥えて飛んで行くところでした。
ヒヨの親がカラスを追っていましたが、途中であきらめて帰ってきました。

うちのベランダにいる間は、カラスは近づかなかっただろうにと思うと、本当に胸が痛いです。

でもね、きっとそれも自然の姿。今は、そう思うようにしています。
元気出してくださいね。

ユーザーID:7482214579
辛かったですね携帯からの書き込み
ジン
2018年5月13日 22:15

トピ主さんの優しさに私も涙が出てきました。

野鳥保護に関しては最近某芸能人の方の行動で賛否両論がありましたよね。正直私にも何が正しい何が悪いの判断は出来ません。

とりあえず傷ついた野鳥を見つけた場合は自治体に連絡して一時保護をお願いするしかないみたいですね。

トピ主さんあまり考え込んで落ち込まないでください。元気出してくださいね。

ユーザーID:0361801123
仕方ない携帯からの書き込み
映画好き
2018年5月13日 22:18

冷たいようですが、それはもう仕方のないことです。
親鳥は落ちたヒナを助けません。人間が触ればなおのこと。羽毛も生えていない雀の子が死んでいるのを何度も見たことがあります。
別の鳥のヒナを育てて巣立ちをさせたこともありますが、あのヒナ達は、自分で餌を見つけて食べることができたのか?は、わかりません。
かわいそうと思うのも、助けるのも人間が一方的に思う人間だけの感情です。当の鳥にとって最善かどうかは人間にはわかりません。
沢山産む動物は、他の動物が食べる物でもあります。(鮭は沢山産卵しますが、成魚になるまでに多くは食べられてしまいます)鳥のヒナが食べられてしまうことも自然の一部です。
あまり感傷的にならないように。

ユーザーID:6255814826
図書館のポスターに…
まるこ
2018年5月14日 7:50

図書館(児童館)に ポスターが はってありました。

内容は

「野生のひなが巣から落ちたら そのままにしておいて下さい。」

でした。

何故なのか?(数年前で記憶が 確かでは ありません)

巣から落ちたらひなを 見たら 助けたい気持ちになってしまいますよね…

巣から落ちたひな、「来世は、大空を飛べる鳥に なれる」ように 祈りましょう。

ユーザーID:2819010698
間違ってポチ押してしまいました
はな
2018年5月14日 8:25

すみません…スマホでトピを拝見していて、左親指でスクロールしていたらうっかり「面白い」のポチに指が触れてしまったようで、投票されてしまいました(涙)。
トピ主さんはとても優しい方で、今回のことに心を痛めているのに、(うっかりとは言え)面白いにポチしてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいで、謝りたくてレスさせていただきました。
本当にすみません。

ユーザーID:2323790979
次に活かして下さい。
オオバン
2018年5月14日 10:55

やっぱり野生の鳥を一般人が保護するのは難しいと思いますよ。
雨に濡れたのは不運ですが親がご飯を雛に運んで来る様ですので、
ご飯を沢山食べ力が付いたら飛んで行くと思います。
そんな映像もネットで見ますし。
実際雛は拾わないでと野鳥絡みのHPではありますからね。

今回は無防備に雨に打たれたのは避けようがなかった事ですが、
野の鳥はある意味したたかですよ。
我が家のベランダに来るのは雀ですが雛の為に人間の目を盗んでやって来てますよ、
せっせと雛にご飯をあげてる姿は逞しいです。

私が野鳥と関わったのは4歳位の時でした。
落ちた燕の雛を一晩籠に入れ本人は助けた積りですが、
翌朝には冷たくなってました。
50年近く前の事ですけど今でも泣けて来ますよ、
子供ながらに助けたいと思っての事でしたから。

トピ主さんも今は辛いですが次頑張って下さい。
雨や温度が下がりそうなら箱に入れてあげたりして、
親鳥も安全だと分かればやって来ますよ。
安全だからトピ主さんの家に巣を作ったんですから。

燕ですが落ちても巣に返せば問題ないと言う事です。
人間の臭いが付いたらいけないとか聞きますけど、
実際は大丈夫そうですし。
他の種類の鳥も同じだったら良いですが…。

悲しまないで下さいね。
トピ主さんが雛に気付かず雨が降ったとしても仕方がなかったんです、
その優しさを次に向けて下さい。

ユーザーID:6095448983
保護の経験があります
ロッキー
2018年5月14日 13:03

大変でしたね。匿名さんがされたのはたぶん正しいやり方だとは思いますが死なれるとつらいですね。私の経験ではヒヨは人間が保護してもエサをやりにきます。
とりあえず今はヒナが重症なので家に入れ保温して水分をあげたほうがいいかもしれません。元気になって鳴きだしたらカゴごと外に出すと親鳥がエサをあげに来ると思います。

以前保護した時は昼間はカゴごと外に出してエサは親鳥にまかせ、夜は家に入れていました。ある程度大きくなって親鳥がいてる時に離しました。
小さい時はエサが果実、大きくなってきたら虫に切り替わっていたので感心しました。スズメも昔保護した時も親鳥がエサをあげていましたよ。

野鳥を保護しないのは正しいのですがヒナが死にそうな場合日本野鳥の会のHPには「放っておけないと判断できる場合は、各都道府県の鳥獣保護担当部署に相談して指示をあおぐようにしてください」とありました。

ユーザーID:6544478025
大きい目で見る
とうもろこし
2018年5月14日 13:37

仕事柄、野鳥のひなが弱っている場面に遭遇することが、多々あります。

ひなはかわいいし、おとなになれないのは可愛そうな気持になります。

でも、人間が触れれば、親鳥はエサを与えるのをやめてしまいますので、
外敵に襲われないような木陰などに移動させるのが精一杯です。
結果は同じなのかもしれません。

でも、外敵も子育てをしているのかもしれないし、
カラスのひなでも助けるのか?とか、いろいろ考えてしまいます。

1対1で考えず、割り切って、群れとして考えるようにしています。
鳥は、すべての卵が、成長できないのを見越して卵を多めに産んでいるのだと。

ユーザーID:7896723968
昔助けたことがあります。ドッグフードでOKですよ。
シェパの母
2018年5月14日 14:41

羽はある程度生えそろっていますか?
体温の低下を防ぐため、家庭用シュレッダーの裁断済みゴミを箱にぎっしりし敷き詰めてそこにヒナを入れておきました。
また、保護した当初は、ゆっくり休ませるため、卵液(下記)を与えた後は静かな場所にそっと置くようにしました。
夕方日が落ちる時間に合わせてタオルをかけて暗くしてやりました。

ヒナが弱っているなら卵黄(スーパーで売ってる卵の)を小さじ1を水50ccで薄めて与えます(卵液)。
与え方
1.ストローを卵液にトントンする。
2.しずくがすとろーから滴りそうな状態にして、くちばしの横の付け根近くに1滴ぬらすようにたらします。
3.口元に刺激を受けるとひなは軽く口をパクパクさせますが、その際、雫が自然に口の中に吸い込まれます。一回の給餌で与える分量は5滴ぐらい。
これを日中2〜4時間に一回、様子を見ながら繰り返します。
卵液は本当に弱っているとき、数滴与える程度で十分です。栄養価が高いので、与え過ぎはかえってよくないとききました。
また、毎回余った卵液は捨ててください。必ず新鮮な作り立ての卵液を与えます。

ユーザーID:1561630774
つづき 1
シェパの母
2018年5月14日 14:42

卵液で一晩〜1日様子を見て元気になったらドライタイプのドッグフードを与えます。
卵液に慣れてくると、自分で口を開くようになりました。(口を開かないうちは卵液で。)
また、威嚇するようにくちばしを大きく開くこともありましたが、この際に給餌スポイトで餌を与えるのもありだと思います。

自分で食べられるほど成長していないヒナの場合は、元気になってきたらペットショップで売ってるスポイトタイプの給餌器で柔らかくふやかしてすりつぶしたドッグフードを3〜4時間おきに与えます。
ヒヨドリは雑食なので、インコの餌等だけでなく動物性たんぱく質も与える必要があるので、ドッグフードは最適でした。
(我が家には猫がいなかったのでキャットフードは試したことはありません。)
ドッグフードを与えると、青虫を食べた時とは少し糞の様子が変わるのですが、何とか消化吸収できているようで、毎日元気にしてました。

自分で餌をつついて食べられる程度に成長しているヒナの場合は、ドッグフードを食べやすい大きさに砕いて与えます。
1.ビニール袋にドッグフードを手のひら一杯分ぐらい入れて木づちか何かで叩いて砕きます。
2.あとは、鳥小屋の餌容器(インコなどの鳥かごについている白い餌容器など)に入れておくと自分で食べますよ。
たまにはちみつ小さじ1をお湯70ccで薄めたものを細かく切った食パンの耳に振りかけたものを与えると喜びます。

ユーザーID:1561630774
つづき 2
シェパの母
2018年5月14日 14:44

また、これからの季節、庭で青虫(ヨトウムシ)などを見つけたら生きたまま葉っぱや枝ごと鳥かごに入れて捕食させました。
私は家庭菜園をしていたので、青虫とかある程度平気でしたが、栄養面を考えるとできるだけ青虫(生餌)は与えたほうがいいと思います。
毛虫は毒がありそうなので与えませんでしたが、青虫については食べられる虫かどうかは、ヒナが自分で判断できるようでした。
ドッグフードよりも青虫の方が好きなようで、入れるとすぐに食べていました。
リンゴなども好きな時につ付けるように割り箸にさして鳥かごに入れておきました。

親鳥が探しているようなら少し体力が回復したら親鳥が接触できる場所に出しておくのも一つの方法だと思います。
ただし、ヒナの横に親用の餌(ドッグフードなど)を置いておくことはお勧めしません。
親鳥だけでなく、カラスに目を付けられてしまうからです。
また、ヒナの傍に蟻が来るのも危険です。
ただカラスなどに狙われたり自分で地面に落ちたりすることもあるようなので、安全が確保できないなど無理そうなら鳥かごで保護して育てたほうがいいです。
ドッグフードを自分で食べるようになったら世話は簡単でしたよ。

我が家では元気に成長して無事、放鳥できました。

ユーザーID:1561630774
私なんて。
どうすれば。
2018年5月14日 15:59

我が家の庭と隣家の庭の間に大きな木があります。
此の木には鳥が枝木を集め巣を作って居ます。
ある日其の巣ごと落ちたのか3羽の雛が木の下の地面に居ました。きっと上手く落ちた(と言うのもおかしいですが)のか巣がクッションになったのか雛は3羽とも元気でした。

しかしその雛達を助けようと思いましたが親鳥はいる筈ですし私が近くに居る為か親鳥は警戒しているのか見当たりません。
木に戻してやるにも高すぎるし出来ません。
家の中から見える距離でしたので、しばし様子を見ようと家に入って見返したすぐ後でした、大きい野鳥が数羽飛んで来て一瞬の内に雛を咥え飛んで行きました。
これが野生の食物連鎖で当たり前の光景かもしれませんが非常にショックを受けました。あの時家の中に入れてあげればと後悔しましたが後の祭りです。
野生なら助けるべきではないのかもしれませんが後悔しております。

ユーザーID:9704164224
動物病院
鳥好き
2018年5月14日 18:39

小鳥を診れる動物病院に電話した事があります。
保護してくれる先生もおられました。
(病院へ連れてきてくださいとの事でした)
一時的な保護の仕方も教えてくれました。

ユーザーID:8663258556
巣からおちた雛はひろわないで
ケイ 
2018年5月15日 2:06

 ほかの方も書いてますが、拾わないでください。親鳥がなんとかするか。近くに野鳥保護する鳥をみる医者がいるなら確認してから連れて行ってください。素人に雛を生かすことは無理だと思います。かなり難易度が高い。

ユーザーID:0199999627
やれることはやったのだから。
ゆきうさぎ
2018年5月15日 12:57

私も、まだ小さい野良猫を拾ってきちゃったことあります。
小学生のころだから、40年くらい前かしら。

兄が猛反対(親は、しかたがないわねぇという感じ)。
「なんで、そんなぼろきれみたいなもんを」と
怒り狂っていましたが、お風呂にいれて
ホカホカの子猫が兄に寄り添い、うたた寝をした頃、
兄は、頭をなでたりして、
猛反対ではなくなったみたいです(単純)。

しかし、
1週間で死んでしまいました。

当時はめちゃ泣きですよ、もちろん。

拾ってくる自体が間違っていたのかとか
責めたりもしましたけど。
過去は変えられない。

今も、ぼろぼろ雑巾みたいだった姿を思い出します。

ユーザーID:1289210780
他の方のレスを読んでいませんが
ひよどり保護
2018年5月15日 16:18

ひよどりは飛べないうちに巣立ちします。
巣から落ちたのではなく巣立ちを迎えたのだと思います。
飛べないのですから枝を伝ったり地面を歩いたりして危険回避の方法を親鳥から教わるのだそうです。
だから、雛を見つけても連れて行かないで・・誘拐しないで・・というのです。
ひよどりは必ず親が見ています。

ただ、場合によっては一時的に保護も必要かなぁと思います。
ここから私の保護経験ですが。
直射日光の強く目立つ道路に雛を追いやった近所の人がいました。
出かける時の出来事で親も近くにいるのでカラスの天敵き気になりましたが放置して出かけました。
1時間後に帰宅すると 未だ動かずにいました。(このままでは焼き鳥だぁ)
まずいと思ったので雛を拾って家に帰りました。
当然、けたたましく追いかけてくる親鳥。(正しく誘拐です)
鳥かごに入れて籠を黒い布で覆い日陰になっている外に置きました。
(少しだけ布をめくって)
親鳥はせっせと餌を運び会いにきます。(体力が戻るまで籠に)
夕方暗くなると親鳥は来なくなります。(籠を室内に入れて布は取らずに静かな場所に)
さて、餌ですがドッグフードを水でふやかしてストローや耳かきなど細いものでくちばしをそっと開き出来るだけ喉の奥の方に入れる。
口先では食べ物と認識しないので奥を傷つけないように奥まで餌を入れてやると
食べ物と認識し飲み込みます。
朝はそっと布を開けると親鳥と間違えて大きく口を開くことも。
(しめしめ・・と思ってまた奥に入れてやります。)
実は、1日餌をやると懐いてしまう。
悲しいけど早く親に返さないと。一晩 過ごせば体力は付いているので
朝早く籠の布をとって外に籠を置いてみる。(必ず親が来る。)
親が来たのを確認したら目立たない木の茂みに置いてあげる。
こんな感じかな。

ユーザーID:2920087748
続き
ひよどり保護
2018年5月15日 16:29

頑張って移動していた その子  夕方にまた我が家の庭に。
そして、豪雨‥・。ずぶ濡れ。

ということで2日目の夕方 また保護。(一晩だけよ。。と)
翌日、天気もいいのでまた同じように。(必ず親が来る。)

人の手で触っても大丈夫ですよ。
2週間くらいは近くを回るので何度も我が家の庭に来てました。
来るたびに写真を撮りました。(後ろの羽が伸びてくるのがわかります)
親鳥と同じ大きさになっても親から餌をもらう姿が面白いというか。
我が家のイチジク 食べられました。

ポイントは餌ですね。
口先では食べ物を認識しない。食べているようで食べていない。
奥の方に入れてあげるのがコツです。

ただ、できるだけ拾わないで本当に危ないと思っただけ保護し翌日には親に返してあげて下さい。
慣れたとしても可愛くても誘拐して育てることはやめて下さい。

余談ですがひよどりと違って鳩なんて雛を半日以上 放置ですからね。
夕方 餌をやりに来た親は雛の居所を頑張って探してますよ。

ユーザーID:2920087748
心配でもう一度来ました。
シェパの母
2018年5月15日 17:04

何度もすみません。ヒナたちは無事でしょうか。
前回は時間がなかったので乱文になってしまい、すみませんでした。

私が自宅屋根から庭に落ちたヒナを助けたのはもう20年近く前のことです。
当時私もどうして世話してよいかわからず、「鳥は見てもらえないかも」とダメ元で近所の動物病院を訪ねました。
案の定、動物病院の先生は鳥類の診察経験はなく、触診で無傷であることを確認してもらっただけでした。
万一内臓が損傷している場合は、餌を与えても助からないと言われました。
先生は小さな命を助けようと、一生懸命知恵を貸してくださいました。
卵液の作り方、与え方はその先生が獣医学生だったころ、大学で見聞きしたことがあるという方法でした。
自宅で試してみたらうまくいきました。

ユーザーID:1561630774
続きです。
シェパの母
2018年5月15日 17:05

動物園にも問い合わせてみました。いろんな鳥のヒナの飼育経験がある人の意見は参考にできるのでは、と思ったからです。
ですが、餌について「生餌を与えるべき」ということしか飼育員も分からず(動物園ではヒヨドリは飼育してませんから仕方ないですよね)、
シュレッダーの裁断済みの紙を敷き詰めること、2〜4時間おきに給餌すること、自分で捕食できないくらい幼い場合、虫などの配膳はピンセットで口の奥に入れるようにすることなどを教えて貰いました。
虫は青虫が手に入ればベストだが、蚊などの昆虫でもよいとのことでした。
また、ヒヨドリはあまり人になつくことがない性質である事、野鳥なので放鳥を前提として人になれさせないように距離感を保って飼育すべきことなども教えて貰いました。
ですが、現実問題、親鳥のように一日中餌になる虫を採取して回るわけにもいかず、困っていたところ、弟が、以前ヒヨドリが愛犬の食べ残しのドッグフードをつついていたと教えてくれました。
試しに与えてみたら正解でした。
自分で食べるようになったら、インコの世話レベルに簡単に飼育できるようになりました。

また、ヒヨドリはスズメほど共生本能は強くないので、親はヒナを諦めることもあり得るから、親鳥との接触のため外に出すときは必ず親鳥が接触してくるか様子を見続けるように言われました。
親鳥が接触してこなくなったらカラスや猫に襲われるだけの無防備な状態になるから、室内に入れたほうが安全とのことでした。
(スズメの場合、共生本能が強いのでヒナが泣いていたら我が子でなくても成鳥は必死にえさを運んでくる習性があるそうですが、ヒヨドリはそこまで共生本能はないそうです。)

何度も長々とすみません。
どうか幼い命が助かりますように。

ユーザーID:1561630774
思い出したことがあります。
主婦どんぶら子
2018年5月16日 7:46

獣医師さんに教えて貰った方法で、思い出したことがあります。
(出勤前なので乱文になるかもしれません。何度もすみません。)

卵液をヒナに与えるときですが、自分で立たせたままでは、なかなかくちばしにストローを近づけることが難しいと思います。
(特に最初のうちは。)
その際は、軍手をした手でヒナの背中から優しくそっとつかんで45度ほど仰向けにします。
その状態なら比較的おとなしくなりますので、ストローを口元(くちばし)にあてやすくなります。
ヒナにとって45度あおむけの状態は通常の体制ではないので、あまり長時間この体制にしないほうが、良いそうです。(ヒナの内臓への影響を考慮。)
ですのでできるだけ手早く卵液を与えるようにしました。
また、軍手をする理由ですが、人間と鳥の体温差を考慮すると素手で触るのは、ヒナの体力を奪うため、極力避けたほうがいいとのことでした。
ささっと卵液を与えてすぐに清潔なシュレッダー紙を敷いた巣箱に戻し放置、の繰り返しでした。
また、寒くならないように巣箱の横には温度計を置いておきました(室温は25度前後)。

卵液を始めて与えた時は、ヒナは目を白黒させるように瞬きを繰り返し、とても緊張して体をこわばらせていました。怖かったんでしょうね。
ですが、数時間ごとに卵液を与えているとだんだん慣れてきて、体をそっと掴まれて仰向けに傾けられてもじっとしているようになりました。
そして、徐々にですが、卵液を欲しそうにするそぶりを見せてきたので最初は5滴だった卵液を7滴ぐらいに増やしました。
ヒナに接触する時間はできるだけ少なくして、接触するときの行動もワンパターンにするように心がけました。
なつくことはなかったけど、翌日には体を掴まれてもさほど怖がらなくなっていました。

ユーザーID:1561630774
追記
主婦どんぶら子
2018年5月16日 7:54

※先ほど書き忘れましたが、似たHNの方がいたのでHN変えることにしました。元「シャパの母」です。

確かに野鳥のヒナは安易に助けるべきではないのかもしれません。
ですが、目の前に親鳥から見捨てられた小さな命がある場合、助けてしまう心情は私にもよくわかります。
私だってもう一度同じ状況になったら迷わず助けます。
スズメの場合、親鳥は何時までも探し続けますが、私が見たヒヨドリの場合、2日後には餌を与えに来なくなりました。
このままでは本当に死んでしまうという状況で助けました。

ヒナは繊細な存在でしたが、丁寧に慎重に扱えば素人でも助けられると思います。
あと、あの時は思いつかなかったのですが、野鳥の会などにも連絡してみたらヒヨドリの生態について詳しい方がいるかもしれません。

ユーザーID:1561630774
ヒヨドリの場合
匿名っ子
2018年5月18日 11:13

下手に保護すると、親鳥からしたら誘拐されたのと同じになります。

ヒヨドリは、まだしっかり飛べないうちに巣立ちを行います。
巣立ちをしても親鳥がエサを運び続けることで育つのです。
それが自然なのです。
雨に濡れてかわいそう・・・
気持ちは分かりますが、ヒヨドリの巣は元々オープン型で雨が降れば濡れます。
巣立つ前は親鳥が雨避けになることもあるでしょうが、巣立ちをすれば雨に濡れるのが自然の流れです。
近くに親鳥を確認できたのなら、そっと見守るだけにして下さい。

各都道府県のHPを見ると、側溝に落ちて脱出できないとか、道路で車にひかれそうといった緊急時は移動させてもいいけど、それ以外は何もしないように指導しています。
また、自然動物に関する法律も、野鳥をむやみ保護することを禁じています。

尚、トピ主さんが沖縄在住なら話は別です。
沖縄には、絶滅危惧種のヒヨドリがいます(本州とは別種のヒヨドリですが)

ユーザーID:0058882065
トピ主です。皆様へのお礼とご報告です
匿名(トピ主)
2018年5月20日 20:18

 レスを下さった皆様、本当にありがとうございます。1つ1つ拝読いたしました。お礼と報告が遅れてしまい、申し訳ありません。トピを立てた先週日曜の夕方、衰弱したヒナにを発砲スチロールの箱に藁を入れた巣のようなものに入れ、タオルをかけて保温に努めました。すると夜には鳴き声がしました。
 ネットでヒナの餌について調べ、温めた乳児用ミルクを嘴の横にストローでつけて飲ませました。翌朝まで生きているだろうか・・・とその日はよく眠れませんでしたが、翌朝も元気に鳴いていて、奇跡だと思いました。
 
 それから手作りの巣ごとベランダに戻したところ、親が餌を与えに来ていたのでホッとしました。夜に雨が降った日は、冷やさないように自宅玄関に一時的に入れ、翌朝すぐベランダに戻しました。それから数日無事に過ぎ、おととい頃から巣から出てベランダをちょこちょこ動き回ったり、飛ぶ練習をしていることに気づきました。保護した時より羽もよく生えていたので、もしかしたら・・・と思っていたところ、今日巣立ちの時が来ました。
続きます

 

ユーザーID:5921683838
トピ主です。皆様へのお礼とご報告です(続き)
匿名(トピ主)
2018年5月20日 20:28

 洗濯物を取り込んだ後、何気に寝室からベランダを見たところ、ヒナが室外機の上に乗っていました。室外機に飛び乗れたのかと少し驚きました。もしかしたら飛べるのかも知れない・・・飛べ!と念じるように見ていたら、本当に力強く飛び立ち、空中で親鳥2羽と兄弟?と思われる1羽と合流して我が家の前にある畑に上手に舞い降りました。

 自然に涙が出ていました。飛べるようになるまで成長してくれて本当に良かったと思いました。巣から落ちた時におそらく生後2週間?ぐらいで生まれたてのヒナではなかったことや、ても親鳥が見捨てずに世話をしていたからだと思います。外にはカラスや外敵もいますし、自然界で生き抜くことは厳しいことです。でも、元気に生きてほしいです。

 レスをお寄せくださった皆様には、ご自身のつらい経験を教えていただいたり、ヒナへの餌の詳細な説明等を教えていただいたり、ポチを間違えてしまったことにレスをいただいたり(全く気にしていません。トピをお読みいただきありがとうございます)、ただただお礼の言葉しかありません。

 私も30年ほど前、小学生だった頃に雀のヒナを拾って育てようとしましたがすぐ死んでしまったり、実家で鳩が巣を作った際はヒナが巣立つ前に蛇や猫に食べられてしまったことがありました。生き物が好きな子どもでしたが、悲しい思いもするものですね。でも、命の大切さ、尊さを感じることができたと思います。
 長文になってしまいましたが、このトピをお読みいただいた皆様、そしてお忙しい中レスをいただいた皆様、本当にありがとうございました。


 

ユーザーID:5921683838
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(2)

現在位置は
です