現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

親の片方が死後の遺産相続について

柚子レモン
2018年5月16日 22:59
古いレス順
レス数:172本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
相続する額による
エリッサ
2018年5月17日 9:31

放棄しても税金がかからない程度なら、放棄する。
そうでないのなら、遺産相続する。
相続した際、そのお金で援助も出来るし、税金に持っていかれるよりはその方が良いと思う。
昔と違って今は相続税もかなり高いしね。

私の場合は、父の遺言により、兄弟と母が遺産放棄した。
たぶん、母のことを最期まで見るのは私だと判断したからだと思う。
私は、遺産を相続した。
でも、形だけのこと。
父から相続した分の通帳はそのまま母に渡してたしね。
カードでおろす分には何の不都合もない。
おかげで母はそこそこ精神的に豊かな老後が過ごせたと思う。

人にもよるよ。

私からしたら、まだ生きているうちから遺産の話をするほうが失礼だと思う。
そっちのほうが私からしたら嫌悪感が沸くよ。
また、配偶者の家庭の考え方に口を出すのもどうかと思う。
長男が全部継ぐところもあれば、分けるところもある。

知人の家は遺産がそこそこあったので、全員で相続したよ。
お母様は自宅。
生活費は皆さんで遺産から出されたそう。

もう一人の知人の相続時は、相続放棄。
お母様がその後ひとりになられたことにより、訪問販売にはまり、気がついたときには遺産は0に。
そっちのほうがもめてたよ。

トピ主様は頭が固すぎかと。
相続は一般では図れないと思う。
家庭ごとの事情と思想、資産によるよ。

ユーザーID:8796910898
貴女と全く同じ考え!
とろりん
2018年5月17日 9:34

親が蓄えた資産であり、先に貰わなくても両親が
亡くなれば必然的に子供達にいく訳ですから!
片親も老後どれ位のお金が掛かるか分かりません
足りなければ子供達で出しますか?
そうなると必ず不平不満が起きます。
私達夫婦(60代)はそんな事を避ける為、遺言書を
書いて子供達にも伝えています。
「夫婦のどちらか片方が先に亡くなった場合は、
もう片方に全財産を譲」と書いてあります。
だから子供達は期待はしていません。
貴女のご主人の様な人がいるから、やはり書く
べきだと改めて思いました。

ユーザーID:8079653688
遺産額や家庭の事情によるのでは
チュン夫
2018年5月17日 9:34

どうするのが一般的なのかはわかりませんが、親に十分な遺産があって、残された親が法定の取り分でも暮らすのに支障がないのなら、法定通りでも、子供が多くもらっても良いのではないでしょうか。

法定通りだと、親の暮らしに支障が出るのなら、子供の取り分を減らす方が良いと思います。

ただ、「裁判所を通す相続放棄」と「話し合いで自分の遺産の取り分を0円にする」のとでは意味が違うと思います。

「話し合いで自分の遺産の取り分を0にする」ほうが、手続きも不要だし、形見の品や小遣い程度を少しもらっても法律上の問題もありません。

ウチは父の遺産を母と兄弟2人で法定通り分けましたが、もらった遺産は兄弟2人とも、専用の通帳に貯金しておき、もしも母の生活費が苦しくなった時は、兄弟で相談してその通帳から母を援助しようと決めました。

5年前に相続しましたが、施設に入った今でも母の貯金は十分あり、年金や還付金収入もあり、相続時から貯金額がほとんど減ってなのいで、困ることもないでしょう。


それと、相続税の控除額が減額になったので、親の遺産が多い場合は、片方が亡くなった時と、もう一人が亡くなったときの2回で相続税の控除枠を配分して使わないと、支払う相続税が多くなります。

法定通りにもらったら親の生活が苦しくなるのなら「ケチ」ですが、そうでない場合は、子供がたくさんもらっても問題無いと思います。

ユーザーID:6418567769
全面同意だけど、違うパターンも
2018年5月17日 9:41

それは資産が、過剰に多い場合に相続税を減らしたい場合とか、母親が余命幾ばくもないという場合、母親に散財癖(賭け事好き、寄付が好き、自分の兄弟にあげたがるなど)とか、があって、母親に渡すと、財産が何処かに流れていってしまう場合などは、法廷通りでも良いと思います。

ユーザーID:8992611574
人それぞれ
イロイロ
2018年5月17日 9:43

人それぞれだと思います。

義父さんが亡くなった時、相続税を払わなくてはいけないほどの遺産があるとして、

もし、義母さんの相続取り分を、義父さんの遺産の半分にしても、
老後を安心して暮らしていけるなら、法定相続分通りに相続するのが
最善だと思います。

なぜなら、将来、義母さんが亡くなった時の遺産額が少なくなり、
相続税を節約できる、もしくは、相続税を払う必要がなくなるからです。

もし、相続税を払う必要がない遺産額で、
遺産全部を相続しなければ、老後を安心して暮らせないなら、
全額相続するのが良いかもしれません。

それでも、たとえば、ご主人のご兄弟の中に、経済的にとても裕福で、かつ、
義母さん思いの人がいて、その人一人ででも義母さんの面倒を見る、
という覚悟がある、

別の言い方をすると、義母さんを扶養者にすると
所得税の節税になるから自分が面倒を見ると考えているとか、
それぞれの家庭の背景・状況は千差万別だと思います。

トピ主さんご自身も「さまざまな背景があり…」とのことですし、
ご主人をがめついとか、嫌悪感を覚える、というのは行き過ぎのような気がします。

ユーザーID:7818270614
あなた自身の考えを押し付けない
ヒヨコ
2018年5月17日 9:44

がめついって、
権利のないお金まで自分の物にしようと思っている人に言う言葉ではありませんか?

旦那さんの判断の方が一般的です。

親の名義のお金でも、家族皆で築いてきたお金だと思いませんか?

私の親は共働きで、どこにも遊びに連れて行ってもらったことはありません。
誕生日プレゼントなどもろくにもらったことはありません。
何かと理由をつけて我慢させられていました。
父の夢が、家を建てる事だったからです。
私は賃貸でも、大学にも行きたかったし、遊びに連れて行ってもらいたかった。

親に文句を言えば、お前達の為に家を建てたのにと、
責任をなすりつけられる。
子供の時から、留守番させられて日帰りでさえどこにも連れて行ってもらえない。
自分の権利分、遺産相続させてもらはないと話になりません。

あなたの生まれ育ちが他の人と一緒ではないという事を知りましょう。
自分が放棄したから、旦那も放棄すべきって気持ちが、夫婦間が揉めます。

ユーザーID:2532351597
法定通り
szk
2018年5月17日 9:46

が基本でしょう。それをあさましいと思われては夫も困ってしまうと思います。
相続税がかかる金額であれば、あえて、妻はとらずに子供に多く遺すこともありです。年齢の順番で亡くなる前提ですが、
夫→妻→子と二回相続を発生させるよりも、夫→子で一度で済ませたほうが節税となる場合もあります。なお、夫→妻の相続は優遇処置があるので、要確認です。

ユーザーID:4852671504
義理関係の相続に口出しない
あらふぃふ
2018年5月17日 9:51

子どもが片親が残っているのに相続をするのはいかがなものかというのが単に感傷としての意見を求めるのであれば、まぁ人それぞれだと思いますよ。
御主人の側の話はご主人と親兄弟の問題なので、義理関係の配偶者が口を出すのはトラブルの元です。

そもそもどのくらいの財産があるのかわかりませんが、相続を配分することで母親が生活に困るのであれば結局扶養義務のある子に降りかかってくるわけです。
逆に課税対象になるほど財産があるのであれば、あくまで税金対策としては子に相続させた方がいいケースも多いです。

相続税というのは代送りの時にかかる税金です。
配偶者の場合は届け出の必要がありますが1億5000万までは非課税となります。
しかし遠からず子に相続することになるわけです。
その時は基礎控除は少ないのでがっつり相続税がかかってしまます。
なので片親が亡くなった時に子に相続させておいた方がトータルの相続税が少なくて済むケースも結構あるんです。
いずれにせよケースによっていろいろ状況が違いますので、ご自身の経験から感傷的に御主人を責めるのは意味がありません。

ちなみにうちの実家では祖父が亡くなった時、専門家に相談して土地などは父を飛び越して兄が直接相続しました。

ユーザーID:3228109186
受け取った方が良い時もある
みどり
2018年5月17日 9:51


預貯金がわずかしかないなど、すぐに困窮しそうな状況なら相続しない方が良いと思いますが
ある程度まとまった財産があるのならば、一旦相続する方が賢い考え方だと思います
あとでまとめて受け取るよりも、先に一部でも受け取った方が税金対策で有利な場合もあるからです


金融業界にいたら、同様のケースで母子それぞれ相続されるケースをたくさんみかけますので
ご主人も何の違和感もなく、また実家の資産状況も何となく気づいたうえでそう言っているのではないでしょうか?

それに、
一人での生活が困難になった際の必要経費〜とありますが
最近は本人確認も厳しくなったので、義母が動けなくなってから預金を引き出すことも難しいケースがあります
同じく、金融業界にいたらよく見かける光景です

そういったことを考えると、資産に余裕があるならば先に相続するという考え方は普通なのです

ユーザーID:5345864646
遺産総額による(経験者
じいじい
2018年5月17日 9:55

 遺産総額が多ければ、父→母→子供 と、相続税が二重にかかるので、法定相続分によらずに、相続すべきです。例えば、2億の相続財産があるとして、母が余生を過ごすのに5千万で済むのなら、1億5千万は子どもが相続してしまうべきだと思います。
 遺産総額が少なく、母の余生で使い切ってしまうくらいの現金しか無いなら、母が家も現金も相続すべきでしょう。
 したがって、相続の方法に常識というものは存在しません。その家庭なりに、遺産総額なりに考えるべきと思います。

ユーザーID:6420683452
金の量にもよるんだよ
minon
2018年5月17日 10:00

私の場合、実家の父が亡くなった時、預貯金は母、家の名義は姉と弟に相続されました(私は嫁にいったので放棄しました)
私の夫の場合、亡くなったのは義母ですが、全財産は夫が相続しています。

一番の決め手は金の量であり、不動産であることです。不動産はいちいち登記のお金がかかります。母にうつし、その後母がなくなったら子供に相続なんて数十万無駄にかかります(土地の広さによるけど)。実家もそう思っていずれつぐ姉と弟に名義を変えたし、義家もそのために跡取りである夫が相続しました。義祖父の財産もすべて夫があとをとることが決まった段階で遺言書により夫に全財産を相続させています。夫には兄弟がいますが、あとつぎは夫なので義父の財産もすべて夫が相続します。なぜ何もかも子供や孫に相続させるかというと、いちいち相続税がかかるだけの財産があるからです。毎回百万単位での相続税払うのばかばかしいでしょう。相続により、義家の家はすべて夫の財産ですが、義父や義弟が住んでます。固定資産税などはそれぞれ使っている人が払っています。

私は子供が残された親や家の財産を守り、介護などを引き受けるのなら子供に財産を相続させるほうがいいと思います。財産を築いたものの希望を聞きつつ、無駄に相続税や登記代を払うことなく子孫が使えるお金を残すのがいいと思っていますので。

夫は全財産を継ぎますが、自分の稼いだお金とは全く別に管理してます。「相続した財産は〇〇家のためにじいちゃんたちが作ったお金。親族や家族のために使う金」なんだそうです。

ユーザーID:2630560767
人それぞれ・・・
シロ
2018年5月17日 10:01

我が家では、数年前に父親がなくなり、母が全財産を相続しました。母方の相続争いを目の当たりにして、母の好きなようにさせました。
夫の義父は、既に他界しており、祖父がなくなった時に、夫の兄が全財産を相続しました。義母の希望だったからです。長男にすべての相続を希望したので、夫は、財産放棄しました。柚子レモンさんのご主人も相続したからには、母が具合悪くなったりしたら、面倒見るべきだと思います。お金だけもらって知らんぷりできませんよね?ちなみに、つい最近、義母が入院した時、ほぼ財産を受け継いだ、長男がお世話していました。母親が困らないように、してあげられれば良いのではないでしょうか?あまり、がめついと、自分も困ったとき時に助けてもらえないと思いますよ。自分で稼いだお金は、自分の物だけど、財産は、親が残してくれたのだから、親の物でしょう。

ユーザーID:6572199588
主だった資産が「家」だもん。
のーてんき母
2018年5月17日 10:17

父が亡くなり、母が全て相続しました。(子供は私含めて3人)
預貯金がいくら有ったのかさえ知りません。
もっとも、有り余る程なんて無かったと思います。
両親が夫婦で築き上げた財産だし、残された方(母)にはこれからの生活がありますからね。

まあ…口に出して言った事は無いけど、本音を言えば…1万でも2万でも貰えたら有り難かったなー
当時、私はシングルマザーで、ダブルワーク(時にはトリプルワーク)で息子2人を養い(元夫からの養育費は1度も入らず、実家からの生活費援助も無い)、実家(車で20分)に父の介護(入院中は毎日母を連れて顔出し←行かないと父が怒った)、母の買い物の付き添い、等々に通い、大変でした。(私の昼間の仕事が訪問販売で自由が利いた。だけど歩合だから収入は減った。他の兄妹は独身で正社員内勤。兄は両親と同居でしたが何も出来ない人。妹は県外)
今はもう息子たちも結婚して、私も再婚して生活に困ってないので、「あれで(母1人で相続)良かったんだ。欲しがらなくて良かった。」と思ってます。
ちなみに、不謹慎ではありますが、母が亡くなったら、多分兄が1人で相続すると思います。
妹の発言権が半端無いのと、妹はお金に一切困ってないから(笑)

ユーザーID:4048203334
次の相続税対策かな?
相続人
2018年5月17日 10:30

父が亡くなり、母・子供(二人)の三人で遺産分割をしました。
子供達が相続放棄をしなかったのは、母が亡くなった時の相続税対策です。

母に父の遺産全てを持っていってもらっても構わなかったし、子供達もそのつもりでした。
我が家の場合、母に父の遺産全てを譲っても、配偶者特権で相続税が発生しないので。

ですが、相続のプロから、我が家の場合、その方法では母が亡くなった時に子供達が払う相続税が大変になると言われました
母が亡くなった時のための相続税対策をアドバイスを頂きました。
相続税対策の一つは、母の資産が増えるのを抑える事。

ご主人様も金融業界なら、相続にお詳しいかと思います。
遺産が欲しいのではなく、我が家と同じように、お母様の時の相続税対策を考えているのでは?

因みにですが、我が家は子供達が相続したものは現金です。
万が一、母の生活資金が尽きてしまったら、私達が相続した現金を生活費として仕送りする事にしています。

ユーザーID:2487478302
次の時のための相続税対策では
マッハ
2018年5月17日 10:34

一旦母親が相続した場合、次に母親が亡くなった時は相続人の数が減るので、相続税の課税対象が増えませんか?

一般的に父親の方が財産が多いと思うので、まず父親の段階で子供も相続することで、次に母親が亡くなった時に母親名義の財産を減らす、と言うのは節税対策としては至極妥当と思います。

お母さんが金銭的に困窮してるとか、財産が相続税の対象となるほどは無いなら全額母親でもいいのですが、特に親世代の場合は持ち家の名義が父親のケースが多く、遺産が高額になってしまい、そのまま母親が相続してしまうと相続税二重払いになるケースは多いと思います。

別に子供が相続したからと言って母親を見捨てることになる訳でも無いので、その辺は家族間の資産状況と考え方次第だと思います。

うちはトピ主さんの想定されるケースと逆に母が先に亡くなったので、父の財産をこれ以上増やしても次の相続税が上がるだけなので、母の遺産は全て私と兄で相続しました。


特にご主人が金融機関にお勤めなら、そういう税金対策を考えての事かもしれませんよ。

ユーザーID:4712298986
人それぞれ考えがある
kiki
2018年5月17日 11:13

相続する人数が減れば、基礎控除額も下がるし。
いずれご主人が相続する時に
それぞれで相続した方が良い場合もありますよね。

あと、故人の気持ちもあると思いますよ。
息子に○○を残してやりたいとか。

私は、先に父が亡くなったとしたら
そのまま放棄するつもりですが
続いて母が亡くなっても相続は放棄するつもりです。
不動産の相続が面倒だから。
これは主人も同じ考え。
決して裕福な家でもありませんが、そういう考えです。

だからと言って、兄弟が放棄しなくても
嫌悪感は沸きません。個人の自由だし。
お金が欲しければ、相続してもいいでしょうし。

貰っても、貰わなくても、同じように親の面倒はみますよね。
遺産は貰う、でも面倒はみませんって事じゃないでしょうし
遺産は放棄したから、面倒はみないって事でもないですよね。

がめついと言ってしまうのは、ちょっとどうかな。

相続したものをどう使うかは、
その人なりの考えがあると思います。

放棄するにも考えがある。
放棄しないにも考えがある。

遺産を戴いたらがめついは、ちょっと浅はか過ぎやしませんか?
その家にしかわからない親子関係もあるんじゃないでしょうか。

どっちにしても、あなたがとやかく言うことじゃないことだけは
はっきりしてます。

あなたの時には、思うようにしたらよろし。

ユーザーID:5773774975
遺産総額と内訳による
はるひ
2018年5月17日 11:23

資産が住居と多少の預貯金なら、
子供が相続放棄が現実的な対応です。
法定通り受け取っても親の経済状態が破綻しては本末転倒、
援助という出費で結局出るだけです。

資産が住居以外にも不動産、現金化できる金融資産、
多額の預貯金等豊富にある状態なら法定通り受け取っても
何ら問題はないと思います。

ユーザーID:3549174227
法律が変わる見込みと聞いてます
ひどいね
2018年5月17日 11:44

そうやって残された伴侶が苦労する事例が増えてきて、
配偶者の取り分を増やそうという法改正が検討されてます。

現在の法律からいえば不法ではない、
しかし人の心がないね、さすが金融マン
金をむしり取るのも仕事だから、躊躇ないのね

法改正の方向性を知らせたら、みんな困ってるから、
そういう動きがあるしいよと

ユーザーID:1693871410
旦那が正しい
50代
2018年5月17日 12:03

遺産相続の問題は、被相続人と相続人との間の権利関係ですが、
お金の問題なので、法律どおりで割り切るのが正しいのが最終結論です。

ユーザーID:3210602723
二次相続も考える
北斎
2018年5月17日 12:08

私の場合、父が85歳で亡くなったときに残された母には住まいの不動産と
老後に必要最低限の預金を残し、それ以外を子たる私と姉が相続しました。

相続税を考えると、確かに妻たる母の相続税控除が大きく母に多く相続させた方が有利でしたが、
それは課税を先送りするだけの効果しかなく、
その後の二次相続すなわち母から子への相続時においては相続人が減る分控除が少なくなり、
不動産登記費用などもトータルで見れば父から子への相続を増やした方が得だったからです。
母も相続税を極力払わず子供たちに残したいという主義なので問題ありませんでした。

ただ、これも親子関係が円満で、たとえ母親がその先どんなにお金がかかろうと子供が
全部面倒を見るとの暗黙の了解あればこそであり、
離反する子がいるようなら母親の介護の担保として相続財産を持たせるべきかもしれません。

ユーザーID:3686139968
 
現在位置は
です