現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ラジオ英会話のテーマ曲 なぜト長調なのか

マフィン好き
2018年5月17日 8:36

50代、英語に再チャレンジしようとラジオ英会話を聴き始めた者です。自分が中学・高校生の頃に聴いた英会話のテーマ曲(何曲かあります)と同様、今の英会話のテーマ曲もト長調です。何か理由が(会話したくなるとかやる気が出るとか…)あるのでしょうか?

ユーザーID:8781435898  


お気に入り登録数:24
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本

タイトル 投稿者 更新時間
まぁ…携帯からの書き込み
つらら
2018年5月17日 12:42

やる気の出る音楽・曲調は人によりけりというのは大前提として…

語学番組のテーマ曲ですよね。
それならまぁ私としても、ト短調で始まられるよりは、ト長調のほうが「よしやるか」ってなりますかね〜

ユーザーID:5276037886
イメージかな
るんるん
2018年5月17日 17:36

小学校の音楽の時間に、「長調は明るくて、短調は暗い」と習ったような記憶があります。

「長調にもハニホヘトイロがあってそれぞれ印象が違う」と中学校の音楽の先生が言っていました。

英会話がんばるぞー、さあ始めようー、という気分にさせてくれるのが、たまたまト長調だった。

そんなもんだと思いますが。

ユーザーID:7112629969
主さんにお願いです。
面白い〜!!
2018年5月19日 18:20

 いや、面白い指摘で驚きました。

かく言う私は私は下手の英会話好きで、何年も初めては挫折し、挫折しては再開の毎年で、さっぱり英語は上手になりません。

でも、そうですかテーマ音楽が、ずっとト長調だったのですね。
ト長調はやる気がでる調子と何かで読んだ気がしてましたが、納得です。

ユーザーID:3014490921
たまたまか感化されやすいのかも
マフィン好き(トピ主)
2018年5月21日 16:03

トピ主です、今は英会話といってもいろいろな番組があり、それぞれにテーマ曲があるんですね。私が聞いたのがたまたまト長調だったにすぎないってことでした。最近、オーケストラでチャイコフスキーの交響曲第6番(悲愴とよばれている)を聴き、その第3楽章(調性がト長調)があまりに印象に残ってしまい、ト長調の音楽に過分に反応してしまったみたいです。そういえば昔やっていた大学受験講座のテーマ曲(抜粋?)もト長調だったような…。

ユーザーID:8781435898
 
現在位置は
です