現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

アニメ鑑賞が趣味について

みみ
2018年5月29日 20:53

私はアニメを観るのが好きです。
映画鑑賞が趣味な人と同じ感覚で、週末には取り貯めたアニメを一気に観るの大好きなんです。
でも普段はちゃんと身なりを整えて普通のキレイ系OLっぽくしています。
ヨガとかハーバリウムも好きなのですが、
やっぱり周りにはアニメが好きなことだけは秘密にしています。

同じ様な方いらっしゃいますか?
何がそうさせるのでしょうか?

(私はアニメ好きって(いわゆるヲタク)おおっぴらに言えない雰囲気を経験してきました。
打ち明けた場合、いいじゃん!と言いつつなんかコミュニケーション能力が不足していると思われてそう。特に女性同士かな?どうでしょう。)
自分が健全&クールな人々とは遠く離れた存在に感じてしまいます。

好きなものは好きと胸をはって、的な意見は残念ながらここでは求めておりません。
申し訳ございません。

要は、
どれくらい社会にアニメ好きを隠している人がいて
その行動の要因について理解を深めたいと思っています。

アニメを見ない方からのご意見もぜひお聞きしたいです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザーID:2348876584  


お気に入り登録数:26
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
ママ友には言ってませんね。携帯からの書き込み
ラスカルハウス
2018年5月29日 22:08

 読書(主に推理小説)が好き、とは言った事は有りますが。
ゲームも、相手が先に「好きじゃない」と言った人には言いません。

 ファンタジーやエッセイ、ドラマや映画の話はしたこと有りますが、漫画本を貸したママ友は一人だけです。

 友人は、類友がいたので、昔はよく語りましたけど。
 隠してる、というより、話題にならないから言わない、って感じですかね。
話題にならない、という事は、この人は興味が無いのだろう、と思うからです。

 深夜アニメ録画して、一人で観てます。
最近は子どもが話相手になるようになって来ました。(笑)

ユーザーID:8985406625
どんちゃん
2018年5月29日 23:42

そんなのいっぱいいますよ。
フツーですフツー。
自分がオタクであることを隠している人なんて山ほどいます。
ご自分が特殊であると思っているかもしれませんが、残念ながらフツーの人ですよ。

ちなみに私は15年来のママ友がいますが、5年ほど前に大変マニアックなアニメOPを着メロにしていた(うっかり着信音をオンにしていた)ことから「どんちゃんさんってさ…あのアニメ好きなの?私、実は…」と突然衝撃のカミングアウトされましたわ。
10年付き合ってても、お互いの趣味を話したことがなかったなぁ、と逆にお互いのガードにびっくりでした。

で、今は子供抜きでお茶したりご飯食べたりしてますよ。
ただ、お互いの趣味が微妙にずれてるんでオタ話に花咲くことはあんまりないですけどね。

隠すのが特殊だと思っちゃわない方がいいです。意外とたくさんいます。
私はほかにこっそりミリオタとか、特撮オタとか知ってます。
でもお約束だからナイショです。
そういう趣味嗜好を認め合うのが友達だと思うんで。
トピ主さんもいずれ分かりますよ。

ユーザーID:1190761687
確かに趣味と聞かれてアニメ鑑賞は言わないなぁ(笑)
40歳男性
2018年5月30日 1:08

何がそうさせるのか?は概ねトピ主さんと同じです。
がもっと掘り下げて考えるとそこまでのオタクだろうか?です。
ゴリゴリのオタクの友人は周囲に公言してますし、車がアレです。
アニメのイベントにも昔よく行きましたがスタンスは友人の付き添い。
自分からどうしても行きたいって事はないです。
ちなみに私の一番の趣味は格闘技です。

最後にトピ主さんが何歳の方かは分かりませんが、今の若い世代はオタクに関してかなりオ−プンです。

ユーザーID:1561543007
永遠のテーマ
ベル姐さん
2018年5月30日 1:19

私もアニメを観るのは好きです。
でもオタクの皆さんほどのめりこんで熱中もできていない、彼らの使う独特の言葉や言い回しを使用することもないです。
友人からは「アニメが好き」「このキャラが好き」などと言うと驚かれる感じ。

で、私個人はその程度ではあるんですが、別に隠さないですね。
ただその「隠さない」ことで、なんとも言えない、声にならない「うわーそうなんだー」という空気は確かに何度か感じた経験はあります。

そしてそれが何なのか彼らとざっくばらんに話し合ったこともあるんですが、アニメ好きを斜めに見る彼らが一様に言っていたのが「なんか怖い人たちというイメージがある」でした。

言われたことは「ただの絵に本気で恋をしたり妄想したり、それを語り合って生きているのが怖い」とか「日常生活の合間に楽しむというよりそこにのめりこんでいる感じが怖い」とか、なんかそんな感じだったと思う。

あとはまあ、、これは一部の人かもしれませんが、アニメ好きが集まる街などにいる、キャラグッズを身に着けている人とかそういうのに共感できない、だから一緒にいても多分話が合わない、違う世界の人たち、だから避ける、、になるんだろうなあと思います。

そしてそれらをアニメ好きの人たちは知っているから(そう思われていることを)、敢えて話さない。
自分達が彼らに不快な思いをさせたら申し訳ないという謙虚な気持ちと、そんなふうに怖いイタイ連中だと思われたくないという保身とがあるんだろうな。

、、なんていうところが自分の感想です。
でも昨今、そのアニメ作品によって周囲の感想も違う気がしてます。
例えばガンダムファンとか、ああいう市民権を得た(?)ようなアニメだとそんなに怖がられないような気がしませんか。
カッコいい有名人が堂々と「大好きだ」って言う効果?

なんとも言えないですよねえ。

ユーザーID:5603170677
私もかなりのオタクです携帯からの書き込み
モモ
2018年5月30日 2:04

私も似たようなタイプです。

見た目はイマドキと言うか、オシャレが好きなので身綺麗にしています。

但し、アニメを見る、ゲーム、プラモデルを作る、アニメの絵を描くのが趣味です。

部屋は自作のアニメの絵やガンプラがイッパイです(笑)。

男性からは好評で、寧ろ一緒に楽しんでるんですが、私もトピ主同様、同性からは引かれそうで…

打ち明けたの女性では一人だけです。

今は結婚を控えた彼氏と同棲中なのですが、私同様ゲームやアニメが好きなので、楽しい毎日です。

でも日頃の私しか知らない人達は、私の部屋は女の子らしい部屋だと思ってると思います。

プラモやフィギュアやアニメの絵だらけのこの部屋を見せたら、驚くでしょうね…

ユーザーID:1126170494
閉じた世界だとは思いますよ
ひろひろ
2018年5月30日 3:40

ほとんどアニメを見ないで暮らしてきて、ここ3年ほど一気にいろいろ見ていたものです。例の動画配信も便利ですしね!!
途中参入してみて思ったのが、今のアニメにはアニメにしか通じない独特な「ノリ」や「お約束」が多いということです。
「お約束」はストーリー展開、設定、キャラクターの配置にまでお呼びます。
また「美少女日常もの」「イケメンファンタジー」などジャンルもわりと固定されており、
一見さんには企画意図がよくわからない作品も多いです(ファンなら「あのジャンルをこう展開させたんだな」、などと理解できる)。
絵も、今のアニメは空前のハイクオリティーで制作されていますが、ある意味完成度が高すぎてキラキラしすぎというか絵自体がテンション高すぎというか、外からみると日常性とはかけはなれて見えると思います。
演出のテンポ、声優さんの演技などもかなりハイテンションです(上手いですけどね!! )。
外の世界からは、やはりアニメは「ちょっとついて行きにくい異世界」です。
楽しい趣味ですが、やはり隠しておいたほうが無難な趣味ではあると思います。

ユーザーID:9191854012
みんな普通に言っていた携帯からの書き込み
すもも
2018年5月30日 4:52

私の周りでは、隠してるような人はいませんでした。

と、言うのも。皆がみんな、大っぴらにアニメの話してたからです。
決して、オタクの集まりではありませんよ。

ただ、本屋に勤めていた時なので多少の趣味の偏りや。その素質は、それぞれあったのかもしれませんが。

バイトの子達は「大学ではアニメの話出来ないと、話題に乗れませんよ」なんて、口を揃えて言ってました。

そういう私は、その子達と夫に感化され。
社会人になってから爆発的に開花した、アニメ好きです。

でも、妹は主さんと同じようなことを言ってました(妹は、アニメ好きと言うより。漫画を嗜むくらいの感じです)。

職場で誰一人、アニメや漫画の話をしないので。言い出し辛くて隠してる、と。

なんとなく、社会人なのに?とかオタクが楽しむものじゃないの?といったような、馬鹿にしている雰囲気があるんだそうです。

って、皆して言いながら。
もし、その職場の半数近くの人が、妹のようにひた隠しにしていたら…と思うと。何だか、不憫だなぁと思ってしまいます。

因みに、美容院とかでアニメの話すると。男性陣は、結構見ている人が多いです。
女性陣は、確かに見ている人が少ないですね。
見てたとしても、実写化の方だったり。

女性は、二次元より三次元(と、言うより好きな俳優)の方が興味が沸くんでしょうか?

ユーザーID:7859809423
私も〜携帯からの書き込み
嫁ご
2018年5月30日 11:14

40代、子供二人、立派なおばさんですがアニメ楽しんでますよー

私は大人の恋愛ドラマとか嫌いです。
勝手にどうぞ、な世界なので(笑)

アニメは元気にしてくれたり何かストーリーに引かれるものが多いですね
絵がきれいなのも好きです
男性も格好良くて癒されます

まぁ、世間様には公表しませんけどね(笑)
うちの旦那もおたくです。
萌え系大好きイタ男ですよ(笑)
でも世間では立派なおじさんです

好きなものはいつまでも好きでいいじゃないですか
自分の人生です。楽しみましょう

ユーザーID:0938833375
週末アニメくらいなら
幸せ花子さん
2018年5月30日 18:13


そこまで気にすることはないような気もしますが
私もたまにアニメはみます

私の認識がまちがっているかもしれませんが
いわゆるヲタクな人達というのは
仲間と情報収集や交換や創造的なことにたずさわっていて
比較的コミュ力高いと思っています

アニメに限らず
共通の趣味や関心事や知識おもちでない人たちに

その話をしても皆さんわからないので
期待するリアクションが得られなかったり
空気がなにやら微妙になることはよくあることかと思います

なのでいわないほうがいいかな
ちょっと隠しておこうとなる心理はよくわかります

ユーザーID:6757404766
理解されちゃうと記号として機能しない
チーバ
2018年5月30日 18:35

趣味ってのは、長く続けていると
アイデンティティの一部になっていくんですよね。
アイデンティティというのは自己同一性、
つまり自分と他者を分ける記号ですから、
それが誰かとまったく一緒では困るわけです。

だから、例えば同じアニメが好きな人たちの集団の中でも
「あのキャラの」「第何話の」「あの監督の」「あの声優の」と
無意識のうちに自分の好みが他者と重なることを微妙に避けてるように思うんですよ。
あるいは同じ部分が好きでも「私はこういう角度から好き」みたいな感じで。

で。

回りくどいんですけど、そもそも「アニメが好き」ということ自体が
アニメ好きの人にとってはアイデンティティになりがちなんじゃないかなあと。
つまり「ちょっと後ろめたい趣味にあえて手を染めていること」それ自体が、
無意識に自己と他者を識別する記号として機能している。

だからでしょう、趣味としてのアニメがどんどんオープンになっていくことについて
先鋭化した人たち、つまりアイデンティティがどっぷりとアニメっていう人たちほど
あんまりいい顔しないですよね。
同志として歓迎してもよさそうなもんなのに「にわか」とかって叩いてみたり。
変な話、不良が煙草吸うのと根っこでは似てますね。
禁止されてるからこそ魅力がある。後ろめたいからこそやりたい。

まとめると、アニメ好きがあんまり他者に理解を求めないのは、
「理解されちゃうと識別記号として弱まるから」という側面があるんじゃないかなあ。

と、アニメ好きクールビューティの妻を見ていると感じます。

ユーザーID:9502250977
考えてみた
面白い作品が見たい
2018年5月30日 23:56

>どれくらい社会にアニメ好きを隠している人がいて
>その行動の要因について理解を深めたいと思っています。

ここでその数が分かるとは思えないけど、私もアニメ好きです。
と言っても、昔ほどは見なくなりました。(今期はフルメタのみ。)

聞かれなければ、また、同類のにおいを感じなければ、自分からは言いません。

まあでも世の中の流行りに疎かったり、(ニュースは知ってても表面だけみたいな。)といった感じなので、周りも気づいてそう。

主様が言われている空気も感じたことはあります。
が、そこは大人同士、当たらず触らず。


行動の要因について

心のどこかで子供が見るものというイメージがあるから?
と思ったのですが、今は大人向けの方が多い気がしますねー。

子供向けのを見る気はないし、大人向けが多いと感じるのも、
・アニメ好きだった子供がアニメ化の主導権を持つ年代になった
・客も財布的、人口ピラミッド的に狙い目
だからだと思うのですが

一方で、自分があまり見なくなって思ったのは、どれも同じパターンに見えてきてて。

単に私の感性が鈍くなったのか。

昔、私の好きなマンガをくだらないものを見るかのように言った父を大嫌いになりましたが、マンガ・アニメを見ない人からするとどれも同じように見えたのかも?

アイドルの顔や、歌も同じに聞こえるようになりますが、昔自分もハマったり感銘を受けた経験があると、共感できて下に見たりはしないのかもしれません。

若い人がアニメにオープンになったのも、良さを分かってくれてる年代が上がったからじゃないかな?

逆に、下らない規制や短納期過ぎて、業界的にジャパニメーションは、衰退し始めてる気がします。

あ、あと、恋愛的な意味で人を好きになると、世の中マンガのようにはいかない
と感じるじゃないですか。その辺もあるのかなー?と思ったり。

ユーザーID:8856885374
子供の頃から
元々
2018年5月31日 17:10

TVドラマより本を読む方が好きだった。
特にSFやファンタジー、今でいう異能力バトルとか。
今はそういったジャンルも映画やドラマ化されてるけど
昔は難しかったからね。
そういったジャンルは小説からコミックになり、その後
アニメにもなったりする。

昔から友人達は「あんた(私)ってドラマやアイドルの
TV番組よりそういうアニメの方が好きだもんね」って感じで
比較的受け入れてくれた。
他の子とは違うけど、まあアニメやコミック見る方が好き
という人がいてもいいかな、って思ってたのかも。

それから随分経ったけど、今もアニメ良く見る。
SF・ファンタジー・ミステリー・バトルの小説も同じく。
昔読んだ本と今のアニメの類似点や相違点を見つけては
「昔読んだ〇〇と似てる」「それって本来とは違う意味じゃん」
とか同じくオタク要素の強い夫と一緒にわいわいと。

私の場合アニメ鑑賞以外に「何だか難しそうな本読んでるぞ」
みたいな印象があったので少しお利巧そうに見られたのかも。
実際はそうでもないんだけど。
他にも趣味があるというせいでカモフラージュされたっぽい。

ユーザーID:6112859870
そもそも隠しているという意味が分からない
晴風
2018年6月2日 20:34

自分の持っている趣味をあからさまに こうだという機会自体が少ないし

アニメ以外の趣味を持っていても その人がどういう趣味か? なんてわからない人のほうが多いと思います。

何かのタイミングで偶然あの人の趣味はこういうことだったんだと知ることはあるかもしれません。
いがいだね〜 なんて話題になることはありますよね。

わざわざ隠すなんて言葉を使うこと自体がおかしい。

そういう風に思う人は、よほど卑屈な人だと思います。

ユーザーID:3289446585
皆様コメントありがとうございました
みみ(トピ主)
2018年6月7日 17:00

ほうほう、といろんな意見を読ませていただきました。
中でもストンとはまったのは、
アイデンティティの一部としてのアニメ好きの説明をしてくださったチーバさんのご意見。
確かに自分も背徳感自体を楽しんでいるのかもしれない気がしてきました。

そして意外にも幅広くアニメ好きの方がいらっしゃるのにも驚きました。
貴重なご意見ありがとうございました。

ユーザーID:2348876584
 
現在位置は
です