現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

卵巣摘出手術による更年期障害を緩和するには?

にゃーす
2018年6月3日 8:16

こんにちは。30歳代女性です。
卵巣摘出手術による更年期障害に振り回されています。
症状の緩和を探るために、皆さんの更年期障害の体験と対策を教えていただけますか?

私のことをお伝えすると、子宮の肉腫(がんの一種)が見つかり、
子宮と(再発を防止するために近くの臓器である)卵巣を摘出する手術をしました。
手術は成功して、がんの原発巣である子宮は取り除かれましたが
血中にあるかもしれないがん細胞の再発や転移が起こるかどうか定期的な検査をする経過観察中です。

両方の卵巣がなくなり女性ホルモンの分泌が著しく低下したからか
更年期障害と思われるものがでています。
具体的には、突然のほてり、発汗、貧血、頭痛、肩こり等です。
幸い、イライラや抑鬱等の精神的な影響は感じられません。
(とはいえ、がんの再発への恐怖はありますが。女性ホルモンって大事だったんだぁ〜としみじみ思います。)

フルタイムの仕事をしていて、仕事中の立ち作業中にほてって貧血っぽくなったり
朝起き上がるのに30分以上かかる頭痛に悩まされてます。
また、電車内で3分と立っていられません。
歩くのは問題ないのですが、立ちっぱなしがキツイです。
開腹手術してから数か月しか経っていないことも影響しているかもしれません。
腹筋運動もできないですし、、。

がんの摘出手術をしてくれた大学病院の産婦人科の主治医に
更年期障害のことを相談したところ、漢方薬の当帰芍薬散を処方され、1か月ほど服薬しています。
女性ホルモン補充両方(「HRT」。いわゆる「ホルモン療法」)は使えないそうです。
というのも、病理検査の結果、私の(摘出した)がん細胞は女性ホルモンを含んでいて、
女性ホルモンを(外部からでも)補充されると取り込んで
血中に残っているかもしれないがん細胞が大きくなってしまう可能性があるそうです。

※説明が長いので続きます。

ユーザーID:2512197004  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
エクオール
更年期医療
2018年6月3日 12:42

卵巣欠落による更年期症状は、ふつうの閉経によるものよりもずっと強いもので
とてもつらい思いをなさっていることと思います。

また、まだ30代ですので、このまま女性ホルモンのない状態を続けると
骨粗鬆症のリスクも伴います。

HRT(ホルモン補充療法)が禁忌とのことですが、エクオール成分についてはご存知でしょうか。

日本、海外の論文で、エストロゲン作用と抗エストロゲン作用のどちらも持つことが検証されています。

更年期障害や骨粗しょう症の改善作用があり、一方で乳がんや子宮がん(男性では前立腺がん)などホルモンが関係するがんのリスクを減らすということです。

それで、がん術後の患者さんにも健康維持のために使用を認めている医師が多くいますので、調べてみてはいかがでしょう。

ユーザーID:4997760790
ありがとうございます、引き続きアドバイスお待ちしてます
にゃーす(トピ主)
2018年6月9日 12:51

トピック主です。

更年期医療さん、アドバイスありがとうございます。
主治医に聞いてみようと思います。
前回、説明を書ききれなかったので、追記します。

今は、とりあえず、
・規則正しい生活
・バランスの取れた食事
・体を冷やしすぎない
・くよくよ考えすぎない
を心掛けています。

今は、「こんな風に、職場でひとりで暑かったり立ってられなくなったりが毎日続くのは辛いな〜」って思ってます。
更年期障害を体験した先輩方々、もっと大変な思いをした方もいらっしゃるでしょうが
こんなのが効いた〜とか、こんなふうにやり過ごした〜など教えてもらえますか?

なお、夫と猫と暮らしていて、夫は症状に協力的でありがたいです。
ただ、家の中ではほとんど更年期障害の症状は出ないです。

ユーザーID:2512197004
 
現在位置は
です