現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

新米整形外科医&骨折経験者の皆さまへ"お願い"

びび美
2018年6月3日 9:35

当方、海外在住です。
昨年、足を骨折してしまいました。

WEB経験談を参考&励みにしながら今に至りますが、まだ多少不自由があるものの、もう直ぐ1年を迎えようとしております。

経験談を読むと「抜釘手術」は、1年を経過した頃が実施時との事でした。
その日が迫ってきていますが、ネガティブ思考の私は、不安が一杯で、その不安を医師に聞くにも限度があり、思い切ってここに投稿させて頂きました。
どうぞ宜しくお願い致します。
 
日本では、多くの方が「抜釘術」を受けているようですが、欧米では、多くの方がそのままの状態だそうです。

担当医はまだ2年目の医師で、通常、1年後にするという「抜釘術」の経験があるのかどうか。 もしかしたら私が初めて?ではないかと不安になっています。
当医師からは「簡単な手術だから大丈夫!」とは言ってくれています。

なのになぜ不安かというと。
いつ頃に抜釘術をしたらいいですか?と、尋ねた所、骨がくっついた後ならいつでもOK。 今でも、10年後でも。との事でした。

WEBでは、2年とか過ぎると難しくなる。と、書かれてあったのに、この先生は「いつでもOK!」との事。腕が良いからなのか、それとも知識不足なのか。と、不安になる。

たとえ有能な医師だとしても、滅多にしない手術だと、ミスも有り得るのでは?と、またまた不安。

ネジを外す時(電動器具使用?)、誤って逆廻しをしてしまったら、大変な事になってしまうのでは?とか。
※ちなみに、加入している保険の関係上、医師の変更は不可です。

若い整形外科医の皆さまからのご意見(特に実務面)、若先生にて手術を経験した事のある皆さま、その他、従事関係者の皆さまなどなど。

少しでもこの不安が取り除ける心の持ち方などを、ご教示頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

ユーザーID:9593144648  


お気に入り登録数:17
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
2点
夏あんこさん
2018年6月5日 18:27

まず、手術は複数名の医師で行います。
ベテラン医師が開業するような状態で1人で何かという可能性はあっても、2年目が1人でということはありません。鉤引きとか助手という形で経験の多い医師が立ち会います。

それと、2年目ということは、そこは研修病院でしょう。
若い医師は年単位で異動するので、その医師が来年いるとは限りませんし、これから1年間で別の患者さんの抜釘を経験する可能性も高いですね。


整形外科医はだいたい大雑把なので、そんなものだと思いますよ。
内科や外科だと抜釘のメリット、デメリット、抜釘手術の合併症など細かく説明して、かえって恐怖感が増すこともありますが、まあ、整形外科の骨折は、内科の軽い肺炎みたいにありふれた状態ですから大袈裟には扱わないのでは。

ユーザーID:3471642569
大工さん
あらかん
2018年6月8日 15:47

整形外科医は大工さんに例えられることが多いですね。
骨だけじゃなくって神経とかいろいろ気にすることは多いはずですが、損してますね。
足首骨折しました。チタンのボルトとプレート入れました。
完全にくっついたところで抜釘の相談をしました。
医師側は抜かなくてもいいんじゃない?と言っていましたが、
抜いた今も、抜いてよかった、と思っています。
入れるときは深さやら角度やら気にすることがあり、大変だけれど、「おもしろい」(経験になる。)
抜釘はだれかがやった後を抜くだけなので、つまらない らしいです。
入れるときは4人ぐらい、抜釘の時も3人ぐらい医師がいました。
私の頭の横にレントゲンモニターがあって、それを見ている医師、執刀する医師、監督する医師、って感じでしたね。
余談ですが、入れるときにボルトの長さを間違えたらしく、一旦入れたのを抜いて、別なのを入れているのも会話と動きでわかりました。
どんな手術にもミスは起こり得ますが、抜釘ならばまずないとおもいますよ。欧米の医師ならば、失敗するケースってどれくらいで、どんな場合か、って聞いても問題ないと思うのですが。

ユーザーID:7721463219
夏あんこさん ありがとうございました!
びび美(トピ主)
2018年6月9日 16:14

お忙しい中、こんな私にコメントを書いて頂き、本当にありがとうございました!

医師が2名体制とのお話しをお伺いし、まずは、ホッと一安心しました。(欧米でも同じと考えて大丈夫ですよね?)

実は、医師から「手術をする以上、多少のリスクは付き物だけど、基本、簡単な手術だから」と、聞いてはいたのですが。。
夏あんこさんからも「ありふれた状態」という言葉を頂戴し、心配し過ぎている自分がもしかしたら恥ずかしいのかも。とも思える位にもなってきました。

かなりの”びびり”なんです。 すみません。。。

「2年目ということは、そこは研修病院でしょう」との記載がありましたが。
この国の場合、医師は通常、診察は自分のOFFICE(医院)にて患者を看て、手術が必要な際には、登録してある「病院」に行って、そこで手術をする。と、いうのが普通の流れみたいです。(※ER医師と病院スタッフだけは、病院所属みたいですが。。)

よって、通常、手術後から入院中の体調管理等は病院スタッフに任せ、医師は、スタッフから連絡が入った時とかに様子を見に来てくれるけど、それ以外は、別の手術をしているか、自分のOFFICEで患者を診断する。と、言った流れが一般みたいです。
よって、そういった点では、おそらく2年目でも10年目の医師でも、ここは「研修病院」と、いうよりは、普通の「病院」という感じみたいですね。

余談なのですが。。
私もそれらの仕組みを知らなかった時、日本で海外のドラマを見ていて、よく病院に犯人とかが医師の振りをして病院内を歩いていても、病院スタッフが誰も気が付かない。と、いうシーンを見ては(なんでー?!)と、思ったりしていました。
でも、こんな感じで多くの医師が出入りする為、病院スタッフはきっと顔を覚えられないんだろうな。と、近頃、納得してきた次第です。(笑)
(続く)

ユーザーID:9593144648
続きです。
びび美(トピ主)
2018年6月9日 16:23

私の居るこの国では、どんな手術でも入院期間がそもそも短いのですが、退院後は医師のオフィスに通って、手術後のフォローをして貰う。と、いうのが一般的な流れとなります。

私の場合、足首周辺にプレート1枚と、ネジを4本入れる手術をしたのですが、2泊3日で退院となりました。(日本では、もっと長いですよね?)

「抜釘術」は、日帰り手術だそうです。(日本もそうですか?)

もしかしたら「こんな簡単な手術如きで一体何言ってるのー」と、お叱りを受けているのかも。。と、頭では思いながらも。。
自分自身に取っては、「人生初の抜釘術」を、「2年目の医師から受ける」という日が近づいている現状にあたり、頭がその事でいっぱいいっぱいな状態におります。 (本当にすみません。。)

こんなビビりの私ではありますが、出来ましたら引き続き、経験者の皆さま&医療関係者の皆さまなどから、励ましのご意見&気持ちの持ち様のアドバイスを頂戴出来たら幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

ユーザーID:9593144648
あらかんさん どうもありがとうございます!
びび美(トピ主)
2018年6月11日 5:28

あらかんさんも骨折経験者なんですね。コメント本当にありがとうございました。

私がプレート&ボルトを入れた際は全身麻酔だった為、何も解らないうちに手術は終わっていました。(こちらは、ほとんどなんでも全身麻酔なのかも。。)

しかも、ドラマとかで見ていた「石膏使用」ではなくて、中は綿みたいなソフトな感じだったと思いますが、表面は普通に「丈夫な包帯」にてぐるぐると巻かれている状態でした。

よって、ドラマとかで見た「石膏に寄せ書き」とかは出来ませんでしたが、おそらく石膏使用に比べたら、軽量的には軽く済んだのかなと想像しました。(もしかしたら、もう石膏とかは使ってないのですかね?)

その後、「暫く動く際にはこれを履いてください。」と、言われ、スキーブーツみたいなものを保険購入致しましたが、いざ履いてみると、ボルトを入れた箇所がブーツのカーブと合わなくとても痛かったので、ほとんど履く事もなく過ごしてしまいました。(笑)

勿論、履かない事に(大丈夫かな)と、不安はありましたが、痛みのほうが上回って、結果、履かずに過ごしてしまいました。

今、更にもう1点、気になっている点があります。
手術で切開した所で癒着している箇所が何ヶ所かありまして。。
WEB情報からは、リハビリをしながらそこを治していく。。とも書かれていましたが、私の場合は、残念ながら、今でも治らずに残ってしまっています。

(続く)

ユーザーID:9593144648
前回からの続きです。
びび美(トピ主)
2018年6月11日 5:38

「抜釘術の際には、前回と同じ箇所を切開する」というWEB情報を目にした事があるのですが、こんな癒着があっても神経をこれ以上傷つける事なく、無事に切開&抜釘する事が出来るのかと。。この点も心配な点となっています。

医療ドラマ内でも、よく「ここの癒着がひどいから慎重に切らないと。」とか言ってたりしますよね? 

手術直後よりはかなり良くなりましたが、今でも傷口の表面を触ると、足のつま先までの神経に電気が走る状態です。(以前は、触らなくてもいつもピリピリしていました。)

これがまたひどくなったら、どうしよう。。と、思ったりしています。

それなら「抜釘するの止めたら??」と、思われるかもしれませんが。。

現在は、下記の点があって「抜釘術はするぞ!」と、思っております。

1.何も水に濡れた訳でもないのに、プレートが入っている辺りで、水が流れたような感覚が時々発生する。

2.外気が寒いと、プレートの所がさらに冷えて、血行が悪くなっているような気がする。

3.足首が(手術した)片方だけ少し太くなっている。

4.リハビリの際、足首の角度が「ここまで戻そう」と、いう角度があるのですが、週2回・6ヶ月以上リハビリに通ってスタッフの方にも頑張って貰ったのですが、その角度に到達する事が出来なく、最後には「これ以上やっても、もう無理かも。金具を外せば、もしかしたらもう少しは曲がるかもですが。。」と、言れた為。(これは、癒着箇所があるのも要因かと思っています。)

5.WEB経験者談の多くの方が「やって良かった。」と、書かれている点。

あらかんさんも、やって良かったとの事。 具体的には、どんな点からそう思われましたか? (もしこれを目にして頂けたら、またコメント頂けたら心強いです。)

皆さまからも、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

ユーザーID:9593144648
やってよかった理由
あらかん
2018年6月11日 21:35

トピ主さんも足首骨折なんですね。
プレート1枚、ということは腓骨の一本だけ折れたのでしょうかね。
私は見事に2本とも折れたので、プレート2枚で足首を両側から挟む感じで固定でした。1月の下旬に手術して、3月末に退院、補助具を外した(全荷重OK)のは5月上旬です。抜釘は夏を避けて涼しくなってからやりましたかね。これは2泊3日(手術前日1泊含む)でした。
足首って、骨と皮膚が近いので、プレートがここにある、ってわかるんですよね。
なんか異物が入っているのが嫌でした。後々画像診断などを受けられない可能性もある、と聞きますし、空港のセキュリティでひっかかるのも嫌ですし、さらに外くるぶしの上にもプレートがかかっているので、ボルトの頭が靴にすれて、傷になるのです。これ、抜釘したあとも、そこが盛り上がっているため、何度もズルムケになって5年以上経った今も、そこだけ黒ずんでいます。
抜釘したことで、なんの躊躇もなく、鍼灸、マッサージに行けます。(気にしない方も多いかもしれませんが。)浮腫もかなり軽くなったと思います。
癒着ですが、何と何の癒着ですか?神経は傷つく可能性はある、と医師から説明を受けていました。結果、足の甲の先半分は、動かせるけれど感覚がなくなっています。
それでも、自分の足で歩けるだけラッキーだったと思います。
私は階段を3段滑り落ちたので、腰を打って下半身不随とか、頭を打って死亡とか、十分に可能性がありましたから。
当時ですら、石膏はなかったですね。熱で柔らかくなる樹脂包帯で、常温で固まるので、レンジでチンして患部に当てて冷まして成形完了。上から包帯で固定です。
これなら石膏と違って取り外しできますから、清潔にできますよね。

ユーザーID:7721463219
御礼が遅くなりましたが、あらかんさんありがとうございました!
びび美(トピ主)
2018年6月16日 1:07

あらかんさんからの詳細説明、ありがたく拝読させて頂きました。

私の骨折箇所ですが、良くみたら、腓骨にプレート、脛骨には内横側から中心に向かって2本のボルトと、正面から中心に向かって1本入っていました。(合計3箇所が折れていた模様です)

そうなんですよね。違和感は、もう“ありあり”の状態ですし、特に初めの頃は、常時電気が走っているピリピリ状態&無感覚でした。(一生このままなのわけ?!)と、毎日心配していました。

今は少しましで、傷口を触ると電気が走る状態です。ただ、もうすぐ1年なのに、怪我をしたほうの足での片足ジャンプがまだ出来ません。(ちょっとは浮きます)
走るのも(これで走っているの??)状態です。

近々、手術後初めて飛行機に乗りますが、セキュリティにおいて、医師から貰った紙切れ1枚で、本当に信じて貰えるのかとも心配です。

肝心の癒着ですが、足の外側の皮膚と骨?が癒着している感じです。
なぜかというと、傷口表面を擦ってみると、一部は、周辺の肌が動くのですが、とある箇所では微動だにしなく、特に座り腰しになると引張られる感じがします。おそらく、足首の屈折角度が戻らないのも、これが一因しているのではと。

日本だと、リハビリスタッフがそれを揉みほぐしてくれる作業があるとのコメントも目にしたのですが、こちらでは、その点には、ほとんど手を加えては貰えませんでした。よって、自分で一生懸命つまんだり、引っ張ったりを毎日(痛くても)していたのですが、治らず仕舞いです。

ただアドバイスで、ビタミンEを塗ると皮膚が柔らかくなると教えて貰い、それは実行していました。(確かに柔らかくなるかも)

もう2年目先生を信じるしかないですよね!
手術前に先生になんて言葉を掛ければ、気を抜かずに頑張って貰えるのかな。とかまで考えている私です。(笑)

ユーザーID:9593144648
私も経験あり
らら
2018年6月17日 4:57

現在在欧です。こちらは、日本に比べて医療が少し不安ですね。特に手先の器用さに不信感が。笑

私は事故で、なんとネパールにて腕の複雑開放骨折の手術をして、プレートを入れました。
チタンですらない金属でした。しかも、ビスが関節に干渉していたらしく、腕が回らなかったので、
3ヶ月目位で日本に一時帰国して診てもらい、ビス1本だけ抜いてもらいましたよ。
部分麻酔でほんの数分、大学病院だったので、研修医が指導してもらいながらの抜釘でした。
プレート自体の取り出しは1年弱待ってから、全身麻酔でした。

最初の手術の腕の悪さに、日本の専門医は苦笑気味でしたが、骨折は骨さえつけば色々後から出来るそうです。
私の時も、プレート取り出す際に変な形に再生された骨を削って修正してもらいました。まさに整形外科です。
また変な形になったら、その時はまた開けて削りましょう!みたいな軽い感じでした。
ビスはあくまでも異物なので、取ったほうがいいそうです。

最悪何かあったら、日本に帰って手術を受ければ良いと思って臨めば、少し気が楽だと思います。日本には各部位の専門のマニアックな整形外科医が沢山います。
ビスを抜くの自体は簡単な手術みたいですが、全身麻酔の場合、欧米基準だと強すぎないか確認した方が良いと思います。

ちなみに飛行機は、セキュリティでアラームが鳴りますが、ちゃんと通してくれます。
私は証明書なしでも事情を説明したら大丈夫でした。

ユーザーID:5603180455
ららさん ありがとうございます!
びび美(トピ主)
2018年6月20日 7:45

ららさんは、腕の複雑開放骨折。 しかもチタンでない金属使用の上、腕が回らない状態だったとの事。
 
文章からでは淡々と記載されているようにも見えますが、きっとこの間、心身共にかなりハードな出来事だったに違いないだろうな。。と。

でも、それを克服しようと日本での再手術の決断。 
なんか、いつも前を見て進んでいる人って、やっぱりすごい!と、読んでいて、とても励みになりました! (本当にありがとうございました。)

更に心強かったのは、「骨折は骨さえつけば色々後から出来る」との事。(そうなんですね!) 

記載した他にも細かな点が色々と気になっていたのですが、もうとにかく何かあったら日本に駆け込めばいいか!と、思えるようになってきました。(勿論、何事も無く無事に終わってくれる事を望みますが。。)

全身麻酔は、確かに不安要素は一杯あります。 

でも、やってる医師の声が聞こえるのも怖いし。(笑)

そうそう。 先週、国際線の飛行機セキュリティを経験してきました。

もし鳴ったら医師からの診断書を見せようと、手に用意していたのですが。 
なんと! 
何も鳴る事なく通過出来てしまいました。(笑)
(ららさんの場合は、もしかしたら金属入りだったせいなのかも??)

でも鳴らなかったのは、良かったような。。 
反面、(セキュリティ的に)大丈夫なんだろうかと、??でしたが。
まずは、私の経験談でした!

皆さまからの引続きの経験談&アドバイス等々ありましたら、是非お聞かせ下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

ユーザーID:9593144648
まあ、
Jun
2018年6月22日 16:55

落ち着け
そして
ビビるな。

ユーザーID:4150873167
JUNさん ありがとうございます!
びび美(トピ主)
2018年6月26日 10:53

「びび美」は名前通り、何かあると直ぐに心臓がバクバクしちゃう程のビビり者です。

でも、手術日は、このコメント(落ち着け、そして、ビビるな。)を自分に言い聞かせ、臨もうと思いました。 (ありがとうございました!)

そして、出来るものなら。。
手術する側の足にマジックでこれと同じ言葉を書いて、ドクターにも目にして貰うのもいいかも!と、思ってしまう私です。(笑)
(勿論、そんな事は、頭で想像するだけで、とても実行出来ませんのでご安心を。。)  

でも何か、手術前の医者に伝える適格な言語集なんて、無いでしょうかね。
(下手に伝えたら、反ってマイナスになるだけなのかな。) 

出来るモノなら、私がドクターの傍で手術サポートしたいくらい。(ははは。。)
何を言ってるんだか。。 (ドラマの見過ぎですね。)

だって私は、以前自分の指を切った際の少量出血で、軽めに失神してしまった人間なんですから。
そんな人間がドクターサポートなんて、何想像してんでしょうか。

怖がりの頭でっかちな人間って、傍から見たら滑稽なだけなのかな。

自己嫌悪。 とほほです。。

ユーザーID:9593144648
 
現在位置は
です