現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

昏睡状態の母の資産の管理。体験談

悲しみ
2018年6月6日 4:58

こんにちは
母が一年前に倒れてそのまま昏睡状態です。意識が戻ることも期待していましたが、あきらめの境地です。
今でも考えると涙が出てきます。考えるのもおっくうなのですが、いろいろ準備すべく体験した人にお尋ねします。
今はまだ、母の預金等を触る必要がなかったのですが、どうするのがいいのですか。
後見人とかいろいろ検索すると出てきますが、よくわかりません。
介護等で預金を引き出す必要があるかもしれません。
ハイツの経営とかもしていまして、その関連のやり取りもこれから出てくる可能性があります。
確定申告とかは全く問題なくできましたし、銀行の引き落としは問題なく続いています。

今後母にベストにしたい。といってもできることも何もないですが、
体験談よろしくお願いします。

ユーザーID:5647469973  


お気に入り登録数:29
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
成年後見制度
頑張って
2018年6月6日 12:38

詳しくはわからないのですが、従妹が父親の成年後見人になって
家の処分や施設の支払いをしていました。

昏睡状態ではないのですが、認知症を患い、際限なく物を買ったり
して資産を浪費・散財する恐れがあったのでそうしたようです。

施設にはいってからは自宅と持ち家を売却するためには後見人に
なる必要があったからです。

主さんも何かあった時のために成年後見人制度の手続きを
しておいた方が良いのでは?と思います。

ユーザーID:2718044379
弁護士などに依頼
都民
2018年6月6日 13:44

成年後見人制度を使うのですが、後見人はご本人が正常な意識がある場合は
身内でも誰でも任命することはできますが、昏睡で意識がない状態では、
弁護士などの専門資格職に限定されてしまいます。
任命された人は、法務局で登記されますので適当に任命することはできません。
ですので弁護士事務所に依頼するしか現状では選択肢があまりないです。
この後見人のみが、不動産財産を現金化することが法的に可能になります。
ATMでの引き出しは、家族が現実問題できてしまいますが、本来、成年後見人の管理下で
行われないと、相続人が複数いた場合、あとで揉める要因になり得ますのでご注意ください。

ユーザーID:1529317205
成年後見人よりも
貢献人
2018年6月6日 13:58

ご兄弟など、将来お母様が亡くなった時、貴方以外に相続人が居ませんか、それを書いてもらわないと正しいことが言えません。
他に相続人が居る場合には、まず話し合いで誰が成年後見人になるかを申し合わせておかないと後で揉めますし、現時点で使ったお金のことで死後に争続騒ぎは嫌なはず。
成年後見人に任命されると、お金の収支をきちんと記帳して、使途が本人のためだけかや通帳の残高と一致しているかの確認、経過報告のため毎月裁判所に出向かないといけませんので、管轄が遠いと介護負担に加え後見業務が発生し負担も結構大きいです。
家賃収入のあるような物件を管理していたなら、その収入も監視対象になりますので、決算書の審査もあります。
ただし、後見人が本来ならお母様のするべき仕事まで負担している場合、給与に相当する金額で過分でないものは貴方に支給することも認められていますが査定がありますし、その都度説得力のある作文をしないといけなくて煩わしい。
ここまではほんの触りですが、読んだだけで「大変そう」と感じたなら親族間の揉め事予防とご自身のためにも、司法書士(弁護士より費用が安く、各種申請などの代行もしてくれる)などかかりつけの法律相談窓口と接点を作っておき、早めに相談、行動されることをお奨めします。

ユーザーID:0580320325
成年後見人になれない可能性が高い
あらかん
2018年6月6日 14:41

以前、小町で成年後見の手続きについて皆さんのお知恵を拝借した者です。
「成年後見制度の申請」
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2017/0605/806791.htm
我が家の場合と同様、不動産、預金等がそれなりにあると家族、親族は利益相反のリスクから成年後見人に指定されにくいと聞いています。
1千万超だったでしょうか。うろおぼえです。
失礼ですが、お母様の法定相続人はトピ主さん以外にいらっしゃいますか?
トピ主さんだけならば、法的には正しいことではないのですが、本人がいなくともある程度は対応可能だと思います。
預金は都市銀行だけでしょうか?信用金庫、信用組合との取引ながあり、トピ主さんのことも娘さんであると認識されていればある程度融通を聞かせてくれます。
弁護士さんは、市の無料相談ではまったく役に立ちませんでした。きちんと選んで事務所で相談した方がいいです。
私は初回(無料)と2回目(30分、4000円)で一旦、終わりました。多くの事務所は初回無料(1時間)です。
ハイツの経営は、不動産業者を通しているのであれば、そちらに一度ごあいさつに行かれるとよいと思います。
母の日常の世話は私ではなく親族が行ってくれているので、その人の口添えで業者の方が気を聞かせて私の方へ連絡をくれるようになりました。
トピ主さんご自身が満足のゆく対応ができることを願ってます。
ご自愛ください。

ユーザーID:6750088831
私の場合
ふらわぁ
2018年6月6日 14:46

参考になるようなことは言えないのですが、気になったのでレスさせていただきます。

私の母も3ヶ月意識不明の状態でした。
その間、別に何もせずでただただ病院の請求があれば支払いをしているだけでした。
私の母は預金をせず金庫においてある現金があったのでそこから支払いが可能でしたから預金を動かすことについては何とも言えません。

家賃収入はそのまま継続されていましたし、預金関係もそのままでした。
母が生きている間は母のものと思っていましたので。

こんな表現はしたくないですが、銀行は新聞のお悔やみ欄を見て預金の凍結をすぐに行うそうです。
しかし、違う県で作った預金は例外らしく、現に私の場合家賃関係は違う県で作った預金に入っていたので母の亡くなったあとも凍結されず動いていて相続の手続きのため残高証明を貰いに行って初めて凍結に至りました。

凍結されれば当然引き落としされているものはできなくなるので先方から請求書が届きます。その支払いも現金があったのでそこから。でも、とにかく家にいなかったので電気やガスは使用していなかったため支払いは微々たるものです。自分で支払っても問題ない金額でしたね。

いろいろ大変だとは思いますが、ご兄弟がいらっしゃるのであればよく相談してより良い形にしていければと思います。
体験談のみですみませんでした。

ユーザーID:5311949365
意識が無い時に
愛子
2018年6月7日 7:55

声掛けするのが重要とテレビで見ました。

知り合いの親がお風呂で倒れて救急車で運ばれた時に声掛け!と伝えたら孫の唄や自分達の声掛けのテープをイヤホンで24時間聞かせたそうです。

葬式の準備もしていたらしいのですが、意識が戻って足は二階に昇れなくなったが1階で生活出来る程度に良くなったと聞きました。

西條秀樹さんが亡くなったと聞いた時にこの話を思い出してしまいました。

危篤の場合にキャッシュカードで入院費とお葬式の為にお金は下しました。
死亡すると銀行の通帳が凍結されて遺産相続になり相続人の印鑑証明書とサインと押印が無いと下す事は出来ません。

もう1年経過との事なので今から話しかけても難しいと思いますが、出来るだけ話しかけてあげてください。
手や足もさすってあげてください。

医師が死亡したと言うのは心臓が止まった時になります。
脳はまだ死んでいないので目は見えていませんが回りの気配はわかるそうです。

ユーザーID:0126347570
 


現在位置は
です