現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

この句は何と書いてあるでしょうか

在米シニア
2018年6月6日 8:10

骨董品屋さんで見つけた日本の色紙に書かれた句。達筆過ぎて読めない部分があります。何と書いてあるのでしょうか? 

”詠むことも 書くことも(な?のような字)く”

”夕つき(ら)と(く)”が続いてるような文字。

”ほおずき(色の漢字に似た漢字)れ” 

”空をこえて (る)のような文字に”し”が続く。

以上の句です。”を使いましたが、最初から最後まで句は続いて一句となります。

よろしくお願いします。

ユーザーID:9325753337  


お気に入り登録数:23
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
書き順をみる
たまこ
2018年6月6日 13:22

想像で返事するのもあんまりかと思うので、ヒントを。

達筆すぎる字を読むときは書き順を確認するといいですよ。

形だけでなく、書き順、つまり筆の流れる順番を見ると、何という文字が書かれているか大きなヒントとなるとおもいます

ユーザーID:0327159291
う〜ん携帯からの書き込み
ラスカルハウス
2018年6月6日 16:34

書いてある事だけなら…。
トピ主さん、ちゃんと読めてる方では?

>詠むことも 書くことも(な?のような字)く”
>”夕つき(ら)と(く)”が続いてるような文字。

な、のような字(変体仮名で、平仮名のなの元になった「奈」の崩したのが書いて有ると思います。)
く=(同じ言葉を繰り返す時は、長い「く」のような字を書くことがあります。そうでなければ、普通に「く」で良いと思います。
例「楽(長い)く」=「楽々」)

>”ほおずき(色の漢字に似た漢字)れ” 

「色」は色で良いのでは?
「れ」と書いて有るようにみえるけど「に」だと思います。(元になった漢字が「仁」)

>”空をこえて (る)のような文字に”し”が続く。

ゐ(わ行の「い」の可能性有り。発音は「い」)
し(「く」の可能性有り)

 草書体で書いて有ると、繋がってるように見えます。
しかも変体仮名(昔は色々な平仮名が併存していた。統一された後も、現在でも使われている字も有る)が使って有ったら、見慣れない人には読めないと思いますよ。

現物を見れないので、断定は出来ないのですが。
違ってたらすみません。

ユーザーID:8930135295
面白い謎ときトピですね。携帯からの書き込み
パイン
2018年6月6日 21:59

自信はありませんが、挑戦します!

‘詠むことも書くこともなし
(「く」ではなく)
たづきらら
(たづ=鶴という意味、く=々=繰り返し)
ほおずき色の
(れではなく変体仮名の「の」=能)
空を越えてゐく
(行く)
でどうでしょう。自信はないですよ。

ユーザーID:5771776758
素養は持ち合わせておりませんが
あらかん
2018年6月7日 17:36

読むことも 書くこともなく
夕月かかる
ほおづき色の
空をこえて

書く と (月の)欠く、夕月の 月 と ほおづき のつき
を掛けているんでしょうかね。
トピ主さんの””の使い方が一定していないのでどこまでが文字の説明でどこまでが句の文言なのかわかりにくいです。
ほおずき のあとの「れ」に似た文字はおそらく「能」から派生した万葉仮名かなと思いますので、
万葉仮名一覧と色紙を見比べてみて下さい。

ユーザーID:5868938341
皆さまありがとうございます!
在米シニア(トピ主)
2018年6月20日 15:43

何となく意味が解ってきました。どちらかと言うと、アラカン様のが一番分かりやすいですが、自分ではどうしてもはっきりした文字に変換出来なくて、教養がないので仕方がないですが、意味が解ってきたのでよしとします。

せっかく見つけた古い歌、大事に飾っておこうと思います。ありがとうございました。

ユーザーID:9325753337
 
現在位置は
です