現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が癌になりました。私に何ができるでしょうか。

肉団子
2018年6月7日 23:02

70歳になる母が乳癌になりました。ステージ4でした。
抗がん剤治療が始まります。
私は何をしてあげる事ができるのでしょうか。

私は41歳独身で、実家から片道8時間かかる所に住んでいます。
本当はすぐに帰りたいけれど、自分の生活を第一にして。帰る必要はない、と母が止めます。
医師からの説明は近居の姉(既婚・子供3人)が付き添ってくれました。

母は電話では気丈に振舞っていますが、元々持病がある上に今回の癌で、大分ショックだと思います。

子供のころ病気で身体の一部を失い、生涯消える事のない障害を抱えても、自分で稼ぎ自立して生活する事が出来ているのは、その様に母が支えてくれたからと思っています。
今度は私が支えたいです。
今は色々な情報を集める事、小まめに連絡をする事、抗がん剤治療の結果必要になるであろうウィッグのお店の情報を探して連絡する事しか出来てません。

遠方に住む親が病気になった時、進行性のガンに侵された時、何ができるのでしょうか。
抗がん剤の副作用はいつ頃から始まるのでしょうか。
1番家族の助けが必要な時はいつでしょうか。
何も分かりません。
経験のある方もそうでない方も何かアドバイス頂けませんでしょうか。

私自身が健康診断に引っかかり、再検査となった事、今年度で職を失う事(大手子会社。組織再編制の為今年度で事業撤退)も重なり、きついです。
(上記の事はとてもではありませんが母含め家族には伝える事が出来てません)

電話で話す時は努めて普段通りにしていますが、次に会った時髪の毛の抜けた母を見て、泣いてしまいそうです。
頼りない姿を母に見せたくありません。心構え等もアドバイス頂けませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8045384646  


お気に入り登録数:26
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本


タイトル 投稿者 更新時間
副作用は個人差があります
ヒヨコ
2018年6月8日 11:30

抗がん剤の種類にもよるのかもしれませんし、
個人差もあって、全ての人が脱毛になるわけではありません。
私の母は肺がんでしたが、数種類の抗がん剤をしましたが、
抗がん剤では脱毛しませんでした。
副作用として、味覚を感じなくなったようです。
抗がん剤が始まる前に、お母さんの好きな物を奢ることもいいかもしれません。
放射線治療では脱毛しました。
医師からお姉さまが説明を聞いているでしょうから、
よく聞いてからが良いと思います。

まずは、ご自身の検査を受け、結果出てからでいいと思います。
あなたの健康をお母様も願っているでしょう。

会いに行くのも片道8時間なら大変でしょうから、
すぐに出来る電話で話したりすると喜んでくれると思います。

ユーザーID:3929315665
陰でも泣かないでください
ラベンダ−
2018年6月8日 13:03

私には成人した息子と娘、高齢の母親がいました。
病気になって申し訳ないと思いました。
病気は医師に任せるしかないと割り切っても、
子や親に泣かれることはとても辛いです、悲しいです。

化学療法は個人差、回数でも副作用は違います。
吐き気は予防薬の投与で心配はありません

しばらくは、ケア帽子(医療用で肌に優し物)かバンダナが便利、お洒落な物をプレゼントしてあげて、ネットにたくさんあります。
ウィッグもイメ−ジチェンジを楽しめるものを選ぶといいです。

もし退職したら地元に帰ってはどうでしょうか?
トピ主さんにも身内が近くにいるのは心強いでしょう。
一度後退することになっても、エネルギ-充填期間だと思って。

ユーザーID:1200709835
身内が癌です
icuyvy
2018年6月8日 13:15

近居に住んでいるお姉さんに、自分の
出来ることを聞いてみましょう。

近くにいればこそ、いろいろと
わかることもあります。

トピ主さんが顔を見せる時に
泣いたりしないでほしいです。

癌になっても、癌を抱えていても
治療に専念している人は
世の中に沢山います。

一緒に頑張る気持ちが必要では
ないでしょうか。

お姉さんにも何かとして頂くことが
あるはずです。

お姉さんへの感謝の気持ちも
忘れずにいましょう。

ユーザーID:8056145910
がんサバイバーです
たこ
2018年6月8日 15:32

今年62才ですが、7年前に子宮体がんの手術を受けました。
定期検診を受けながら元気にしていますが、がんが発覚した時は本人よりも
周りの家族の方がショックだったようです。

患者側からすると、特にこれをしてもらいたいということはありませんでした。
子どもが2人いて当時はどちらも未婚だったのですが、ふだん通りの生活を
しててほしいと思うくらいでした。
ただやはり心配だったのでしょう。
2人とも手術当日は仕事を休んで、夫(父親)と病院に詰めていてくれました。

トピ主さんの場合は自分の身体のこともあるし、遠方なので近居のお姉さんに
お任せするのが一番です。
やはりお姉さんだけには、自分の身体の状態のことは話しておいた方がいいと思います。

抗がん剤はやはりつらかったです。
私は7年前だしがんの種類も違うので参考にはならないかもしれないけど、手術そのものよりきつかったですね。
髪の毛が抜け落ちるのはとてもショックです。(治療が終われば生えるとわかっていても)
お風呂場でシャンプーをするたびにゴソっと抜けて、最後はツルツルになりました。
だからお母さんを見たくない気持ちもわかるけど、泣くのはがまんして下さいね。

親は子どもがふだん通りに暮らしているのが一番安心できますよ。
特に何かしてほしいよりも、できれば顔を見せるのがうれしいかもしれませんね。

ユーザーID:9192403809
負けてたまるか携帯からの書き込み
ぴあの
2018年6月8日 15:36

トピ主様自身も体調・仕事の面で大変な中でのお母様のガン、心中御察しします…
私の母(76歳)も今年一月に乳ガンが判明し、闘病中です。
平均寿命の86歳目指して頑張りましょう!と医師に言われ、抗がん剤治療を頑張っています。
それが終われば手術です。

副作用は即出る方もいらっしゃるし、2日ほど経って出る方もいます。

母は後者のようです。
来週5回目の投与がありますが、副作用は毎回違っていました。
人によるらしいですが、体がだるい、発熱、食欲が無い、口内炎が出来る、足がだるくて歩き辛い、味覚が変わる、食べたいものがその都度違うなど…

真っ先に思い付く「吐き気」は、抗がん剤の前に吐き気止めの注射(点滴かも)をするらしく、うちの母の場合は全く無いようです。
副作用に応じた薬も処方されます。

髪の毛は2回目の投与の前に無くなりました。
これだけは皆さんに出る副作用だそうです…
ですが、抗がん剤治療が終わればまた生えてくるそうなので、最初はショックですが、ちょっとの辛抱です。ウィッグや帽子などで気分転換も出来ますしね。


母は実家に一人で家におりましたので兄弟で毎日様子を見に行っていましたが、先月から兄が帰ってくれたので、母も私達も安心しています。
どんな副作用が出てもしんどいので、夜など心細いはずです。


側にいてあげたいですよね。

あと、お母様に会ったら笑わせてあげて下さい。

うちの母も「ガンだと気の毒がられるのは嫌だし、笑って過ごすよー」と言っています。他のガンの方も皆そう仰るそうです。

生えてくるのが分かっているからか、髪の無くなった頭を弄りながら大笑いしています。


一緒に頑張りましょうね!!

ユーザーID:4705195321
父で同じ経験をしました。
結衣
2018年6月8日 17:22

お母様のことを想われるお気持ち、とても理解できます。
私も実家から飛行機で11時間以上の場所に在住、
既婚、子供2人を子育て中です。

父が進行癌になり同じような気持ちになりました。
残念ながら父は先日亡くなりましたが、
私が感じ行動した事を書かせていただくつもりです。

>遠方に住む親が病気になった時、
>進行性のガンに侵された時、
>何ができるのでしょうか。

 入退院を繰り返しましたので、
 できる限り実家に戻り残された母を支えつつ、
 毎日病院にお見舞いも行きました。

 ただ父は私が今の家庭に負担を掛けてまで、
 帰省することは望まないことを伝えてきましたので、
 入院毎に滞在するのは我慢しました。 

>抗がん剤の副作用はいつ頃から始まるのでしょうか。

 これは人によって本当に様々なようです。
 癌の種類、場所、患者の体質等で変わるようなので、
 一概には言えることではないと思います。

 父の場合は数週間後に出始めていました。
 可能性のある副作用全てが起こったわけではありませんでした。

>1番家族の助けが必要な時はいつでしょうか。

 それは他人が助言できるものではないと思います。
 人それぞれ、感じ方、必要と思う事、様々ですから。
 トピ主さんが今のように想いを寄せられているだけで、
 お母様はその想いに感謝し、とても心強いはずです。
 きちんとトピ主さんの切ない想いは伝わっていますよ。
 
 私の場合、父はとにかく普通の生活を送ることを希望しました。
 それは本人は勿論、周りの家族にも同じ事を望んでいたので、
 私は極力普通に普通に過ごそうと努力していました。
 それでも食事もできなくなり余命が終末期になった頃は、
 死後悔やまないようにという想いで、
 メールを頻繁にし感謝の気持ちを伝えていました。
 
少しでも日々穏やかに過ごせる事願っています。

ユーザーID:2461296400
会いに行ってあげてください携帯からの書き込み
たえこ
2018年6月9日 7:12

この春に母をガンで亡くし、たまらずレスさせていただきました。私の母の場合、ガンが見つかった時点で余命半年でした。ですが、本人が放射線治療や民間療法を頑張ったお陰で、2年生きてくれました。
私の母も、私の生活を優先し、入院等の連絡をせずに父と二人でガンと戦っていました。それでも顔を見に行くといつもニコニコ迎えてくれました。治療の辛さを愚痴ることもなく、本当に強い母でした。
髪が抜けた時は、寒い時期でしたので毛糸の帽子をプレゼントしたら喜んでくれました。今からの時期でしたら、夏用のニットの帽子なども喜んでくれるのではないでしょうか?また、肌触りのいいゆったりしたパジャマも喜んでくれましたよ。
母が亡くなるまでの日々は本当に辛くて、何ができるかそればかり考えていました。今のトピ主様の気持ちを考えると胸がいたいです。
ですが、務めて明るく会いに行くことが一番いいのかな、と思います。体調の良いときは近場に旅行に行き、昔話も沢山しました。感謝の気持ちも沢山伝えました。写真も送れば病室に飾ってくれていました。
トピ主様のお母様の治療が上手くいきますように心からお祈りします。

ユーザーID:6226782379
一緒に病院に行ってあげて
有明
2018年6月18日 0:17

抗がん剤経験者です。
お母様は抗がん剤治療中は入院されるのでしょうか?
それとも外来で化学療法をされますか?
いずれにせよ一回でもいいから同行し、
どのような場所でどのように治療を受けるのか、
一緒に見て、共有することがいいかと思います。

私は外来で治療しました。
説明を受けるときも夫が同行してくれましたが、
実際に抗がん剤を始めるときも、仕事を休んで一緒に来てくれ、
どういう場所でどのような状態でどのくらいの時間を過ごすのか、理解してくれました。
点滴が始まってからは他の患者さんの邪魔になるので、終わるまで待合スペースで待っていてくれました。

毎回付き合う必要はありません。
それでも患者にとっては、自分がどこでどのような治療を受けているのか、どのような状態か、
家族が知っていてくれるのがとても安心につながります。

点滴で化学療法をすると、吐き気や脱毛などの副作用のみならず、
血管に強い薬が流れるので血管炎になって上腕部から指先まで吊ったような痛みが出たり、
ずっと座るか寝ているので腰が痛くなったり、いくつも口内炎ができたり、
何時間も点滴をしているので精神的に辛かったり、
患者はいろいろな副産物にも苦しめられるのです。

治療は本人の闘いです。
家族は見守ることしかできません。
でも一度でも治療の現場を見て、知ることで、
「あの椅子はリクライニングできるの?」
「治療の間、本とか読めそうだったけど、何か送ろうか?」
「すごいきれいな外来センターだよね」
などなど、一歩踏み込んだ話を一緒にできることで、患者はずいぶん気持ちが楽になります。

私の経験ですのでお母様に当てはまるかどうかわかりません。
でも、一度、治療に一緒に行くことを提案してみてほしいと思いました。

ユーザーID:0112168513
 


現在位置は
です