現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

強迫性障害、辛いです 携帯からの書き込み

みいこ
2018年6月9日 0:39

20代女性、現在看護師をしています。長文失礼します。

思春期頃から強迫観念、主に加害恐怖が出始め、2年前より心療内科に通い、投薬やカウンセリングによる治療をしています。
強迫性障害は完治は難しい病気であることは重々分かっているのですが、それにしても毎日毎日悩みが絶えずとても辛いです。
幼い頃から夢だった看護師になりましたが、病院には様々な感染症の方がいらっしゃいます。血液に関わる仕事も多いです。感染対策はしていますが、うっかりこの荒れた手で血のついた患者さんの腕をさわってしまったかも?清潔操作が必要な場面で、もしかして不潔になったのでは?などと考えがよぎり、無駄に時間がかかるだけでなく、物品もこっそり無駄にすることも。
感染症を恐れるあまり、検査に行き結局陰性ですが、どの感染症もウインドウピリオドがありますよね。それを思うと結局不安なままです。
感染をここまで恐れるのは、もし私のパートナーに知らず知らずのうちに感染させてしまったらどうしよう、私が感染源となり、患者さんに移したらどうしよう、という加害恐怖が根底にあります。

じゃあ仕事を辞めればいいのか?辞めてもきっと同じなのはわかっています。飲食のバイトをしていたときも、毒物を混入させたのではないかと不安でしょうがなかったです。
車に乗るのも恐怖です(超がつくほどの安全運転です)
セックスも恐怖です(もちろん避妊しています、安全日以外しません)
お酒、薬も恐怖です(もし妊娠していたらと思うと胎児への影響が怖い)
駅のホームも怖いです(誰かを突き飛ばしてしまうかも)
毎日本当しんどいというか、疲れました。不安なことは全部可能性がゼロでは無いことなんです。絶対ないなんて言い切れませんよね。

同じような方、いらっしゃいますか。また克服された方、上手く付き合っている方等いらっしゃれば、お話を伺いたいです。

ユーザーID:7407224039  


お気に入り登録数:15
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
トピ主さんは、何を守っていらっしゃるのでしょうか
猫は親友
2018年6月9日 13:39

人間は、「言葉・言語」に依って思考することができると言い
ます。

トピ主さんは、現在何を守っていらっしゃるのでしょうか。
また、何を怖がっていらっしゃるのでしょうか?

守る、怖がる対象を明確に設定できないので不安になって
いるのではありませんか。

自分の気持ちや心持ちを「言語化」して見ると、自分が何
を考え、何を守り、何を怖がっているのかが分かって来る
のではありませんか。

そして、自分で「覚悟」を決める必要があります。
何が起きても、自分が引き受けると言う覚悟です。

トピ主さんは、最悪の状態を常に想定して怖がっているの
ではありませんか。何があっても、逃げないで自分が引き
受けると覚悟を決めれば、苦悩することはありません。

昔から、山より大きな鬼は出ないと言われます。ご自分で
夢想するから、不安が勝手にエスカレートするのです。
問題と課題を捕まえて、そいつとジックリ向き合って見ませ
んか。

ユーザーID:9106433227
何とかなる
ペン
2018年6月9日 22:15

もともと几帳面な性格の方なのでしょうね。
強迫性障害を抱えながら、勉強し看護師の資格を取り、ちゃんと働いていらっしゃるのは立派だと思います。
ご本人は辛いと思いますが、不安や恐怖を感じない人が看護師をしている方が恐ろしいです。

不安があると言うことは、起こるかもしれない色々な可能性、最悪な事態を想定できる(してししまう)と言うことですよね。
絶対に必要な感情ではありますが、可能性がゼロじゃないことを全て想定してしまうと相当疲れますよね。

私も不安がかなり強い方です。
仕事で気がかりがあると、家に帰っても不安な気持ちを引きずることも多々あります。ストレス凄いですよね・・・

最近私は「できたことメモ」をつけています。
心配なことが起こったら、
・心配なことの内容(例:清潔操作で失敗したかも。物品を無駄にしたかも)
→結果どうだったか(例:特に目立った問題はなかった)
→教訓的なもの(例:患者さんに何もなくてよかった。物品無駄にしていたら病院ごめん)
と言うように書き出します。
後から眺めると大したことじゃないなーと思えることが多いです。

不安って、わからないから不安なんですよね。
最悪なことが想定されたら、対処法まで考えておくのも一つ。
万が一まで全て心配して疲れ果てるなら、「何かあっても何とかなる」と開き直るのも一つ。
いやいや本当に何とかなるんですよ。
ネットで仕事の失敗談を検索したことがありますが、みんな色々やらかしています。
医療関係者は流石にリアルには書けないでしょうが、会社を潰すレベルの人とか、その後普通に生きていますよ。

ユーザーID:6133415349
大丈夫です
まあまあ
2018年6月10日 16:50

私もだいたいそんな感じです。
克服しなくても大丈夫ですよ。

私なんか一歩外に出ればもう怖いですし
部屋にいても色々考えて怖いですし
鍵は何度も確かめますし
絶対に落とすはずのない財布を落としたんじゃないかと
常に鞄の中を確かめますし
PC作業でもバックアップとりまくりですし、
とにかくあらゆることが不安で怖くて心配で仕方ないです。

でも私はこういう人間なんで、もうあきらめました。
何度もやらないと不安なんだったら、何度でもやればいいし、
バックアップも好きなだけとればいいし、
外を歩くのだって、今まで何十年も無事だったわけだから
その経験を思い浮かべつつ歩けばいいし。

上手くつき合っているというより、とにかくもうあきらめて
心の赴くままに生きることだと思います。

「鍵かけたっけな?はいはい不安不安、確かめに戻ろ!
はい、閉めた閉めた……ああまた不安!じゃあもっかい確かめに戻るか。
めんどくさいな〜〜もう〜〜はい閉めた、絶対に閉めた!もう終わり!」
って感じですかね。
「まったくめんどくさいヤツ!!」って自分で自分にあきれつつ生きてます。

あまりに不安になる時は、宇宙のことを考えることです。
小さな人間の不安など消し飛ぶくらい宇宙は大きいです。
太陽系、銀河系、銀河の集合体、そのまた外の……と考えていくと
地球上の1人の人間の不安なんて、なんてことないわって思えますよ。

ユーザーID:3153174199
私も強迫性障害です
にゃおん
2018年6月10日 22:35

私も強迫性障害を抱えています。

私も加害恐怖がありましたから、みいこさんが強迫性障害を抱えながらも夢だった看護師のお仕事をされているのは本当に立派だなぁと思います。

私は今では、人より頻繁に手を洗うから手が年中カサカサだったり、蛇口やコンロの確認を少し行うくらいに落ち着いたので日常生活はそれほど支障がない状態にはなりました。

でも、一番ひどかったときは、何度確認しても不安ですごく疲れるし精神的にも大変でした。
その時は、やっぱりストレスが多い時期だったと思います。
ストレスで悪化するのではないでしょうか?

それからやっぱり看護師という職業も、病気の感染のリスクもあるので強迫性障害の不安を強める一因ではないかと思います。

心療内科では抗うつ剤や抗不安薬を処方されているのでしょうか?
薬は全然効きませんか?
私は抗不安薬を飲めば「まあいいか」という思考になりあまり気にならなくなりますが、トピ主さんはどうでしょうか。

それから、心の病と栄養状態には密接な関係があるので、栄養バランスの良い食事をとることも大切だと思います。
私が最近読んだ本でよかったのは、生田哲の「心の病は食事で治す」と「砂糖をやめればうつにならない」という本です。
参考までに良かったら読んでみてください。

ユーザーID:1895203215
結婚したらマシになった
ほしだいこん
2018年6月21日 0:14

夫が助けてくれるので。
結婚前は、エレベーターの無いアパート3階まで、
何度も戸締りの確認に戻っていました。
結婚したら、一緒に出かける時は夫に、
私、鍵した?と聞ける。
運転中に、バッグに財布入ってる?と聞ける。
嫌がらずに手を洗ってくれる。
トピ主さん、パートナーは強迫性障害を知っていますか?
助けになってくれるんじゃないかな。

ユーザーID:9399965637
 


現在位置は
です