現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お宮参りの意味が変わってきてるんですか

50代
2018年6月10日 13:45

友人に孫が生まれました。
お宮参りに行くと張り切っていましたが、その神社のある場所が隣の市なんです。
友人の住む町とも違うし娘夫婦の住む町とも違う。
「えっ、何で?」と思ってしまいました。

本来お宮参りとは赤ちゃんが住む土地の氏神様に参るものです。
氏神様にはテリトリーがあって、そのテリトリー内に住む住民を氏神様が守ってるんです。
「子供が生まれてテリトリー内に暮らしますのでよろしく」とあいさつに行くのがお宮参りです。

たとえば引っ越ししたら新しい家の自治会長さんやマンションの管理人さんにあいさつに行きますよね。
隣町の氏神様に参るとは隣の自治会長さんや隣の管理人さんにあいさつに行くようなもので全然意味がないんです。

でも
50代になる友人もそのことを知らなかったし、もちろん若夫婦も知りませんでした。
神社ならどこでもいいみたいに思ってるんです。

これってどう考えれば良いんでしょう。
セレモニーって時代と共に形骸化するものだから、気にしなくていいんでしょうか。


皆さんお宮参りの本来の意味を知ってますか。
本来の意味がなくても形が整っていれば気にしませんか。

ユーザーID:5787447560  


お気に入り登録数:150
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:49本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
知っていますよ
ももも
2018年6月10日 14:29

若い世代です。
氏神の存在もお宮参りの意味も知っています。
自分がどこの神社の範囲に住んでいるかも知っています。
しかしながら、私は神道信者ではないのでどこの神社だろうと気にしません。
気になりません。
クリスマスと同じで、その宗教の信者以外にとってはただのイベントであると考えています。
宗教行事ではなく年中行事に近い感覚ですね。
形骸化したのではなく、信者以外には信仰心がありませんから、
元より大きな意味はなかったのだと思います。
日本の葬式をみているとそう思いませんか?
トピ主さんはこれまでいった葬式で読み上げられたお経、
宗派に関係なく意味を理解していますか?
私はあらかた暗記して意味を理解していますが(やっぱり信仰心はないけれど)、
殆どの人は意味も理解しないままお経を聞いているだけでは?
お葬式はそんなものと流したままに。
これは別に形骸化しているわけではなく、日本人の多くははなから
信仰心に乏しいので意味を持たせていない、ただこなすだけの行事になっているのだと思います。
葬式だって信仰心からしている人は少なく、死んだらするものくらいの人が多いと思います。
不思議なのは、信仰心がないのに火葬場へ直行はされる方がいないんですよね。
意味はなくともやることに大義があるようです。
世間体やら最後の挨拶やら。別に火葬場でも挨拶はできるんですけどね。
トピ主さんはそのあたりは気にならないのにお宮参りは気になるのですか?
結婚式の神前式もバージンロードも、意味など知っていて無視するのが日本人です。

ユーザーID:7260377774
セレモニーの形骸化なんて今に始まったことじゃない
もものもの
2018年6月10日 14:43

日本が盛り上がる行事なんだかわかってます?
盆暮れ正月クリスマス、ハロウィン、イースター。
むちゃくちゃじゃん。

子連れでバージンロード歩いて、
ウェディングドレス着てチャペルで違って、
文金高島田で披露宴会場を練り歩く。

今更、お宮参りの意味とかなにを言ってんでしょうね。

>皆さんお宮参りの本来の意味を知ってますか。
だったらまずは宗教観から変えないと。

ユーザーID:5731067315
我が家は
アキ
2018年6月10日 14:46

姑の立場です。

我が家は息子夫婦の住む町でなく、息子の実家・・・つまり夫と私の住む町の神社でお宮参りしました。
お嫁さんのご両親もお招きしました。

そのお孫さんがこれから住む町の神社か、私どものように息子の実家の方の神社で、というのが割と多いのではないでしょうか。

もちろん、実家があまりに遠いのは赤ちゃんの体調を考えると無理ですね。
我が家は車で30分位でしたが、生後1か月でなく、気候の良い春に桜の下でお宮参りしました。
生後4か月目でした。

ユーザーID:9112037110
気にしない
ゆうか
2018年6月10日 14:53

本人たちが行きたい神社に行けばいいと思います。
日本はもともと宗教には寛容です。
そして神道は八百万の神ですから
うちにあいさつに来ず、隣りの市にお参りに行ったからといって
怒ったりはしないかと

ユーザーID:6663206153
知ってましたが
MARBLE
2018年6月10日 14:54

初詣に遥々「有名な神社」に出向く人が多いので、「土地の氏神様」を意識してなくて、どこでもいい派も多いと思います。

それとは別に、「住んでる場所を担当する神社」を間違えてる場合もあります。というのも、私は今の住まいに引っ越してきたときに「一番近くにあるA神社」がそうだろうと思ったからです。

ところが神社庁のサイトで確認したところ(一応、合ってるか確認しました)北へ歩いて3分のA神社ではなく、東へ歩いて5〜6分のB神社だったのです。

数年後に偶然近くに引っ越してきた友人も「さっそくA神社に行ってきた」というので「AじゃなくてB神社だよ」と言ったら「近いからAだと思った」と改めてB神社に行ってました。

ユーザーID:1317809606
レスします
中年
2018年6月10日 15:05

>本来お宮参りとは赤ちゃんが住む土地の氏神様に参るものです。
>氏神様にはテリトリーがあって

子供の頃の写真を見たところ、祖父母(母方)の近くの神社でした。
父方の祖父母には嫌われていたため、いろいろと母方の祖父母が世話をしてくれたからだと思います。
(さすがに若かりし母1人でお宮参りというのは無理がありますし)
正直、産土神様のテリトリーを外れていたとしても、「わしのテリトリーの範囲外にお参りしてケシカラン!」などと祟ることはないと思いますし、
神社庁にきちんと問い合わせないと(問い合わせても)なかなか正確な産土神様というのはわからないそうですよ。
(昔と丁目や番地の境が違っていたりなどするそうです。産土神社が家の近くのA神社かと思っていたら実は遠くのC神社だったりなど)
>隣町の氏神様に参るとは隣の自治会長さんや隣の管理人さんにあいさつに行くようなもので全然意味がないんです。
知識不足にお怒りになる気持ちもわかりますが、全然意味がないわけではないでしょう。
場合によっては病院を里帰りで行って、生まれた場所と住む場所が全然違うということもあるでしょう。
また、昔と違って、家族の転勤等で点々として、あまり故郷という概念を持たない人もいると思います。

あと、細かいことですが、トピ主様は「産土神」様と「氏神」様の概念がごっちゃになっていると思いますよ(これも今は曖昧に覚えている方が多いそうですね)。
「産土神」「氏神」「鎮守」の3つを正しく言える方、いらっしゃるのかしら?
老婆心ながら失礼いたしました。

ユーザーID:8386751942
気にしない
マル
2018年6月10日 15:17

有名な神社には近所以外の人が大勢きているようだし、気にしないんじゃないでしょうか。

だいたい、住む土地の氏神を信心しているわけではないでしょう。大勢の日本人が、お宮参りをし、結婚式を教会で、葬式をお寺で、正月に初詣、イースターとハロウィーンに仮装パーティー、クリスマスに教会へは行かずにツリーとプレゼント、恋の成就にパワースポット、と宗教まぜこぜでイベントを行います。

ユーザーID:2186183422
あまり気にしない
まよいねこ
2018年6月10日 15:39

知っていたけれど、息子二人のお宮参りは、親元の地元ではありますが氏神様ではない有名神社でやりました。
氏神様と言っても、神主さんが常駐していないようなところもあるし、今いるマンションだと、周囲の人に氏神様はどこと聞いてもわからないような状況です。
それに、本来の意味ということで言うと、七五三はどちらかというと江戸時代に始まった武家の習慣で、テレビニュースなんかで広まるまで関西ではそれほど盛んではなかったようなものです。あんまりうるさく言うほどの伝統行事でもないんですよ。(というかみんなが伝統行事と思っているほとんどのものがそうかもしれません)

ユーザーID:2893017775
形骸化してますね
もちむぎ
2018年6月10日 16:04

当方60代の女性ですが、もちろんお宮参りの意味は知っています。

ですが、一人目と二人目は里帰り出産していまして、一ヶ月検診とお宮参りは実家の近くに行きました。

自分達が住んでいる地域の神社には神主さんが常駐ではないですし、そもそも氏神さまという意識もありません。

代々住んでいるわけでもないですし、この先いつどこに引っ越すかもわからないので氏神さまに守られてると思ってる人は少ないのではないでしょうか。

ユーザーID:0544692531
宗教の希薄化
海坂
2018年6月10日 16:16

トピ主さんが指摘するように、お宮参りは地元の氏神様に挨拶に行くことです。

初詣も、本来は地元の氏神様に新年の挨拶に行くものなのですが、有名社寺へ殺到しますよね。

明治時代に、京浜急行が「初詣は川崎大師へ」と宣伝したのが始まりだそうです。

仏教でいえば、初七日や四十九日の本来の意味を知らない人も沢山います。

地域社会の変化や核家族化で、宗教的なしきたりや風習が引き継がれていかないのですね。

NHK調べでは、日本人の約半数が無宗教と答えたそうです。

お宮参りも、宗教的行事というよりは七五三と同じように子供の成長を祝い幸福を祈願するイベントとして捉えられているのでしょう。

日本が平和なのも、宗教的制約が少ないのも一つの要因かなと思います。

宗教の希薄化は時代の流れでもあり、仕方がないことですよね。

ユーザーID:9895363109
有名な神社に参る人が多いです
フレンチ
2018年6月10日 17:32

生活圏も広がって人の移動も自由な今、
八百万の神々の国ですから大丈夫でしょう。

ユーザーID:3799434776
あまり拘らなくてもよいと思います
左中将
2018年6月10日 18:16

氏神とは「自分が住んでいる所の神」ではなく、「氏族(一族)が崇める神」
なので、本来ならば一族の氏神(本家の所在地にあるケースが多いはず)まで
出向いてお宮参りをするの正しいのでしょうね。これはお宮参りに限ったことで
はなく、神前結婚や七五三などの場合にも言えます。

とはいっても、この百年で「一族がひと所に住む」なんてことは無くなって
きたし、そもそも『我が一族の氏神って、どこにあるの?』とか『氏神って
なに?』いう人がほとんどでしょうから、あまり拘る必要はないと思いますよ。

ユーザーID:2403322172
知ってはいましたが
puu
2018年6月10日 18:16

 アラフィフです。氏神様にお参りに行くというのは母から聞いて知ってはいました。夫が生まれたときは義母の実家に里帰り中に宮参りをしたというので、氏神ではないのにいいのかしらと思った記憶があります。

 息子のお宮参りは当時住んでいたアパートの近所の有名神社でした。でもその後半年で引っ越して、以来一度もお参りしていません。
こういう場合はどうなるんでしょうか。

 

ユーザーID:9950274465
いずれの氏神様も心ひろーいお方です。
変わってないよ。
2018年6月10日 18:28

どこの神社でお宮参りをしようと
氏神様は見てます。
お隣の県でも遠く離れた神社でしても。

そもそもここは自分の支配下の土地という概念が
神様にはありません。
生まれました。ありがとうございます。
みなで頑張って育てていきます。お守りください。
という気持ちが大切なんです。

地球上に人間として生まれただけ。
神様に縄張り意識はありません。

ユーザーID:6921261159
知ってますよ。
ポリ子
2018年6月10日 19:16

子供のお宮参りの時に調べましたから。

ただ、私達夫婦は今住んでる所で産まれた訳では無く、
今後も状況に応じて引っ越す気でいるので、
いまいち氏神様がピンと来ません。
私の産まれた家は土着の地主だったので、
小さい内はそういった風習は日常生活の中に有ったんですけどね。
人も彼方此方移動する時代ですから、氏神様がピンとこなくても仕方ないかなと思います。

ユーザーID:3808641516
知りませんでした
びっくりポチ
2018年6月10日 19:49

全国超有名どころの神社仏閣の看板にも各種祈願が挙げられてますが
それだとやはり、よそ者がセレモニーしに来た。
って事なんですかね?
実家近くの氏神様でも意味の無いヨソモノなんですか?
じゃ、ムダって事??

ユーザーID:5759997351
別に行きたい所でいいのでは携帯からの書き込み
2018年6月10日 21:05

まぁ〜正確に言えばそうなんでしょうけど

平成が終わろとしているこの時代に古くさいこと 言わなくてもいいのかな?とも思います

ユーザーID:4943725179
適当です
父親
2018年6月10日 21:29

色々変わりますよ。

そんなもん気にしたら生きていけません。

ちなみに我が家は山口県住まいでしたが

厳島神社でお宮参りでした、お食い初めもかねて。

だったら、結婚式や指輪なんてここ数十年のことでしょう?

そこは否定しないのならおかしいですよ?

ユーザーID:0174186427
トピ主さんにビックリ
おっ
2018年6月10日 21:41

今は無宗教が普通だし、氏神様なんて言葉も殆ど聞きません。
私はお宮参りは義親が勝手に準備したのでついて行っただけです。
七五三はやっていません。
行事は全て無視します。
夫婦でやりたい事だけやります。
子供には「誰かが勝手に作った風習や決まりに無条件で従うのは愚かな事」と教えています。
自治会にも入っていません(笑)

ユーザーID:0084583085
もちろん知っていますよ携帯からの書き込み
千鳥
2018年6月10日 21:51

地元の氏神様に初めてお参りするということです。

しかし里帰り出産した場合など、赤ちゃんが今後両親と住む場所ではない所でお宮参りをすることはよくありますから。
それもいけないのですか?

私は昔都心にある神社で挙式をしました。
その神社ではもちろんお宮参りのお祓いを受け付けています。
しかしそこでお宮参りをする人のほとんどは「地元民」ではないはずです。
親がそこで挙式をしたので、お宮参りもお願いしたいという人が来ているのではないの?

お宮参りの本来の意味を知らないからとバカにするトピ主さんの方が感じ悪いですね。

私は「神様に初めてご挨拶をする」という主旨ならば、氏神様ではなくても構わないと思いますね。

本来の意味ってそんなに重要なことですか?
時代の変化というより、すべて杓子定規に考えるトピ主さんに違和感です。

ちなみにうちの孫は自宅近くの神社ではなく、隣町の神社でお宮参りをしました。

ユーザーID:2134469275
 
現在位置は
です