現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

バツイチ 50代 派遣女性のプチ老後

summy
2018年6月10日 15:38

初めまして
今の状況、不安事項等がそのままタイトルになってしまいました笑

同じような状況や経験者からの前向きなアドバイスをいただけたら嬉しいです。


(現在までの状況は下記のとおりです)
16年前にモラハラ夫に耐え切れず、離婚し2人の子供を育て、去年長女は就職し一人暮らしを始め、次女も学生ですが通学に遠いので
一人暮らしをしております。

現在の賃貸マンションは3人で暮らすには適しておりますが、私一人では広すぎるし、家賃もそれなりなので来年の更新はせずに年内に引っ越す予定です。
派遣のため交通費は出ない事もあり、交通費と家賃の固定費がかなりの割合を占めているので、引っ越しは絶対に必要だと思っております。

モラハラ元夫ではありましたが、責任感は強く仕事も出来るひとなので一人暮らしをしている次女に対しては仕送りという形で養育費(生活費)は送っているようです。(学費も出してもらってます)

私に対しては子供が18歳になるまでは養育費と言う事で振り込まれてましたが、それ以降はなく、実際問題として生活費、食費等同居していればそれなりに掛かるので私の派遣のお給料からは賄えず、貯金を切り崩しての生活でした。

前置きが長くなってしまいましたが、今は自分の生活のみ考えればよいので引っ越しを機会に老後に真剣に向き合わなければと思っております。

(質問事項)
・今は正社員の産休要員として貿易事務をしておりますが、彼女が戻ってくる可能性がわからないのですが非常に不安です。
同じような状況だった人の話を聞きたいです。その後の転職活動とか
・都内ではありませんが、首都圏に住んでいます。
生活費はどのくらい掛かりますか?内訳を知りたいです。

前置きが長くて質問が大雑把ですみません。

ユーザーID:3322444067  


お気に入り登録数:92
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

タイトル 投稿者 更新時間
手遅れ感が
OPP
2018年6月14日 9:57

貯金を切り崩さなければ生活出来ていない時点で、もう破綻していると思いますが、随分とのんびりしているんですね。
老後に向き合うというより、いずれは途切れる養育費を前提に生活してきたツケの清算に迫られているという話に思えますが。

>現在の賃貸マンションは3人で暮らすには適しておりますが
経済的には全く適していない、身の丈に合わない物件だったんですよ。
これはもう手遅れですが。

>彼女が戻ってくる可能性がわからないのですが非常に不安です。
産休復職率は90%超ですから、ほぼ確実に一旦は戻って来ます。
早急に次の就職先を見つける必要があると思います。
50代前半と後半では再就職の事情も大きく違うでしょう。

>生活費はどのくらい掛かりますか?
住居費によってピンキリでしょう。
日常生活で貯金を切り崩しているような状態なのに、引っ越し費用や敷金礼金を払うんですよね?
転居先は精査を重ねた方が良いでしょうね。

老後に向き合うのが遅すぎです。
成人以降のこれまでの人生と同じくらいの長さの人生が、より経済力を失った状態でこの先に待っているんですが、危機感が薄い印象です。

ユーザーID:1779334894
英語力
あらかん
2018年6月15日 17:13

英語力を半年ぐらい頑張って磨いてみてはいかがでしょうか?
見るのもイヤというのでしたら仕方ないのですが、貿易事務と英語力で外資系の仕事を探す可能性が広がります。
まずはNHKのラジオ、テレビの英語関係の番組をすべて視聴する、ぐらいに頑張れば、2,3か月でそれなりになるはずです。外資系企業に転職する場合にはTOEICは不要なことが多いのですが、念のため受けておきましょう。
派遣会社に頼んでもいいですが、英語力が必要なポジションに特化した転職サイトがありますので、そちらで探すといろいろあります。
私はHNの通りで、5年前に元同僚を前勤務先に紹介して彼女は今もそこで派遣勤務しています。週4日、勤務時間上限ありの条件です。当時、彼女は60歳でした。

ユーザーID:2195105325
ともかく収入を増やす
コーヒーミルク
2018年6月16日 15:33

なんだかノンビリしていますね。

すでに50歳代でしたら老後の生活をしっかりと計画しておく必要があります。
トピ主さんの場合は派遣社員であり身分が安定していないので、まずは正社員になることを目指しましょう。
今の職場で正社員として雇用されないか聞いてください。
見込みが無い場合は転職活動、今は人手不足です。
職種を問わなければきっと就職できます、子供達も成人したので場所も不問、ともかく正社員になることを頑張って。

それから一度、年金事務所に行って自分がどれくらい年金を受け取れるか確認すること。
その金額から生活費を算出するのです。

私でしたら広すぎる住居はさっさと解約して安いアパートに移ります。
ともかく、年取ったら頼りになるのはお金です、1日でも長く働いて一円でも多く貯金してください。

ユーザーID:9539566857
トピ主です
summy(トピ主)
2018年6月16日 23:30

あらかんさん

前向きなレスをありがとうございます。

やはり英語ですかね〜

英語はメーカーにいたときに英文メールやたまに掛かってくる国際電話で、必要性を感じてその時は勉強するのですが、今の仕事ではあまり必要性がない為勉強してませんが、今度こそ頑張ってみようと思ってます。

言い訳しながら、他の方が言ってるよに自分を甘やかしてしまったつけが来たんだってことはわかってます。
でも人生は前にしか道はないので、進むしかなくどう進むかを考えて生きていくしかないのだと思っております。

外資系は定年がなく、採用時にも年齢制限はないと、外資系に特化した(というより大手の派遣会社とは競合出来ない為にそうせざるを得ないとの説明でしたが)派遣会社からそう聞きました。

あらかんさん
アドバイスをしていただきありがとうございます。

まだまだ回答を受け付けますのでよろしくお願いします。

批判や駄目だしは要らないです。

ユーザーID:3322444067
そうですね
ラベンダー
2018年6月17日 20:53

のんびりしているとおっしゃる方の気持ちもわかりますが、のんびりしたトピ主さんだからこそ、私達の厳しくも暖かいアドバイスが必要なんですよ。

トピ主さんには私も最初に、正社員になるように申し上げます。
派遣などは時間給は一見よさそうですが、まさにトピ主さんが書いている通り、仕事が来ない不安というのが常について回ります。
トピ主さんはまして50代では、老後の心配もしなければいけないのに不安定な職に就いているのは、精神衛生上もよくないです。
正社員ならボーナスもある、社会保険もある、簡単にはくびにならないなどのメリットがあります。
当面の給料が多少下がっても正社員のポストを探しましょう。

それで生活費ですが、家賃を除いて15万位は必要でしょうか。
食費が4万、水道高熱費が2,5万、通信費0,5万、雑費1万、被服費1万、美容院と医療費で1万。
冠婚葬祭費と、たまには家具や家電を買う必要があるので予備費として1万。お小遣いが1万。
と机上の計算では12万になりますが、実際に暮らすとなるとなかなかこの通りにはいかず、ちょっとずつ多めになります。
だから15万。
それでも相当キツイですよ。
頑張ってください。

ユーザーID:5202785586
えーー?
晴れのち雨
2018年6月18日 8:40

50代なのに、すでに貯金を切り崩しての生活だと老後破産しませんか?
切り崩すのではなく、今は貯めて増やす時期です。
切り崩すのは仕事を辞めたあとにしないと、老後は生活できなくなりますよ。
私は50代独身、パートで低収入ですが今はせっせと蓄えています。
これを切り崩すのは65歳以降になるでしょう。
今から貯金を使うなんて、怖くてできません。

ユーザーID:5637932857
 
現在位置は
です