現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

世帯収入いくらあれば… 携帯からの書き込み

ころ。
2018年6月13日 0:57

40代、持ち家なし賃貸、子なし夫婦です。
転職を考えてます。
将来家を買う予定もなければ、ローンや借金もありません。
お金のかかる趣味もないです。

貯金はそこそこの外車が買えるくらいあります。
住んでる場所にもよると思いますが、節約を心掛け、特別贅沢をしなければ、世帯収入いくら位あれば生活出来ますか。
ちなみに、毎月最低でも3万は貯金したいです。

ここまで頑張れば、我慢すれば、このくらいの収入でやっていける、など、参考までにお聞きしたいです。

ユーザーID:1966423453  


お気に入り登録数:17
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本


タイトル 投稿者 更新時間
普通に暮らすのであれば
KM
2018年6月13日 14:09

ご夫婦で普通に暮らすのであれば年収600くらいでそこそこ暮らせます。

ユーザーID:1341779099
月3万円の貯金なんて、計算が甘いんじゃ無いの?
チイコ
2018年6月13日 15:49

外車と一口に言っても、国産車よりも安いものも結構ありますので、中間とって1千万くらいかと想像してみました。

我が家も現在40代、持ち家無し賃貸、子なし夫婦です。
ローンや借金が無いところもトピ主さんと同じく。

貯金は定年時に1人につき3千万円(2人で6千万円)というのは大げさにしても2千万円(2人で4千万円)くらいは欲しいところですね。

40代の転職では定年時の勤続年数不足で退職金は期待できませんので定年時の貯蓄目標額の不足の約2500万円(4千万円ー今の貯金の1千万円くらい?ー退職金の5百万円くらい?)を日々の収入から貯めるとなると、現在40歳での最長の20年としても毎月10万円以上の貯金をしなくてはいけない計算になります。
(10万円×12ヶ月×20年=2400万円)

人によって我慢できるものできないものもありますので、トピ主さんの現在の収支で我慢できるものできないものを洗い出し、貯金を月10万円できる手取り年収を考えてみてはどうでしょうか?

ちなみに、我が家は世帯年収900万円必要という結果になりました。

ユーザーID:4598871775
年金生活者です
田園都市
2018年6月13日 15:53

大企業を定年退職して年金生活になりました。
住宅ローンや借金はありません。
確定申告の年収は410万円でした。月額34万円。
定年退職の前年に大手HMの省エネ住宅を建てました(改築です)
この家は光熱費が安いので生活は楽です。
先週に届いた6月の電気代請求は4,300円。これが光熱費。ガス代の請求はありません。
このために、年金生活なのに貯蓄が増えています。

夫婦で酒とギャンブルや無駄をしないので貯蓄ができました。
貯蓄を最優先して現金を積み上げました。
外車は二台あります。妻の車と僕の愛車。
この年になって、贅沢ができてます。

トピ主さんは、賃貸住宅の出費が続きますね。
我が家に賃貸費用の出費があったら苦しい。
一戸建ての住宅は維持費が少なくないですが、賃貸費用よりは安価。
固定資産税は約20万円。県民・市民税が9万4千円。などなど・・
今後は、家余りの時代になるので、同等の住まいで月額が安く、光熱費も安い家を探しましょう。

ユーザーID:0311437413
どんな生活をしたいか
四角
2018年6月14日 9:22

節約を心がけ贅沢をしないのであれば
家賃をのぞいて20万円もあれば十分ではないでしょうか。
出来る限り質素を目指してもいいのなら家賃以外で15万円以下でもできるかもしれません。

家もどのレベルで住むのかにもよりますが
公営住宅じゃなくても3万円でも住めますがある程度の綺麗さとか便利さを選ぶと
5,6万円くらいは必要。

というわけで最低ラインが25万円くらいかと。
もちろん、もっと下のレベルもあるのですが
私はそこまで我慢の必要がないのならこの辺りの支出はしたいなと思います。
3万円の貯金を考えて手取28万円。
そんなに無茶しなくても2人ならできますね。

ユーザーID:7146078401
あるお金で生活していく
エス
2018年6月18日 11:33

40代なら、年金定期便も来ているはずなので、どのくらいもらえるかわかりますよね。
これまでの収入と、転職後の年収によって年金は変わります。

月3万の貯金は少ないと思います。
年36万で、40歳から65歳まで貯めても900万にしかなりません。
今ある貯金とあわせても、まだまだ老後資金には足りないのでは?

子どもがいないのなら、共働きですよね。
それで月3万しか貯金できないということはないと思いますが。
まさか、妻は専業主婦なんてことないですよね。
できれば、妻の収入を全て貯金に回すくらいの気持ちがないと、足りなさそうですよ。
子どもがいないということは、子どもに頼れないということですから、
老後はお金で解決することも増えてきます。

サラリーマンの場合、天引きされていた保険や税金を自分で払うようになると
驚くほどの金額になります。
それも含めて、月30万は必要じゃないかと思ってます。

あと家を買う予定はないということですが、実家に帰るとかそういうことですか?
年を取ってから借りられる賃貸があるかどうか、微妙ですよね。

ユーザーID:6889451838
月手取り22万以上(家賃・小遣いなしで)かな携帯からの書き込み
2018年6月18日 18:39

フルタイム共働き夫婦の日常と前提してですよね。

食費(食材、ランチ代、外食、おやつ買い食い) 7万
日用品、衛生用品 1万
医療費(眼鏡代、風邪、歯医者、予防注射など、入院含まず) 2万
被服(靴、コート類含む) 2万
通信費(スマホ、光と固定電話、有料放送、NHK受信料) 3万
家電(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、エアコン等)2万
冠婚葬祭、お中元お歳暮、お年玉(式出席の交通費や衣装代含む)2万
貯金3万円

小計22万円

ほかに

住居費
自家用車維持費
行楽費
趣味教養娯楽費(=小遣い)

小計20万の内訳は、年間で最大値の月をとって、なので、12倍して年間の必要経費244万、という訳ではないですね。確実にそれを下回ります。
また、食費でも外食やランチ代、おやつ、スマホや有料放送料、冠婚葬祭、お年玉は削ろうと思えば削れるし、服や靴は単価下げられるので、必要最低限で考えるなら、17万円程度かもね。

ただまあ、スウェットにツッカケサンダルで通勤とか、共働きなのにお年玉やお中元あげないとか、結婚式やお葬式でお香典あげないとか、さすがにできないんで、まあ、かかりますよね……
老後は年金暮らしで金がないこと言い訳に、サボれること増えると思いますが……
通信費も、情報収集でそこそこかかります。職業に依るかもですが。

さらに、住居費(火災保険や更新料、駐車場、レンタルスペース代含む)、通勤費、自家用車維持費(買い替え、税金、保険料、ガソリン代)、行楽費、趣味教養娯楽費で年間執行額が変わりますね。
年間50万〜300万ぐらいの振れ幅で、いわゆる庶民生活でも、年間支出額が変わるのでは?

通勤先の様子で自家用車通勤必須の場合もあるので、現役世代は事情様々でしょうね。

ユーザーID:0379902310
光熱水料忘れてた携帯からの書き込み
2018年6月18日 20:46

光熱水料2万足します。
でも、特に水道料とガス料は地域差あるでしょうね。
うちはいずれも割高な地域です。

ユーザーID:0379902310
 


現在位置は
です