現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

寝たきりの祖父と介護する母に何をしてあげられるのか。 携帯からの書き込み

こっちん
2018年6月13日 15:15

祖父は今年の1月突然体調を崩し、あっという間に寝たきりになりました。現在、母が祖父の介護をほぼ一人で担っています。祖父は現在入院中で、幸い認知症はありませんが、身の回りのことを全くできなくなり、死にたいと言うようになったそうです。母は日に日に老いる祖父の介護で精神的にも参っています。
不思議なタイミングですが、祖父が突如弱ったと同時に私は昇進し、現在は祖父や母の家から遠く離れた場所で一人暮らしをしていますが、管理職でもあるため、祖父に会いに行く時間がありません。
小さい頃、私や弟を自転車に乗せ公園や川辺などに連れて行ってくれた祖父、学生の時には母も一緒に毎週のようにご飯を食べ、大好きなスタバでお茶した祖父、私の仕事の活躍を友人に誇らしげに語っていた祖父、もう30を過ぎた私に何かとお小遣いをくれた祖父…。
母から毎日祖父の話を聞きますが、かつての祖父の面影はなく、とても信じられず、電話を切った後、泣いてしまいます。

生きる気力を失った祖父と、祖父に向き合う母に、遠く離れた私が出来ることは何でしょうか。

ユーザーID:0334897433  


お気に入り登録数:21
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
休日くらいは手伝うとか。ご飯食べさせるとか携帯からの書き込み
なな
2018年6月13日 16:04

うちの祖母も現在、リハビリ中。しかし、もうおしめなので帰ってきたらご飯を食べさせるおしめ変えるのは大変。あまり歩けないので寝たきりなのは寝たきり。

私も30ですが、親が行けないときに病院に行って様子を見たり、休みの日に極力、母の代わりに孫である私が顔を出すだけでも助かってるらしい。だから、退院したら介護の手伝いを仕事終わりの後と休日くらいは手伝いたいと思ってます。とりあえず、家事の手助けでも。

ユーザーID:4689028635
お手紙はどうですか
もちむぎ
2018年6月13日 16:58

お手紙と写真を送ってあげたらどうでしょう。

孫の近況報告は嬉しいと思いますよ。
いくつになっても孫は孫、会えないならせめて写真だけでも送りましょう。

ユーザーID:2307182088
付添婦
通りがかり
2018年6月13日 18:27

お母さんが入院中のおじいさんの介護をしているというのは、
その病院が完全看護ではないのですね。

お母さんの仕事を少しでも軽くするために
付添婦さんを雇ってあげたらいかがでしょう?

ユーザーID:4811539386
ばりばり・・
ワミン
2018年6月13日 19:03

祖父さんはお幾つくらいですか?

若いあなたがそうして、昇進して、ばりばり社会に出て活躍している、それが一番の孝行です。

そして、あなたは気持ちの優しい方ですね。そうして、祖父さんのことを、自分たちにこうしてくれた、ああしてくれたっと思い出している、その気持ちで充分だとも思います。

年の順なら、世の常でいいのでは・・

ユーザーID:0397210779
動画を送るか、カードやお手紙を送る
レディババ
2018年6月13日 20:54

あなたが物理的にお祖父さんやお母さんに会いに行くことができないのなら、
スマホをお母さんが持っていらっしゃるなら、
テレビ電話でお祖父さんやお母さんと話すとか、
あなた自身を写した動画でメッセージを送るのも良いと思います

もしそれが出来ないのなら、カードやお手紙に、
昇進などの近況報告などを書いて送るのは如何でしょう。

孫が元気に働き昇進迄している事を聞かれれば、
きっとお祖父さん、お母さんも喜ばれると思いますよ。

ユーザーID:7137719097
遠くからごちゃごちゃ言ったって
ペンギン村
2018年6月13日 23:23

どんなに遠い地域でも一日かければ国内ならつけるはず。

金曜に一日有休をとり、病院へ駆けつけることもできる。

土曜日に母をゆっくり休ませてあなたが代わりに付き添いを。

おじいさまを励まし、手を取り顔をみせておあげなさいな。

たった一日でも息子の顔をみれば母は安心するでしょうし、慰めにもなるでしょう。

30代の課長クラスの管理職が一日の有休もとれないなんて、ヘンですよ。

祖父が危篤状態で、と上司に理由を伝えればいいのでは?

ユーザーID:0732772488
それでは携帯からの書き込み
まま
2018年6月14日 1:43

現金です。その他はなにも
いりません
それが出来ないなら口出しは
結構です。

ユーザーID:7995980142
お母さま宛てに…
横浜っ子じゃん♪
2018年6月14日 2:40

トピ主さんの近況を知らせる簡単なメールと画像を頻繁に送って差し上げる。
(頑張って等とは書かずに日々の報告として)
お母様宛てにはお金で支援。「これでお祖父さんと美味しい物でも食べて少しでも気分転換して欲しい」旨を伝えて。
お祖父さまとお母様の状況が少しでも回復されますことをお祈りします。

ユーザーID:2375978580
とにかく一度は会いに行くことをおすすめします
るる
2018年6月14日 6:25

休日が一日もない訳じゃないですよね。
30分でも良いから会いに行ってあげて欲しいです。
認知症はその時の環境で多少変化する可能性がありますし
お母さんも顔を見たいと思っているはずです。
人の命はいつまでかわかりません。私の母など、突然体調を崩しあっという間に寝たきりになり、2か月後に亡くなりました。
忙しいでしょうが、もし万が一の事があっても後悔だけないようになさってくださいね。

ユーザーID:3955457464
お母さんのタイプによるけど
そだね
2018年6月14日 15:54

正直遠く離れている人出来る事はあまりありません。
お祖父さんは入院されているので、トピ主さんが何かお祖父さんに対して物理的に出来る事も少なく、お母さんのストレスはもっぱらお祖父さんの発言を受け止めるのが苦しいという所だと思います。

現在も毎日電話しているとのことなので、引き続き毎日電話でお母さんの話を聞いてあげる事。出来る限り帰省して会いに行ってあげる事位でしょうか。

そしてお母さんがお祖父さんに対してマイナスな発言をしたときに、それをとがめてはいけません。
腹が立つという話なら、本当だね、聞いてる方が大変だね。
変わってしまって悲しいのであれば、病気のせいだね、悲しいね。
思い出話をするなら、トピ主さんの思い出を話す。


お母さんのタイプによりますが、お祖父さんが可哀想で義務感から毎日通って何時間もお祖父さんの嘆きに付き合っているような方なら体が持ちません。
そこまで根を詰めなくても大丈夫。常に看護師さんの目があるからお母さんがそこまでしなくても大丈夫。真面目にお祖父さんの話を聞かなくていい。明日はお見舞いをお休みしたら?と逃げ道を作ってあげた方がいいかもしれませんね。もうちょっと楽していいんだよって。


あと毎日通ってると話すネタに困るので、手紙やカードを送ったり、トピ主さんの日常を教えてあげると「こっちんが出張で北海道に行ったら東京より暑かったんだって」「こっちんから手紙がきたよ」みたいな話ができるので嬉しいと思いますよ。

ユーザーID:5732395787
時間がないなら
ヒヨコ
2018年6月14日 21:36

お祖父さんと、ネットでお互いの顔を見ながら話したらどうでしょうか?
そして、お母様の愚痴などをなんでも批判批評せずに聞いてああげる。
後は、お金で援助してあげることです。
綺麗事の言葉はいりません。

口だけ出して、お金も出さなければ、
介護の協力もしない人が多くてうんざりします。
だったら、口も出すなと思います。
逆をすれば、喜ばれるのです。

ユーザーID:7901255281
ヒヨコさんに1票。そして、無理なことはしない。
介護婆
2018年6月16日 17:34

ヒヨコさんに1票です。

>お祖父さんと、ネットでお互いの顔を見ながら話したらどうでしょうか?
そして、お母様の愚痴などをなんでも批判批評せずに聞いてあげる。
後は、お金で援助してあげることです。
綺麗事の言葉はいりません。

以上のレスに賛成。

お金に関しては、基本、祖父とお母様が考えることです。孫が懐を開けて出すものではありません。

しかし、色々な理由で、どうしてもお金の援助が必要なら「できる範囲で」。

そして、トピ主は、仕事を無理に休んだり、疲れてるのに無理して家に帰る必要はありません。

ただ、「この時だけはお母さんの心が折れる」というようなときがあれば,行ってあげてください。

親を看取るのは
弱っていく親を見るのは
変化していく親を看るのは

耐え難いほどつらいです。
老いたお母様一人で、これをするのは、辛くて大変だと思います。

だから、顔が見えるネットや、無料家族電話などで、毎日でもお母様の話をただただ聞いて、共感してあげて下さい。ヒヨコ様の言うように。

それで、とても救われ、心が平静になれます。

お母様の心の支えが必要なのです。

ユーザーID:7306774854
皆さんありがとうございました。携帯からの書き込み
こっちん(トピ主)
2018年6月16日 21:43

本日、日帰りで祖父のお見舞いに行きました。

覚悟はしていたものの、何本もの管に繋がれた祖父を見、とてもショックを受け、涙が止まりませんでした。

祖父に、私や弟にしてほしいことはないか尋ねると、仕事を頑張り、辛いことがあっても踏ん張ってほしい。そして、自分の代わりに祖父の出身地に旅行に行ってほしい。と言われました。

祖父に、なかなかお見舞いにこれないこと、今の私たちが祖父に何もしてあげられないことを謝りました。

祖父は、
仕事が1番だから仕方ない。でも今日会いに来てくれて本当に良かった。
あんたが孫で良かった。

そして最後に
せっかくの休みを台無しにして悪かった。
と私に謝りました。

祖父は話すのもやっとでした。
祖父の手を握ると、祖父は力強く私の手を握り返してくれました。
私は2時間近くただ祖父の手を握り、足をさすり、病室で過ごしました。

医師からは、もう手の施しようが無いと言われており、今日の祖父の様子から、私も祖父の死期が近いと悟りました。

来月も祖父の顔を見に行くことが、孫の私にできることです。
そして母の話を聞くことが、娘の私にできることです。

祖父は、メソメソしている私に、笑顔でいなさいと言ってくれました。

祖父との最後の時間を大切に過ごしたいと思います。

皆さん、本当にありがとうございました。

ユーザーID:0334897433
 
現在位置は
です