現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ローン完済の持ち家があるから大丈夫と言うけれど

house
2018年6月13日 20:24
古いレス順
レス数:191本

タイトル 投稿者 更新時間
大仕事が終わった意味では。
晴れ間
2018年6月14日 6:37

家のローンを払い終わるのは大仕事なら、子供を一人前に育て上げるのは親として大事業なのです。この二つだけでも子供を持つ親なら大責任だから、ひとまずほっとしているからその言葉が出るのです。言葉で簡単には言うけど、並大抵の苦労では無かったのです。

何も心配はない‥のとは違う気がしますが。
50代後半ならまず健康が気になる年齢、ローンも終わり子育ても終わり後は、楽しく生きようと思っていても今度は思うように体が動けばいいのですが。摂生しなくては健康は得られないから、脳天気に何も心配ないとも言ってられない年齢なのですけどね。
当然親介護も来るでしょうから。
人生次々と難問題は押し寄せてくるようになっているから、ポジティブでなければ辛い日々にもなります。

主さんは持ち家に拘りがあるように思えるけど、人それぞれなのです。貴女の様に賃貸で済ます人もいれば持ち家に(持てば修理手入れなどに金がかかるけど)拘る人も多いです。それだからって家以外の悩みは平等にありませんか。親介護自分の老後生活も、それぞれ人生設計を立てればいいと思います。

地方田舎で一人暮らし60代後半母ですが(子供達世帯は都会住み夫は10年前鬼籍)、ローン無しまだ新築部類に入る家に住んでいるけど、老後生活で家賃がいらないのは助かります。一人なので毎月の生活費もほとんどかからないし、女一人手作り料理するので節約も十分できます。子供世帯に迷惑かからない様に健康には十分気を付けて今の所完全健康体で毎日運動で汗流しています。
この年齢になれば健康は何よりの財産になります(通院で保険証を使う事は無いです)

高齢者向け施設も毎月15万円位(知人などの話からなので詳しくは無いです)は最低かかるらしいです。老後年金生活になれば相当な毎月の負担にもなるでしょうね。それが二人になれば怖い位の貯金も必要になります。

ユーザーID:8599780542
人生の選択
たか
2018年6月14日 7:33

トピ主の貯金は今いくらありますか?

老後の心配は賃貸でも持ち家でも同じですので、今回は関係ありません。

ローン完済の意味は、「5000万円相当の不動産を持っている」から安心という意味です。(金額は一例です)

マンション購入がトピ主にとって借金ということはトピ主は今現在それだけの金融資産を保有していないということでしょう。

であれば、5000万円の不動産を持っている人と5000万円の金融資産を持っていない人のどちらが安心か?ということです。
立地などにもよりますが、不動産は売ったり貸したり出来ますから。

それと、住宅ローンの利息は嫌なのに、いくら払っても所有権の得られない賃料を払うのは無駄じゃ無いんでしょうか?

トピ主の考えはいろいろと矛盾していると思います。

ユーザーID:8698137509
個々の
花杖
2018年6月14日 7:43

考え方でしょう。

 トピ主さまには、お子さんがいらっしゃるのか
わかりませんが。

 戸建てに住み、ローン完済。子どもも巣立っている。
堅実なライフスタイルを送っている同僚さんだと
思いますよ? 50代後半とのことですので。老後資金
含め、老後の計画を立てていらっしゃるでしょう。

 あなたが賃貸生活を選択し、資金を貯め。老後に
施設に入居と考え始めたようにね。 おっしゃるように
個々の老後のことは。どうなるかはわかりません。
よそ様のライフスタイルや考え方に、あなたの価値観で
否定的な書き込みをなさるのはいかがなものかと感じ
ました。

ユーザーID:3224859977
そういう意味ではないと思う
しま
2018年6月14日 7:46

>住む家はあっても、もし超高齢になって、
>自分では身の回りのことすらするのが大変、とか、
>老々介護で共倒れ、とか、
>高齢&病気で自立して生活できなくなったら、とか
>どう考えているのでしょう?

その人の言う「もう何も心配ない」は、
あなたが挙げているようなことは含まないと思います。
単純に“金銭面に関しては”なんとかやっていける見通しがついた、
という意味でしょう?
発言の流れで分かりそうなものなのに・・・。

今や60で定年・・・というわけでもないですし、
仮に定年になっても、再雇用とか、
正社員としてではなく、バイトなどでペースを落として働くとか、
状況はいろいろでしょう。

とはいえ、その方も、50代後半なら、
「バリバリ働いてしっかり稼ぐ現役時代はもうすぐ終わり」
という気持ちは、どこかにあるでしょうし、
それまでにローン完済し、教育費も払い終わっているとなれば、
「あとは、年金と貯金で足りない分を補てんする程度働いておけばいい」
「家賃も教育費ももういらないし、今から働く分は、
老後の資金や日々のお小遣いに全部回すことができる」
と気楽に構えられますよね?
そこの気楽さを言っているのです。
勿論、介護費用や施設入居費用など、これからだってお金はどんどん出ていきます。

でも、「60過ぎたのに、まだローンが残っている」とか
「60過ぎたのに、まだ子供を学校に出さなきゃいけない」とかいう状況なら、
「何としても稼がなきゃ!」ですから、気楽でなんかいられません。
そういう状況の人たちは、
「ローン(家賃)も、教育費もあるというのに、
老後の資金(介護費用、施設入居費、生活費もお小遣い)も・・・」となると、
やりくりが厳しく、不安も大きい。
そのような懸念は無くなったという意味でしょう?

ユーザーID:1183528816
ローン早く完済すれば、安心でしょう
リリー
2018年6月14日 7:59

私たち夫婦の場合ですが、

・30歳で都心近くの地価の下がりにくい場所に一軒家購入
・夫婦共働きで、ローンは半分ずつ組んだ
・金利がかなり下がった8年後に、低金利の固定のローンに借り換え(金利がかなり安い!)
・現時点(40歳)でローン残額半分程度、50歳で完済予定

ローン完済の後は、ローンの分は貯金に回す。2人で18万/月なので、10年で単純計算ですが2160万円。

固定資産税とかメンテナンス費用がかかるとは言っても、年間の賃貸費用やローンの金額よりはずっと安い。
もちろん今も別途貯金等、しています。

メインの路線から徒歩圏内なので、土地の売却は出来ると思われるし、土地の売却でも数千万円にはなる。
高齢者向けの介護付きマンションに移るかどうかの検討が出来る。


もしずっと賃貸だったら、いつまでも払い続け、貯金も同時にするわけだから、大変そう。
年金だけになっても、ほとんどが家賃で消えちゃう。

高齢になると、いつ病気になるか分からないし、能力も体力も落ちそうなので、元気なうちにローン完済して、貯金に回して備える方が安心だと思いますよ。

ユーザーID:7802678631
共感携帯からの書き込み
花子77
2018年6月14日 8:15

わかる(笑)持ち家だから安心って頑丈な物件ならまだしも消耗品だし20年もたてば価値はなくなるしいざ買っちゃったら簡単に引っ越せないし安心??と思っちゃいますよね。賃貸と持ち家どっちが得かなんて言われてるけど資産になるのはよっぽど価値ある土地だけ。持ち家手放して老後市営住宅なんて人もいますよね?価値観の違い。人生なにがあるかわからないので物で安心は測れない気がする。
やれやれローンが終わって金銭的に楽になった、ってことが言いたいのでしょうね。完済おめでとうございますでよろしいかと(笑)

ユーザーID:3292541952
どこが不思議?携帯からの書き込み
あかね
2018年6月14日 8:16

老老介護の前に売却して施設に入る、もしくは二世帯住宅に建て替える
駅前マンションなど便利なところに引越すのもありですね
もちろん、立地などに左右されますが持家は資産です
大きな出費としての教育費もかからないから安心
これのどこが不思議なのかわかりませんね〜
一般的なモデルケースだと思います

ユーザーID:6565699172
トピ文にあるような50代後半ですが
子育て終わった
2018年6月14日 8:33

トピ文にあるような高齢になってからの心配ごとは
持家、賃貸に関わらず、歳をとれば同じように生じる問題だと思います。

賃貸でも持家でも夫婦どちらかが配偶者に先立たれて1人になります。
賃貸でも持家でも歳をとれば一人で生活するのは難しくなります。

問題は賃貸か持家ではなく
お金ですよね?

老後資金を蓄えるために賃貸が持家より有利だと言いたいのでしょうけど、
簡単に比較できるものではない気がします。
値下がりしない持家なら売却すれば高齢者住宅に移る資金になりますし。
老後資金が十分確保できるなら持家の方が生活の質は上だと感じてます。
水回りの設備も分譲のほうが良いですよ。

人生は短い。
元気な若いうちに楽しく過ごすことも大切なのではないでしょうか。

全てを老後のためにと我慢するのは滑稽です。
美味しいものを食べられなくなって、旅行に行きたくても動けなくなった時に
お金が余るほどあっても何の役にも立ちません。

ユーザーID:4464010856
言外の意を読むべし
万事カネの世の中じゃ
2018年6月14日 8:35

>なぜローンなしの持ち家があったらもう安心と思えるのか理解できないのです。

それが、その人にとって、最後に残っていた大きな課題だったのですよ。

>住む家はあっても、もし超高齢になって、自分では身の回りのことすらするのが大変、とか、老々介護で共倒れ、とか、高齢&病気で自立して生活できなくなったら、とかどう考えているのでしょう?

私も50代半ばで家のローンが終わったときに、その人たちと同じ気持ちになりました。私の場合は、その時点で「子供たちは独立して、余裕のある堅実な生活」をしており、親は双方とも既に他界、老後の費用は十分な目途がつき、まさに「もう安心」だったのです。それは、今も変わることなく続いています。

>夫婦で支えあっていても、どちらかが先に亡くなるのは当然なので、残された方は独居になる可能性がありますよね。

遺産をエサにしておけば、子供達の誰かがそれなりの面倒を見てくれると踏んでいます(笑)!

状況は人それぞれなので、トピ主が心配してあげる必要はありません!!

ユーザーID:1711676988
そこまでいうなら
minon
2018年6月14日 8:38

賃貸が借りられなくなったら住む場所すら困るのですよ。
家がある=換金可能な資産があるってことです。賃貸はなにもないのです(貯金はあるだろうけど)。年を取ると賃貸は借りにくくなることはご存知ですか?ニュースなどで取り上げられていて、年寄りへの貸し渋りをやめるようにいわれていますが、大家としてはいつぽっくり行くかわからない年寄りをわざわざ住まわせるのはいやでしょう。60代で賃貸マンションが取り壊しになって立ち退き勧告されたけど、次の住居がみつからないなんて話は結構あります。

頭金を多く払えばローンの利息も少なくて済みます。賃貸には毎月何万か払いますが、持ち家でローンが終われば年間数万ですよ。家の修繕費が!とおっしゃる人もいますがそんなにかかりません。やらなきゃやらないで15年か20年で100万程度で済みますから。
将来70歳になったら家と土地を売って高齢者向けサービスのある住宅に住むか、要介護で特養老人ホームに入るのか、選べばいいのです。貯金と同じ。換金可能な家じゃないとダメですけどね。

ユーザーID:2541948247
追加です
子育て終わった
2018年6月14日 8:40

70歳くらいで高齢者向け住宅になど住みたくなるような健康状態は嫌です。
私の周辺は70歳はまだまだ若くて活動的です。
日帰り旅行はもちろん習い事も盛んです。
お元気な方は80代半ばでも地方から一人で新幹線に乗り1泊で東京まで観劇に出かけてます。
もちろんそのような方は日頃から節制しているようですが。
自分の将来の理想はこのような歳の取り方です。

高齢者向けケア付き住宅に70歳くらいから入るのを目標に40代から生活するなんて
いやだいやだ。

ユーザーID:4464010856
トピ主さんはお子さんはいらっしゃらないのかな携帯からの書き込み
はーこ
2018年6月14日 8:41

それは住宅ローンを払いながら、子供を育て上げるのが、それだけ大変だったということなんですよ。その二重の重荷から開放されて、気持ちが軽くなったということです。
40歳のトピ主さんには親の介護は現実的ではないかもしれないけど、50代後半では直面している人も多いと思います。介護認定の手続きをして、施設に入ったり、デイサービスのお世話になったり、そんなに子供の負担となることなく、介護をしていれば、自分の老後も多少は準備できます。
私も50代後半で、母が要介護2ですが、入院している間に、子供が来て自宅の断捨離をして、自宅介護ができるように準備しましたよ。
まあ50代後半は人生の踊り場で、どんな老後を過ごそうかなとイメージする時期ですね。情報は少しずつ集めていますよ。

ユーザーID:6890180618
どっちでもいい。
黒旋風
2018年6月14日 8:45

誰だって老後の心配をずっと考えていたくないよね。
トピ主さんには心配はないと言っていたって、実際は心配してると思うよ。
そんな事をトピ主に言っても仕方が無いと思っているだけでさ。

トピ主も70歳ぐらいまでは賃貸で…と言うけれど、何歳まで働くつもりですか?
高齢者になると賃貸も借り辛くなったりもしますしね。
サービス付住宅だって、その年齢で環境が変わる事で良くない方向へ行く場合も
ありますし。一概には言えません。

持ち家と賃貸どちらがよい?の話は尽きる事が無いので話題としませんが
単に心配が無いとか、色々心配…等の話題については
トピ主がするように「そーですよねー」で済ませるし、自分の思考でも
そんな事を一々「ほんとかな?」とは考えません。
自分の事を考えればいいだけです。

ですからトピ主さんは自分の思うように生きればいいし
その会社の人は持ち家で幸せに暮らせばいい。

単にそれだけの話だと思いませんか?

ユーザーID:3554147242
計画性のある人生か否か
世間様
2018年6月14日 8:51

 少なくともローンなしの持ち家は、基本的には財産です。100%の安心とは言えませんが、貯金もろくにできない人に比べればマシです。

ユーザーID:1264511177
少なくとも
はぐはぐ
2018年6月14日 8:56

無料で、住む所に困らないって
大事だと思いますよ。

安い家賃の所は
高齢者に貸してくれないし。

高齢者用マンション?
一杯で入れない可能性もあるし、
すごくお金かかりますよね?

結局ウン千万を
先に使うか後に使うかの差しかないです。

むしろ、主さんの方が呑気な気もする。

相手の方は、
家賃もかからず、子供にもお金がかからないので、
今から、貯め放題ですもの。
50代後半なら、10年ぐらいは貯金に励めそう。



病気で自立できなくなっても、
お金があれば、福祉サーボスが自宅で受けられますよね。
また、
場所が良ければ、家を売ってお金にして、
施設に入る選択肢もある。

選択肢は多い方がいいですもの。
でも、主さんの状況ではほとんど選択肢ないですよね。
入れる施設を探すので手一杯じゃないですか?

ま、主さんが現時点で相当なお金があるのなら、
主さんの考えでもいいですけどね。

都内で賃貸・・・ああ、もったいない。
いくら払っても、追い出されたら最後。
払うお金を失ったら最後。
行くとこなくなるよ。


都内だったら、余計に
ローン無しの持ち家は強いよ。

ユーザーID:3979893407
換金性がある財産は必要
また雨
2018年6月14日 9:03

高齢化や人口減少で、将来家が余るから賃貸でも大丈夫という人がいます。
しかし、高齢化や人口減少が進めば大家さんも減りますから、賃貸物件も取り壊しや売却で今と同じ数の確保ができるとは限りません。

さらに、高齢者に家を貸して病気になったり認知症になったりのトラブルを考えると、一定年齢以上の人に家を貸す大家さんは少ないと思います。
バリアフリーとはいえ、自分に合った位置や高さに勝手にテ手すりを付けることも出来ないでしょう。

また、大きな金利変化や会社の破綻などで年金収入の変動、預金の価値の変化があった場合に資産を大幅に減らすリスクなあります。

お金の価値は変化するので、よその国の人に売却できる「動産」を持つのです。
「不動産は」は土地や建物。「動産」は金が代表的です。

もし、預貯金の価値が大幅に下落しても、ローンの支払いが終わった自宅があれば、家賃の出費がないので、年金などの収入が激減しても食べていくことができるでしょう。
しかし、家賃も払うとなると変動する可能性の預貯金頼みでは不安です。

自分のテリトリーを確保するのは大切だと思います。

ユーザーID:0709497575
トピ主さんは理解できなくて良い
節目の達成感
2018年6月14日 9:10

多くの人は、理解できると思います。

人生の大きな出費である、「家」と「子の教育」が済んでしまったのですよ。
それはそれは、サッパリしますよ。
トピ主さんはお子さんがいないようですね、文の中には出ていませんので。

トピ主さんの考え方を延長すれば、
家が火事になったらどうしよう…、
子どもが離婚して戻ってきたらどうしよう…、
夫に隠し子がいたらどうしよう…、
心配したらキリがありません。

多くは杞憂です。

ローンが終わった、子どもが自立した、
その時点の幸せを自覚しなければ、何のための人生かと思いますけど。

他人の心配をしなくても、みんな考えていますから。
たわいないただの会話です。

ユーザーID:7451202348
それぞれ
四角
2018年6月14日 9:11

同世代です。
私は自分が高齢者となったときに老人ホームなどの介護施設は期待していません。
人口が減る中で、あとは死ぬだけ(表現悪くてごめんなさい)の介護に人員を割く余裕があるのだろうかと思うのです。
だから、自分が80,90歳になるころには動けなくなれば安楽死か
ベルトコンベアーに乗せられるかのようなロボットと機械に囲まれた介護かしかイメージができません。
そのため、動ける間は自分で頑張り、動けなくなれば安楽死の流れがいいと思っています。
可能かどうかはわかりませんが。

だから、貴方の70歳になったら〜は都合のいい未来だと思っています。
そもそもそんな施設に予定通り入れるとは思えないという感覚です。
とはいえローンの終わった家もローンが終わっているということは築20年は超えている物件。
これから手入れのためにどれくらいお金が必要か分からない。

というわけで私は老後の前に家を建てたいと思っています。
不動産が欲しいというより、何年残るかわからない老後に家賃を払わないと家がない状態が不安で
マンションも管理費等で2,3万円払い続けるのは嫌。
年金が少ないので老後は固定支出をできる限り減らしたい。
65歳くらいで小さい家を建てられたら死ぬまで住めるだろうし
新しい設備なうえ、老後を前提とした間取りの家だから便利だろうし
が私の理想です。
そのため頑張って準備中です。

ユーザーID:8178835214
住宅費は必要か必要でないかの違い
maimai
2018年6月14日 9:13

トピ主さんが心配されていることはもっともなことです。でも、心配したらきりがないことばかりです。しかも自分の寿命はわからないから、明日死ぬかもしれないし、100歳以上まで生きるかもしれません。万全の計画を立てることは無理です。

でも、同じ心配をするとしてもその中に「住宅費(家賃、ローンの返済)」があるかないかは全く違います。同じ額の年金を受給していても、そこから家賃やローン返済があるかないかの差は大きいです。

年をとって賃貸は貸してもらえないケースが多いです。だから、適当な年齢に家にマンションなどを買う人は多いです。
その方は「とりあえず住宅費や教育費に関しては・・・」を抜かしたのだと思います。
トピ主さんは独身ですか?だとしたら、既婚者とは老後の計画が全く違うと思います。

ユーザーID:9820119189
人生いろいろ
うさ
2018年6月14日 9:28

年老いた時の暮らし方は人それぞれです。それについての考え方もね。持ち家があっても不安な人もいるだろうしそうじゃない人もいる。一生賃貸で安心な人、そうでない人。サ高住で安心な人、そうでない人・・・と色々です。言い始めたらきりがない。ただ、持ち家があると少なくとも年老いて住む場所は確保されます、とりあえずは。ま、老後生きて行く為のお金がほどほどにあれば今の時代何とかなるんじゃないですか?

ユーザーID:2666360080
 
現在位置は
です