現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

父と祖母の幸せを考えたはずが… 携帯からの書き込み

なついろ
2018年6月14日 0:44

長文になりますがお付き合い頂けたら嬉しいです。

2年前、母が亡くなりました。まだ50代でした。 10年来病気を患っており、自宅をリフォームし父と母方の祖母(母以外身寄りがない)が身を寄せ一緒に暮らしながら、協力して母の看病をしていました。私は当時、結婚・出産して近くに住んでおり、仕事が休みの日に様子を見に行っていました。

母が亡くなってから、自宅には父と母方の祖母が残されました。高齢となった祖母は、身の回りのことは自分でできますが、家事ほとんどしなくなりました。父は仕事と家事を両立していましたが、相当苦労していました。

父からの提案もあり、子どもの入園に合わせて、私達家族が実家に引っ越す形で同居することとなりました(許してくれた夫には本当に感謝です)。田舎なので家の敷地が広く、生活スペースは確保できました。父は解放された様子で「家事は任せたで!」と嬉々としていいました。パートの仕事を続けながら、家事と子育てを両立する日々です。

そしてしばらく同居をしてみると、はっきりと見えてくるものがありました。父と祖母の仲が悪いのです。

祖母が耳が遠いことをいいことに、父は私にコソコソと文句を言ったり、機嫌が悪いとあからさまに態度を変えるので、祖母が落ち込んで誰とも口をきかなくなる事があり、常にお互いのフォローや配慮が必要でした。祖母も父のいないところで私に文句を吐き出していました。

父は「今はもう他人だから。」と言って祖母に出来るだけ関わらないようにしています。私と二人きりのときに祖母に対する怒りの気持ちを吐露することがあり、「今まであの親子に散々苦労させられたんだ」等々言っていました。祖母や母への悪口を、父から聞くのは辛かったですが、父の気持ちも理解はできました。


続きます。

ユーザーID:7642816515  


お気に入り登録数:171
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
抜本的な対策を
男です
2018年6月14日 11:12

夫に(仕方なく)許可していても、今のあなたの夫は祖母、両親の関係からは父親の立ち位置と全く同じです。
お母さんの看病にあたり、おばあさんと一緒に住むことをあなたのお父さんは「ゆるしてくれ」ていたはずです。仕方なく。

お父さんがお母さんに直接文句「あの親子には(子はつまり妻、あなたの母)・・・」を言っていなければ、同じ状況であれば夫はあなたには文句を言わずに不満をためている状態です。

あなたとは血がつながった両親や祖母がそんな状況であったのを感じられなかった鈍感なあなたが、いわば他人である夫の心の機微がわかるか心配です。

ユーザーID:8560494471
トピ主です。携帯からの書き込み
なついろ(トピ主)
2018年6月15日 0:13

続きです。

一方で祖母の人生も苦労の連続でした。そして夫に早くに先立たれ、ついに子ども達まで先に逝ってしまいました。親戚や近所づきあいも多少はありましたが、私の母を溺愛しておりいつも一緒でした。祖母は何かとあれば父を頼ることが多かったです。 父は祖母のことも、いろいろと心労があったと思います。

そんなある日祖母が、「施設に行く」と言い出しました。骨粗しょう症のため骨折したりして、要支援の認定を受けたことがきっかけでした。お風呂が大変だったため、デイサービスを勧めたところ、「行きたくない」と。「ひ孫が小学校に上がるまでには施設に入らなければいけないと思っていた。どうせなら早く入って生活に慣れたい。」「あの人(父)は私が目ざわりやろ。もうここには居たくない。あんた(孫)がいたから、いままでここに居れた。でもひ孫達が大きくなったら部屋も足りなくなるだろ?」と。祖母は近年、不動産収入を得ることができる様になり、施設の費用は自分でまかなうことができます。

私は祖母の言葉が切なくてたまりませんでした。でもこれから来るであろうダブルケアに私一で耐えられるかどうか不安もあり、もし私が倒れたら介護や子育てはどうなるのか、家族共倒れになるのではないかと思います。父も「施設に行ったほうが同年代の話し相手ができて幸せじゃないのか。面倒をみるのは絶対イヤ。」と言っていました。


それに何より私は、もうこれ以上父と祖母がいがみ合って生活していてもお互い幸せになれないと思うのです。
父に家で嫌味を言われながら暮らすよりかは、施設で穏やかに暮らせるならそれでいいと思うのです。そして頻繁に会いに行ったり、時々連れ出してあげたらいいと思っています。父もイライラを態度に出し、家庭を不穏な空気で包むくらいなら、その方がみんな心穏やかに暮らせると思いました。

続きます。

ユーザーID:7642816515
トピ主です携帯からの書き込み
なついろ(トピ主)
2018年6月15日 0:20

続きです。

幸い、近場で信頼できる施設が見つかり、祖母の意向を聞いて、施設入所が決定しました。手続きなどはすべて私が行いました。

しかし、いざ施設の入所日が近づくと祖母は急に「こんなに早く追い出されるなんて思わなかった」と言い出しました。父も「自分は一言も施設に入れなんて言ってないのに、お前達が勝手に手続きしてしまった。周りから追い出したと言われたら困る。」と言い出し、困ってしまいました。

祖母は本当は施設に行くのを父に引き止めて欲しかったのかもしれないな、と思ったらなんだか自分が冷たいことをしたような気持ちでいっぱいで。父も世間体を気にしている様子で、もう少し祖母が介護が必要な状態になるまで待って、タイミングを計りたかったのかもしれません。

私がもっと二人の仲を橋渡しできたらよかったけれど、子どもや家事を優先していると、余りに余裕がなくなり、できませんでした…。

祖母は結局、「施設に行くことを心に決めた」と言い出し、もうすぐ入所予定です。

すみません、ほんとうに長くなってしまいました。乱筆乱文お許しください。ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。

ユーザーID:7642816515
悲しいですね
2018年6月15日 17:41

お婆様の気持ちも、お父様の気持ちもわかります。
そして主さんも気持ちも。

3人できちんと話し合った上で、決められれば良かったですが、誰も悪者になりたくないし、責任も取りたくない。
結局、こうするしか解決法はなかった。仕方のない事だと思います。

世間体は気にしなくて良いと思います。
今は時代が違って、昔ほど、施設に抵抗が無くなってきました。

むしろ「子供に迷惑をかけたくない」という高齢者が増えたと思います。
施設費が賄えるならば、施設入所の選択は間違っていないと思いますよ。

今後は、お婆様のもとへマメに通って、お孫さんとの交流を沢山させて差し上げて下さい。
決して「捨てられた」と感じない様に。

そして、定期的に外へ連れ出して、外食したり観劇へ行ったりと、楽しませてあげてください。
お婆様が居なくなれば、バランスが変わって、今度は父親とご主人の仲が微妙になるはずですので、上手くご主人の気持ちに寄り添ってあげてください。

ユーザーID:7467149080
それで良かったんですよ
うんうん
2018年6月15日 19:02

お祖母さんとお父さんの言葉は、いざ本当に決まったから出てきた言葉です。
お祖母さんだって早く施設に行った方がいいと思いつつ、本当は行きたくないと思ってる。
お父さんも早く施設に入ってもらわないと自分が壊れそうと思いつつ、でもそんな事していいのかなという躊躇いがある。
そしてトピ主さんもお二人が心穏やかに過ごせたらいいと思いつつ、本当にこれで良かったのかなと思ってしまう。

どれも相反しているけど本当の気持ちです。等しくある気持ちです。

だからどっちかに決まったから、反対側の気持ちが顔を出すんです。
じゃあ在宅でと決まったら逆の気持ちが出てきたでしょう。

ただ一つ言えるのは、お二人の様子とトピ主さんの状況から見てこれ以上在宅でいても遠からず破綻しただろうと言う事。
トピ主さんが悪者になった形でないとお二人には決められなかったでしょう。

また今ならお祖母さんも行く気になっています。これはすごく大切なタイミングです。これから先心が弱って やっぱり行きたくない、なついろちゃんが見て と言いだす可能性だってあります。
今は判断力がしっかりしてるから自分で決められたんでしょう。お祖母さんはとてもしっかりした方ですね。
また近くでいい施設がスムーズに見つかって良かったです。これもタイミングです。

一方毎日接していたお父さんの気持ちも良く分かります。
多分距離が出来たらささくれ立った気持ちも収まり、義理の仲とはいえまたお見舞いに行ったりされるんじゃないでしょうか。

介護って距離がある方が家族は本当に優しく接する事ができますから。

トピ主さんは間違ってませんよ!
ひ孫よりも孫の方が会いたいはず。ちょくちょく会いに行って、お盆やお正月は外泊させてあげるとかしてあげるといいと思います。
お疲れ様でした。

ユーザーID:1858941343
一番大切なものは
サザオ
2018年6月16日 0:38

なついろさん

どうかご自分を責めないでください。

部外者ですが、私はなついろさんがお父様とおばあ様、そしてご自分の状況から、良い決断をなさったと思います。
お二人のために心をくだかれて奔走されたのに、二つ目のレスの状況になられたことは残念ですね。
でも、お二人ともいろいろな思いが複雑に入り混じっていらっしゃるのではないでしょうか。
一度決めたことでも、後から何度も考えていると迷いが生じることもあります。
これからも(入所後)同じような言動が繰り返されるかもしれません。
お年を召してくると、愚痴っぽくなったり、言動がコロコロ変わったりしがちではないですか?
なついろさんに感情の浮き沈みをぶつけられるかもしれませんが、そのたびになついろさんご自身が後悔や罪悪感をかかえてしまわないようになさってくださいね。

なついろさんご自身と今のご家族のことをまず優先して、お父様とおばあ様はその次…くらいの気持ちでもいいと思いますよ。
妻の実家で義理親と同居する、ご主人様の立場や心情も大切になさってください。

ユーザーID:9341046978
トピ主さんも
みん
2018年6月16日 14:55

それで良かったと思いますよ。

今だったら、施設の職員さんにも「何々さん」として、人格を持った一人の人間としてみてもらえますし、「何々さんはこういうことが好きなんだな」と分かってもらえます。元気なときの様子を知っているので、もっと年取って病気が進んでも「何々さん」として扱ってもらえます。

もっと年を取ってから入所すると、「認知症で骨の弱いおばあさん」としてしか見てもらえません。

見捨てられたと感じないように、ひ孫ちゃんと一緒に施設を訪問したり、一緒に遊びに行ったりすればいいのです。

ただ、トピ主さんは、おばあちゃんの看護がなくなったら、今度は旦那さんを大切にする番ですよ。旦那さんは、トピ主さんがお父さんの食事の世話する為に同居に同意したわけではないので。

では今からは私達もここを出て自分の家を築きます、という勇気を持ってください。

ユーザーID:7186037858
お父さんは多分携帯からの書き込み
みい
2018年6月16日 18:22

おばあさんと二人で暮らすことが苦痛で、トピ主さん一家を呼び寄せたのだと思います。

たしかに特に仲が悪くなくても他人同士ですからね。
仲が悪ければたえられないでしょう。

夫が亡くなり、妻に同居の義親がいるのと同じこと。
男女が逆になっただけです。
もしかしたらお父さんは、「姻族関係終了届」を出しているかもしれません。

今後歳の順からいけば、おばあさんの介護があると思います。
でもお父さんがそれを手助けするとは思えないので、結局はトピ主さんにすべて負担がかかるでしょう。

トピ主さん、出来ますか?
同居しているトピ主さんの夫
も知らん顔はできません。

おばあさんにはかわいそうだと思いますが、どこか施設のような所で暮らしてもらう方がいいかもしれません。
その費用くらいは、妻の母親ということでお父さんが一部負担してあげてほしいですね。

妻に先立たれたお父さんは気の毒ですが、子どもの方が先に逝ってしまったおばあさんの方が断然つらいだろうと思います。

ユーザーID:3320913584
トピ主です。ありがとうございます。携帯からの書き込み
なついろ(トピ主)
2018年6月16日 22:38

コメントくださった皆様、本当にありがとうございます。

こんなに暖かい言葉をかけていただけるなんて思ってもいなくて、読んでいて思わず涙が出てしまいました。一人一人コメントをお返ししたいところですが、なかなかPCを触る時間を確保できず、まとめての返信となってしいますことをお許しください。

まさに皆様ご指摘通り、夫のことも常に気に病んでおります。今は家の離れを夫専用にして、自由に使えるようにしてあります。夫はもともと出張が多い仕事で家にいる時間も少ないため、同居前からワンオペ育児状態ですが、今はさらに仕事と休養に集中できるように配慮しています。父も夫に対して「大事にしなくては」と、今のところ上手くやってくれています。

夫は、祖母がいても別に気を遣わないし、家事手伝ってもらえる(祖母は洗濯たたみや皿洗いを手伝ってくれるため)からこのままでいいじゃないか、というのですが、私はやっぱりいつか夫へしわ寄せがくるのではないかと心配です。自宅での介護の負担が増えて、家事育児が回らなくなったら、夫に負担が行く事は避けられないと思います。

そして確かに祖母は最近、感情の起伏が大きく、急に機嫌が悪くなる事があります。耳も遠いので子どもと同時に話しかけられたりして、どうしても子ども優先になってしまい、今は話し相手をすることもままならずヤキモキしています…。これからもネガティブな発言を受け止めて行く事を覚悟せねばなりませんね。

やはり、このタイミングを大切にしたいと思います。そして、頻繁に会いに行ったり、母のお墓参りに連れ出したり…これからも祖母を大切にして、思い出をたくさん作りたいと思います。そして、これまで以上に同居してくれた夫に感謝を持って接していきたいと思います。皆さま、本当にありがとうございました!

ユーザーID:7642816515
少し事情は違いますが・・・
日傘
2018年6月17日 0:05

数年前に義母(主人の母)が他界しました。
亡くなる前、脳梗塞で倒れてからの数年間は
意識が無く寝たきりの状態が続きましたが
私には自宅介護という選択肢はありませんでした。
主人も義父(主人の父)も同じでした。

理由は義母の介護で家族全員が共倒れすると思ったからです。

トピ主さんはとても優しい方だと思います。
でも、その優しさの中で家族の誰かがストレスを抱え
やがて悪い方向へ人間関係が発生しまったら
元も子もありません。

少しきつい表現になってしまいますが、
お父様とお祖母様の人間関係に驚くトピ主さんに
私は驚いてしまいました。

事情を考慮し同居して下さったご主人を
一番気遣ってあげて下さい。

ユーザーID:0298225603
出来ることと出来ない事の線を引く
日向
2018年6月17日 15:00

トピ主さんにとっては血の繋がった祖母と父でも、2人は他人ですから。

実母さんが存命だったからこそ繋がっていた絆でしょう。

橋渡しをしようなんて考えない方がいいですよ。

子どもじゃないんです。

子どもより手のかかる気を遣う大人なんです。

その大人の世話や介護は本当に大変ですよ。

同じ家にいれば、面倒を見る者の心身を疲弊させます。

情があっても常に笑顔で対応できなくなります。

自分の心を殺さないと平静でいられなくなる時もあります。

そのしわ寄せはトピ主さんの大事な家族であるご主人とお子さんに行くんです。

祖母さんをお願いできる施設があるのは本当に有り難いことです。

大事な家族との生活を守るために一線を引く時だと思います。

トピ主さんが安定した状態でいることが大事ですよ。

冷たいように思われても、本当の大変さ辛さは他人には分かりませんから。

割り切るべきところは割り切ったほうがいいんです。

ユーザーID:4332393292
慣れたら大丈夫
ほうじ茶
2018年6月17日 16:15

耳が遠いと他の人とのコミュニケーションが難しく寂しいかもしれません。
補聴器を検討されては?
高齢者は嫌がる人が多いのですが、使う人の環境に合うまで調整をしてもら必要があります。
補聴器は定期的なメンテナンスが結構大変なのです。

バランスの良い食事が三食、規則ただしい生活リズム、日々の健康観察、色々なイベント企画など介護施設に入所してから健康になる人も多いです。思った以上に長生きして費用が足りなくなる人もいるくらい。
父親の世間体など気にしないで、祖母のストレスを軽くしてあげてください。
妻が亡くなって義母に冷たくしたのは事実ですから。若い父に乗り越えてもらうしかありません。

家族親族全員が満足できる関係は不可能です。

ユーザーID:3906119966
何の問題もありません。自然な帰結です。悩む必要もない。順当。
介護婆
2018年6月18日 7:24

何の問題もありません。自然な帰結です。悩む必要もない。順当。

悩む要素は何もありません。

自然な流れで、自然な結果だと思います。

どの家でも実親子でも、施設に入る時には、皆に様々な感情が生まれます。
悲しさや寂しさや憎しみや後悔や、安心や…立場によっていろいろな感情があるし、入所する本人が辛く寂しいのは皆、一様に同じです。

それでも現実が【入所が必要】になれば、皆入所するのです。

その間にある「気持ち」は、皆色々あり、仕方がないものです。
こればかりは、通り過ぎるしかありません。

トピ主家の場合、
基本的には、とてもうまくいっていると思います。

お父様と祖母様が仲が悪いのは、当たり前のことで、気にしても仕方がありません。親子が同居しても、色々確執や嫌なことが出てくるんですから、他である、父親と祖母が同居すれば、仲が良いというケースの方が珍しいと思います。トピ父と祖母様の場合は、まだ正面切って喧嘩したり揉めたりではなく我慢し合っているので、マシな方です。まだ仲が良い方ですよ。そんなものです。
2人とも、良い人です。

ある意味、カギになる(父と祖母を結びつける)母親が病で看病・介護が必要だったのに、父と祖母で見送れたことは、恵まれ、素晴らしいことですし、

母様亡きあと、父親が祖母の分の家事もしていたなんて、(愚痴があったとしても)思いやりがある素晴らしいお父様です。

祖母様もお父様も、細部では色々不満や愚痴や不出来があったとしても、

良い方たちです。上出来だと思います。
そして入所を考えた祖母も「まとも」ですし、入所は、自然な流れで、当然の行きつく結果です。

トピ家の今は、それでよいのです。上出来だと思います。
普通の家庭なら、もっと大変な大揉めや喧嘩や、分裂等が起こっていますよ。
だから、トピ主は何も心配することも悩むこともありません。
良い家族です。

ユーザーID:7671506652
トピ主には「父親の長い介護がある」ことを忘れずに。
介護婆
2018年6月18日 7:36

お母様が婚家に母様を置いて亡くなるという、面倒な事態が起こったのに、そのご家族は、何とか無事に乗り越えて、立派です。

介護や看病で、愚痴や不満などは、どの家の誰にでもあるのが普通です。
綺麗な気持ちや関係だけの介護や看護などは無い。介護は大変なことだから。

愛情深い実親と独身の娘間の純粋な介護でさえ「さっさと死んでしまえ」と一度も思わないケースの方が珍しい。介護は長く大変。それでも愛情があって介護するんです。

綺麗な気持ちだけの介護など無い。トピ主も、自分が親の介護を全て抱えた時に理解できる。

愚痴や不満や仲が悪いとか諍いとか、そういうものも含んで介護は続く。
そういうことは当たり前なので

今のトピ主家の状態は、上等なんです。

多くのケースで、地を這ったり、水の中をくぐるような様々な葛藤や思いの中で、介護を継続して見送るのですから。

さて、トピ主さんが今家事を担っているのですか?お父様は、祖母様の家事も含め、今までの家事で、うんざりでしょうね。偉かった。お母様の介護や看病もあったから。

でも、今、トピ主だけが家事を担うのは良くない。

お父様と相談して「しばらくは家事してあげるけど、しばらく休んだら、また自分の生活のことは自分でしてね」と言って、体がそれができる間は、自分のことは自分でさせましょう。食事なども。(時には父の分も一緒に作って食べるのもいいが)

それは人間が生きる基本だからです。お父様を娘に甘えさせてはいけません。トピ主が疲れるし、お父様のためにもならない。

できることは自分でする。出来なくなるまで自立する。
これが人間の基本です。同居でも。

私の父は、90近くまで、食事は全て自分で作り、自分の分の洗濯も食器洗いなども、当たり前でしていました。

トピ主は、長い今後の父親の介護があります。祖母様の介護は「最低限で」。父親の介護が大変だから。

ユーザーID:7671506652
 
現在位置は
です