現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

和製カタカナ用語と携帯用語の説明

ポロロン
2018年6月14日 13:12

海外在住30年以上のポロロンです。

最近日本の雑誌を読んでいてわからない単語が増えてきたような気がしています。
例えば:
プチプラ:ずーっと気になっていた用語。ファッションや美容雑誌に多く登場する言葉。美容室で聞いたらプチプライスと言われ、へ〜〜〜そう言われればと納得。自分の想像力のなさすぎを実感。笑
ガラケー:よく聞く言葉だけど全く語源がわからず。あのパカっと開ける携帯のことだなと。調べたら『ガラパゴス携帯電話』で一人爆笑。
リボ払い:何となく前後の文章からヤバい借金なのかと想像する。調べるとrevolvingで、あ〜そりゃあいけないでしょうと妙に納得。

そして最近スマホに乗り換えた80歳の父親に電話口で説明をする時、普段使っている用語の説明の難しさを知りました。なにせコンピューターを使ったことがない父なので簡単な用語も知りませんし、携帯が勝手に暗くなるとか、勝手に音がしなくなるなどと言ってきます。笑
例えば:
スクロール:すだれを下ろす
スワイプ:襖を開ける
クリック:サッと触診(ずっと触ってると別の機能が起動してしまうので)

最近はスタンプや絵文字に挑戦する父ですが、孫に「おじいちゃん、「。」はダサいのでつけなくていいとか、敬語でラインするの怖いからやめてとか、「〜」を使ってとか教えられています。笑。最近は撮影した写真をラインで送信する方法を勉強しています。先日は庭で育てたサクランボの写真を送ってくれました。また車椅子の母とのセルフィーは必ず顔が切れていたり、斜めになっていたり、ボケていたり。笑。そして父からの敬語メッセージの最後は「シーユー」にハートマーク付きです。

皆さんの面白いエピソードもお聞かせください。

ユーザーID:9698100463  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:1本


タイトル 投稿者 更新時間
コンチ
あらかん
2018年6月15日 11:23

初めて聞いたとき、こんち、根治、??? でした。
文章になっているものを読んで、わかりました。
コンティンジェンシー。
わかってもなお、はぁ?です。
せめて、コンチンまで言ってよ、と思いました。

ユーザーID:5521007156
 


現在位置は
です