現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

部活動ガイドライン 海外ではどうなのでしょうか?

HARU
2018年6月16日 9:00

中学生の親です。
部活動ガイドラインについての保護者アンケートをもらいました。

今年、入った中1保護者で、部活動は平日1日休み、土日どちらか休みという
運動部に子どもは所属しています。

吹奏楽部、野球部などは、全国大会を目指すような学校のようです。
今後は、土日もどちらか1日、練習時間も3時間になって行くようです。
このくらいの練習時間で全国大会を目指すとか大丈夫なのかな?と勝手に思いましたが、先生方の負担も大変でしょうし、どこの学校もそうなれば条件は一緒ということになるのですよね。

で、ふと疑問に思ったのですが、海外の学校とかどうなんでしょうか?
(無知な質問ですみません)

中学校で燃え尽きても困るので、時間を減らすようなこともアンケートの説明にありました。。。

ユーザーID:4779969910  


お気に入り登録数:33
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
日本の部活ってかなり特殊
メントスコーラ
2018年6月16日 10:42

日本の学校の部活ってかなり特殊だからねえ。
他の国は、本気でやる子は学校じゃなくて地域のクラブチームなんかで訓練受ける子が多いよ。
それか、国によってはもう小さいときから国立のスポーツ専門小学校中学校みたいな所に選抜されて寮生活してひたすらそればっかりやることになったり。
普通の公立学校で、玄人志望の子とそんなつもりはない子が混ざくり返って毎日毎日毎日毎日放課後ぶっ潰して土日もやり続けるってとこは日本以外は知らん。

いや、私大の交換留学生にちょっと日本語教えてて、
スピーチとか研究レポートとかも少し面倒見るんだけどさ、
「日本の部活ってのは凄く変わってて日本の縦社会だの滅私奉公だのと関連付けやすい」って、
大学の附属中やら附属高校やらの部活の見学に行ってそれでスピーチとかレポートとか一本書きたがる留学生が結構いるんだわ。
そういうの見てたらやっぱ日本の部活って変わってんなあと思うよ。

ユーザーID:4010360932
ゆるゆる
非英語圏
2018年6月16日 11:45

子供がインターに通っています。開催される種目が、学期ごとに変わります。
なので、今期は陸上部が無いとか、次の学期は陸上部があるけど、クロス
カントリー部が無いとか。例えば、サッカー部が次のタームは、ほぼ同じ
メンバーで、クロスカントリーをやってたりします。文化部も似たような
感じですが、通年開催のものも多いです。

どの種目も、朝練1時間が週1か2日、夕方の練習1時間半が週1か2日。
時々、土曜に試合があって、親は見に行ってもいいし、送迎は学校に
お任せでも良い。上達は遅いですが、どのインターも同じようなシステムだから
下手の横好き(と言っては失礼ですが)で、とても楽しそうです。いろんな
種目にチャレンジできるのも、素人目には良い気がします。
ただ、本気の水泳部だけは、入部テストがあって、通年開催で練習は4日です。

あと特筆すべきは、種目によっては外部講師なんです。先生の負担を抑える
ことができます。
日本人の目から見ると、あまりにもゆるゆるですが、子供も親も先生も
先生の家族もハッピーです。日本ももう少し、このような感じになっても
良いと思います。

ユーザーID:4779145530
うちの子たちの場合 (高校ですが)
もまみ
2018年6月16日 15:46

カリフォルニアです。子どもたちが吹奏楽を取っています。でもこちらの高校では(中学もそうですが)バンドやオーケストラは学科の一つとして組み込まれているため、毎日1時間半の授業として練習しています。

それプラス、週一回の楽器別の午後練習1時間、毎週火曜と金曜の夜の2時間半の練習、ほぼ毎週土曜日の2時間に加え、マラソン練習と称して朝2時間半、午後4時間の練習の土曜日が3回くらいあります。

うちの学校の吹奏はカリフォルニアでは指折りです。

ユーザーID:5948151757
学校部活はない
まよいねこ
2018年6月16日 20:24

学校の部活は、ほぼ日本独自のものです。
経済力のある国だと、地域ごとのクラブとかプロスポーツの下位チーム(ユースとか)が、スポーツ活動の受け皿になります。。
某局でアニメ版「おさるのジョージ」をやっていますが、それを見ても子どもたち(この場合USAですね)がどのようにスポーツや文化にに親しんでいるかはうかがえます
コンテンツとして、日本の漫画やアニメがありますが、理解されにくいものの一つが学園物のクラブ活動です。ですから、特にアジアからの観光客が、日本に学校クラブ活動が「本当に」あることを知ると、感動するというような話を聞きます。(私の青春は暗かったみたいな)

ユーザーID:2952117277
学校では部活自体が存在しません。
子育て中
2018年6月16日 20:41

欧州在住ですが、日本のような部活動はありません。
それぞれ個人的に習い事的にするのがメインで、
学校は本当に勉学の場、というスタンスです。
勿論、普通に学校行事(修学旅行等)はありますけど、
日本と比べたら式関係もかなり素っ気なく、
基本的に親同伴同席行事が少ないかな。

親としては楽だけど。笑

ユーザーID:1344289173
日本の部活に相当する物は有りません。
複数国在住経験有
2018年6月17日 17:41

>海外の学校とか
家族で日本以外のアジア、欧州在住、子供は現地・インター校
友人家族はオセアニア、中東、アフリカ在住、子供は現地校・インター校
の経験有ですが…他の方がお書きになったように、私も日本の部活が特殊なんだと思います。
学校で、先生・プロ指導者から授業以外に何かを習うなら、週1しかも1〜2時間程度、週末や長期休み等は殆ど活動が有りません。長期休みは学校が閉っています。

本格的な活動等を希望するなら、学校とは関係の無い所でやります。スポ少のような活動ではなく、習い事のようで保護者は送迎と支払いのみです。
我が子は有る事で特別プログラムに選ばれていますが、それでも毎日活動は有りません。一般に中学生で週5日以上の活動は稀、選手やプロを目指す子でも高校生以上になってからです。

外国人の夫は、日本の学校生活や部活等を知らなかったので、日本で子供達が毎日のように制服や学校のジャージを着て学校に行くのを見て、日本には長期休みが存在しないのかと思ったそうです。複数の日本人から部活の話を聞いても
・誕生時期の違いで、明らかな上下関係が発生
・先生の仕事の多さ(夫母国なら、ソーシャルワーカー〜プロ指導者が行うような広範囲の業務内容)
・学校関係者(保護者、生徒含む)の拘束時間の長さ、負担の多さ
等に母国との大きな違いを感じるそうです。

余談ですが…整列等もゆる〜い国が多いですよ。
授業を受ける態度も、日本人がみたらビックリするかも知れません。真面目に授業を受け真剣に考えている生徒が多いですが、日本人の良しとする授業態度とは合致しません。

>中学校で燃え尽きても困る
何に困るのですか?
今までやって来た事に興味が持てなくなったら、別の事に変える
部活をせずに、のんびり過ごし心身を休める
等は、ダメですか?
日本の先生・子供・保護者は、とにかく忙しそう+負担が多いと感じます。

ユーザーID:1835325025
大横ですが
道端の散歩者
2018年6月18日 14:07

中学高校の部活に何を求めるのか
そこがはっきりすれば対応もはっきりすると思います。
勝利至上主義、つまり勝つことだけが価値のある事という部活であれば
早朝から夕方遅くまで土日も練習漬けはそれなりに目的に沿った行動です。
ただ日本の学校の場合
上達するため、勝つためにはとにかく長時間練習すればいいという
根性論が優先で目的を達するための合理的思考というのがかけていると思います。
それは指導者だけでなく、学校もそして保護者もそういう風な精神的土壌に染まっているように思います。

甲子園に出場したある進学高は、限られた練習時間の中必要な練習は何か考えられており、
また、用具の準備や片付け、グラウンド整備に上級生下級生関係なくやっているそうです。

大学アメフトの強豪校、京都大学はそれらを4年生が行うそうです。
なぜなら、高校時代アメフトの経験なく大学入学から始める部員がほとんどの京大アメフト部で
限られた時間に最も練習が必要なのは下級生という合理主義だからです。

合理性なき長時間練習は、ブラック企業を産む日本独特の労働環境の精神的バックボーンではないのでしょうか。

ユーザーID:1274489264
クラブはあるけど
おばさん
2018年6月18日 14:16

カナダで子供を育ててます
一応クラブはありますけど、日本みたいに毎日というようなものはないですね、朝練週に1,2度、
放課後の練習が週に2度ぐらい



高校の場合
体育の授業として、一つのスポーツだけを選択することもできるので、クラブはその延長のでもあることもあります
授業だけとってクラブに参加しない選択もできます

吹奏楽もありますけど、それもクラスの選択の内で、たまに朝練や放課後練習もやってますけど、毎日なんていうことではないですし、昼休みだけ練習に充てている場合もあるので(スピーチ、ディベート、コーラス)、クラブ御掛け持ちもできますよ

ユーザーID:3790244006
アメリカ公立中、我が地区の場合は
マキニャック
2018年6月19日 6:28

日本以上に教職員との契約がきっちりしているので時間外に働かせるのは基本ないです。普段から給与が低いとか福利厚生がちゃんとしてないことで学校期間内でもストライキを行うくらいなので、日本のような部活動をさせたらとんでもないことになります。

我が子が通う中学では部活動は授業終了後1時間から2時間の練習、週に2,3日と言ったところでしょうか。
スポーツ部は年間通しではなくシーズン毎で終わればチーム解散になり毎年入部を募ります。1シーズンにスポーツ1種類のみ。トライアウト制ですので入部テストにパスした精鋭のみ入部できます。スポーツが得意な子はシーズン毎に入部して年間3つくらいやりますが、好きだけどできない子は全く入れません。中学までのスポーツは学校より地域主体のほうが盛んです。レクリエーションレベルは申し込めば誰でも参加ができるもの、トラベルチームはトライアウト後に入れる強豪チームです。

文化部では音楽系も同じ感じ、その他部活は、顧問になる先生が今年はやらないと言えば存在もしません。

よって我が地区に限ってだと思いますが中学の部活は全く盛んじゃないです。

その代り高校はすごいですよ。スポーツ部も音楽系も大学入学時で奨学金を貰うため、という目的があるので高校を揚げてサポートしてます。ただ奨学金争いが過熱して生徒の健康、教職員の負担が重くなってきたので今年から1日2時間のみの活動、試合やイベント前のみ4時間までの活動になりました。

我が子も去年度までは真夜中まで活動してましたが、今年度は遅くても7時には終わってました。健康を考えたらそのほうが良いです。学業との両立も楽になったようです。

コンクールで勝っても倒れたら何にもならないですよね。

ユーザーID:0742770987
中高の部活に求められていること、それは
Opp
2018年6月19日 20:47

託児機能でしょ。
だから長時間拘束が正義なんです。
託児さえできればいいので指導者はその競技のプロでなくてもいいんです。

ユーザーID:3951897511
一応“部活”と言えるものがあるのはアメリカの一部くらい
red
2018年6月20日 8:16

でも、なんとなくでもご存知のように学校教育や
制度自体が日本とは全く異なります。
従って、部活も日本のそれとは全く別物です。
学校のルールで教育の一貫として部活を定められ
(中学だと必須の所もあります)、基本ド素人の
顧問という名の教師に教えられる。
あるいはスポーツ推薦があるような強豪校で見込
みある生徒は勉強そっちのけで(授業中寝ていて
も黙認)実質一日中練習。当然親も協力。
…というような珍妙なものではありません。

グローバルなスポーツ関係ではこのことは大分前
から問題になっています。
「才能のある選手(人材)が中学校、高校に上が
って一年生になるたびに部活独特の年功序列重視
のしきたりで下積みさせられて試合にも出られな
くなる」「全くレベルの違う人間と同じ練習をさ
せられる」「責任者である教師が素人」等。

だから、本気でプロを目指す子供達は部活には入
りません。
プロリーグに繋がっているクラブに入部します。

Jリーグが出来る前の「普通の子がやるメジャー
スポーツと言えば野球くらい」の時は良かったの
ですけどね。
世界的にはマイナースポーツだし、日本ではプロ
になる前に高校野球と言う、これまた日本独自の
競技が部活とがっつり四つに組んでいたので。

結局日本人は文句を言いながらも基本的に集団や
組織が大好きで、その受け皿が学生だったら学校、
社会人なら会社なんでしょう。
だから学校活動の部活とも相性が良いし、今後も
国が大改革でもしない限りは変わることはないで
しょう。

ユーザーID:7198128150
すごいところもある
なす
2018年6月22日 15:55

アメリカ・・・ うちの子供達の高校は強豪スポーツやマーチングバンド(マーチングはスポーツが盛んな高校ほど立派なものがあります。試合が多く当然出番が多くなりますから)はきついですよ。入部にもテストがありますから全員が入れるわけではないですし(ほとんどのスポーツがそう)そこからレギュラーになるには4,5才あたりからそのスポーツ経験がないと難しいかも。。野球やスイムなどは プロや大学の専門家が見に来てハンティングしていきます。そこをくぐってきた選手がオリンピックやプロになるのです。
某国インター・・・アメリカ系列インターも強豪チームは練習も厳しいし入部にも難しい。ほぼ毎日練習のあるスポーツもある。
試合は 国や州を越えて飛行機で行きます。

共通することは、上のも書かれているように 素人の先生が顧問として教えているわけではないこと。コーチという立派な職業があり そのコーチが管理をし運営はまた別の者を採用するので 学校の先生がやる仕事ではありません。
当然コーチには給与発生します。

ユーザーID:2080183282
ありがとうございました
HARU(トピ主)
2018年6月24日 10:13

いろいろと詳しく教えて頂いて、ありがとうございました。
日本の部活が特殊なんですね。。。
お聞きしてみて、本当に良かったです。
とても参考に、勉強になりました。
託児機能・・・なるほど!確かにそういう風に考えているのかな?というような意見を言っておられた保護者もおられました。
部活なしで帰って来てもスマホ・ゲームをするばかりで困ると。。。

同級生の中でも本気でやりたい子達は、クラブチームに入ってます。
素人の先生に指導してもらったり、1年生のうちは外周を走るだけより
よほどいいですね。

練習時間が長いばかりが上達する訳ではないというのもお聞き出来て良かったです。

ありがとうございました。

ユーザーID:4779969910
 
現在位置は
です