現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

パソコンの変遷

リンランカン
2018年6月16日 21:55

これからはコンピュータの時代だといわれ、マイコン TK85 を触らされました。

文明の利器ワープロは、若いお姐さんから教わりました。
「これ、ワープロで作ったの?」と言われるくらいまで活用しました。

世の中の趨勢に逆らえず Windows95 PC を買い、インターネット麻雀に夢中になりました。(当時のネット料金は従量制!)
PC は不調になることが多く、しょっちゅうリカバリーディスクから初期状態に戻す快感を味わいました。
そのうち Ghost などの復元ソフトが現れ、少しは楽になりました。
この PC はその先取りとして USB 端子がついており、数年後に普及した USB 機器を繋いだら見事に作動したときはアッパレ!と思いました。

WindowsXP になり使い勝手はよくなりましたが、やはり不調になったときは再起動の鬼と化したこともあります。

Windows7 でも無謀な使い方をするせいか、復元ソフトのお世話になりました。

さて Windows7 のサポート期間にせかされて、ようやく Windows10 です。
今まで買っていた解説本は止めました。有料のサポートも止めました。(いずれも利用価値が少なかったから)
真っ先にやったのはクラシックメニューと復元ソフトの導入です。(今は無料のものでも十分使えます)

思うこと
(1)Windows7 PC は SSD でずいぶん早くなりました。
しかし XP の時も思ったのですが、末期になると全体的に重くなります。
これはアプリが複雑になり、マシンの性能が追い付けないとうことでしょうか?

(2)95時代のフリーソフトで使いやすいものは今でも利用しているものがあります。(有料でも早々にサポートが打ち切られているものがあるというのにこの世界は深い・・・笑)

(3)これからはビジネスもスマホで賄える時代になるのでしょうか?

ユーザーID:0490720068  


お気に入り登録数:79
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:21本

タイトル 投稿者 更新時間
プログラムでも書いてるの?
今日はお休みおやじ星
2018年6月16日 23:28

多分私も主様と同じくらいの経歴持ってるけど、
リカバリディスクなんてそうそう使ってませんけど…。

初期はアセンブラが買えずにハンドアセンブルだし、
当然OSも何も無い時代でしたね。
CP/Mの初期が高校〜大学生でしたから。

今の方々は知らないでしょうね。
TK-80=NEC製
H-68=日立製のマイコンなんてね。
その後、PC-8001とかMZ-80とかの国産勢がイッパイでましたね。
アップルのワンボードマイコンとか名機APPLE2なんてのもありましたね。

因みに、末期になるとと言うのは”使っていると”と言う事ならば、
単に”ゴミ”が溜まってHDにガンガンアクセスしてしまうからです。
一部にWindowsのバグだとも言われてます。
あとは、OS自体ドンドン機能が肥大化して処理が複雑になるからです。

フリーソフトに関してですが、最近は何が仕込まれているか分からないから素人は使わないのが定石です。
また古いソフトはサポート切れの他にセキュリティーに問題が有るのでOSが使えないようにしている場合が有ります。
また最近ではOSの進歩についていけないのでサービス打ち切りと言うモノは多いです。

ビジネスもスマホで賄える時代になるか?
確かに賄えますが、一概には言い切れません。
最近は情報量が巨大になるのでスマホの能力自体が不足しています。
ですのでスマホとそうじゃない大規模システムと二極化が進むでしょう。
この辺りは議論しても面白い内容です。
細かく説明すると本が一冊書けてしまうので、ご自身で調べてください。

とは言えコンピュータはまだまだ進みますよ。

因みにTK-80をいじった時はどうでしたか?
面白かったですか?

TK-80をいじって面白かったのなら、
”ラズベリーパイ”をいじってみると面白いですよ。
ふざけた名前ですが、面白い機械です。

検索してみてください。

ユーザーID:8643975940
私も時々ドキドキします
そうなんですよ
2018年6月17日 2:04

PCで絵を描く仕事をしています。
どんどんOS上がっていくのに対応しないと、
絵を描く複数のソフトのバージョンが上げられないので、
いい歳なんですが毎回毎回、
一生懸命新しいのを理解しようと悪戦苦闘しています。

しかし最近PCで無くても絵が描けるようになって来ました。

でもできるだけ大きい画面で目一杯描きたいんですよね。
小さなスマホの画面だとちょっと欲求不満。
その辺今後どのような展開になって行くのか、興味津々です。

ユーザーID:5570262959
あまり虐めない方が…。携帯からの書き込み
大ママ
2018年6月17日 3:18

もう既になってますよ。
例えばスマホでFX管理動向をチェックしているくらいですもん。そんなに難しく考える時代じゃないですよ、そもそもスマホ自体、PCのミニチュアにして、高性能通信機器ですから。それと、PCと違って、ウイルスの危険性は格段に下がることもあって、こちらが主流になりつつあります。
私はWindows7をそのまま使い、Windows10を使ってますが、Windows7で使えていたソフトがWindows10ではもはや使えません。物によってはインストール出来ないばかりでなく、規制のために無くなった物もあります。
従って、7はネットに繋がなく、必要に応じて7は、中のソフトを使う為だけに置いてます。ネットに繋がなければウイルスに感染することもないですしね。端末機も人間と同様、歳を取れば病気のリスクが高まると同じです。外部に晒されていれば、定期的にメンテナンスをしなければならないのも人間と同じです。

あまり強制的に初期化するのも考えものでしょう。私なら中のソフトの存在を考えたら初期化なんか恐ろしくて出来ませんよ。初期化する時は二度と使わないと思ってからです。

ユーザーID:5587184570
一家に一台あなたのような方が必要
みなさんおはようで。
2018年6月17日 7:07

何かトラブルとただただパ二くって息子に直してもらうという不甲斐なさ。

知人が職場の払い下げの「マイコン」で、よく麻雀をやっていました。
我が家に何かつながるもの・・を運んでくれたのはド〇ーム〇ャストでした(笑)電話回線で!
夜、いつも長電話してるよねとよく言われました。
それから間もなくPCもやってきましたが、動画なんてもう見られるような状態ではなくて。バッファ中なんて言葉もう知らない人ばかりなんでしょうね。

車を修理に出したりしている間、足を拘束されたような気になるのですが、PCも使えない日々が続くとなんだか世の中から取り残された気分になります。
手入れはへたくそだけど、ずっと友人でいてねと思っています。

ユーザーID:3258156042
子どものiPhoneに驚愕
マドンナ
2018年6月17日 8:06

印刷関係の仕事上、機械オンチな私が仕方なく向き合ったベージュのマックはLCだったでしょうか。
ぶっとい、昭和のテレビのようなモニター。
でっかいハードディスク。

もうわけわらなくて、初日はエアホッケーゲームとキッドピクスという幼児用お絵描きソフトで遊んで終了。
IllustratorとPhotoshopからは敵前逃亡しました。

そのうち必要不可欠な、頼もしい相棒となっていったのでした。

それから時の経つ事20年。
なんじゃこりゃー!でした。
大学生の子どもが嬉しそうに操作していたiPhone。
かつては何十万としたPhotoshop並の機能が小さな手のひらサイズに…

昔は例えばポスターなら、版下といってポスターサイズ原寸大でデッカイ状態のまま持ち歩いていたのですよ…
今はポチッとして終わり。
最近見ないですね、あの黒いケース。

これからどうなっていくんでしょうね。

余談ですが、家庭ではWindowsを使用していました。
マックとWindows。ふたりの彼氏と付き合ってる気分でした。
平日はあっちの彼、休日はこっちの彼、のように。
どっちも頼りになる彼でした。

今も初代の相棒、ベージュマックは捨てられません。
それに、まだ普通に使えるんですよね。御年24才。

ユーザーID:5414656380
次はMacOSを経験して下さい
愛Mac
2018年6月17日 9:58

同じ時代を生きてきた人のようです。
WindowsOSよりMacOSが好きです。体験して下さい。

WindowsOSは
Windows7Pro
Windows10Proのレッツノートを使ってます。

そしてMaOSは
iMac27 2台
Mac mini 2台
MacBook1台
iPhone 3台
iPadmini3台 iPad Pro 1台
が家の中にあります。

断然MacOSが良いです。
復元ソフトはOS標準装備。Time Machineのバックアップソフトも標準装備。

>3)これからはビジネスもスマホで賄える時代になるのでしょうか?
すでに突入しています。
しかしパソコンの地位は揺らぎません。
新入社員採用のときパソコン+MSオフィスを使えることが採用条件。
ろくに使えない新人が増えたので、今は必須条件にしてます。

ユーザーID:8873470392
工業高校時代から 45年
ひよこぴよ
2018年6月17日 11:49

私(61・男)は工業高校卒業で在学中から電子計算機の授業があり、電子計算機の回路、部品、プログラミングを習いました。

就職してから職員研修所で電子計算機の授業がありました。
これまでに使用したコンピュータ、オペレーティングシステムは、

OKITAC 4300
NEAC 2200
TK80
PC8000シリーズ
PC98シリーズ
マッキントッシュ
Win-3.1
Win-95
Win-98

この当時、48歳で病気退職、その後、自宅でパソコン購入して

Win-98
Win-98SE
Win-Me
Win-XP
Win-10
タブレット 3機種

と変遷してきました。Win-XP を12年間使用し、2010年あたりから動画を含むホームページが、

「このパソコンには 対応していません」

という意味の表示が現れるホームページが増加し、ペンティアム-4 の[CPU]では能力不足と考えられ、2016年に Win-10 パソコンに買替えましたけれど、「オフィス2016」の使い方が Win-XP 時代から大きく変わってしまっており、いまだ使い方がわからないです。

在職中は電気通信技術者・無線従事者として勤務し、コンピュータは通信設備の監視制御装置に組込みされていましたから、パソコンという使い方はほとんどなかったため、退職して自分で始めたころはパソコン書を参考に操作しました。

初めてパソコンを買った1999年から、今日までに買ったパソコン書は 60冊になりました。買って読んでも「さっぱりわからん」状態が何年も続き、プリンタも買って3年後に使い方がわかりました。

パソコンに「性能」というものがあることを知ったのは Win-10 からです。それ以前は、店に売っている物しか買えないですから知らなかったです。

ユーザーID:4325576200
16進キーボード!
蛙鳴蝉噪
2018年6月17日 14:18

TK85じゃないですが、学校の授業でZ80を使ったワンボードマイコン自作しましたよ。

16進キーボード懐かしい・・・。

1)ソフトの複雑化やマシン性能もあるでしょうが、レジストリの肥大化もあるみたいですね。

2)フリーソフトは私も活用しています。

3)つい先日、若い方のPCスキルの低下という記事を読みました。
スマホやタブレット端末で事足りる為にPCスキルが落ちているんだそうです。

PCやスマホ・タブレットの垣根も曖昧になりつつありますし、ビジネスに堪えるアプリが登場すればより手軽なスマホ・タブレットに流れていく事になるでしょうね。

ユーザーID:5237889286
パソコンの変遷というよりは・・・
鴨南蛮大好き
2018年6月17日 23:35

OS(オペレーティングシステム、基本ソフトウェア)の変遷のお話だねー。
で、Windows系OSは実は二種類ある。
一つは、MS-DOSを起源とするもの
もう一つは企業用にMSとIBMが共同開発したOS/2を起源とするもの。
前者はWindows 1.x→Windows 2.x→Windows 3.x→Windows 95→Windows 98→Windows 98SEと製品が開発され、Windows Meで打ち止め。
後者はOS/2 version2 Windows NT 3.x→Windows NT 4.x→Windows 2000→Windows XP→Windows Vista→Windows 7→Windows 8.xと製品が開発され、現在のWindows 10に至る。
Windows 2000ぐらいまではOS/2由来のソースコードが残っていたみたいで、OS/2のエラーメッセージが表示される事があったそうな。
あと、OS/2はWindows 3.xの互換機能を持っていて、MS-DOSやWindows 3.x用のソフトウェアなら実行する事が出来たりして。
なので、OS/2のCMではその点を強調していたなー。

ユーザーID:9493897641
TK85ですか
アセンブラ世代
2018年6月18日 7:56

TK85・・・ひとえに懐かしい。8080等のシステムではプログラムはすぐに暴走し、何度もリセットボタンを押しました。音声認識にもチャレンジしたけれどさっぱりでした。
68000の完成度は高かったけれど主流にはなれませんでした。あの頃はハードの進歩にソフトが追いつけませんでした。
現在ではスマホの登場などハードの進化も柔軟になり、ソフト(アプリケーション)の開発環境も一般化するなどコンピューターの浸透は当時の想像を絶する状態です。
ビジネスもスマホで賄える時代になるか?用途による使い分けが進むでしょうが、大きな図面や大量(長文)の文書の取り扱い(設計・製造)などスマホでは代替できない分野も多数あると思います。

ユーザーID:4861241639
手書きの時代から
不器用者
2018年6月18日 11:29

い970年代に建設会社に現場監理者として就職しました。
当時、社内文書、発注者に提出する文書はすべて手書きでした。
ワープロというものが現れて体裁のいい文書ができるようになりましたが
表やグラフは定規片手で手で書いていました。
その後、BASIC言語で入力するPCが現れましたが、かなりてこずりました。
今思えば随分非効率なことをしていたものです。
その後、WINDOWS95という画期的なシステムは現れ
それから以降はトピ文のほぼその通りです。

PCで効率が上がった分、発注者からの要求水準が上がり
CADやら様々なソフトを使いこなせる必要が出て
それはそれなりに大変でした。

ユーザーID:6361249525
リンゴに移った
純一
2018年6月18日 12:28

(1)アプリが重くなっている事もあるでしょうが、Windows特有の事情もありますね。Windowsのレジストリ(設定情報のデータベース)は年を経ると肥大化して遅くなる原因になると言われています。あとは、ご承知でしょうけど、ディスクのフラグメンテーションですよね。

私もWindows3.1時代からのPCユーザですが、これを嫌って5年ほど前にリンゴのパソコンに引っ越しました。慣れて「しっくり」となじむまで半年ほどかかりましたが、5年使っても遅くならないので、いいですね。

(3) 用途によると思います。ビジネスでも、書類を作ったり、計算したりは当面パソコンが主役だと思います。でも、定型のルーチンは既にタブレットに移行してきていますし、徐々にスマホやタブレットでやる方向だろうと思います。

ユーザーID:8408082025
仕事で
おっさん3号
2018年6月18日 16:39

CUIはそれはそれで使い勝手は良かった。GUIも良いけど余計なことにCPUパワーを使いすぎです。
Windows2000が使い勝手としては一番でした。ユーザインターフェースはあのままでセキュリティ対策だけ強化していれば良かった。
業務用OSとしてはね。それじゃ商売にならんのがろうが・・。

現在、自宅ではWin10、仕事ではWin7を使ってますがわざわざクラシックスタイルにして使ってます。
トピ主と同様95時代からの使いやすいフリーソフトを使ってます。

使ったことは無いけどMSXなんてのもありましたね。

ユーザーID:1094549211
ビジネスも、
温泉卵
2018年6月19日 12:28

スマートフォンで間に合うという時代になるとは思ってはいません。
スマートフォンのCPUはPCに搭載されているそれよりかは、ずっと
性能的にはおとります。キーボードに馴れたもの者にとっては、
テンキーから日本語入力など出来たもんじゃないです。
スマートフォンがPCにとって代わるなどという議論をよく聞くのです
がナンセンスだと思っています。適材適所で判断すればよいのです。
なお、スマートフォンは持ってますが、まず使っていないですね。
単なる電話でしかない・・・。

ユーザーID:6989359995
懐かしい
くま
2018年6月19日 16:37

当時結婚したばかりの奥さんと自転車で深夜の秋葉原にWINDOWS95を買いにいったね。

PCは、かなり前からPC自体を買い替えるというより部品を買い替える仕様に。
時代とともに部品が変わっていって、いつしか全部変わっている(笑)

スマホ、タブレット、PC、MAC
出来ることは似ているけど方向性が違う。
むしろ、これからはデバイスはなんでもいい時代。
自分にとって、自分のやりたいことを考えてデバイスを自由に変えていくということ。
人が道具に合わせるのではなく、人が自分に合わせて道具を変えたり選んだりする時代。

ただ、「やりたいこと」や「やれること」が増えるのは楽しい。
ハードの進化も「やりたいこと」と「やれること」の追求の一つの形では?

ユーザーID:9164230040
昔の事は忘れました
おたくはくたお
2018年6月19日 20:16

もう還暦ですが、私の傍らには256ノードのクラスターマシンがあり、株式の高速売買をやっています。
一般的なものなら、これからは殆どクラウド上のサービスで事足りる時代が目の前ですが、そんなものは小学生でもバンバン使いこなすから給料貰って仕事がしたければ、基幹システムを構築する側にならないと勝ち残りは難しい、そのうえ、市場にジャストミートしたシステムのアイデアがないと作ったものがゴミになる。
TK85、16進キーボードが懐かしいですが、私が始めて触ったシングルボードコンピューターには、8つのトグルスイッチと、書き込み、Runのスイッチがあるだけ、これを011101101なら、トグルスイッチでオンオフ設定し書き込みボタンを押すと1バイト書き込み、延々とやりましたねニーモニックだけで。
アセンブラが使えるようになったとき、天国に辿り着いたような感激、
その後大型も含めて、色々なOSや言語を触ってきましたが、もう、そんな苦労もAI任せで99%が出来るようになってきて、その進化形でAItoAIのシステムを触りだすと、人間の出番は殆ど無くなりユーザーインターフェイスという物自体が大きく変化しつつあります。
社会全体がコンピューターというものの存在をまったく意識しなくなったときに何が必要かを考えるのが私の課題です。

ユーザーID:5625155011
なにやら
リンランカン(トピ主)
2018年6月19日 20:52

私がパソコンハイレベルと思われたレスが多く恐縮です。

森で知らない道があったらつい迷い込みたくなるので、バックアップと復元が必要というわけです。

Windows95 で初めて買った本は、フォルダとはファイルとはに関するものでした。(笑)

私はパソコンを業務に使用しているわけではないので、市販の解説本は帯に短し、たすきに長しで最近は敬遠しています。(それにすぐ陳腐化しますし・・・)

Windows95 でこんなことができたらいいなーと思っていたら、それがランチャーソフトだと知りました。

おそらくプラグラムの練習のためにでも公開されたものでしょうか、今は開発が終わっていますが気に入ったものを今でも使っているといるというわけです。

本家がその気にならない痒いとこに手が届くソフト、シェアも含めて多数使用しています。(怪しいソフトについては一応気を付けていますが)

Windows7 PC にはパソコンを出荷時に戻すソフトが付いていました。

使っていませんが、もし今戻して現在の環境を再現したらサクサク動くのでしょうか?

ユーザーID:0490720068
慣れの問題じゃね?
鴨南蛮大好き
2018年6月20日 2:21

>Windows2000が使い勝手としては一番でした。ユーザインターフェースはあのままでセキュリティ対策だけ強化していれば良かった。
>業務用OSとしてはね。それじゃ商売にならんのがろうが・・。

MS Windowsとの付き合いはAXパソコンの頃まで遡り、現在Windows10のv1803を素で使っているけど、UIの変更で特に苦痛を感じた事はないなー。
まー、仕事がらWindows以外の各種OSを扱ってきたので私の感覚が麻痺しているのかもしれないけど。

ユーザーID:9493897641
パソコンは永久に不滅です たぶん
Will
2018年6月20日 15:56

今年、人生最後?のパソコン買いました。ショップブランドBTOのWin10マシン。お絵かき・画像処理・ビデオ編集に使うつもりでそこそこ高速な構成です。SSDになって起動が速くビックリ。
もし10年使うとすると、次買う時は私が棺桶に入ってるかも。

高校生から大学・社会人なりたてのころが、BASIC・CP/M・MS-DOSとがむしゃらに知識吸収した時代。マイナーなカシオのFP1100を買ったため、ツール類は自前で全て作らねばならず、マシン語に手を出しました。
初めてメジャー機を買ったPC9801VMと24ドット漢字プリンタで100万しました。色んなFEPが登場し漢字の16進入力から解放されました。一太郎3が出て仕事でもかなり使い倒しました。パソコン通信のASCII-NETの前身の、青本・緑本が発売されたのもこの頃。

お絵かきは、BASICのころはグラフ用紙に絵を描いて、座標を読み取り、DATA文としてプログラムに埋め込み、ちょっとずつ主線を描画させて、最後に中を塗りつぶす、というものでした。

(1)前の主力機のWinXPマシンは、最近は起動に5分、アプリの起動に3分はかかるようになってました。いろいろゴミが溜まってるんでしょうね。レジストリとかHDDとか。WindowsやFLASHプレーヤーのアップデートが頻繁だし。

(2)Win95時代から現在も使っているソフトというとシェアウェアのテキストエディタと圧縮解凍ソフトです。ウェブサイト構築用にマクロメディアのDreamweaverとFireworksを使ってましたが、Adobeに吸収されてバージョンアップ料金が個人で使うには高額になってしまい、やめました。

(3)ある程度はスマホが肩代わりすると思いますが、大画面や色味が正確なモニタが必要だったり、文字はキーボードで打ちたいという需要もあるので、パソコンも残ると思う。

ユーザーID:5199899140
今のパソコンはリカバリディスクがついてなくて吃驚
にゃんのすけ
2018年6月20日 21:20

イトコのパソコンにあこがれ、バイトや就職してPC9801から所有です。
(ワープロもスキャナの使えるカラー書院から所有)
立ち上げると画面は真っ黒でコマンド入力とかプログラムはもっぱら雑誌に載っていたものを利用し、ソフトを買うかで自分では勉強しませんでした。

当時はまだフロッピーディスクすら標準でなく、一般的なのは黒いペラペラのディスクでした。
が、同時期にF通にはCD-ROM機もありましたね。

その後スケルトンのマッキントッシュに惚れましたが、結局は購入せずiphoneまでアップルとのおつきあいはなかったです。

パソコンは現在所有のものより2台前くらいからリカバリディスクがついていませんでした。
最初に自分で作成って面倒なのですぐ壊れないだろうとタカをくくっていたら、早々にお世話になることに・・・結局メーカーから別売りのものを購入しました。

インターネットもテレホーダイ時代に手打ちでHP作成や自作掲示板、麻雀にはまったり、時間まで待ちきれなくて電話代(実家内で個人で回線引いてました)が4万になったり若気の至りでした。
ADSLが始まった時は五体投地ものでしたよ。

今はパソコンを使って何かをしようという気力もないので、音声も写真も動画もなんでも手間暇かけて加工しなくて良くなったので敷居が低くなってるし、閲覧や投稿ができるからタブレットでもいいか〜と思うようになってます。

最近は昔のフリーソフトを互換性にかけて使うこともなくなりました。
(一応よくお世話になったプログラムは全部保管してありますが。)

自分でソフトを使う研究をしなくてもアプリを作る会社が頑張ってくれているので努力をしなくなりましたね。
パソコン本体は5年も保てばいいかなと思っています。

ユーザーID:6640596580
 
現在位置は
です