現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

脊髄損傷の父 携帯からの書き込み

えりこゆ
2018年6月18日 11:55

71歳の父が、仕事中に転倒し首にダメージを受け(頚椎3番4番)脊髄損傷により入院致しました。
首から下の四肢麻痺です。言語、記憶、嚥下はダメージを受けてません。

もちろん父の身体、心のダメージは心配ですが、これからの生活費、入院費、医療費がとても心配です。
入院してから色々判明したのですが、まず父が自営している飲食店での労災は未加入でした。
国民保険も未払いがあり、介護保険も払っていませんでした。
お恥ずかしい話、貯金もありません。

当面は母の貯金でやりくり出来る様ですが、ここから先のリハビリ病院、施設などの費用を考えるととても不安です。

1つ1つクリアしていくしかないと思いますが。
家は賃貸で、母は63歳専業主婦で、私は38歳で3月に退職し現在は求職中、妹が34歳働いています。
今は救命でお世話になった病院にて治療を受けさせて頂いています。
ソーシャルワーカーさんへ相談させて頂き、今から1ヶ月の間でリハビリ病院に入れるように手続きをしてして頂いてる所です。

在宅ケアに対しては経済的に考えても私達2人が働きに出て母に任せる事になるので、母が肉体的精神的にも潰れてしまうので、考えてません。

父の体、もちろん良くなって欲しいです。
車椅子でも良い、動ける所へは連れて行ってあげたいです。

何かお知恵があればどんな事でも結構です。
教えて頂けますか?

まだ動揺しています。乱文お許しください。

ユーザーID:1296888306  


お気に入り登録数:63
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
お店をたたんで
モランボン
2018年6月18日 13:40

お店たたんで、いずれは生活保護では。

がんや脊髄損傷など、思わぬ病気で働けなくなって生活保護というのはあります。
少なくとも、治療費が払えないから路頭に迷うということはありません。
ただ、お母様の貯金など使える財産は使い切ってからです。

タイミングなどはソーシャルワーカーさんに相談で良いのではないでしょうか。

ユーザーID:4292484505
公費による補助
モランボン
2018年6月18日 14:34

とりあえず、高額療養費制度で、一定額以上の支払いは免除されますよね。

それから、身体障害者になると、そのことで医療費・療養費助成もあると思います。

これで出費が減るので、まずは自費で支払いますね。
足りなくなったら生活保護制度があります。

入院先のソーシャルワーカーさんに相談しておくと良いと思います。

ユーザーID:4292484505
すぐに介護申請を
コーヒーミルク
2018年6月18日 17:27

大変でしたね。

病院にソーシャルワーカーさんがいると思いますので相談してください。
同時にお近くの地位包括センターで介護申請を。

在宅介護は考えていないとのことですが、入院は最長3カ月です。
その後は施設入所となりますが、都市部では入居待ち期間が長くなりがちです。

介護保険を最大限にに使い、家族が疲弊しないような体制を整えることが重要です。
トピ主さん、お母様共に働いて介護保険でまかなえない部分はヘルパーさんにお願いするように。
決して介護離職はしないで下さい。
長期の介護になりますから、家族だけで何とかしようなどと思わないでくださいね。

ユーザーID:2381477708
生活保護かな。
デンドウまたはジソウ
2018年6月18日 17:36

貯金もないと生活保護になるでしょう、身体障害者手帳1級になりますが
年金が貰えるのは65歳までだったようです。
70歳からは普通は介護保険をかけて地域にある支援事業所などで相談し
身体介護サービスもあるようです。
お役所や病院の生活リハビリとかで相談に乗ってもらえます。
たぶん贅沢は出来ないが人間として暮らせるはずです。
気をつけたいのが車椅子選びです。
初め失敗するととうぶん変れないので、いろいろなレンタルから選んで
乗って研究することが大事です。
どこがレンタルをしてるか?福祉用品、レンタルで検索してみてください。

ユーザーID:8531521910
レスします携帯からの書き込み
こっしー
2018年6月18日 22:38

国民健康保険、介護保険払ってないとなると本当に大変だと思いますが、そのソーシャルワーカーさんや、病院のケアマネさん、役場の福祉担当の方に何でも相談してください。介護にお金もかかりますが、介護用品もいまは100円ショップにたくさん売ってます。これくらいしか知識がなくてすみません、、、

ユーザーID:1665125685
所沢の国リハへ携帯からの書き込み
八宝菜
2018年6月20日 0:54

頸髄損傷のリハビリ、自立支援に強い国立障害者リハビリテーションセンターの自立支援局にアプローチしてみて!何の社会資源が用意されていて、どういうタイミングで何を用意していけば良いのか、ケースワーカーが伴走してくれ、不安がぐっと減ると思う。

ユーザーID:4584981115
私ならば…
50代
2018年6月20日 12:22

まず店をたたみ、売却できるものは売却して、現金を作ります。
生活保護は財産(持ち家)や世帯収入として同居人に収入があると
受けられないと思います。
長期戦が予想できますので、介護離職を避けることがポイントです。
お母さんもパートに出て、3人で交代で介護できるような
独りに負担が掛からないような協力体制を作るしかないと思います。

ユーザーID:7887578964
トピ主です携帯からの書き込み
えりこゆ(トピ主)
2018年6月20日 18:17

皆様、お知恵をありがとうございます。
乱文でしたので、お返事を頂けると思っていなかったので本当に嬉しかったです。

怪我から1週間経ちましたが、今は肺や横隔膜のダメージの為ICUにて治療して頂いています。
人工呼吸器も付けている為話せませんが、必死に生きたいという父の思いが伝わってきます。
1週間、とても長く感じます。

怪我をした当初はどうして労災や国民保険滞納、家族に隠し事ばかり!と複雑な気持ちで一杯でしたが、それだけ経営が苦しかった事改めて分かりました。
そんな時でもたった1人で弱音を吐かず頑張って来た父。気付いてながらも何も行動を起こさなかった私は本当に冷たかったと思います。

やはり私にはたった一人の父、育ててもらった恩、これからも生きていて欲しいとの気持ちで一杯です。
これから先困難な事も沢山あると思います。
家族みんなで協力し、分からない事や困った事などは相談させてもらいながらやっていきたいと思います。
恥ずかしながら今まで何の知識も無く過ごして来た事反省しております。
先々を考えたら絶対準備しなくてはいけなかったのに。

先日区役所の包括支援センターに行き介護保険申請をして来ました。

病院にいらっしゃるソーシャルワーカーさんにも相談させて頂き、今のICUからHCUに移って人工呼吸器が取れた段階で調整して頂ける事になりました。

ここから半年間は母の貯金、半年間後に父の保険、最低額ですがかけてありました200万でなんとか工面していこうという事になりました。
生活面では私と妹で何とかやっていけると思います。

ユーザーID:1296888306
同じです1
はな
2018年6月22日 23:51

えりこゆさん、はじめまして。
出来るアドバイスがあまり無いのでレスをしようかどうか迷ったのですが、どうしても耐えられなくなりました。
私の父も、私が中学に上がってすぐ、脊髄損傷で寝たきりの重度障害者になりました。首から下の麻痺です。同じですね。

そして同じ様に一命を取り留め、喉に管を通し、それにより意思疎通が出来なくなり…えりこゆさん御一家がこれから辿る道が見える様な気がします。気持ちが痛い程わかります。先が見えなくて不安ですよね。

うちの場合は長い入院生活の後、病院から「もうこれ以上出来る治療は無いし、回復も見込めないのでご自宅か、そういった施設に移っていただきたい。」と言われ、母の希望で自宅介護となりました。
私の両親は幸い貯金があったので、父の知り合いの大工さんに頼んで自宅を障害者用に建て直し、その後の生活は障害者年金に頼って生活していたんだと思います。当時は子供だったのでお金の事はあまり説明してもらえませんでした。

自分では排泄も食事も入浴も顔に集った虫を払うことも、体温調節も、テレビを変えることも、何も何も何も何も出来ない父でしたが、それでも人間としてとても尊敬出来る父でした。
体調が良い時には1人で散歩にも出かけて行きました。アゴで動かす特別な電動車椅子を作ってもらったんです。頭を動かせば1人でリクライニング操作も出来る特殊なものでした。

孫ができてからは孫を連れて散歩に。道すがら買い物や交通ルールを教え、進んで挨拶をし、時には「あんた何の病気?」と失礼な声掛けもされた様ですが、父は「事故でねー!麻痺が」などと明るく会話をしていた様です。
家に居る時は家族のどんな質問にも答えてくれて、それこそ政治経済から速く走るコツまでなんでもです(笑)居るだけで安心する、頼りになる存在とはこういうことなのかと心から尊敬しました。

ユーザーID:9299320236
同じです2
はな
2018年6月23日 0:25

また、私達家族も動けない父に変な帽子を被せたり、マスコットがいっぱい付いた靴下を履かせたり、そしてみんなの笑い声に興奮したペットの犬が靴下を脱がしにかかり、振り回したり。父も「やめろーやめろー」と言いながらも大笑いでした。
そんな明るい父でしたが、やはり最初の頃は「こんな身体になってみんなに迷惑をかけて申し訳ない。」と悩んでいたそうです。
ある日、精神的に追い詰められていた人にこんな言葉をかけていました。
「俺を見てみろ。ある日目が覚めたらこんな身体になっていた。もうみんなに申し訳なくて死んでしまいたいと思ったけど、すぐそこの窓まで行って飛び降りる事も出来ないんだ。死ぬことすら出来ないんだよ。それに比べたらお前には健康な手も足もあるじゃないか。これから何処へだって行けるし、何にだってなれるじゃないか。」と。
父は事故から約20年後に亡くなりましたが、父からは「生きる」ことや「幸せとは」ということを強烈に教わりました。今も私や母を精神的に支え続けてくれる存在です。
母は約20年間、旅行もせずに、家を3時間以上空けることもなく父の介護を続けていました。
父が亡くなった時は周りから「よくやったね。これで自由だね。」というようなことを言われたそうですが、「お父さんは動けなかったけど私にいろんなことを教えてくれた。困った時はこうしたら良いんだよ。と教えてくれた。居るだけで頼りになった大切な人だから、足枷のように思ったことなんて一度もないし、私が一緒に居たくて居たのに。そう言われると悲しい。」と言っていました。
えりこゆさん、これから想像以上の困難が続くと思います。困難以上の困難があると思います。でも、私達家族のように明るく幸せに過ごした家があることも忘れないでください。
私はこの家で良かったな、と思っています。どうかえりこゆさんにもそんな日常が訪れますように。強く強く祈っています。

ユーザーID:9299320236
2度目です
コーヒーショップ
2018年6月23日 16:24

大変な状況の中、しっかりとした文章とお父様への愛情に感銘致しました。

労災保険はお父様が役員ならば適用外の可能性があるので諦めましょう。
問題は介護保険の未納ですね、未納期間の長さにもよりますが最悪は負担分の増加を考えて下さい。
現在、利用者負担分は1割ですが3割負担になるかもしれないです。

おそらく介護度5の認定となると思います、利用限度額は36万円、多くの利用者は1割負担なので36,000円です。
限度額で足りない部分は自己負担となります。
介護保険についてはケアマネジャーさんが詳しくアドバイスしてくれます。

都市部の場合は特老入所待ち期間が長いので病院、老健、自宅、この三ヶ所のいずれかで暮らしながら入所待ちとなります。
病院、老健共に最長3カ月です。
できればお母様も働いた方がいいです、というのもご両親が揃って在宅の場合、お母様は24時間介護体制になってしまい共倒れになる危険性があるからです。
また家賃が安い公営住宅への引越しも検討されてもいいかもしれないです。

多くの人が生活保護を提案されていますが、トピ主さん姉妹はまだお若くこれから結婚の可能性があるので、できれば生活保護は避けたいですよね。
トピ主さんの就活が上手くいきますよう、お父様が順調に回復なさいますようお祈りします。

ユーザーID:2381477708
わかります携帯からの書き込み
ゆず
2018年12月4日 22:28

私の父も昨年、同じ場所のけがをしました。人工呼吸器は、なかなかとれません。若ければ、体力がありますが60代以上だと難しくなります。
私たち家族は、在宅を選びました。
日中は、母だけですが、労災介護をフルで使い平日は、毎日訪問看護とリハビリ、訪問入浴にきていただいてます。私と姉は、休みや仕事のあとはまっすぐ帰宅して、体位変換、痰の吸引、体の硬直を防ぐためマッサージをしています。施設は、母の意向もあり選びませんでした。正直大変です。ほんと、なんなんだろうって思ってしまう事もありますが、呼吸器がついていて話せなくても父が母とニコニコ笑ってテレビを見たりしているのを見ると、頑張ろうと思います。まだまだトピ主さんも大変だと思いますが、体調に気をつけて頑張りすぎないで、助けてくれる人がいたら全部頼っていって下さい。

ユーザーID:6243131379
 
現在位置は
です