現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

マングローブを種から育てている人、いらっしゃいますか

美馬
2018年6月20日 12:31

年末に沖縄旅行に行った友人からマングローブ(オヒルギ)の種を2本もらいました。
マングちゃん、ローブちゃんとそれぞれ名前を付けていたのですが
マングちゃんは弱かったのか間もなく天に召され、
今はローブちゃんだけになってしまいました。

友人に「コップ等に種の三分の一くらいの水を入れて、そこに入れっぱなし。
週に1度くらい水替えすれば大丈夫」と言われ、その通りにしています。
それから半年、小ぶりですが小さな葉が4枚生えて、5枚目の葉が出てきそうです。

土に植えた方がいいのでしょうが、当方都心のマンション暮らしで
土を買ったとしてもマングローブにしか使わないので余った土の処理に困るし、
コップと水でゆっくりですが育っているのでこれでいいのかな、と思っています。
でも秋に九州の実家に帰省する予定で、実家は農家なので畑の土を持ち帰って
ローブちゃん栽培に使おうかな、とも考えますが
もしローブちゃんが天に召されることがあったらこれまた土の処理に困るので
今のままコップ&水でいいかな、とグルグル考えています。

そこでマングローブを種から育てている方がいらしたら
どうされているのかお話を聞いてみたくなりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:9202461453  


お気に入り登録数:22
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
無から有は生まれない
エネルギー保存の法則
2018年6月20日 15:26

>コップと水でゆっくりですが育っているのでこれでいいのかな、と思っています。

水だけで育つ植物は存在しません。

植物は、主として窒素/リン酸/カリが必要で、その他微量要素が多種類必要です。タネに溜めこんでいた栄養が消費された時点から痩せはじめ、枯れていくことになります。
必要な栄養素を水に溶かして補う「水耕法」で育てることは可能ですが、何がどれだけ必要か知らないでしょ。

人間だって水だけで育つことはあり得ません。
水だけだと、痩せ衰えて、いずれ餓死します!同じことですよ。

>土に植えた方がいいのでしょうが、

土が必要ということではなく、水(土に含まれている水)に含まれている栄養素の量と質が足りていなければなりません。植物は水に溶けている栄養素を水と一緒に根から吸収するのです。

もちろんですが、成長に使われたぶんを補ってやらないとダメです。

ユーザーID:6818806096
かれこれ20年
あめふり
2018年6月20日 16:53

こんにちは。うちのマンちゃんは、20年前くらいに沖縄でお土産で売ってた種から育てています。
最初は水栽培してましたが、ハイドロカルチャーという粒状のもの(100均でも売っています)に挿しました。
汚れないし、匂わないし、軽いので捨てるのも楽ですよ。
最近はベランダに放置してますが、意外と丈夫で枯れることなく、生きております。環境に適応したみたいです。(笑)

ユーザーID:0380524736
マングローブという植物
ウメシロップ
2018年6月20日 19:34

マングローブという植物はないよーと思いトピを開きました
マングローブを構成する植物を育てていらっしゃるのですね
コップの水で育つならそれでいいのではないでしょうか 土のないところで増えていく植物でしたよね

種を二本という言い方が独特だなあと感じます
種>苗 もしくは 二本>二粒 ではありませんか

ユーザーID:8231938945
水生植物専用の栄養剤(液体)売ってますよ
通りすがり
2018年6月23日 15:42

ポトスなど10数年水栽培ですが 元気で繁茂してます。水と日光だけでは不十分なので
そういう栄養剤も必要だと思います。

私もオヒルギのタネを沖縄から持ってきて栽培したことがありますが
それでも数年で腐りました。

汽水域で育つ植物だからかなぁと 思ってます。
海水の満ち引きも関係してるのかなとも。

やるだけのことはやってみて ダメなら諦める。

ユーザーID:8254409465
ヤエヤマヒルギを育てました
あんに
2018年6月25日 18:33

石垣島近くの鳩間島で拾ったヤエヤマヒルギの種(胎生種子)を2本持ち帰り、育てたことがあります。
ガイドさんによると淡水で育て始めたら淡水のままでないと枯れるとのことで、最初はコップや花瓶で水栽培をし、本葉が6枚くらいのときに「あめふり」さんと同じでハイドロカルチャーでプラスチックの鉢に植え、深めの皿で腰水状態で栽培しました。
冬は寒さで枯れてしまうので、腰水はやめて、乾いたら水をやる程度にし、室内に取り込んでいました。

気温が低いせいか6年育てても草丈1mくらいにしかなりませんでした。
晩秋、予想外に冷え込んだ夜に、出張中で室内に入れてあげられず枯れてしまいました。

ヒルギはツヤツヤの濃い緑色の葉がきれいですよね。

ユーザーID:0890408037
ヒルギの種は「1本」て感じですよね
たまねぎ
2018年6月26日 12:59

私も海でひろったヒルギを育てています。もともとなかなか大きくならない植物みたいですよ。肥料のあげすぎもよくないそうです。
私は、水に海で汲んだ海水を少し入れています。それと日当たりを調整してあげればどうでしょうか。

ユーザーID:1802462000
トピ主です
美馬(トピ主)
2018年6月27日 18:57

いくつものレスを頂き、ありがとうございます。


エネルギー保存の法則様

栄養(肥料)もあげないといけない、ということでしょうか。
お書きの通り、“何をどれだけ必要か知らない”のでトピを立てました。
マングローブを育てる情報をお持ちでしたらアドバイスをお願いします。

あめふり様

あめふり様のお宅のはマンちゃんなんですね。
20年ほども元気とはすごいですね。
我が家のローブちゃんにもそうなってもらいたいです。
マングローブは気温が10度以下だと枯れると聞きましたが、
あめふり様宅のマンちゃんは適応能力に優れているのかもしれませんね。
近所の100均2軒を見ましたが、ハイドロカルチャーは置いてありませんでした。
他の100均も見てみます。

ところでマンちゃんはどんなものに入っていますか?
下に穴の開いた鉢とかそれとも穴の開いてない鉢や容器か、など。
今は友人に言われた通り種の3分の1ほどの水に立てているだけなのですが、
ハイドロカルチャーを使った場合の栽培法が分からず困っています。
穴の開いた鉢がいいのか、その場合水はどうするのか、
穴が開いていない鉢なら水替え等はどうするのか、などなど。
お手数をかけして申し訳ないのですが、アドバイスを頂ければありがたいです。

ユーザーID:9202461453
トピ主です
美馬(トピ主)
2018年6月27日 19:20

ウメシロップさま

私の認識が間違っているのかもしれませんが、マングローブには
オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギなどなどの種類があり、
私が育てているオヒルギだけに限定したくなかったので
タイトルにマングローブと書きました。
オヒルギをお持ちの方には育て方のアドバイスを、
他のマングローグをお持ちの方にはそのエピソードをお聞きしたかったので。
マングローブの種を検索して頂けたらお分かりになると思います。
「粒」とは言わない(言えない?)と思いますよ。


通りすがり様

10年以上ポトスを栄養剤と水栽培されているんですね。
実はポトスが何かも分からなかったので検索してみましたが、見たことあります。
ポトスを水栽培できるなんて知りませんでした。

オヒルギも数年は育ってくれたんですね。
水生植物専用の栄養剤があるとは知りませんでした。
長生きしてほしいのでこちらで頂けるアドバイスで頑張ります。


あんに様

ヤエヤマヒルギを育てられたんですね。
ヤエヤマヒルギはタコみたいで(タコより足?が多いですが)可愛いですよね。
淡水のまま育てると淡水のままでないと枯れるとは知りませんでした!

腰水という言葉、初めて知りました。
検索してみましたが、こんな育て方があるんですね。

あめふり様へのレスにも書きましたが、
ハイドロカルチャーに出会えていないので早く見つけて購入したいです。

コップに入れた我が家のローブちゃんは根っこが6本生えていますが、
コップで育てているからか根っこの生え方が窮屈そうです。
早くちゃんと植えてあげた方がいいと思う毎日です。

ユーザーID:9202461453
汽水域の植物です
ぽんぽん
2018年6月28日 12:40

まず、マングローブという植物はありません。河口汽水域に生えている森林の総称です。
なのでいろいろな植物を指します。

気水域の植物なので、淡水だけでは育たないと思います。
小町に書き込むだけでなく、オヒルギの育て方を検索した方がいいのではないでしょうか。

ユーザーID:9423680561
トピ主です
美馬(トピ主)
2018年7月2日 12:58

たまねぎ様

たまねぎ様は海のそばにお住まいなのですね。
海水を入れてあげればヒルギちゃんも嬉しいでしょうね。
ネットで情報を調べましたが、あるサイトでは「直射日光に当てなくていい」
あるサイトでは「直射日光に当てましょう」とあり、なかなか難しいです。



ぽんぽん様

トピ文には書きませんでしたが、オヒルギの種をもらってすぐに育て方は検索しました。
でも「これという正確な育て方はない」「直射日光は必要」
「直射日光は不要」「穴の開いた鉢で育てる」「穴の開いてない鉢で育てる」と
情報はまちまち。
サイトの情報にはコメント欄が無いことが多く、不明点があってもそれ以上分からないので
経験者の方に更に詳しくお聞きしたくて小町で質問した次第です。

ユーザーID:9202461453
生えているのを毎日みていますが
たまねぎ
2018年7月4日 12:40

私はマングローブがはえている地域に住んでいますので、実際に育っている場所の様子を毎日見ています。それから考えると、「直射日光にあてなくていい」というのは、それでもいいのかもしれませんが、そうした方がいいというのではないと思います。普通に日当たりがいい場所にたくさん生えていますよ。ぎっしり生えるので日陰の部分も多いだろうけど、干潟に1本だちで生えている株もみんな元気そうですよ。日陰を好む植物だとは感じないです。

地面は、泥ですね。土や砂、ハイドロボールでもそれしかない場合仕方がないですが、本人(?)が好きなのは泥らしいです。何かの理由で土から根が出て(土が流れて減ってしまう)と、そのへんはいずれ木がなくなってしまうみたいです。生えてから土から出た根がつぎつぎ再び張っていくタイプの植物ではないようですので、植え替えはあまりしない方がいいと思います。

ユーザーID:1802462000
呼ばれたので2度目です
あめふり
2018年7月5日 16:35

こんにちは。ご指名でしたので、また出てきました。(笑)
でも、本当に放りっぱなしなのでアドバイスになるかどうか。
とりあえず、うちのマンちゃんの環境をお知らせします。

こちらは南関東の比較的暖かい地域で
南向きのカンカン照りのベランダに出しっぱなし。
素焼きの鉢(穴あり)にハイドロカルチャー(ホームセンターにもありますよ)と共に突っ込んであります。水はじょうろで、たっぷりあげてます。
先日の暴風で、ハイドロカルチャーが全部飛んでしまったのですが、
しょっちゅうそんなことがあるので、時々根っこむき出しのまま放置されていることもあり結構過酷な状況のマンちゃんです。(汗)
そんななのに枯れもしませんが、高さは40センチくらい、根っこのあたり一番太いところでは直径15センチくらいはあるでしょうか。
マンちゃんは何ヒルギなのか、忘れてしまいました。
最初は2本(絶対、「本」だと思います)あったのですが、
1本は水栽培の時にダメになってしまいました。

子供のころに読んだ学習漫画で、ヒルギの種がポトンと水に落ちて
ぷかぷか浮きながら、そのうち水の底の地面に刺さって大きくなるという場面があり、
じゃあ、ある程度大きくなった土に植えたほうがよかろうという、非常に適当な自己流な育成をして現在に至ります。
あんまり参考にならなくて、ごめんなさい。
ローブちゃんの成長を祈っております!

ユーザーID:0380524736
トピ主です(たまねぎ様、あめふり様)
美馬(トピ主)
2018年7月7日 14:44

たまねぎ様

ご返信、ありがとうございます。
マングローブが生える地域にお住まいなんてすごいです!
そんなところにお住まいの方にレスを頂いたなんて興奮してしまいました。
それで海水も泥も手に入るんですね。
たまねぎ様宅のヒルギちゃんは幸せですね。

何日か前の陽ざしの暑かった日にベランダに置いてみると
家族が「成長が早いような気がする」と言っていました。
気のせいかもしれませんが、私もそう思いました。
窓側の日当たりのいいところに置き、たまーに外に出そうと思います。

話はそれますが、たまねぎ様の
>本人(?)
には笑わせて頂きました。


あめふり様

再度マンちゃんのお話を聞かせて下さってありがとうございます。
マンちゃんは根っこむき出しでも頑張れる、たくましい子なんですね。
「子」じゃなくて、もう「大人」でしょうか。
ローブちゃんをくれた友人曰く、マングローブには空気を浄化する力があるそうで
ローブちゃんは屋内で我が家の空気を浄化してくれたら、と思っています。
本音は、我が家は洗濯物を部屋干ししていて、ベランダに出るのは週に1度もなく。
ローブちゃんをベランダに置くと、いつか水やりのを忘れそうで
屋内で箱入り息子として育ててしまっています。
(オヒルギなので箱入り息子、だと思いますが…)

最寄りの100均2軒にはハイドロカルチャーはありませんでした。
ホームセンターのハイドロカルチャーは量が多いのでは、と
勝手に想像してホームセンターには行っていませんでした。
来週は行けそうなので見てみますね。

ネットでも情報がいろいろですし、私の思う方法で育てるしかないですね。
2本もらったうち残ってくれたローブちゃんには元気に育ってほしいです。

ユーザーID:9202461453
トピ主です(愚痴です)
美馬(トピ主)
2018年7月8日 4:03

土曜に夫が遠方の数階建て100均がある街に行っていたので、
こちらのレスを参考に、夫に「ハイドロカルチャーを買ってきて」と頼みました。
元々夫は自分でオヒルギの育て方を調べてハイドロカルチャーで育てたいと言っていたので
いいタイミングだったのです。

帰宅した夫に「ハイドロカルチャーは?」と聞くと、
「はい」と出されたものがハイドロカルチャーではなく、
ジェルポリマーという無色透明なゲル状培養土。

夫は大体外見がかっこいいものが大好き&新しもの好きな人で、
今思うとハイドロカルチャーを使いたがったのものも水栽培や土、砂栽培では
目新しくなく初めて知ったハイドロカルチャーに魅せられたのでしょう。
でも今日ハイドロカルチャーより見栄えのいいゲル状培養土を見つけ
そっちを選んだのだと思われます…。

「ハイドロカルチャーはなかったの?」と聞くと、
「あったけど、ネットの写真で見た大きい粒のは無くて小さい粒のしかなかった」と。
あったけど、って、あったなら買ってくればいいのに。
小さい粒のはおしゃれに見えなかったということなのかな…。
その先を聞く気にはなりませんでした。

夫は帰宅して初めてゲル状培養土の使い方を読んだようで、
ハイドロカルチャーより使い勝手が面倒くさい様子…。

ローブちゃんをゲル状培養土に移しました(夫が)。
見かけは涼しげできれいですが、植物を育てるのに超初心者の私達夫婦に
ゲル状培養土が向いているようには思えず…。
私はこのトピでハイドロカルチャーモードになっていたので尚更…。
ゲンナリしてこの時間(朝4時前)になっても寝付けないほどです。

せっかくいろんな方にレスを頂きましたが、
全く方向の異なることになってしまいました。
ローブちゃんが元気に育ってくれることを願うばかりです。

ユーザーID:9202461453
トピ主です(ローブちゃんのその後)
美馬(トピ主)
2018年7月17日 15:28

先日は愚痴レスをアップしてしまってすみませんでした。

ローブちゃんにゲル状培養土に引越してもらって約10日が経ちました。

ゲル状培養土の容器には小さな文字で
「直射日光、高温の場所を避けて、使用・保管して下さい」とありました。
なので、この10日間ローブちゃんは日光浴をしていません。
それを読まずにゲル状培養土を買ってきた夫は反省していました。

でも、でも、でも。
ゲル状培養土のおかげなのでしょう、成長スピードがすごいことになっています。
種から育てているので単純計算ではいけませんが、
ローブちゃんが我が家に来て半年以上でやっと4枚の葉が出たというのに、
ゲル状培養土に引越してからたった10日で鮮やかな色の、
しかもこれまでの4枚より大きな葉が2枚出てきました。
そして新しい葉(これまた鮮やかな色)がまた出てきそうな状態です。
栄養たるものの為せる技の凄まじさに驚いているところです。
夫がゲル状培養土を買ってきてくれたことに感謝しています。
ローブちゃんも「やっと美味しいもの食べさせてくれたなー。遅いよー」
と思っていることでしょう。

底に穴が開いた鉢にハイドロカルチャーを入れ、受け皿に水を入れて
育てようと夫と話しているところです。
先週末に最寄りのホームセンターに行ってきました。
ハイドロカルチャーは置いてありました。
容量も600g、1kg、2kgと様々。
でもこだわりの強い夫が好む植木鉢がなかったので、別のお店に行ってみます。
暫く時間が取れないので、買いに行けるのは来月中旬になるかと思います。

取り急ぎ、その後のご報告でした。

ユーザーID:9202461453
 
現在位置は
です