現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

人生100年の時代、色々なセカンドライフを教えてください。

二毛作
2018年6月22日 8:08

近年、医療技術の進歩により、寿命も延び、栄養学や運動効果の知識が浸透することで、健康寿命も延びて、多くの方々が第二の人生を謳歌していらっしゃいます。

ボランティアで生きがいを見つけた方、再雇用で人材育成をしている人、新たな趣味に生きがいを見出した方など、様々な再出発が有ると思います。

自分自身は50代となり、そろそろ老後を考えるにあたって、住む場所や生きがい、お金の使い方、人生の後始末について考えるようになりました。

皆さんの歩み方を参考に、どんな人生にしたいのか、今から色々考えたいと思っています。

ご自身の経験だけでなく、皆さんのご両親、親戚、ご御近所の方の話でも結構です。

こんな人生が素敵だった。最後はこんな施設に入って、こんな最後だった。そんな話まで書いて下さると、終着点も参考になります。

そんな様々なセカンドライフの物語を教えて頂けませんでしょうか。

出来ましたら「楽しい」「素敵な」「見習いたい」「こんな珍しいケースもあるよ!」そんなお話を教えてください。宜しくお願い致します。

ユーザーID:4893687271  


お気に入り登録数:85
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
今の人生を最高に楽しむ方向で
多毛作人
2018年6月23日 10:18

若いころあらゆる欲求を我慢して、耐えてましたが、今いつ宇宙からアステロイドが降ってきて地球が全滅するかわからないからと強いて今の人生をできるだけ楽しむようにしてます。勿論、時間やお金に制限があるから、この制限で出来るだけという事です。

そうすると、他の人々に寛容になり、自分にも寛容になり、あまり批評は致しません。でも、自分の体や頭には、ある程度負荷をかけて老化を防ごうとしています。100まで生きるとしたら、健康に生きたいですからあらゆる情報に敏感に反応してます。

良く裕福だったらどういう生活をしてるだろうかと考えます。そしたら、そうでない自分が惨めに感じない方向はどんな方向だろうかと考えます。結論は勉強して知識を増やすことが結論に出て来ました。南極探検やエベレストには登山はできないならせめてその体験談を読んだり観たりして、知識を増やすことでかなり満足できるようになり(でも実体験には勝てないことは承知)、そんなにふてくされる事は無くなったと思います。

ユーザーID:5408932206
健康寿命って知っていますか?
まず知ることから
2018年6月23日 22:57

人生100年と簡単に言われますが、健康寿命ってご存知ですか?介護に依存せず生きられる年齢は70年余りですよ。後は人さまのお世話を受けながら生き続けるわけです。まず現実を知ってからです。

定年後から70歳頃までに何ができるか。できれば人さまのお世話にならずに済むように今から何をすべきか。食事と健康に気をつけるのが一番。健康診断をしっかり受ける、自動車の免許は何歳で返上すべきか。お金をどのように用意するか。遠くの家族より近くの友人ともいいますから、ご近所つきあいをどううまくしていくか。いいことばかり考えるのでなく、できること、やらねばならないことを考えるのが大事です。

ユーザーID:5196383777
2011年に退職しました
末期高齢者
2018年6月24日 3:06

40年間人間関係の煩わしさに耐え働き続けました。

奥さん子供も居ますがもともと一人が好きで、念願の引きこもり生活にどっぷり浸かっています。

退職後家を建て耐震も十分で30年は家の修理などのわずらわしさから開放されました。ソーラーと高断熱の省エネ住宅で光熱費の出費も抑えられています。

タイミングよくお隣が引越し我が家が買い取ることができました。

おかげさまで引きこもりに広い庭が提供されることになり、好きな草花や果樹、野菜を植え毎日セッセと草取り、花柄摘み、枝の剪定、野菜や果物の収穫を楽しんでいます。

奥さんは外に出るのが好きで、煩わされることなく最高の引きこもり生活ができています。

家本体の庭には鉢植えも沢山ありますので水遣りが忙しく特に夏場は家を空けることはできません。

財布は退職金を半分いただいていますので計算上は90歳くらいまで奥さんに相談することなく自由に買い物ができると思っています。

付き合いは昔の仕事仲間と年に一度再会して昔話に花を咲かせること、法事で仲の良い5人兄弟が長兄夫婦が住む実家に集まり食事をしながら近況を伝え合うことです。

娘は近所のアパートで1人暮らしをしていて結婚はしないと言うことで、引きこもり生活を煩わされず助かっています。

月に一度子供を誘い食事会をしています。

家事分担は、私が毎日のお風呂の掃除とお湯替えなど、奥さんがトイレ掃除、洗濯は適当に気がついた方がする、干すのは私、取り込むのは奥さん。

寝室は一つです。

食事は一食は奥さんの手作りで一緒に食べ、後2食はお互い適当に冷蔵庫や冷凍庫のありあわせのもので済ませています。

シェルティーを飼っていて、餌やりは私、散歩は私と奥さんで毎日2回行っています、今は飼い犬より先に死なないことを願っているところです。

ユーザーID:3365867367
お二人のレスを拝見しました。有難うございました。
二毛作(トピ主)
2018年6月26日 9:58

>結論は勉強して知識を増やすことが結論に出て来ました。

良いですよね。以前テレビで、81歳の女性が、ゲームソフトのアプリを開発したと紹介されていました。
彼女は、還暦を過ぎてパソコンを使い始め、独学でアプリ開発を学んで完成させたそうです。
幾つになっても学べるのですね。見習いたいです。

>定年後から70歳頃までに何ができるか。できれば人さまのお世話にならずに済むように今から何をすべきか。食事と健康に気をつけるのが一番。

そうですね。その健康寿命を延ばす事を、皆望んでいるし、それらの知識も浸透してきました。
その上で、「健康で長生きなのは良いけど、余った時間はどうすべきか?」と、思いまして、トピを立てた次第です。

よく、「90代になっても畑仕事をしていた」という羨ましい話も見聞きしますが、ここは都会です。
一生人に迷惑かけずに働き続けるって、なかなか難しいものが有ります。

どういう仕事や趣味なら、より長く出来るのか、楽しめるのか。
それが仕事であるなら、何歳ぐらいまでやって、どの様な形で辞めたか。(廃業したのか、家族に譲ったのかなど、)そのあたりも知りたいです。

引き続き宜しくお願いします。

ユーザーID:4893687271
末期高齢者さん、レスを有難うございました。
二毛作(トピ主)
2018年6月28日 7:58

絵にかいたような理想的な生活をなさっていますね。凄く羨ましいです。

花の手入れや枝の剪定、消毒、収穫等で、毎日適度に運動もされているのでしょうね。
それだけ広いと、草むしりや花ガラ摘みだけでも相当な運動量になりそうです。

広い庭や果実の生る木をお持ちだと、喜びとと共に、運動する機会も有って、体にも良さそうです。
お友達と交流したり、家族で和気あいあいと食事ができるのも、末期高齢者さんに人徳がある証拠ですね。私も見習いたいです。

こういう生活(日々の適度な運動と、友人達との交流)をしている方は、寝たきりにもなりにくいらしいですね。


情報を有難うございました。

ユーザーID:4893687271
珍しいケースかもです
夕焼けのトランペット
2018年6月28日 22:59

私にとってはパソコンがセカンドライフだと思ってます。
趣味で始めてから、1995年からパソコン通信、1997年からインターネット、と
私のリアルな生活とは別世界の方達との出会いでしたね。

落ちこぼれの学生時代、漢字もろくに書けない。。高校も最低ランク。。
生涯パソコンなんか使わわない仕事でしたし、そんな私生活の私だったのですが、
ネットでは人生相談やら、パソコン全般の相談やら、先生と言われるようになり。。
たとえば大学の教授に授業の事まで相談された事もありました。
その時はえ?!!と思ったけど、解決したようで後からすごく感謝されました。

20年以上の間、500人は知り合い、実際にお会いした方も200人はいますが
いつも何かと頼られてました。
つまり私はネットでは別人なのか。。。
皆に「私はバカですよ」と言ってはいるのですが、あまり信用してくれないようです。

ただ、私自身にもプラスになったと思いますし、心にもゆとりが出来たようで
人生のセカンドライフと考えるととても満足しています。
そして、これからも元気が続く限り続けたいと思っています。

ちなみに私生活の方で40年ほどになる夫婦仲は良い方だと思います。
子らも巣立ち、半世紀のお付き合いな親友も3人います。

ユーザーID:0359402553
夕焼けのトランペットさん、レスを有難うございました。
二毛作(トピ主)
2018年7月1日 10:33

「パソコン通信」とは懐かしい響きです!!
我が家の過去の資料をひっくり返してみたら、面白い物が出てきました。

某大手企業とラジオ番組とのコラボ企画で「100人の主婦に無料でパソコンを配り、スイッチの入れ方から教えて、パソコン通信が出来る様になるか」というものの教材です。
(それが92年でした。教材と言っても、画面をコピーした、手作り感満載の物です。)

主人に勧められて、”無料でパソコンが貰える”というのに惹かれて、早速応募。
「毎日、色々な人に手紙を貰う様な楽しさ」に目覚めました。とても楽しい経験でした。

未だにその感覚が忘れられず、小町を覗いて楽しんでいます。
今は、仕事で使うか、メールやネットサーフィンぐらいしかしていませんが、パソコンなら、それこそ老齢であっても無限大に楽しめそうです。

私もパソコンを使って、もう少し自分の世界を広げる方法を探ってみようかしら。

経験談を有難うございました。

ユーザーID:4893687271
二毛作さんレスどうもです。
夕焼けのトランペット
2018年7月2日 18:20

92年の頃のパソコンが無料って凄いですね。
もし購入したら約40-70万円したのではないでしょうかね。

私がパソコンを好きになったもう一つの理由は
パソコンを初めて1-2年の頃グラフィックス系にも興味を持ちまして
絵を描いたり、写真を加工したりするのが楽しくて独学でいろいろと。
大した事ありませんが、写真の透過GIFを利用してWindows95用ゲームを作ったり
3DCGソフトでチャットのアバターを作成して皆さんに作ってあげたりも。

ネットでのグループを一つだけお話しますと。
10年前あたりからの集まりですが、洋楽などに詳しい人が集まるチャットがあり
私より年上の方が多かったのですが、ポップス、フォーク、ソウル、映画音楽、ロック
シャンソン、カンツォーネ、タンゴ、ラテン、そして日本では知られてない世界の歌手。
そんな音楽の話で毎日のように楽しませてもらいました。
文字とボイスどちらかなのですが、音楽に関係ない話題でも本当に勉強になりましたね。
ちなみにシャンソンの世代では無い私でさえ大好きになってしまったほどです。
少し若い他のグループにも参加してましたがそれもまた面白かったです。

近年になるとユーチューブを皆で一緒に見れる海外の有名なチャットを発見しまして
英語版なので日本語解説のページを作って皆さんに教えました。
4グループで各部屋の主は女性の方が多いです。

こんな感じもあるセカンドライフなのです。

ユーザーID:0359402553
レスを有難うございます。
二毛作
2018年7月11日 9:51

夕焼けのトランペットさんは、しっかり勉強をし、チャレンジしてをして、上手くご自身の世界を広げて楽しんでいらっしゃいますね。
凄いです!きっとこのトピを読まれた皆さんも、刺激を受けたのではないでしょうか。情報を有難うございました。

レスが付かない様ですので、雑談を少し。
私がテレビ等で知った情報から。

聖路加国際病院の日野原先生は、講演会を精力的にこなしたり、執筆活動をなさったりしながら、最後まで患者に寄り添っていらっしゃいました。
絵本作家のかこさとしさんは、やはり老齢になられても、精力的に作品作りをなさっていました。最後まで絵本作家として作品作りに妥協が有りませんでした。
歌丸さんは、ご病気でありながら、お仕事を全うされていました。

こういった、資格を持っている方、手に職を持っている方、自営の方は、ニーズが有れば、(多少形は変える事になるでしょうが)最後までその職を全うできる様ですね。

とある女性は、77歳まで専業主婦でしたが、欠陥住宅に苦労した経験を経て、79歳で宅建の資格を取って、80歳で不動産屋を始められたそうです。
でもこのパターンは、かなり珍しいですよね。まぁ珍しいからテレビ取材を受けるのでしょうが、そういう方も他にいらっしゃるのではないでしょうか。

もし良ければ、そういった、老齢期まで充実した人生を歩まれている諸先輩方の、様々なお話を聞かせて頂ければと思います。宜しくお願いします。

ユーザーID:2274747698
全て当てはまります
60代半ば
2018年7月11日 23:28

資格職で手に職を付け自営です。

50で起業し仕事を続けています。

恐らくこれからも、出来る限りは続けたいと思っています。

全てに当てはまりますが、一番大事なのは仕事への情熱です。

同じ資格を持ってても全ての人が同じ道のりになる事もないでしょう。

今も続けてられるのは人との出会いもありますし、人脈も大きな意味を持ちます。

若い頃に良い技術を持てるような所に就職する事も大事です。

それらを長く続けることが力になってくれると感じています。

愚直にコツコツです。

ユーザーID:0574553283
トピ主です。
二毛作(トピ主)
2018年7月13日 18:42

60代半ばさん、レスを有難うございました。

50歳で起業とは素晴らしい!勇気が有りますね。
やはり”優れた技術”、”経験から来る自信”、”長年築き上げた人脈”が、起業を後押ししたのでしょうね。
あっ、勿論資金的な余裕も有るから、家族が理解してくれたのでしょうね。

ちなみにその資格というのは、いつ頃に取られた、どんな資格ですか?
宜しければ、参考までに、お教え願えませんでしょうか。

資格と言えば、母の知り合いに、40代で美容師の資格を取った人が居ました。
離婚したのを機に、手に職を付けようと、資格を取得したそうです。
美容師さんも、技術が確かであれば、一生食べて行かれそうですよね。

ユーザーID:4893687271
具体的な資格は控えさせて下さい
60代半ば
2018年7月15日 22:56

トピ文にある部分の分野です。

今から思うと起業する時、不思議なタイミングが色々重なったのです。

長年途絶えてた親交の人から連絡あったり、自分でももう職場を辞めたいという
気持になっていたりの時でした。

自分でも思っていなかった方向に導かれている様でした。

それが突然来たのです。

仰る通り勇気のいる事でした。

チャンスが目の前にあるのにそれをしなければ後悔すると思ったのです。

しないで後悔するより、失敗してもやって後悔するのならその方がいいと
自分の身に鞭打つような心境でした。

そしてやり始めたら案の定初めから仕事がある訳でもなく、くさる様な毎日でした。

昼の時間は電話番がありますので、早朝のバイトもしました。

そうこうしてるうちにそれまでの職場からの依頼があり、その他にも仕事を得る事が出来、
次の年からは寝る間もない程の仕事量になりました。

今は、なるべく夜は仕事しない位の仕事量になってます。

趣味も楽しめてちょうどいい位です。

ユーザーID:0574553283
60代半ばさん、レスを有難うございました。
二毛作
2018年7月20日 9:13

>今は、なるべく夜は仕事しない位の仕事量になってます。
>趣味も楽しめてちょうどいい位です。

自営なら、仕事量を調整できるメリットも有りますよね。

以前、市主催の運動教室にて、60〜70代の女性達とお喋りしたのですが、彼女達は運動の他に、朗読のボランティアをやっているとか、コーラスサークルに入っている等と仰っていました。
朗読も歌も認知症防止になるだろうし、発声練習で口周りの筋肉を使うので、誤嚥性肺炎の予防にも良さそうだなと思いました。
毎日ジムで10キロ走っているとおっしゃっている方もいて、大変驚きました。凄いバイタリティーですよね。

こういう人たちは、見た目もまだまだ若いです。
市主催の運動教室は、単発で色々企画されるのですが、多分そういうのを見付けては、積極的に参加されているのでしょう。
人と適度に交流する事も、健康や若さの秘訣なのでしょうね。これなら手軽に見習えるかなと思いました。

ユーザーID:5384560672
 
現在位置は
です