現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

兼業主婦。金曜日が最終出社日で退職します

鉛筆
2018年7月3日 12:56

小2と3歳の子供の母の呟きです。

15年以上勤めた会社を退職します。

下の子どもが5ヶ月の時に仕事復帰してから家庭が、夫婦関係が、何より子育てが充分でなくボロボロでした。
私も私より激務の夫も、都度ケンカしながらも二人三脚で家事育児を切り盛りしてきました。
でも、私たちは働いているんだし、と子供たちにその甘えを押し付けて我慢させていた部分があるのも否めません。
きちんと両立されている方も多いけれど、うちはもう親子で限界に近づいていました。

新卒からずっと総合職で働いてきた思い入れのある会社です。
メーカーだったので、退職後に自分の担当していた商品を市場で見たら複雑な思いに駈られるんだろうな。
とは言え、夫としっかり話し合って決めたことで、結論に後悔はありません。

上の娘に退職を伝えたら、喜びで涙を少し流していました。
娘は一度も登園登校渋りもなく、仕事に行かないでと言った事もなく、それでも彼女のキャパシティでは精神的に辛かったであろうことは明白で、身体にストレス症状を出しても泣き言一つ言わず学校学童に行っていました。最近は子供らしいワガママを言ってくれるようになりました。
下の子はマイペースな子だと思っていたけれど、物心ついた頃からずっとしていた爪むしりの癖が退職を決めた少し後からおさまりました。

ずっと仕事を続けるんだろうと思っていたけれど、片方では子供とむきあって過ごす日常に憧れもありました。
娘の髪の毛を長く伸ばして可愛く結んであげて、行ってらっしゃいと顔を見て学校に送りだしたい。下の子の好きな電車の博物館に空いている平日に連れていってあげたい。と思います。
家族みんなが‘初めて’の夏休み、色々楽しみです。

呟きにお付き合い頂きありがとうございました。

ユーザーID:0932094565  


お気に入り登録数:184
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:31本

タイトル 投稿者 更新時間
お疲れ様でした。でも始まりです。
てらお
2018年7月3日 13:23

まずはお仕事お疲れ様でした。
家事とお仕事の両立は大変ですよね。

でも、夏休みに入るわけではないですよ!
きっと、仕事から解放されて、時間がたくさん!と思うかもしれませんが、
今まで保育園や学童の先生が負担していてくれた育児が始まります。
先生の言うことは聞いても、親にはわがままを言う!という子もたくさんいます。
大人との会話もなくなります。
静かな時間も、自分のペースで食べられるランチタイムも。

また仕事に戻りたいという方もたくさんいますよ。
頑張ってください

ユーザーID:7049802653
楽しんで♪携帯からの書き込み
ちーおばさん
2018年7月3日 13:39

体は1つしかないんだもの、体も心も大変だったでしょう。
ゆっくり過ごすのも良い物だよ。

ママの笑顔、ママが側に居てくれること、子供の心を満たしてくれる1番の栄養です。

人生はまだまだ長い!子育てが終わったら、また仕事に復帰すれば良いよ。

ユーザーID:9081818582
新しい人生を楽しんでください
オセロ
2018年7月3日 13:43

私も新卒から働いた会社で、独身の時と同じように働こうとしていました。会社も同じように私に求めました。子どもたちが保育園のころは、働くことを前提としていたので、違和感がありませんでした。しかし、子どもたちが小学校に入ってから「両立が辛い」という気持ちになりました。つい、子どもたちに対して「私の邪魔をしないでほしい」と考えてしまうことがあり、そのことで自分を責めました。ある日、「仕事は代わってくれる人がいる。母親は代わってくれる人がいない」と気が付き、結局、長女が小学校3年生と長男が1年生の時にやめ、その後、非常勤や業務委託を掛け持ちすることにしました。それから、18年。幸せです。自分では関心のなかった多くのことを、子どもとともに体験しました。自分とは異なる人生を選ぶ子どもたちと一緒に生活することで、多くの人生を体験しました。自分が社会人になった時に願ったものとは違う人生になりますが、新しい人生が待っています。楽しんでください。

ユーザーID:9054987878
お気持ち分ります
luuu
2018年7月3日 13:54

涙ほろりに一票しました。

すばらしいお母さんですね!! 
世の中、共稼ぎの価値観に重きを置きすぎて、
子供達の事は二の次になっている現代で、本当に
よく決断されたと思います。 

お子さんの爪かみが治まって良かったですね。親が思う
以上に、ストレスを抱えていたのかもしれませんね。

私も上の子が幼稚園で頭を打って病院に行ったとき、仕事
で直ぐに駆けつけられなかった→実は抜けられない仕事が
あって少し見てみぬ振りをした事があります。会社の人に
迷惑がかかるのを恐れてです。自分が恐ろしいと思いました。
これでも母親か?と。

このことがキッカケで、自己嫌悪に陥り、夫に泣いて、
仕事より母親業を取らせてほしいと言いました。私も
既に限界を超えていました。 無理でした。 全部こなす
なんて、核家族のうちでは無理でした。このまま子供の
気持ちを無視して突き進んでいたら、取り返しのつかない
ことになっていたかもしれません。


家庭でじっくりお子さんたちを見てあげられるって
素敵な事です。 私も2人の子供達をその後、専業主婦して
見てきました。 いろんな事を一緒にやってきましたよ。
今は大きくなりましたが、家庭でじっくり見てきたこと
に後悔は全くありません。

仕事は、子育てが一段落してからでも遅くないと思って
います。 

ユーザーID:9997109326
私も退職しました。
ニコマフ
2018年7月3日 13:59

新卒から総合職ならそれなりの会社であったろうに大変なご決断だと思われます。

こんなご時世「なんで正社員やめたの?」と今後言われるかもしれません。
ボーナスの記事が出たら心揺らぐかもしれません。
(自分が経験したことだけど)

続けても正解、やめても正解、どちらでも正解です。
娘さんの涙だけで十分です。
また働けばいいのです。

ユーザーID:9517031161
小さい時に私も経験して携帯からの書き込み
まま
2018年7月3日 14:02

泣き言をいうと
怒られたり、大人のペースに合わせないと
叱られるので、経験を踏まえて家を選びました

もともと結婚前から
主人に依頼された事もあり主婦ですが
なんとか、子供は順調に成長してます。
私の時代は、兼業は小学校の時でクラスで
3人だった事を覚えています。激動の時代を乗り越え、今度は自分が家庭を持ち幸せなんですが、他人からの妬みやっかみ等

何が正解不正解なんてありゃしない
まあ中と外で分担してやるのが一番理想

やっはり
昭和といまこの時代
変わりはとくにありませんね。

変わったことは
進化したくらいです。














ユーザーID:9091027784
とりあえず携帯からの書き込み
杏子
2018年7月3日 14:36

世の中にはいろんな考え方があります。
他を否定する訳ではないのです。が、
とりあえず、おめでとうございます。

私もずっと悩みつつ仕事をしてきました。
子供も成人して、少し落ち着きを取り戻した今、子供たちに出来る限りのお返しをしています。

どうして、あの発熱を一人寝かせて…
どうしても休めなかった…

今でも涙です。

とりあえず、おめでとうございます。

悩みながら育てましたが、当方も、とりあえず、自立した大人に成長しました。

ユーザーID:2031515892
選択されたんですね
すてき
2018年7月3日 15:57

いろんな生き方があって、当然です。
大事なのは、きちんと決めて進むということなんでしょうね〜。
今後は、思うようにお子さん方と向き合って、素敵な毎日を送ってください。
早速の夏休みですね。
お幸せに

ユーザーID:1949054488
わかります
NON
2018年7月3日 17:02

15年以上のお勤め、お疲れさまでした。
夫婦フルタイムの子育て、本当に大変ですよね。
私も12年勤めた会社とを家族の健康と2人の子育ての為に5年前に退職しました。
上の子供は、同じ様に保育園も一度も嫌がる事無く行っていました。我が子と重なって読んでいて思わず涙が出そうになりました。夜遅くに次の日のご飯の仕度を泣きながらしたり、子供が病気をしたときの休みを、夫婦どちらがとるかでもめたり…。知り合いの中にはそれがもとで離婚されたご夫婦もいます。

世の中働く女性が多くなり、逆行してると思いつつ、仕事のかわりはいくらでもいるけれど
母親は私一人と思いながらの決断でしたが、良かったと思っています。
ご自分の決断に、自信をもってください。応援しています。

ユーザーID:5837705612
お疲れ様です携帯からの書き込み
とりめし
2018年7月3日 21:04

お仕事、お疲れ様です。
円満退職されたようで、おめでとうございます。
私は三人の子供がいる専業主婦の身ですが、兼業主婦の方々をいつも尊敬してます。
どちらが上とか下とかでは勿論ありません。
そんな話は無意味な事です。
兼業主婦の皆さんは時間との戦いだろうなぁと思うのです。
私の場合はやりくりとの戦いです(笑)。

母親業は長丁場の戦いでもあります。
でも子供は手をかければかける程笑顔見せてくれますよね。
ご長女さん、本当に可愛らしいですね。
下のお子さんもいじらしいですね。
きっとトピ主さん達ご夫妻が精一杯愛情を注がれているのだと思いました。

トピ主さんご一家にとってこれからが楽しい日々でありますように!

ユーザーID:2447168581
おつかれさま。でもやめるならもっと早くかな…?
ふぶき
2018年7月3日 21:24

やめることに関しては、何も言いません。
夫婦で決めたことでしょうから。

でも、子供をダシに辞めるという話は、子供にしてはいけません。
親の判断で辞めたのであって、子供は関係ない。
現に、こどもは健気に学童に通っていたのでしょう。
子供を理由に辞めたというのを子供に言うと、聡いこどもはそれを背負ってしまいます。
だから、あくまで辞めたのは親の都合と、子供には言い聞かせなければなりません。

それと…辞めるならもっと早くかな。
2年生と3歳。いまが最後のピークでは?
子供が4年生くらいになると友達の世界が広がって、親は不要になってくると思います。
あと1年半ほど頑張ったら、ずーっと頑張れたかもしれませんが…
でも、ここが限界と思ったのでしょうから仕方ないですね。

頑張って育児をしてくださいね。応援しています。

ユーザーID:0458934041
本当はさ携帯からの書き込み
シーラ
2018年7月3日 21:30

お母さんが働いていても

「娘の髪の毛を長く伸ばして可愛く結んであげて、行ってらっしゃいと顔を見て学校に送りだしたい。下の子の好きな電車の博物館に空いている平日に連れていってあげたい。と思います。」

こういうのが出来るのが理想ですよね。

そのためには社会全体がもっとゆったりして、収入を確保しつつ、お父さんお母さんが
家事育児にもっと時間を割けるようにならないといけないですよね。

働き方改革っていってるけど、改善される気がしないのは私だけ?

娘さんが母親になる頃には実現していたらいいですね。

ユーザーID:5450303411
母の代わりはいない
きゅうり
2018年7月3日 22:41

仕事に関して代わりはいますが、母に関してはいません。
これからお子様との時間を大切にされて下さい。

ユーザーID:6632801628
良い決断だと思います。
すもも
2018年7月4日 0:13

お子さん達が嬉しそうで良かったですね。
私は自分の母親が働いていて寂しかったので、第一子の出産前に退職しました。
専業主婦の間は子供の興味のあるものがあれば体験させたり、一緒にお菓子を作ったり日曜大工をしたり、色々な経験をさせてあげられて良かったです。
私にとってもかけがえのない思い出です。
自分の趣味も大いに楽しみました。

第一子が中学生になってから、パートで事務員をしています。
家から近い職場で夕方に帰れます。
前職に戻ることも可能でしたが、復帰後の時間的余裕のない生活を想像してやめました。

トピ主様は現職に未練もおありのようですが、お子さんに手がかからなくなったらまた道がありますよ。
お子さん達と楽しんでください。

ユーザーID:8227565335
共感しました
lala
2018年7月4日 8:34

 私も10年勤めた会社を辞めました。その後、3年くらいはしょっちゅう夢をみました。なんだ辞めてなかったんだ良かった!と思う夢でした。子供達と一緒に過ごせる幸せと、自分が立ち止まってしまったような悲しみと…複雑な心情でした。育児をしながら資格の勉強をし、下の子が高学年になったとき以前とは全く違うけれど、昔から興味があった仕事に就くことができました。あのままずっと会社に勤めていたら一種類の人生しか歩めなかった。辞めたおかげで育児に専念する時間が持て、新たなことに挑戦する時間も持てた。結果、豊かな人生になったなあと思っています。子供と夫に感謝です。

ユーザーID:3562291299
応援します!携帯からの書き込み
みさこ
2018年7月4日 8:43

トピ主さんの勇気と決断を心から応援します!
私もメーカー勤務、子供2人です。
仕事も子育てもどちらも中途半端、どちらも自分でも上手くできてないと思うし、周りにも迷惑ばかりかけているし。
自分自身について、ゆっくり考えてみるきっかけを頂きました。ありがとうございます。

ユーザーID:4932174793
楽しい夏休みを!
けろけろ
2018年7月4日 9:40

今年の夏休みはお子さんと沢山思い出を作れますね!
海やプールも楽しいですよ
お金にはかえられない体験ができますね!
下の子がある程度大きくなったら、また仕事探せばいいんだし

ユーザーID:7889499389
お疲れ様でした。携帯からの書き込み
ごはん
2018年7月4日 10:38

育児は今だけ、仕事は一生続きます。三歳のこの子の今は三歳の今だけ。
小2のこの子の今は今だけ。
きっと明るい育児や未来になりますように。

という私も働いていますが、お母さんの決断に、エールを送りたい。きっと今は甘えたり泣いたり必要な時期なんだって思います。

すこし肩の力をぬいて、楽になってね。がんばれ!楽しみはこれからだ。お母さんがんばれ。

ユーザーID:0928834747
素敵な選択だと思います。
yuki
2018年7月4日 11:17

私はパートをしてますが、出産前に働いていた職場をやめた事、
後悔してました。
今も働いてる友達の話を聞いてると羨ましいなって思って・・・
でも、先日娘にお母さんもっと働いてお金を稼いでいたら
美味しいもの食べに行ったり今以上にいい暮らし出来たんだけどね〜
って話をすると私は帰ったらお母さんが居てくれる方がいい。
お母さんと一緒に過ごせる時間が沢山の方がいいって言ってくれて
とても嬉しかったです。

子供たちにとって本当に素敵な選択だと思います。
これからは子供たちに寄り添ってあげてくださいね!

ユーザーID:0138480186
エールを送ります
tenagazaru
2018年7月4日 11:32

 お子さん方の様子に、照準を合わせた結論を出された事を、応援します。良いご両親だな、と思います。

 どうもないお子さん方もおられるでしょう。お子さん方の様子に気付いても、子供の為に家にいる生活を選択出来ない現実に直面しておられる方もあるでしょう。そして、気付いていても、自分を優先する方もおられるでしょう。それぞれの正解があると思います。でも、主様のような選択をするのは、現在、日本社会は逆風ではないですか。

 それでも、お子様方の様子に気付き、向き合い、優先すべきを「子供」と見極めた主様御夫婦の決断を、応援します。

 いつの間にか、世間では「家にいるお母さん」=「働かない(働けない)お母さん」「能力の無い女性」になって来てしまっているように思います。その空気感が増す毎に、「誰が子供を育てるんだろう」「誰が子供の思いに寄り添うんだろう」「ゆっくり発達する子はどうなるんだろう」と思っています。

 たまたま我が子には、発達障害がありました。知的に遅れがありませんでしたので、気付くのが遅れました。でも、「この子の考え方、気付き方」に寄り添えたのは、私が専業主婦で観察したり、見守り、導く時間を惜しまなかったからです。発達障害を持たない兄弟もいますが、手がかからない訳ではなく、一緒に生活したり育つ中で、何倍もの配慮や支援を必要とします。効率なんて、求めてたら、子供達は育ちませんでした。

 何年かしたら、「あっ、巣立った」という時が来ます。精神的に子供ではなくなったと、感じる時がやってきます。発達障害を持った子でもそうです。ようやく、よっこらしょと、自分に向き合って見て、中年のおばさんになってしまっている事に、少々ギョッとしました。のんびりとパートをしています。社会の中では、隙間感が否めませんが、出会う方々を大切にしていると、「隙間だって必要よね」と思えます。

 

ユーザーID:7498168079
 
現在位置は
です