現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

主人からの小遣い制廃止の提案について

悩める主婦
2018年7月8日 9:29

30代半ばの夫婦、小学校高学年の娘が1人の3人家族です。
私はずっと専業主婦でしたが、最近パートを始めました。

結婚してから10年以上、
主人は毎月の給料と年2回の賞与を全額家計に入れ、
毎月2万円を小遣いとしています。

先日主人から「家計と小遣いのバランスを変更したい」と言われました。

主人の提案は、今後は小遣い制ではなく、
・「世間平均年収の手取り相当を全額」家計に入れる
・残りは主人のもの
としたいとのことです。

世間平均年収は、厚生労働省のHPで「都道府県別・年齢別・男性」を年1回確認するとのこと。

例えば主人の実際の年収が600万円でも、世間の平均年収が500万円だったら、世間の手取り相当(500万円の8割=400万円)を家計に入れ、残りは主人のものとなります。

そのかわり、主人専用の費用(主人の衣料代や散髪代、携帯代、昼食代、飲み代、主人の車のガソリン代など)は、家計から一切出さなくて良いと言っています。
(遠出の家族旅行など、イベント的な費用は別)

主人が言うには
・同じ地域の同世代の稼ぎをまるまる家計に入れる計算
・さらに俺にかかる費用は家計から出さなくて良い
・3人家族だし、持病など特別な費用がかかる事情もない
 (子供は1人のままでいくことは既に合意済みです)
などの理由で、今後の家計も世間よりは余裕があるはず。とのこと。

理屈そのものは理解できるものの、家計に入る実額は今までより下がります。
(今回初めて「賃金構造基本統計調査」を見ましたが、主人の年収は世間より100万円以上多いのです)

私としては、できれば現状のまま、やったとしても小遣いの増額などで対応したいのですが、、、
なんとも言い返す言葉がない状況です。

なにかいいお知恵はありませんでしょうか?
また皆様はご主人の収入と家計のバランス、どのようにされていますか?

ユーザーID:8473123985  


お気に入り登録数:347
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:104本

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主さんのパート収入はどのように?
HALL
2018年7月8日 12:03

主に家計を担っている人が家族の為に働く意欲を保つため、大黒柱の言う通りにするしかないです。
だってどんなに妻が反対したって、実行されたらどうにもできない事だから。

そもそもさ、平均的な年収よりも多く稼いでいる人のお小遣いが月2万円って少なすぎたのですよ。今までがトピ主さんにとって都合の良すぎる贅沢な暮らしだったんでしょう。
これからの余裕の分は主さまがパートでせっせと稼ぐしかない。
まさか今まで全額自分のお小遣いだった訳じゃないでしょうけれど。

ユーザーID:9855399213
うらやましい携帯からの書き込み
3時の母
2018年7月8日 12:10

うちは平均年収の2.5倍ほどで、主人のお小遣い分は二万五千円、残りは私がやりくりしています
実際には生活費(食費、医療費、衣料費、子どもの学費やお稽古代など現金や他の口座に移してで支払うもの)には毎月25万円程です

トピの通りなら月に30万ちょっと貰えるのですから余裕の生活な気がします

うちは子どもも3人いて、25万以外のお金の遣り繰りも私です
私立理系の大学に通う長男もいて、残りの二人もどうやら理系の様子、まさかの3人私立理系なら長男の学費を支払いつつ毎月15万ほど貯金を確保していかなければならず、心細い思いをしていますが、毎月お小遣いを受け取るだけの主人は家計の事など何も知らずに過ごしていて正直のんきでいいなぁと思います

たくさん稼いで来てくれて、平均の半分以下のお小遣いで一度も値上げも感謝しろとも言わないので、本当に尊敬し感謝してますが、立場を逆にして毎月必要なお金だけ受け取って、その中で暮らし、子どもの入学の時に「にひゃくまんえんいるんだけど」と言えば「はいよ」と持ってきてもらえる生活にも憧れます

将来まで見据えた金銭の計画は本当に大変です
私が白髪だらけで夫の髪が黒々ふさふさとしているのは、このせいかもしれません

子どもの学費と住宅ローンと老後の貯金さえ確保出来る計画がたてられる(夫側がきちんと確保してくれていつでも開示してくれる)なら、私なら毎月生活費を頂く生活がいいです

ユーザーID:1981995279
なかなか面白い提案ですね
とくめい
2018年7月8日 12:24

家計の管理を担うという場合、家計はなるべくかからないよう管理し、残った分は夫に返すというのが基本だと思います。

2万円のお小遣いはあまりにも少なすぎたのです。それでは夫がキレるのは当たり前でしょう。そのことに気が付かなかった時点で管理者としての能力は無かったと反省しましょう。

年間400万円、月に33万円もらえるというのは考えようによってはそれほど悪い条件ではないと思います。家のローンはどこから出すのか、夫の老後資金はどこから貯めるのかなど細かい条件はわかりませんので確定的なことは言えません。
ですが、政府の統計見ればわかりますが、3人家族の消費支出はそれほど高くありません。夫にかかる消費も考えなくて済みます。子供の進学などに必要な将来の貯蓄も貯められるでしょう。自分の老後資金はご自身のパートから十分出来ると思います。

あとは、将来は夫の扶養を外れて稼ぐことを考えましょう。

そしてこれが極めて重要ですが、夫の年収が上がった場合に備えて、月々の生活費の振り込みに感謝をしましょう。感謝の気持ちが伝われば、多くの場合夫は家族にお金を使うはずです。

ユーザーID:8931925759
信用してないの?
オレンジ
2018年7月8日 12:37

うちは共働きですが小遣い制は敷いておらず、互いが家計から好きに支出している状況です。
お互い金銭感覚に信頼を置いています。

けれどお金の管理はとても難しいもので、一部の人にとっての貯金は、ダイエットを成功させるのに似た苦痛が伴います。
ですのでご主人が「あるだけ使ってしまう」タイプなら、そうでない伴侶が管理するのは合理的であると考えます。
けれど理性的にお金を使える人であるなら、トピ主さんが管理する必要はありません。
管理の必要がないのに管理を強要するのは、ご主人の人格を貶める行為です。

今後も小遣い制を敷きたい合理的な理由があるなら、それを伝えればいいと思います。
ではなくただの支配欲からコントロール下に置きたいというなら、諦めましょう。

ユーザーID:4410350728
家族ですか?
父さん
2018年7月8日 12:37

お互いに夫婦や家族について良く話し合ったらどうですか?器の小さい旦那さんですね。
子育ても家も両親の介護、妻も大病してお金かかりましたが、もっと稼ごうと必死に仕事勉強しました。
逆に大抵のもの買えるようになり欲しい物が減りました。

ユーザーID:7504066720
いっそ家計を任せれば
道端の散歩者
2018年7月8日 12:48

>毎月2万円を小遣いとしています。

世間の平均より100万円多い年収のアラフォー男性に
それは今まで少なすぎましたね。
ご主人の提案はその反動でしょう。
今までを当たり前としてきたトピ主が
ご主人の気持ちに気づかず、少々鈍感でしたね。
言ってみれば、ツケが回って来たとも。

お話合いがどうなるか分かりませんが
元の分母が小さいので少々の増額では納得しないでしょうね。
倍額にしても納得されるかどうか。
金額そのものもですが
今までの不満の蓄積という心理的なものもありますので
なかなか話はまとまらないではないでしょうか。

話し合いの資料として
同年代の男性のお小遣いの平均月額を調べたらいかがですか。

最近パートを始められたとか
そのパート給与を全額ご主人に渡して
その中からあなたの「小遣い」をご主人から受け取るようにすれば
今までのご主人の気持ちがよくわかるようになりませんか。

ユーザーID:7662200079
夫の主張に賛同!!!+夫に家計を任せてもいいかも
通りすがり
2018年7月8日 13:15

小遣い2万円ってどんだけ夫を下に見て馬鹿にしているのですか!?
一日当たり600円、ソフトドリンク飲んだら終わりますよ。
年収200万なら分からんでもないけど、平均よりも年収百万も高いご主人に10年以上それを強いてきたのですか(驚)!
もう家計ソックリ全部夫管理でいきましょうよ。

さて、トピ主さんに質問です。
この10年間で世帯年収の何割を金融資産として積み上げて形成してきましたか?
実績が夫への説得力になります。

今までが貯め時でしたから夫の小遣いを月2万円までケチってでもさぞ多く貯めてきましたよね?
平均よりも年収百万以上多いようですから、その分の一千万は上乗せして更に多く貯めてこれているか、とっくに住宅ローンの繰り上げ返済に回せる計算になります。

小遣い制を阻止したいなら、今まで10年間の家計簿と資産の一覧とマネープランを夫に示し、
「二人で節約して努力してきたから
(例)35年の住宅ローンをやっと完済したのよ。
(例)学費として〇円貯めてきているのよ
などと実績を示し、
今後の予定を
(例)今後10年学費〇円必要だから毎月〇円貯めたい
(例)老後資金25年で〇千万円用意するには、毎月〇円個人年金を増資したい
(例)今後水回りの修繕費が〇円必要になるから今から毎月〇円用意したい
などと数字で夫を納得させる。
夫婦で話し合って、二人の折り合いをつけていく。

10年もあったのに確たる実績が無いのなら、いっそのこと夫に家計を任せてみましょう。
妻は食費や日用品などの日々の生活費と小遣いを受け取り、後は夫に任せる。
もちろん、妻は夫の担う家計財政状況を月一なり年一チェックする。

もうお子さんも小学校高学年ですから家事も教えれば学業に支障が無い範囲で短時間できますよ。
家計に入るお金を増やしたければ妻も非正規でもフルタイムでバリバリ稼ぎましょう。

ユーザーID:6326215648
何がビックリって
山の上
2018年7月8日 13:37

30代半ばで平均よりも年収で100万も多く貰っている、つまりおそらくは部下がいる立場で、小遣い2万円で暮らしているご主人の忍耐に尊敬の意味でビックリです

外でご主人に恥をかかせる様な節約させてどうするのですか?

専業主婦の金銭感覚で、社会でそれなりの仕事をしてる男性の暮らしは格好つきませんよ(私も専業主婦なので、立場をバカにしているとかではなくて、立場や金銭の感覚は違うという事です)

5年前に小遣いを倍にしていたら、こんな事を言い出されなかったんだろうと想像します

今回はご主人に従ってはどうですか?

ユーザーID:5793038472
実績あり携帯からの書き込み
夢物語
2018年7月8日 14:19

今までキチンとお給料全額あなたに渡していたご主人、立派な実績ですよね

ご主人の提案通り受け入れて何か困りますか?
何故こだわるのですか?
だってあなたはフルタイム勤務ではありませんよね?

ユーザーID:2958542822
どうして困るのでしょうか
国破山河在
2018年7月8日 15:23

おそらくは2万円という小遣いが少なすぎてご主人の不満が限界を超えたのでしょうね。

どうしてトピ主さんは、この変更が困るのでしょうか?あなたもパートを始めたのならなおさら家計をまわすのは楽になっているはずです。

いいお知恵、といいますが、いままでと同じ額家計に入れてもらわないと困る理由を論理にご主人に説明されればよいだけです。
食費、家のローン、保険、教育費、老後のための貯蓄等の内訳を示して、これだけないと困るというのを説明すればよいだけですが、そんなに難しいことでしょうか。他人に知恵を借りるほどのことではありません。

ユーザーID:9647013696
我が家は結婚以来、必要な生活費を預かる形です
たろすけ
2018年7月8日 15:33

水道光熱費、食費、雑費、子どもの教育費などを毎月預かります。

住宅ローン(返済完了しました)、車関係費、固定資産税、保険、などは夫が管理しています。

私は専業主婦ですが、時々収入があります。夫はそれに関しては関心ありません。
子どもが生まれるまで仕事をしていましたが、当時の給料も生活費には入れていませんでした。今は、ボーナス時期に「妻の小遣い」として半期分、いただいています。

というわけで、うちは小遣い制ではないのですが、理由は夫の会社の社内預金のほうが市場金利よりほんの少しですがいいからです。


トピさんのご主人の申し出は、とくにおかしいことではないですし、トピさんもパート収入があるのであれば、月々困ることがあるわけではないですよね?何が問題ですか?
逆に、ご主人がそういうことを言うには理由があるはずです。
あなたのお金の使い方に疑問や不安があるのでは?

ユーザーID:5061996375
当たり前でしょう。自分で稼いだ金は自分で使いたい
ひろし
2018年7月8日 15:46

>なにかいいお知恵はありませんでしょうか?

目覚めてしまったご主人に、また目をふさげとかいう方法は、いずれ離婚にまで至りますよ(俺としては同士が増えるので結構ですが)。

それより、もし、トピ主が家計全体の今までの貯蓄を増やしたいというのなら、トピ主自身がもっとパートよりも正社員になるべく努力しないんですかね。
お子さんも小学校高学年なら、もう少し家族としての自覚が必要でしょう。そろそろ受験も考えなければならないんじゃ?
お金が減ることよりも、もっと増やすことを考えなければ、これからのグローバル社会はやっていけませんよ。

>・残りは主人のもの
>としたいとのことです。

当たり前の話でしょう。トピ主さんが逆の立場だったらどう思いますか?
そろそろ、ご主人の希望通りにしてあげてはいかがですか?我慢させてきたんですよ。
ご主人がそれを切り出すのには、相当の勇気がいった筈ですよ。

内助の功とかいうのは、ご主人を立ててこそですよ。

ユーザーID:7206556776
こづかい制ではないです
ままん
2018年7月8日 16:13

収入は主人しか知りません。
純粋な、家での食費雑貨費用のみ
夫の決めた額をもらっていて、
残ったのは好きにしてねというスタイルです。
家の家賃や学費、習い事、水光熱費、外食、レジャー、旅行なども
すべて主人が出します。

稼いでるの主人なんで、それでいいし、
主人はきちんとお金を管理できる人なので
お任せで私はなにもしないです。

おこづかいどのくらい使ってるんだろう。
つきにより違うと思うけど、主人が自分でコントロールしてます。
まあ、あくまできちんとコントロールできる人なので
お任せなのですが。

もらったお金がそうそう余るわけでもないので、
大きな金額のものが必要なときは別途お願いします
それでなんの不自由もないです。

もしも逆に私が稼いでたら、全額取り上げられて
おこづかい制なんてぜったいいやだしやってられないと思う。

ユーザーID:4730088271
稼ぎ手の意向が全て
ひろひろ
2018年7月8日 16:18

稼ぎ手である夫がそういう意向であればそうするほかありません。
夫の収入はまず第一義的には夫個人のもの、あなたがこれまで夫の収入全てを手にできていたのはたんに「夫の好意」があってこそのものであって、妻であれば当然の権利でもなんでもありません。
夫がこれからはそういうやり方でやっていくと言っている以上、あなたにそれを阻止することはできません。

世界的には、妻が無収入の場合、夫が自分の収入から、妻に生活費として必要な金額を渡す方法をとっている国の方が多いようです。あなたたち夫婦も「世界標準」のやり方にしたいと夫が言ってきただけの話です。

ユーザーID:3556143086
トピ主さんはいくら家計に入れているの?
つっここ
2018年7月8日 16:29

専業主婦というからには、恐らく不労所得かそれまでの貯蓄が相当額あり、
そこから家計に回しているのですよね?
年齢的に年間300〜350万くらいでしょうか?
トピ主さんも同じように国が発表する基準のみを生活費に入れて、
残りは自分で運用なりすればいいのではないでしょうか。
収入は個人のものですし、旦那さんの提案は問題ないものと思います。
結果として家庭を維持できないならば問題ですが、
過剰に生活費に回す必要もないでしょう。
健全に家庭が運営できるだけ家計が確保できればそれ以上必要という
理屈はないと思います。
あったらあるだけ家計に入れろという理屈に驚きます。
また、ボーナスを家計に入れるという発想にも驚きました。
インセンティブや賞与は個人の頑張りに対し支払われるものですから、
それを家計に入れるのは道理があわぬのではありませんか?
本人がどうしても入れないなら別ですが。
周りにそんな鬼のようなことをする家庭はないので驚きました。

なんにせよ、それでも子が育ち老後資金も貯められるなら家計を負担するものとしての責務は
果たしており、責められることもなければ、反論の余地もないでしょう。
ジャイアニズムを振りかざすなら全額入れろと言うのかもしれませんが、
理屈や道理は破綻しています。
もし万が一、あなたが今現在200万300万程度も家計に貢献していないなら
なにもいう権利はないでしょう。お金は出さずに口だけ出すのは御法度です。
仮に家事を担っていたとしてもこの平成の世の一般家庭の家事など
勤めていても事足りますので、言葉を選ばなければ穀だけ消費している存在です。
自分の面倒も自分でみられていないのに配偶者とはいえ人に口出すのはおかしいです。

ユーザーID:5234460752
話し合うべきは、これからかかる、学費と老後資金だよ
へび苺
2018年7月8日 16:29

平均とかどーーでも良いから
ファイナンシャルプランナーにでも相談して、これからの学費、老後資金のために
50歳までにいくら、60歳までにいくらの貯金が必要で、老後はこんな生活になるという
話をしたら?ザックリ、都道府県別平均と言われても、その生活で良いの?家族全員?
ちなみに、夫の小遣いというのは、手取りの一割が妥当学と言われてまして
2万円は少ないだろうけど、御主人の提案は、かなり乱暴だし
夫婦揃って、極端な人たちなんですね〜・・・。

ユーザーID:3688385019
レスします
もえぎ
2018年7月8日 16:55

要は妻に丸々、自分の稼ぎを渡すことに抵抗があるってことでしょう。
確かに、小遣いが月2万では出来ることも限られて勤労意欲も
上がらないでしょう。
世間平均年収をもってくるあたり、なるほどと思うけど
非正規雇用が増える一方の昨今で、今後、平均年収なんて
下がる一方ですよ。つまり、今後ご主人の小遣いは増える一方になり
ます。それに比例して、お子さんの教育費は上がる一方です。
妻が専業で娘さんを将来進学させたいなら、つまりご主人の小遣いを
上げられる要素などどこにもないわけで。
結婚している世帯収入については、誰がお金の管理をするか?というより
も皆が文句の無いように将来的なお金の計画図を把握する必要が
あります。今後、どれくらいお金が必要なのか、しっかりリサーチし
表にでもしてご主人に突きつけて納得させるべきだと思います。
進学したい場合、夏期講習で15万飛ぶそうですよ。
ご主人の言う通りにしたら、将来問題になると思いますし
実際問題、賢いお父さんは他で何か稼いで小遣いにしてますよ。
それが一番家庭が揉めない。

ユーザーID:3483663009
提案の理由を明確にしては携帯からの書き込み
2018年7月8日 17:58

夫さんの年収はいくらなんですかね?
夫さんの提案にしたら、生活費と貯蓄はどうなるか、シミュレーションしてみては。

夫さんの提案にしたら、夫さん専用費用は実質増えるのか、減るのか。
家計の貯金率はどうなるのか。

あと、平均年収を男女含めてにするのか、男性だけにするのか、お住まいの都道府県の平均にするのか全国にするのかでも、年間100万単位で変わって来ます。

また、夫さん費用は出さなくて良いと言っても、夫さん専用費用はどれと線引きするかも曖昧でしょう。トピ主さんがつけている家計簿のうち、具体的にこれとこれ、と、示していますか?

家計に入るお金が減る、というのが、以上のような曖昧事項を明確にした上で、やっぱりトピ主さんと娘さんにかけられるお金が減り、貯金ができなくなるといったことなら、夫さんの提案の方法でも、実質金額はトピ主さんに留めるよう交渉する必要があるかもね。
例えば、娘さんの学資保険支払いは給与天引きにして、夫さんが家計に入れる金額算定の外にする、とかね。

また、家計簿中、トピ主さんの費用や娘さんの習い事が多いとか、貯金率が高すぎるなら、トピ主さん費用を減らして対応したり、娘さんの習い事をやめるべきか親子3人で話し合ったり、貯金率減らして夫費用を増やすので良いか夫婦で確認でしょうね。

ユーザーID:3503580294
ご主人の主張はもっともなことでは
ご主人がんばれ
2018年7月8日 18:33

40代半ばの男性です。
うちは兼業ですが、基本的に費用と貯蓄は折半で、個人的な金銭管理は個人でやってます。

それなりに稼ぎのある人のお小遣いが月たった2万円なんて可哀そう過ぎませんか。
こういうのを見てるから周りの若いやつは結婚したがらないんだろうなと思います。

自分の思い通りに何もかもしようなんて虫が良すぎです。

ユーザーID:5067022037
人それぞれです。
まも〜ん
2018年7月8日 18:37

お子さんが一人で平均並みに入れてくれるなら
トピ主さんも働くのですからどうにでも
なりますよね。

特に問題のある提案でもない気がしますが、
何が問題なのでしょうか?

しいて言うなら貯金は誰がどのようにするのか
話し合っておけば十分かと思います。

ちなみに平均より稼いでいるのに、お小遣いが
2万円では可哀想すぎます。

ユーザーID:7767105620
 
現在位置は
です