現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

息子の成長 携帯からの書き込み

スポ少母
2018年7月9日 8:46

うちの息子は小4です。

小3でサッカーを始めて、試合をしても1点も取れずに終わってしまう弱小チームです。
人数も少ないので、皆で交代でゴールキーパーをしています。

昨日は息子が試合でゴールキーパーになりました。

相手チームに点を入れられるも、息子も良くボールを取っていました。ただ、まだボールを蹴る力が弱いので、同じチームにボールが届かず仕舞いでした。

ボールを取る→蹴る→相手チームに奪われシュートをされてしまう→ボールを取る→蹴る→相手チームに奪われシュートをされる状況になってしまいました。それが何回か続きました。

親としてはハラハラしながらも、その状況に笑ってしまいました。

最後は強く大きく蹴れる子に代わりにボールを蹴ってもらっていました。

でも、その頑張りをコーチが認めてくれ、優秀選手賞に選んでもらえました。

息子はそれが嬉しかったようで、帰ってきてもらった盾を前に宿題をしていました。

自主ノートの宿題なので、いつもはドリルを少なめにやる子なのですが、珍しく理科のプリントの内容をびっしり書いていました。

私は、そっちも驚いていっぱい褒めてしまいました。

多分、私が普段より優しく、ニコニコしているのが嬉しいようでした。

「今度から、宿題は金曜日にやろうかな」と息子。

「週末は試合だから、金曜日にやっておきなよ」と私がいくら言ってもやらなかった息子。

一気に成長した気がしました。

なんだか、嬉しくてトピにしました。
読んで頂きありがとうございました。

ユーザーID:3023923116  


お気に入り登録数:8
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
良かったですね!
北風と太陽
2018年7月9日 9:48

褒めて(才能を)伸ばす
分かっていてもなかなかできないものです。

お母さんも、今回は頑張りましたね。

ユーザーID:1967116934
そうそう!
たまき
2018年7月9日 10:13

上手い下手、出来る出来ない、ではなく、何事もがんばることが大切。
私もずっと息子にそう教えてきました。
それでも前向きになることもあれば、後ろ向きになることもある。
そんなことを繰り返しながら前を向いて進んで行って欲しいですね。
息子さんの様子を見て笑っていられる、見るべきところを見て褒めてあげられるトピ主さんも、母親として優秀賞だと思いますよ。

ユーザーID:9787102439
褒められるってすごく大事携帯からの書き込み
レモン冷麺
2018年7月9日 19:31

特に男の子にとって頑張ったことに対して褒められるってすごく大事。
単純なんだけど、それが重用なバネになります。
いい経験になりましたね。親子ともに。

ユーザーID:7182227214
最後がよくて、涙がでました。
ぽぽ
2018年7月10日 15:47

途中まで、ハラハラして読みました。

一生懸命にボールをとっても、蹴る力が弱くて、相手に奪われて得点・・・それを、ご両親が笑ってしまったというところに、息子さんの気持ちになって悲しく思っていました。

でも、後半、頑張りをコーチが認めてくれて最優秀選手に選んでもらえたということに、胸が熱くなりました。

コーチ、素晴らしいですね。

認めてくれたコーチと、褒めてくれたお母さん。

間違いなく、息子さんの可能性を一気に広げて、素晴らしい思い出になったと思います。一生嬉しい思い出として記憶に残り励みになるかもしれませんね。

ユーザーID:1435355257
トピ主です携帯からの書き込み
スポ少母(トピ主)
2018年7月11日 11:32

読んで下さって、投票して下さった皆さん、レスを下さった皆さん、ありがとうございます。

私自身、あまり褒められて育ってこなかったせいか、褒めるということに照れがあるというか、うまく褒められない母親です。

ついつい、今回も「頑張ったね。でももっと蹴る練習をしないとね」と言いそうになるのを堪えて、「頑張ったね。あの点数で抑えられて良かっね。コーナーも褒めてたよ」と言ってみました。

ただ、ちょっと笑いながらというのは、キーパーがすぐに蹴るときは、点が入っていない時なんです。点が入ると、キーパーではなくコートの中央にボールを戻し、仕切り直しな感じになります。

蹴って、奪われて、取って、と3回くらい繰り返していたので、コントみたいに見えてしまいました。

相手チームがすぐにシュートをしても入らない感じが、息子の強さなのか、相手チームの弱さなのか、もどかしさというか、「あー(落胆)」が入っての、「あはは」です。なので、実際は3回目くらいの時くらいですかね。

でも、弱小チームって面白いんですよ。皆で、ボールのところに行って、ボールのところに皆が動くんですよ。遠くで見ると同じユニホームの子が、同じ場所に集まって蹴っている感じです。

上手い子も何人かはいるのですが、なかなか、パスが通らないのもあって、皆、その子についていくような感じです。

いつも親達は、「皆、可愛いね」と見ています。

それでもだいぶボールを触れるようになったし、ヘディングも出来るようになって、親は目を細めるばかりです。

本人も今回、優秀賞がもらえて自信になったと思います。

皆さんに私も褒めて頂いて嬉しかったです。ありがとうございました。

ユーザーID:3023923116
 
現在位置は
です