現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

中学生の娘のウソ

メリッサ
2018年7月9日 16:57

トピ閲覧、ありがとうございます。

中1の娘なのですが、何か自分にとって
不利益なことがあると、すぐに嘘をつきます。

例えば、
・テストで満点を取った→ 実際は90点
・試合のレギュラーに選ばれた!→ 落ちてました 
・友達が先輩に怒られていた→ 本当は自分がやらかしていた
など。

何も聞いていないのに自分で、
「満点とった」「レギュラーは自信ある!」
「部活で友達が怒られてた」「先輩同士が喧嘩してた」

とか、何かにつけて嘘だろ…?
と思えるような事を言うようになりました。
それ、本当?嘘つかなくていいんだよ?別に。
というと、「本当だよ!」と言います。

部活のレギュラーも、必ずなりなさいよ、と
言ったことも煽ったこともなく、当日は
気楽に頑張ってね! とだけ言いました。

友達が怒られた話や先輩が喧嘩した話は、
向こうから言いだしました。
何となくですが、嘘なんじゃないかと思っています。

理由は、その数日前に、
同じ様な内容の話を娘が話してたからです。
タイムリー過ぎるのです。

その時は、なぜ突然そんな話をしだしたんだろう?と
思いましたが、その事で何かしら先輩に
怒られたからかもしれません。

友達の名前を聞きましたがそんな子には思えませんし、
先輩の事はどんな子なのかも分かりません。
ゆえに、嘘じゃないかと思いました。

思えば、高学年の頃から
ちらほら自分を守る嘘を言っていたような気がします。

娘は、運動神経も手先も不器用で、
活躍したりするなど目立つ子ではありませんでした。

小学生の頃は、習い事でもあまり上達の無い娘を
指導したり叱ったりもしましたが、
そういう過去が積もった現在なのでしょうか‥

一つでいいから、出来る子にしたい。
それだけの思いで育ててきましたが、
これから、どう接していけば良いでしょうか?
精神面が悪い方に行かないか心配です。

ユーザーID:7941949974  


お気に入り登録数:53
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本

タイトル 投稿者 更新時間
怒られるのが怖い携帯からの書き込み
通りすがり
2018年7月9日 18:18

今は親に対する嘘で済んでいますが、だんだんエスカレートしていくと、友達や先生にまで嘘を付くようになります。
ソースは私です。小さい時から何かにつけて、私は母から怒られて育ちました。一度も褒めて貰ったことはなかったです。
怒られたくない、褒めて欲しいという思いから、トピ主娘さんのような自分を守る嘘を付いていました。
大学入学を機に母から離れたことで、次第に嘘を付くことが減ってきました。
今は嘘を付くことはないです。

娘さんを叱るばかりではなく、褒めてあげて下さい。娘さんの存在を認めてあげて下さい。トピ主さんはそんなつもりじゃなくても、娘さんはそう思っていません。

ユーザーID:9249065515
ありのままは不可だから携帯からの書き込み
おにはは
2018年7月9日 18:47

ありのままのお子さんは、あなたの理想じゃないのでしょう。

「成績が良くて友だちからも好かれて部活もバッチリ出来て、常に優等生。」
あなたの望みを叶えて喜ぶ顔が見たいけど、叶えられない自分だから嘘をつく。

「理想の子供」でいないと、親から嫌われるに違いないと思い込んでいます。

>満点とったよ!
実際は90点…えー、凄いじゃん!
それではダメなの?

次は頑張ろうとか、もう少し見直しすれば100点だったねとか、プレッシャーかけてませんか?完璧を求めてませんか?

嘘をつくのは悪いことです。
こちらも嘘をつかれると、悲しい気持ちになります。

とりあえずその2点だけ伝える。
ありのままを受け入れる覚悟をもつ。完璧なんて存在しません。

ユーザーID:1184938046
褒めて欲しいんでしょ
HALL
2018年7月9日 18:48

嘘だとわかっていても「すごいねー おめでとう」と言ってあげましょう。心が痛くなって嘘で自分を上げた話をするのを止めると思います。

要は、母親に手放しで褒めて欲しいんですよ。

ユーザーID:3092503568
親に認められたい為の嘘なんだと思う携帯からの書き込み
匿名
2018年7月9日 19:06

一つでも出来るような子供になって欲しいという、小学生の頃の厳しい態度が嘘に繋がったと思います。
トピ主に認められたい、気を引きたい、その為の嘘なんでしょう。

中1ですから、ちゃんと対処した方がいいです。
嘘をつかずに本当の事を言ったら、物凄く誉める。
本当の事を言うと、こんなに誉められるんだ、と思わせる事なんです。

嘘を少しずつ減らしていくのがいいかと思います。

ユーザーID:9612596695
うちの場合は
大学生の母
2018年7月9日 22:10

「お母さんにはウソつかないで。ウソついてたら、もし何かあってもあなたを守ってあげられなくなるよ」

と言いました。

ユーザーID:4141361951
うーん
晴れ
2018年7月10日 1:42

>小学生の頃は、習い事でもあまり上達の無い娘を
指導したり叱ったりもしましたが、
そういう過去が積もった現在なのでしょうか‥

大いにあるかもしれませんね。
子育てって、幼い時の親の接し方が本当に影響するもので、多感な時期になって親が態度を変えても子供の中にはある程度の人格は出来上がっちゃってるもんです。

おそらく「私はこういう子じゃなきゃいけない」という刷り込み(幼少期、母親に叱られたトラウマのようなもの)があり、それを常に妄想してその妄想を語ることで事実とのギャップから逃避し、母親に良いところを見せなくちゃ、という精神状態になっているんだと思う。

難しいですよね、、矯正するの。中学生でしょう?
そうだなあ、、嘘は叱るべきことなんですけど、あなたのお子さんの場合それをすると逆効果になりそうですし、本人がもっと素の自分を肯定できるよう、あなたが接していくほかないかも。

実際の自分の自己肯定感が低いことで嘘をつくんだと思うんで。そこをあげるために。
嘘は癖になると今後の人生に厄介な悪影響を及ぼします。
中学校1年生、ギリギリ今のうちに、お子さんに向き合って、何か「あなたはそのままでいいのよ」と伝わるような、そんな安心感を与えられるような生活をするしかない。

あなた自身、世間体をすごく気にしたり少々見栄を張ったり「こうあるべき」が強かったりってありませんか。
誰しも多少はあるものですが、それが度が過ぎる母親の背中を見ていると、劣等感のある子どもは嘘をついたりってあるような気がします。

ユーザーID:4056507645
たぶん性格携帯からの書き込み
posuyumi
2018年7月10日 8:35

ちょっとしたうっかりミスしたけど内容的には満点みたいなもの、
先生がレギュラー発表したとき他の子たちもすぐに交代の可能性あるからな!レギュラーと同じだと思うようにと話した、
部活でのあれこれは聞いてほしいけど自分が怒られたってことだけ伏せたい。

あんまり物事の線引きをしないでざっくり大まかなとこで把握し話す傾向があるんでしょうね。
親に向かって言ってるだけならいいんですけど、友達にそうしちゃうと信用されず大変困ったことになりそうです。

今は問題になってないのでそれほど大げさにせず、事実と違うことがわかる都度に「なんだー違うじゃーん、逆にがっかりしちゃうから言い方考えて?」と、事実のまま言うほうがあとあといい、ということを伝える。
あとはその虚言癖をもとに、いじめられ始めてないか注意しておく。ではないでしょうか。

ユーザーID:0365329259
習い事って?
くま
2018年7月10日 11:56

トピ主様は経験者か、その道のプロなんですか?
保護者の方で、横から口を出す方がいらっしゃるんですよね
私は指導者ですが、一番避けたいタイプです
指導、叱るのは、指導者に任せないと!すぐに退会されるんですよね

内容ですが。「いい子」が、お子さんのポジションで、お母さんの気を引きたいのではないですか?褒められたい、話したいのではないでしょうか?
あまり責めないで、トピ主様も大騒ぎしないで欲しいです
会話をして、今のままの姿を認めたら嘘も言わなくよくなると思います
今はだって、嘘でも言わないとお母さん笑ってくれないのでは?

>気楽に頑張ってね
なんて言われてもな・・・私なら、休まないこと等を褒めますけどね

それと。
>一つでいいから、出来る子にしたい
トピ主様はいかがですか?子供って親を見て育ちますよ

お子様が不憫に思えます お母さんが大好きなんだろうな・・

ユーザーID:8886228551
ありがとうございます
メリッサ(トピ主)
2018年7月10日 16:20

大学生の母さままで
拝見させていただきました。

なるほど、そうか、
もっと褒められたかったんですね。

至らなかった所は
厳しく叱咤激励してきましたが、

同じくらい、いや、それ以上に
褒めていたと思います。

でも、人は嫌なことは記憶に残りやすいと
聞いたことがありますから、
怒られたことの方が鮮明で、
褒めたことすら消えてしまっているのかもと
思いました。


>次は頑張ろうとか、もう少し見直しすれば
>100点だったねとか、プレッシャーかけてませんか?
>完璧を求めてませんか?

確かに、この通りです。

でも、親であるみなさんは、
こういうことはおっしゃらないのでしょうか?

もう少しで満点。満点を目指そう。
は、いけないことなんでしょうか。

プレッシャーはかけてきたと思います。

そうしないと、上位にはいけない。
みんなはもっと頑張っているからって
どうしても思ってしまいます。

足りなくても褒めて、
将来思うような未来を描けなくなって
親を恨みませんか?

実は私が、そうだったので…

私の両親は放任で、勉強をしろとは言いましたが
勉強内容をみてくれたり、アドバイスをしてくれたりは
一回もありませんでした。

幼い頃から学習を見て、習慣にしてくれれば
もっと違う未来が待っていたんじゃないか
そう思ってしまいます。

でも、確かに、
怒り過ぎな所はありましたし、
とても反省しています。

こうして指摘していただいて、

褒め足りなかった。
怒りすぎだった。

>自分が足りなくて叶えられないから
>嘘を付くようになった。

>気を引きたい。

ハっとしました。

娘のことは大好きです。
当たり前すぎて。

厳しすぎた。

足らないのに完璧を求めすぎて
娘は、辛かったんですよね…
私が悪かった。

対処します。私を変えます。
ありのままを認めます。
ありがとう。

ユーザーID:7941949974
習い事について
メリッサ(トピ主)
2018年7月11日 10:44

返答ありがとうございます。
くま様まで拝見させていただきました。

習い事は芸術系です。
小学生の間、教室に6年間お世話になりました。

初めから、口を出していたわけではありませんでした。
ですが、3年生、4年生になっても、
まるで上達しません。型そのもの。
書き方そのものがまるで定着しないのです。

「先生によく教わっておいで」とか、
「家で練習してみよう」と言って、その頃は
家で毎日、先生のお手本を真似して練習をしていました。

でも、5年生になっても上手にならない。
6年生に上がる時、「他の習い事に変えてみる?」
「本当はあまり好きじゃないんじゃない?無理することないよ」
と言いましたが、「好きだから続ける」の一点張り。

好きで続けるのに、なぜ上達しないのか。
長くやっているのに、家でも練習しているのに。

さすがに、学校展覧会があるときは、
課題を見て、添削を家でやり叱ったこともあります。
でも、上手に描けたらもちろん褒めました。

高学年になっても、何も上手にならない。
時間をかけているのに、教わっているのに、
努力をしているのがわかるのに、
上達しなく、私がイライラして、
怒りをぶつけてしまっていました。

小学生の今やらないと、
大きくなってからでは手遅れだと
思っていました。

適性がないのは仕方がない。
下手の横好きでもいいのだと、
認められなかったんです。

可哀想な事をしてきました。

また、90点ならいいじゃないか。と。
勿論その通りなんですが、
90点じゃん、すごいね! というと、
ああ、これでいいんだと 思ってしまいそうで。
ダラけて努力をしなくなりそうで。

つい、満点を目指していこう。
出来ない所を潰していこうと
言ってしまうのです。
言わなくてもいいのなら、本当は言いたくない。

でも今、我が子を見ていて、
良くなかったのだと思えました。

ユーザーID:7941949974
どちらが尊い?
やれやれ
2018年7月11日 18:47

どんくさいけど頑張った90点
要領よく100点

あなたは娘さんの事分かっていますよね、
90点がかなり頑張った結果だって。

嘘つかせてるのはあなたです。
あなたが原因で嘘つきになったのですよ。

ユーザーID:3881999762
それは支配ですね
とくめい
2018年7月11日 22:23

トピ主さんみたいな過干渉な母親に育てられました。
自分の感情や意思を持つ前に口を出し、手を出され続けました。

トピに出ているテストの例で聞きますけど
テストは100点を目指すべき…という価値観は
トピ主さん自身がそのような生き方をされて来て
自分でも90点程度では満足しなかった…という事ですか?

であれば、自分の価値観を
そのまま娘さんに押し付けている訳ですね。

ちなみに私の場合は、
点数で自分の人生が左右されると実感できるテスト
例えば入試や資格試験は納得して取り組みましたが
それ以外はそこまでのやる気は出せなかったです。
基本怠け者なんで。

もしトピ主さんが、
自分自身は常に100点を目指して勉強していなかったのに
娘さんにはそれを要求している…という事であれば
娘さんの人生を自分の所有物であるかのように支配し
自分ができなかった事を娘さんを使って
実現しようとしている訳です。

娘さんは私よりは真面目だと思いますけど
娘さん本来の性格や適正、意思を尊重する気があるなら
テストで100点とれたら何なの??…という部分を
トピ主さん自身が突き詰めて考え、
それを娘さんにプレゼンして納得させるべきでは?

頑張って欲しいというのは「あなたの意思」ですよね?
何で「あなたの意思」で「娘さんが勉強する」んですか?

娘さんに勉強を頑張って欲しいのなら、
トピ主さんは娘さんの「意思や感情」に訴えるべきと思いますけど。

ちなみに、私の母はとにかく負けず嫌いでプライドも高かったので
「目の前にテストがあれば100点しか考えられない!
勉強している事はおくびにも出さずに常に1番を取る!」
…という鼻息の荒い人でしたが私は真逆の性格。
賞賛や尊敬のために勉強(努力)する気はなかったので
母からの過干渉は本当に辛く、就職して逃げましたね。

娘さん、今とても息苦しいんだろうなぁ。

ユーザーID:7474306874
お分かりになってないようで
道端の散歩者
2018年7月13日 11:48

>もう少しで満点。満点を目指そう。
は、いけないことなんでしょうか。

>プレッシャーはかけてきたと思います。

それって親が子供の努力を認め後押しするプレッシャーじゃないですよね。
親の思う鋳型に嵌めようとするプレッシャーですよね。
追い込んでるだけですよ。

そのプレッシャーをかけるたびに
子供は、親が自分を信じていない、自分を認めていないと感じるから
その鋳型に合うよう演技をするんです。

自分がこうだったから、自分の親がこうだったから
子供に対して自分の後悔を押し付けてるだけです。
つまり、子供の顔を見ていないのです。

母源病です。

ユーザーID:4582701469
なんで90点すごいね!となるの?
ゆきうさぎ
2018年7月14日 9:02

満点とった、からの実は90点でしょ?

もしもし、これ、満点ですか?
となりそうなもんだけど?

あれ〜、満点じゃなくて90点なのか、すごいね、なのかしら?

子供は敏感に感じてるんじゃない?
本気の「すごいね」じゃないな、と。

90点で褒めたらそこからあとは下るだけ、みたいな考えはわかります。

アラフィフの私が小学生の頃。
担任が卒業文集に「今まで先生が君たちを褒めなかったのは
そこを頂上にしてほしくなかったからだ。でも、
卒業を迎えた今なら言える。君たちはすばらしかったと」
と書いていたのを思い出します。

これも、間違ってはいないんですが、
必ずしも褒めればそこから下るのみってことでもないんですよ。

こんな真剣なトピになんですけど、
海外ドラマだと、こっちが恥ずかしくなるような激褒めとか
平気でやるんですよ。

褒めることで自発的に子供がもっと高みを目指したら
もう、親は楽チンですよ。

今日もこんな嘘、あんな嘘とかカウントするよりも、
今日、ここがよかった、あそこもいいね!でいいのでは?
嘘は自然消滅、しないかな。。

ま、女の子は、話盛って嘘つく時期もあるのかも。

ユーザーID:8073771432
子供を信じる
なみ
2018年7月15日 14:26

普段30点の子に100点取るようプレッシャー
かけたなら無理ですが、普段90点取る子に、
次は100点取るようプレッシャーをかける事は
当たり前だし、そんなに悪い事とは思えません。

逆に芸術のようなよくわからない分野で、完成度を
求めるのは無理では?大人だってすべての芸術に
理解はできないですよね?

子供の秀でた物を伸ばしたいだけなのに、焦り過ぎだと
思いますよ。

もう少し離れて見守ってあげれば、子供は自分で出来る事、
好きな事を伸ばしていきますよ。

今、お子さんは、お母さんと同じく、何もない自分に
自信が無いなのだと思います。

過剰に叱るでも無くほめるでもなく、ありのままのお子さんと
一緒に、まず得意分野を探す事から始めてはいかがでしょうか?

ユーザーID:1785891797
嘘は認めたくない現実があるから
ルル
2018年7月16日 10:23

私の母は、いい点のテストを見せると、みんなよかったのだろうと、けっしてほめない人でした。
今から考えると、母は母子家庭で育ち貧しかったというコンプレックスがあり、それを努力で乗り越えてきた人なので、私にも厳しく、あんたのようにいい加減な性格の人は社会に出てもやっていけないと言い聞かされて育ちました。かわいいと言われたこともありませんでしたので、何事も自信がなく、すべて自己責任、人を頼るという選択肢がない女性に育ちました。
母はほめませんし、怒るばかりなので、模試の結果は隠すようになりましたが、私は嘘はつきませんでした。

娘さんが嘘をつくのは、お母さんに構ってほしい、認めてほしいけれど、認めたくない現実があるのでそこは嘘をつくのかなと思います。
娘さんの荒さがしばかりしていませんか。
お母さんにとってあなたは何者にも変えられない大事な娘であることを伝えていますか。
娘さんは、よいところをアピールしないとお母さんに認めてもらえないと思っているのではないですか。
ありのままのあなたがいちばんよという気持ちが伝わっていたら、お母さんに嘘をつくことはないのではと思いました。

ユーザーID:5334707986
悲鳴
道端の散歩者
2018年7月17日 15:39

>褒め足りなかった。
怒りすぎだった。

そういう技術や計算の話ではないと思います。

意図的に怒ることを減らし
褒めることを増やしても
お母さんが100点以外は認めないという心が
口に出さずともどこかに出ますから
同じことです。

>一つでいいから、出来る子にしたい。

その出来る子というのは
他の子どもと比較してという意味ですよね。
そうではなくて、そんな比較をしないで
あなたの子ども自身を認める
出来たことをともに喜ぶ
比較するなら同じお子さんの以前と今だけ
そんな母親になら、嘘は必要なかったでしょうね。

自分を子供の中に実現しようとすると
子供の中の子どもは押し出され潰されてしまいます。
その嘘はその時の悲鳴です。

ユーザーID:4582701469
なるほど!
tere
2018年7月17日 16:32

あなたのプレッシャーで娘さんが嘘つきになったんですね!

じゃあ簡単じゃないですか。

あなたはできる子供だったんですか?

お母さんもへたくそでね、あなたの方が頑張り屋よ!

って褒めてくださいよ。

頑張り屋だとほめてくださいよね!

このままいくと娘さんは、自己肯定感の低いコンプレックスのかたまりで、攻撃的な女性になりますよ。

周りが迷惑を受けますからね!

ユーザーID:1778153026
 
現在位置は
です