現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

その無邪気、残酷…

家族
2018年7月10日 18:59

夫の実家で、夕食を頂いておりました。

小学生の息子は、早くもごちそうさまの体勢。お皿には大量のピーマンが残っています。

「ピーマンは? 食べるよね?」と透かさずバーちゃんに突っ込まれ、笑って誤魔化そうとする息子。
自分の笑顔が、バーちゃんやジーちゃんにとってどれだけ魅力的か、そのことを熟知している息子。
魔法のようなこの笑顔、という息子の自負。それを私はどうかと思う。

「食べようね」と今夜は負けないバーちゃん。
先ほど、息子を調子に乗せないで、とバーちゃんにはお願いしたばかり。

「はい、食べよう? いや?」と繰り返すバーちゃん。
いつもと様子が違う? それならばと、より可愛らしい笑顔をつくってみせる息子。
その笑顔にバーちゃんはうっとり。
うっとりしながらも、「じゃあいいよ、食べないなら…」と不吉な表情を浮かべるバーちゃん。
にわかに揺れる、息子の笑顔。

「食べないと…、ジーちゃんが長ーい話をはじめちゃうぞー」とバーちゃん。
途端に、真顔に戻る息子。お皿のピーマンとジーちゃんを見比べます。

そんなに…、ジーちゃんの話は長い? 退屈? 私はやきもき。

「さあ、どーする?」とあくまで無邪気なバーちゃん。
その隣で、複雑な表情のジーちゃん。

息子よ、笑え。ジーちゃんの立場がなかろう。心の中で叫ぶ私。
しかし、息子は、ピーマンをぱくり。

そして食卓には、バーちゃんの拍手がいつまでも鳴り響いたのでした。

ユーザーID:0751643829  


お気に入り登録数:110
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:68本

タイトル 投稿者 更新時間
びっくり
良子
2018年7月21日 7:53

何の話かと思えば、自分の息子が計算で笑顔を作る事と
食育を他人に任せたという報告ですか?
笑顔を武器にするのはどうかと思うなら、あなたがそれを本人に指摘する。
苦手な食べ物だって、親のあなたが家でどうにかする事では?
同居の親に、孫を甘やかすな、調子に乗ってるからと言うのではなく
別居でしょ?
なぜ別居の義理の親に苦手な食べ物を食べさせることを押し付けるのかわからないです。
家で少しでも食べるなら、たまにおばあちゃんち来た時は食べなくていいとか
家でちょっとたべれたんだよね。おばあちゃんにも見せてあげたら?
と子供にやる気おこさせる声掛けとか、親ならしましょうよ。
親の自覚もって。

ユーザーID:4738850880
作戦勝ちですね携帯からの書き込み
だやん
2018年7月21日 4:14

なんとも微笑ましいやり取りですね。
光景が目に浮かぶ様です。
ピーマン無事克服できたらいいですね。

それより気になったレス。
好き嫌いを肯定する人にびっくりしました。
嫌いなら引っ込めればいいとか、しつこいとか挙げ句虐待になるっておかしな回答が信じられません。
他で栄養取らせればいいって言いますがそういう問題じゃないですよね〜。
飽食の時代だからってのも理由にならないです。
子供に満面なく食べてもらう努力をしない親の怠慢でしかないですね。

好き嫌いをアレルギーとかと勘違いされてるんですかね?
アレルギーなら無理矢理食べさせたら命に関わるので虐待になると思いますが、好き嫌いなら食べさせるべきです。
嫌いだからって食べさせなかったら将来凄い偏食になりそう。

おかしな回答は気にしなくていいと思いますよ。

ユーザーID:6370930399
少しぐらい嫌いなものがあっても
AOI
2018年7月20日 21:56

いいのではないでしょうか。
息子さんががんばってピーマンを食べたことはえらいと思うし、お祖母様もなかなか粋な取り引きをしたと思うけど、そんなに無理して食べる必要あるでしょうか。

私はもうすぐ還暦を迎える女性ですが、子どもの頃は本当にきれいなものが多かったです。野菜の煮物、海藻、味噌汁、チーズ、煮魚、もちろんピーマンも。
でも、家で強制された覚えはないし、給食の時も先生は「どうしても食べられなかったら残していいよ。」と言ってくれました。
そして成長するにつれ好き嫌いはなくなり、今はクセの強い外国のチーズ以外は何でも美味しく食べています。子どもの頃に強制されなかったからこそだと
思っています。
祖母がよく母に言っていました。「大人になれば食べるから大丈夫だよ」と。

野菜が全部嫌いでは困るけど、お子さんの少しぐらいの好き嫌いは大目に見て大らかに育てるべきだと思います。

ユーザーID:4097197581
みんな真面目か。笑
ゆうり
2018年7月20日 18:43

虐待やらなんやら言う人たち真面目すぎというか熱くなりすぎでしょ。笑
そして、嫌いなら食べなくてもいいって平気で言う人が多いことに驚き。アレルギーでもないのに、嫌いなら食べなくてもいいなんてありえない。出されたものくらい食べなよアレルギーじゃないなら。甘やかすことが優しさと勘違いしてるのではないのかしら。
あんまり好き嫌い言ってて、外食先で食べ物残したりするの汚ならしいです。ちゃんと教育されてなかったのかなって思いますね。

ユーザーID:2707690084
虐待はいいすぎ
元半同居嫁
2018年7月20日 16:58

お子さんが小学生ということは、給食にピーマンは出ているはず
それをよりわけて残しているわけでもなさそうですから
まったく食べられないわけじゃない

皆それを知っているからこその場面では?

よりわけて残して後から「うへーっ」となりながら食べるより
料理内の他の食材と一緒に食べちゃった方がいいと気付くのは
これからでしょうね
息子さん、ふぁいとっ


個人的には、ジーちゃんにお茶を淹れて差し上げたいです
励ましに…

ユーザーID:0585850453
誰にでも食べられないものくらいある虐待は言い過ぎです
匿名
2018年7月20日 15:57

虐待は言い過ぎです。
子供は香味野菜は苦手なのです。他のサイトでも出ています。

ユーザーID:2243099429
イヤイヤ、それは言い過ぎ
貝類が苦手
2018年7月20日 15:14

嫌いなものがあるのが子供だから、成長とともに変わるのに、
なぜ虐待とまで言うのですかね。
加えて今の子の酷暑に苦手な食べものを食べさせようとする方が酷です。
今食べないと永久に食べられなくなり偏食の大人になるなど何の根拠があるの?
無理に今やる必要はない。親の身勝手なアセリで子供の気持ちを無視したくないです。

ユーザーID:2997149251
ピーマンを食べさせたのはジーちゃんです。携帯からの書き込み
チョー子
2018年7月20日 10:30

トピ主さんはお子さんに好き嫌いなく育つよう教育していません。このバーちゃんに育てられたご主人でさえも。
だから息子さんはバーちゃんのお家でピーマン食べられなかったんです。
ピーマンを食べさせたのはバーちゃん(厳密に言うとジーちゃんの長話)です。

トピ主さんは息子さんに、ピーマン食べずに愛想笑いをしろと心の中で叫んでいます。

このトピにレスをしているほとんどの方が好き嫌いを容認している訳ではありませんよ。成長と共に自然に食べられるようになるから無理に食べさせずに待ちましょう、と言っているんです。

小学生がピーマン食べられないくらいで将来偏食とか育ちが悪いとか、少々大げさではないでしょうか?

大人になっても苦手な物が一つや二つ、あるでしょう。
他所で出された物を嫌な顔を隠して食べるスキルを身につければ済む話ではないでしょうか。

昔、芸能人同士で嫌いな食べ物を当てる番組がありました。私はあの番組、人間身があって大好きだったのですが、
皆さんはどうですか。

ユーザーID:5649233412
レス読むだけで
ぷ〜にゃんぱん
2018年7月19日 22:53

たぶん年代で別れる可能性あるかな。

私40代。給食はお残し許しません世代。残ったら遊べない。
お持ち帰りも許されない時代でした。大っ嫌いだったフレンチドレッシングのサラダや酢の物。無理して飲むように食べてましたね。
50代あたりもそうじゃないのかな?

20代、30代あたりで、残しても言われなかったのでは?嫌いなら食べさせないって感じで育ったのではないでしょうか。

それにより、このトピの意見が分かれると思うな。

だから微笑ましいく感じる人、酷いと感じる人が出たのだと思います。

別に気をつけなくても、見守る程度で良いのではないかと私は思いますよ。

ジーちゃんの長い話が気になる
もしかして、ジーちゃんが子供の頃戦争があってな、食べ物が無くて毎日お腹を空かせてた。そんな時空襲があり蔵が焼かれていた。
その蔵にはさつま芋がいっぱいあってな。焼き芋になっていた。
だから毎日芋ばかり食べていた、だから芋が大っ嫌いになった ハハハ〜
って感じかしら。
ちなみに、これ小学校の頃担任が社会の時間になると話していた話です。
一切教科書のことをしない不思議な授業でした。

ユーザーID:6598559802
色々な見方があるので
昔は子供
2018年7月19日 18:13

>私の子ども時代・地域では、食べ物の好き嫌いなど「ありえない」ことであり、「育ちが悪い証拠」とされていたので、…。

ただただビックリしました。子供だからこそ好き嫌いがあるのでしょう。
育ちとか、ありえないなど、子どもを息苦しくさせ親のために親に恥をかかせないために食べることになって、ちゃんと味わえましたか?
かわいそうだと思います。

苦手が食べられなくてそのまま大人になったら困るというレスがありますが、子供の味覚と大人の味覚はそもそも違いますし、何人かの人も書いていますが、
子供は苦いもの香りのキツイものを避ける習性があります。
おまけに、子供は食べ物の外観を何かに例えて、○○に似てるからイヤだ、
という子供独特の発想で嫌がることもあるのです。これなど微笑ましい。
全く困ることはありません。
だから人生、生活に困るという極端な思考こそが無理強いされた強迫観念の名残ではありませんか?
つくづく親の子供への食事の接し方は大事だと思いました。

ユーザーID:8230019748
反対のレスを拝見し、考えさせられました。
ピーマン・人参大好き
2018年7月19日 1:10

私の子ども時代・地域では、食べ物の好き嫌いなど「ありえない」ことであり、「育ちが悪い証拠」とされていたので、私は、親に恥をかかせないよう、唯一の苦手食材も、自身で克服しました。今日の昼食は、あえてそれを選んで美味しくいただきました(笑)。

でも、これだけ多くの激烈な反対意見があるということは、無理やり食べさせると子供にトラウマを生じさせることになる証左かもしれませんね。

無理強いがいけないことは理解しましたし、やめるべきとのお考えにも同意します。

ただ、同時に、苦手食材が食べられないまま大人になってしまった時のマイナス面は、「人生」「生活」を左右するほど重要であることには変わりありません。

だからこそ、無理強いはせずに、好き嫌いなく食事ができるよう子どもを育てるための方法を希求したトピ主さんは、正しいと思います。

ユーザーID:3071637347
偏食を看過する方が虐待
ちらむん
2018年7月17日 16:21

じいちゃんの長話と比較して食べるくらいなら単なる好き嫌いなので徐々に食べるようになっていけば問題はないのですが、大人になっての好き嫌いは既に偏食、健康に対する害以外の何物でもありません。
免疫力の低下や生活習慣病を誘発します。
自分で必要な栄養知識があって自炊する人なら問題は少ないでしょうが、偏食者は栄養知識を持ってない人も多いですし、食べる楽しみが少ないので自炊しない人も多いです。
そして結婚したら自分は自炊しないので配偶者が困るのです。

この程度でピーマンを食べるようになるならなんら虐待ではありません。
大人になったら食べるようになるとか環境が変わったら食べるようになるという方がいます。
確かにそのようになる人もいるでしょうがそうはならない人も結構いるのです。
別に特殊な食材やゲテモノを何でも食べるようになれとは言いませんが、一般的な食材については子供のうちにできる限り好き嫌いを無くしておくのが親の愛情というものです。

私の周りにも中年になって偏食の人が少なからずいます。
大体トマト、ピーマン、茄子かその組み合わせです。
トマト嫌いとイタリアン食べに行っても何も面白くないのです。

ユーザーID:8857202327
私は面白く読みました
大学生の母
2018年7月17日 11:50

>息子よ、笑え。ジーちゃんの立場がなかろう。
特にここ、笑っちゃいました。

息子さんの周りの人間関係が円満であることが、トピ主さんの文章から伺えます。
嫁姑も仲良く、祖父母は孫が可愛くて可愛くて仕方ない、孫は自分の笑顔の威力(但し祖父母限定)を熟知している。
そんな中、孫にピーマンを食べさせようとあの手この手を繰り出すバーちゃん。

こんな愛情たっぷりの人間関係で、ピーマンを食べさせられたくらいで子供の性格が歪むとは思えません。
息子さんだって、ピーマンは食べないより食べた方が身体にいいくらいわかってるでしょう。

「お前の為に怒ってるんだ」「食べないお前が悪いんだ」って殴ったり怒鳴ったり、無理矢理口の中に押し込んだりするのは虐待ですけど。
そういうのとは違いますよ。

どうしてもピーマンがイヤだったら、息子さんは次の手を考えるんじゃないでしょうか。
魔法の笑顔の次は泣き落としかも知れませんね。
目をウルウルさせて見つめられたら、バーちゃんもジーちゃんも一発で降参しそうな気がします。

そうこうしているうちにいつの間にか、息子さんの好き嫌いは減って行くのでしょうね。

ユーザーID:6328292788
まるで北風と太陽
火星人
2018年7月16日 14:53

ばーちゃんはどこが無邪気なんでしょう。

子供の目にはどう映ったでしょう?

じーちゃんはなぜ複雑な表情をしたのでしょう?

今食べれなくてもいつか食べられる時が来る。

無理なお膳立てをして、子供に食べさせよう

としてもその場限りです。

だから偏食の多い人にはなりません。

成長と同時に味覚が変わるのに、

なぜ待てないのですか?

ユーザーID:4820240031
良い思い出??イヤイヤイヤイヤ・・・携帯からの書き込み
チョー子
2018年7月16日 14:42

「僕はピーマンは嫌いだから食べたくないよ」と口で言えば済む事を、「魔法の笑顔」と自負してニコニコ誤魔化す息子さんですよ。
ピーマン食べたのが良い思い出になるでしょうか?
トピ主さん、息子さんはその後ご自宅でもピーマン食べてますか?(食べられるようになったのなら何よりですが)

今まで自分の笑顔で何でも思い通りになっていたのに、急に魔法が効かなくなった息子さんはどんなお気持ちでしょう。

ピーマンを食べたのは、本当にジーちゃんの長話が嫌だったからなんでしょうかね。

このトピを「ほのぼの」と捉えている方は、息子さんの立場になって考えていないと思います。

他の方のレスにもありましたが、
楽しんでいるのは大人だけです。

ユーザーID:5649233412
おかずの内容を知りたい
温玉らんたろう
2018年7月16日 9:48

大量のピーマンが残るおかずって何だろう?
スタッフドピーマンかな?
酢豚?

まあ暑いので好物でも食べられないこの時期に食育は、
無理すると本当に嘔吐になるので、
程々で切り上げた方がいい。
食欲の秋までお預け。
行き過ぎを批判する人こそ行き過ぎる場合がある。
誰が行き過ぎてるのかをトピ主は
もっと考えた方がいいと思うよ。

私も子供の頃、乾物が苦手。
巻きずしのかんぴょうと椎茸を全部くりぬいて、
食べて怒られてましたが、
バアチャンの
「はい、食べようね」も
ジイチャンの長い話も
ありませんでした。
その代わり私にも魔法の笑顔は無かったけど。

だけどいつの間にか好き嫌いはなくなり、
かんぴょうなんて意識もせずふつうに食べてるし、
椎茸は大好物に。なぜか急に好きになりました。
大人になって仕事も続いています。
大人になって偏った人間になるとか
脅しセットのおかしな食育をしなかった、
親やジイチャン、バアチャンには感謝。

親は大変ですね。
真面目なトピ主さんもあせらないで。
本来の教育はもっと柔軟なはず。
似非教育を見極める力をつけてくださいね。

ユーザーID:5040280408
小学校何年生ですか?
茹で卵
2018年7月15日 13:50

小学生でも1.2年と6年じゃ、体格も食事量も全然違いますよ?大人になっても治らないって嘘です。何も食べられず給食の時間になると泣いていた私が断言する。6年になったら何でもパクパクでした。確かにピーマンのにおいが嫌いでしたが、それは今でもありますが、
大事な栄養源と考えたら食べられるようになります。

理解力や適応能力が子ども時代を引きずるような考えの方がおかしい。

息子さんの笑顔が素敵だからって無理に「笑え」っていうのはちょっとひどい。

おばあちゃんも食べてくれさえすれば子供の心中無視ですか。

ユーザーID:1591869902
あざとい
マニアーっ苦
2018年7月15日 10:12

トピ主さんの文章があざとくて笑えません。
どう? 面白いでしょ? と言わんばかりのおばさんの顔が思い浮かんでしまう。
人を笑わせるのは泣かせるより難しいとよく聞きます。
本当ですね。

ユーザーID:8261761495
極論を言ってる人がいますが
平次郎
2018年7月15日 9:28

>一寸食べてみたとき嫌がったら、それはもう与えない、なんてやっていたら、どれだけ偏食になることか。

それが親の技術です。偏食を防ぐ方法は嫌がったときに無理に食べさせるしかないような強硬姿勢では食事そのものが面白くなくなります。
食事は子供にとっても楽しみな時間。
もう与えないなど誰も書いていませんよ。
与え方に工夫するのが親でしょう。貴方のやり方こそ偏食になります。
というかその前に性格が歪む。

>大人になったら食べられる?
>それは何度も食卓に出しているうちに食べられるようになるのであって、いつも嫌いなら食べなくて良いよと言っていたら、ずっと食べないから食べられないままですよ。

あなたの子どもは家庭でしか食べない子だったんですね。それはお気の毒に。
場所が変われば嫌いな物を雰囲気で食べられる時があります。キャンプやBBQでみんなと楽しく食べる、そこから食べられるようになる子がいるから体験学習は大事なのに。

親と子だけ食育に格闘なんて親としての視野が狭すぎます。
だから大人になっても食べられないと年取って極論に走るのです。
無理な食育の弊害ですね。

トピ主さん、一番気になったのは子どもの本心です。
トピ主さんのお子さんが、自然にピーマンが食べられる日が来ることを
応援しています。

ユーザーID:6213730044
うちの ジーちゃんは
通りすがり
2018年7月15日 5:02

孫が野菜嫌いで食べないと コッソリ、しかも孫に聞こえるように

「いいか、〇〇(私) アイツ(孫)には ほうれん草は食べさせるな。あれ食べるとジーちゃんより強くなっちゃうから、絶対に食わせるな」と 孫に聞こえる絶妙な声の大きさで私に話しかけてきます。

しょっちゅう、お相撲やドクダコごっこ、ウルトラマンごっこをしていたジーちゃん。
子供相手でも絶対に負けません。(そこは子供相手でも勝負ってことで)

だからこそ 孫はこれを聞いて もぐもぐと食べ始めたんです。
他の野菜も同じく強くなると聞いて もぐもぐ・・・

そのうち野菜嫌いも克服してました。
今でもボウルいっぱいのサラダ一人で食べちゃいます。


まあこの手は 男の子にしか通用しないでしょうが(笑)

ユーザーID:4516626930
 
現在位置は
です