現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

その無邪気、残酷…

家族
2018年7月10日 18:59

夫の実家で、夕食を頂いておりました。

小学生の息子は、早くもごちそうさまの体勢。お皿には大量のピーマンが残っています。

「ピーマンは? 食べるよね?」と透かさずバーちゃんに突っ込まれ、笑って誤魔化そうとする息子。
自分の笑顔が、バーちゃんやジーちゃんにとってどれだけ魅力的か、そのことを熟知している息子。
魔法のようなこの笑顔、という息子の自負。それを私はどうかと思う。

「食べようね」と今夜は負けないバーちゃん。
先ほど、息子を調子に乗せないで、とバーちゃんにはお願いしたばかり。

「はい、食べよう? いや?」と繰り返すバーちゃん。
いつもと様子が違う? それならばと、より可愛らしい笑顔をつくってみせる息子。
その笑顔にバーちゃんはうっとり。
うっとりしながらも、「じゃあいいよ、食べないなら…」と不吉な表情を浮かべるバーちゃん。
にわかに揺れる、息子の笑顔。

「食べないと…、ジーちゃんが長ーい話をはじめちゃうぞー」とバーちゃん。
途端に、真顔に戻る息子。お皿のピーマンとジーちゃんを見比べます。

そんなに…、ジーちゃんの話は長い? 退屈? 私はやきもき。

「さあ、どーする?」とあくまで無邪気なバーちゃん。
その隣で、複雑な表情のジーちゃん。

息子よ、笑え。ジーちゃんの立場がなかろう。心の中で叫ぶ私。
しかし、息子は、ピーマンをぱくり。

そして食卓には、バーちゃんの拍手がいつまでも鳴り響いたのでした。

ユーザーID:0751643829  


お気に入り登録数:122
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:78本

タイトル 投稿者 更新時間
天真爛漫な笑顔
いしかい
2018年8月14日 15:24

子供の笑顔は心からの笑顔じゃないと気になりますね。
その笑いは、作り笑顔のような気がする。

いっそアレルギーや吐くほど嫌いの方が鈍い大人にわかりやすい。
笑ってごまかしたい笑いを子供がすることの方がかわいそう。
ピーマンよりお祖父さんの長い話がイヤというのは、
よっぽど子供心にうっとうしいのでしょう。
そんなものを引き合いに出して食べさせる教育なんてちっともいいとは思わない。
そこまでやって食べさせるのが躾とは思いません。
そんなもの、ほっといたらいつか食べます。
それとも大人になってピーマンが食べられないくらいで、
生死に関わるのですか?
躾と言えばゴリ押しが通るような教育は後で弊害が出そう…。

ユーザーID:0078056374
虐待でも拷問でもない携帯からの書き込み
のどあめ
2018年8月11日 18:59

アレルギーとか、吐きそうになるほど嫌いとかいう訳ではなく、

笑ってごまかせる状況なら食べずに済ませたいけれど、お祖父さんの長話を聞かされるくらいなら食べたほうがマシ

という程度の「嫌い」なのでしょう?

これを食べるように促すのが躾であり、親であるトピ主さんの役目だと思うのですが。

お姑さんに丸投げして面白がっている場合ですか?

ユーザーID:8515285040
嫌いなものを食べさせる拷問携帯からの書き込み
プケ子
2018年8月11日 3:05

私の場合、ピーマンは好きなのですが、絶対に食べられないものがあります。

しいたけです。

とくに干したやつがもうダメ!
味も臭いも大っ嫌い!和え物などで混ぜこぜ状態になっているやつを知らずに口に入れてしまったら、吐き気を催します。給食で出た時によく、牛乳で流し込めと言われたのですが、それはそれで味が混ざって更に気持ち悪い!

嫌がっているのに、無理やり食べさせるなんて拷問です。

私がもし、しいたけ食べるか長い話を聞くかどちらかと聞かれたら、絶対に長い話を選択します。

ユーザーID:0779335279
主様は誰が一番無邪気で、残酷だと思ったのでしょうか?
何だかな…
2018年7月26日 21:27

タイトルの
>その無邪気、残酷…
主様は、誰が一番無邪気で残酷だと思ったのですか?

そして
>「行き過ぎ」から守るために「行き過ぎる」のも怖い
とは誰の事ですか?

>度を超すことは私【も】しばしば
主様以外の誰が度を越したとお考えですか?

主様が
>先ほど、息子を調子に乗せないで、とバーちゃんにはお願いした
から、御婆様は
>今夜は負けない
>あくまで無邪気
な振りをしたのですよね?
主様のご希望通りにしただけなのに…

>息子よ、笑え。ジーちゃんの立場がなかろう。心の中で叫ぶ
主様は
>バーちゃんの拍手がいつまでも鳴り響いたのでした
と描写。

お婆様がなぜそうしているか、ご存じなのに、事の成り行きを見守るだけで、何も言わなかったのですか?

もしそうなら、主様が一番無邪気で残酷なのでは?と感じ、お爺様・お婆様、ご子息がお気の毒だと私は思います。

主様の主観や誤解ではなく、小学生のご子息は本当に
>自分の笑顔が、バーちゃんやジーちゃんにとってどれだけ魅力的か、そのことを熟知し
>魔法のようなこの笑顔、という息子の自負
しているとしたら、私も主様同様、それは
>どうかと思う
真剣に考えなければいけない問題かも知れません。

>注意したいと反省
何を反省されたのでしょうか?

ユーザーID:8131581705
そうなのよね〜
山の木
2018年7月26日 16:10

チョー子さんの

>からかっている本人たちは楽しくて、子供が可愛くてやっているのでしょうが、私は苦痛でした。

この言葉はよくわかります。

子供は大人が思っている以上に良く解ってるんですよね。

大人の都合に合わせてあげてるだけかもしれません。

私がトピ文の中で一番嫌な気分になったのは「魔法の笑顔」という誇張表現。

そんなに大人をうっとりさせるとわかって笑っているのでしょうか。

随分小賢しい印象を植えつけられてしまいます。

私のように感じる人間もいるので、考えて欲しいと思います。

別にピーマン食べられなくてもいつか自然に食べられますから。

大人も自分のそのときの事情で食べ残すし、

それをどんな教育受けて来たの?って意地悪く見る方が、

どんな教育受けて来たんだろう、と思います。

ユーザーID:8533400095
家族愛の話だということは分かるんですが。携帯からの書き込み
チョー子
2018年7月25日 20:27

息子さんはジーちゃんバーちゃんに可愛がられてる。家族愛のトピだということは理解できるんです。

ですが、このトピで「ほのぼの」「微笑ましい」と感じる方は、子供の頃、大人にからかわれた経験が無い方々でしょうか?
いえ、むしろ楽しいトピだと思ってらっしゃるくらいなので、笑顔の子供に困った顔をさせたり、子供と下らない駆け引きをしたり、嫌いな物をパクりと食べる姿を見て拍手して大喜びしたりして、子供をおもちゃにして反応を見て楽しんでいるのでしょうね。

私はこのトピを読むと、幼い頃両親や他の大人たちにからかわれた経験が思い出され、嫌な気分になります。
からかっている本人たちは楽しくて、子供が可愛くてやっているのでしょうが、私は苦痛でした。
このトピに思わず何度もレスしてしまうくらいトラウマです。

ユーザーID:5649233412
逆の発想で
地球人
2018年7月24日 17:03

>もしもよそ様のお家で嫌いなものを出された時に
『食べたくありません』と拒否するのがいいのか
頑張って残さず食べるのがいいのかを。

よその家でその家の人の手料理を食べるということは、手料理でもてなすということで、ピーマンが大量に残るような料理を個人に出しますか?
ホームパーティなどは大皿に盛られていて、好きな物を好きなだけ取る。自分の取ったものは責任を持って食べる。
マナーとしてはこのくらいです。だから嫌いなものは取らなきゃいい。
作る方も皆が食べやすい料理にする気遣いくらいしますよ。
ピーマンが食べられても、唐揚げなど油っぽいものを食べない人もいます。
社員食堂で、多少の食べ残しなど、嫌いでなくても量が多いから、油っぽいからと言う理由で、しょっちゅう見かけます。ご飯を残す人もいるし。
別に不快とも思いません。
そもそも人の食べ残したものを気分が悪くなるくらい観察する方が失礼だし、
気分が悪いのなら一人で食べたらいいでしょう。。

ユーザーID:6660436125
強制して矯正することですか
納豆嫌い
2018年7月23日 11:44

バーちゃんと

>好き嫌いを肯定する人にびっくりしました。

という人たちに質問です。

ピーマンにはピーマンでしか摂れない、他では替えられない
必須栄養素があるのですか。
ピーマンを食べないと健康を損ねるとか病気になるとかがあるのですか。

子供の偏食を直すという行為は
そういう栄養面より
躾とか、甘えを許さないとか
そういう面のほうが強いと思います。
そのためには強制が許されるという心理的背景があると思います。
それがいいことなのかどうか
ピーマンではなくそちらを議論すべきと思います。

私は納豆がとても嫌いで
食べるのはおろか、同卓、同室するのも嫌です。
でもそのことで納豆不足による健康の悪化も(他の原因ならあり)
納豆を食べないことによる人間性の非難を受けたことはありません。
(他の原因ならあり)

ユーザーID:0996605798
私が思うのは
マギアチャーム
2018年7月23日 11:17

このトピは微笑ましいので大好きです。
おばあちゃんのかわいい脅しと息子さんの計算ミス笑
それを黙って聞いているおじいちゃんの心中が
手に取るように愛情が感じられるからです。

この根底にあるのは家族愛なんだと感じました。
ピーマン好き嫌いの云々じゃないんですよ。

レスをしている人たちの中に過剰反応してる方がいらっしゃいますが
最近の酷暑のせいなのでしょう、ヒートアップしてますね。

ここはいっそ冷房の効いた所で落ち着いて読むことをおすすめします。
そうしたらちょっと考えて欲しいのです。

もしもよそ様のお家で嫌いなものを出された時に
『食べたくありません』と拒否するのがいいのか
頑張って残さず食べるのがいいのかを。

その時がいつ来るか解らないので
家族との食事の時から少しずつ慣れるようにするのは
悪いことではないと思うんですよ。

アレルギーはもちろん別問題ですが
嗜好の問題だけでしたら頑張っておいた方が
成長にもつながりませんかね?
克服する喜び?と言ったら大げさかもしれませんが
『やったね!!』と言う喜びは本人も嬉しいものだと思います。

おばあちゃんは息子さんに『やったね!!』を
味わわせたかったのかもしれませんね。

とてもホッコリしたトピでした、ありがとうございます。

ユーザーID:9237038435
微笑ましくないって!携帯からの書き込み
グラタン
2018年7月22日 23:43

私はこのエピソードは好きになれません。

どこがほのぼのしているのかも理解出来ません。

まず、子供のお皿になぜ大量にピーマンを入れる?
苦手かもしれないと容易に想像がつくでしょうに。
そして無理矢理食べさせたあげく、おじいちゃんを嫌な気分にさせ、満足しているのはお婆ちゃんだけ。

そして、トピ主さんはなんでお爺ちゃんの複雑そうな表情を見て「息子よ、笑え」なんて思ったの??

息子さんとお爺ちゃんが気の毒だわ…。

ユーザーID:4581400421
びっくり
良子
2018年7月21日 7:53

何の話かと思えば、自分の息子が計算で笑顔を作る事と
食育を他人に任せたという報告ですか?
笑顔を武器にするのはどうかと思うなら、あなたがそれを本人に指摘する。
苦手な食べ物だって、親のあなたが家でどうにかする事では?
同居の親に、孫を甘やかすな、調子に乗ってるからと言うのではなく
別居でしょ?
なぜ別居の義理の親に苦手な食べ物を食べさせることを押し付けるのかわからないです。
家で少しでも食べるなら、たまにおばあちゃんち来た時は食べなくていいとか
家でちょっとたべれたんだよね。おばあちゃんにも見せてあげたら?
と子供にやる気おこさせる声掛けとか、親ならしましょうよ。
親の自覚もって。

ユーザーID:4738850880
作戦勝ちですね携帯からの書き込み
だやん
2018年7月21日 4:14

なんとも微笑ましいやり取りですね。
光景が目に浮かぶ様です。
ピーマン無事克服できたらいいですね。

それより気になったレス。
好き嫌いを肯定する人にびっくりしました。
嫌いなら引っ込めればいいとか、しつこいとか挙げ句虐待になるっておかしな回答が信じられません。
他で栄養取らせればいいって言いますがそういう問題じゃないですよね〜。
飽食の時代だからってのも理由にならないです。
子供に満面なく食べてもらう努力をしない親の怠慢でしかないですね。

好き嫌いをアレルギーとかと勘違いされてるんですかね?
アレルギーなら無理矢理食べさせたら命に関わるので虐待になると思いますが、好き嫌いなら食べさせるべきです。
嫌いだからって食べさせなかったら将来凄い偏食になりそう。

おかしな回答は気にしなくていいと思いますよ。

ユーザーID:6370930399
少しぐらい嫌いなものがあっても
AOI
2018年7月20日 21:56

いいのではないでしょうか。
息子さんががんばってピーマンを食べたことはえらいと思うし、お祖母様もなかなか粋な取り引きをしたと思うけど、そんなに無理して食べる必要あるでしょうか。

私はもうすぐ還暦を迎える女性ですが、子どもの頃は本当にきれいなものが多かったです。野菜の煮物、海藻、味噌汁、チーズ、煮魚、もちろんピーマンも。
でも、家で強制された覚えはないし、給食の時も先生は「どうしても食べられなかったら残していいよ。」と言ってくれました。
そして成長するにつれ好き嫌いはなくなり、今はクセの強い外国のチーズ以外は何でも美味しく食べています。子どもの頃に強制されなかったからこそだと
思っています。
祖母がよく母に言っていました。「大人になれば食べるから大丈夫だよ」と。

野菜が全部嫌いでは困るけど、お子さんの少しぐらいの好き嫌いは大目に見て大らかに育てるべきだと思います。

ユーザーID:4097197581
みんな真面目か。笑
ゆうり
2018年7月20日 18:43

虐待やらなんやら言う人たち真面目すぎというか熱くなりすぎでしょ。笑
そして、嫌いなら食べなくてもいいって平気で言う人が多いことに驚き。アレルギーでもないのに、嫌いなら食べなくてもいいなんてありえない。出されたものくらい食べなよアレルギーじゃないなら。甘やかすことが優しさと勘違いしてるのではないのかしら。
あんまり好き嫌い言ってて、外食先で食べ物残したりするの汚ならしいです。ちゃんと教育されてなかったのかなって思いますね。

ユーザーID:2707690084
虐待はいいすぎ
元半同居嫁
2018年7月20日 16:58

お子さんが小学生ということは、給食にピーマンは出ているはず
それをよりわけて残しているわけでもなさそうですから
まったく食べられないわけじゃない

皆それを知っているからこその場面では?

よりわけて残して後から「うへーっ」となりながら食べるより
料理内の他の食材と一緒に食べちゃった方がいいと気付くのは
これからでしょうね
息子さん、ふぁいとっ


個人的には、ジーちゃんにお茶を淹れて差し上げたいです
励ましに…

ユーザーID:0585850453
誰にでも食べられないものくらいある虐待は言い過ぎです
匿名
2018年7月20日 15:57

虐待は言い過ぎです。
子供は香味野菜は苦手なのです。他のサイトでも出ています。

ユーザーID:2243099429
イヤイヤ、それは言い過ぎ
貝類が苦手
2018年7月20日 15:14

嫌いなものがあるのが子供だから、成長とともに変わるのに、
なぜ虐待とまで言うのですかね。
加えて今の子の酷暑に苦手な食べものを食べさせようとする方が酷です。
今食べないと永久に食べられなくなり偏食の大人になるなど何の根拠があるの?
無理に今やる必要はない。親の身勝手なアセリで子供の気持ちを無視したくないです。

ユーザーID:2997149251
ピーマンを食べさせたのはジーちゃんです。携帯からの書き込み
チョー子
2018年7月20日 10:30

トピ主さんはお子さんに好き嫌いなく育つよう教育していません。このバーちゃんに育てられたご主人でさえも。
だから息子さんはバーちゃんのお家でピーマン食べられなかったんです。
ピーマンを食べさせたのはバーちゃん(厳密に言うとジーちゃんの長話)です。

トピ主さんは息子さんに、ピーマン食べずに愛想笑いをしろと心の中で叫んでいます。

このトピにレスをしているほとんどの方が好き嫌いを容認している訳ではありませんよ。成長と共に自然に食べられるようになるから無理に食べさせずに待ちましょう、と言っているんです。

小学生がピーマン食べられないくらいで将来偏食とか育ちが悪いとか、少々大げさではないでしょうか?

大人になっても苦手な物が一つや二つ、あるでしょう。
他所で出された物を嫌な顔を隠して食べるスキルを身につければ済む話ではないでしょうか。

昔、芸能人同士で嫌いな食べ物を当てる番組がありました。私はあの番組、人間身があって大好きだったのですが、
皆さんはどうですか。

ユーザーID:5649233412
レス読むだけで
ぷ〜にゃんぱん
2018年7月19日 22:53

たぶん年代で別れる可能性あるかな。

私40代。給食はお残し許しません世代。残ったら遊べない。
お持ち帰りも許されない時代でした。大っ嫌いだったフレンチドレッシングのサラダや酢の物。無理して飲むように食べてましたね。
50代あたりもそうじゃないのかな?

20代、30代あたりで、残しても言われなかったのでは?嫌いなら食べさせないって感じで育ったのではないでしょうか。

それにより、このトピの意見が分かれると思うな。

だから微笑ましいく感じる人、酷いと感じる人が出たのだと思います。

別に気をつけなくても、見守る程度で良いのではないかと私は思いますよ。

ジーちゃんの長い話が気になる
もしかして、ジーちゃんが子供の頃戦争があってな、食べ物が無くて毎日お腹を空かせてた。そんな時空襲があり蔵が焼かれていた。
その蔵にはさつま芋がいっぱいあってな。焼き芋になっていた。
だから毎日芋ばかり食べていた、だから芋が大っ嫌いになった ハハハ〜
って感じかしら。
ちなみに、これ小学校の頃担任が社会の時間になると話していた話です。
一切教科書のことをしない不思議な授業でした。

ユーザーID:6598559802
色々な見方があるので
昔は子供
2018年7月19日 18:13

>私の子ども時代・地域では、食べ物の好き嫌いなど「ありえない」ことであり、「育ちが悪い証拠」とされていたので、…。

ただただビックリしました。子供だからこそ好き嫌いがあるのでしょう。
育ちとか、ありえないなど、子どもを息苦しくさせ親のために親に恥をかかせないために食べることになって、ちゃんと味わえましたか?
かわいそうだと思います。

苦手が食べられなくてそのまま大人になったら困るというレスがありますが、子供の味覚と大人の味覚はそもそも違いますし、何人かの人も書いていますが、
子供は苦いもの香りのキツイものを避ける習性があります。
おまけに、子供は食べ物の外観を何かに例えて、○○に似てるからイヤだ、
という子供独特の発想で嫌がることもあるのです。これなど微笑ましい。
全く困ることはありません。
だから人生、生活に困るという極端な思考こそが無理強いされた強迫観念の名残ではありませんか?
つくづく親の子供への食事の接し方は大事だと思いました。

ユーザーID:8230019748
 
現在位置は
です