現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「家族葬」の考え方

ミミ子
2018年7月12日 14:19

最近はこじんまりと家族葬を行うことも多いですが、それに伴う参列や香典などの考え方は様々なようで迷うこともしばしばです。
きちんと定義されたものではないので仕方ないのですが、どう考えますか?

最近の私の事例として、
・親友が子どもを亡くした。私が県外に住んでいることや家族葬で行うと言われたので、弔電と香典を送るにとどめた。
(参列について尋ねたが「ミミ子の顔を見たら立っていられなくなるから」と言われていた。四十九日が過ぎてから自宅に弔問した。)
しかし後から友人夫婦の職場(私の旧職場でもある)の人たちは参列したらしい。
忌引きを申し出るのに葬儀の日にちや場所を伝えるので、当然みんな知るし行く。
田舎なので義理を重んじ「家族葬」と言われても行くのが当然。義理とはそういうものだ。
あなたは親友なのになぜ来なかったのか?と非難された。
(彼女と私の間では分かり合えてたことなのでいいのだが、周りはそうじゃなかった。)

・親戚のとき、家族葬だからと香典も供花も辞退されていたが、それでも一応持っていったら受け取られた。
(友人などの香典は固辞したが、親族からのは受取った様子)

・実父のとき、職場の人に香典等の辞退を伝えてはいたが、「自分の時いただいているので、そういうわけにはいかん」と強引に渡された。
実家では受取らなかったので、私が個人的に品物を買って香典返しをした。

特に上記1つ目と3つ目については、そのときもその後も悩みました。
今後もこのような機会が多くなる年代なので、これはどうしたものやらと迷うことも多々ありそうです。
「絶対にこれが正しい」というものではないと思いますが、いろいろ参考にしたいと思いますので、よければ皆さんのエピソードとそれにどうされたか、どう考えるか、など聞かせていただきたいです。

ユーザーID:4943969532  


お気に入り登録数:160
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本

タイトル 投稿者 更新時間
心の赴くまま
プラネッツ
2018年7月12日 15:05

トピ主さんの心の赴くままでいいと思います。

トピ主さんの心がどう感じて、どう思って、どうしたいという方向へ向いているか。
それで行動を決めるといいですよ。

迷うのは心以外のことを考えるからでは?
「何もいらない、こなくていい」と言われても
「あげたい、いきたい、いてもたってもいられない」ってことはあると思うんです。

3番目の話は常識として出さないわけにはいかないという相手の立場でしょうが、
それでもその奥底には何かしてあげたいという気持ちがあるのだと思います。

私は長年人の言葉や常識に惑わされ、迷いながらも人の言うとおりにして
後悔したことが何度もあり、
もう二度と人の言葉には惑わされるまいと思っています。

迷惑かけたくないから行かないという気持ちが強ければ行かないし、
それでも行ってそばにいたいと思えば行きます。
ただひたすら自分の心の声をききます。

その結果後悔したとしても、自分の思うとおりにしたのだという
確たる気持ちは残ります。

ユーザーID:3160373745
私は
neko
2018年7月12日 15:23

1友人宅、家族葬。
親しい仲(家族ぐるみ)なら参列が許されるか確認。
それ以外は確認せずにお悔みのみ。

2親戚の香典。
必ず持って行く。供花香典を断っている場合も親族は別。
殆ど受け取られる。

3辞退したが強引に香典。
引き受けて、喪主へ。断られたら自分で香典返しなどの対応。

特に1ですが、旧職場の人に責められても
その場は「ああ、断られたけど行けば良かったですね」と言い
でもその次も断られたら行きません(笑)

私も家族葬をした時に、身内の職場の人が数名来てくださいました。
会場も広かったし、椅子も追加手配できたので
わざわざ来てくださってありがとうございますと思えたが
場合によっては会場が狭かったり、座る椅子が無かったりもあるので
迷惑な時も絶対にあると思います。

ユーザーID:4908405171
香典・弔電は不要
北風と太陽
2018年7月12日 15:41

最近は訃報が職場内に緊急回覧され、通知の最後に「家族葬のため、会葬その他は辞退するとのことです」的な文章が記されています。
その場合には、それを押し切って弔問に行くということはよほど家族ぐるみの付き合いぐらいの親しい関係でなければ逆に迷惑になると、暗黙の了解があります。
なので、実質何もしません。
これも一つの「お互い様」ということになるんでしょうね。

私の両親の時はそりゃもう大変でした。
人が死ぬと金かかるって言いますが、本当ですね。
後日弔問してくれるのは有難いのですが、余分に用意していた香典返しも足りなくなり、改めてデパートでお返しを買って郵送したりと、手間がかかりました。

ユーザーID:8231981638
大手葬儀会社で話し合って、家族葬の定義を決めてほしい。
ボン
2018年7月12日 15:44

タイムリーです。
昨年末、伯母がとんでもない家族葬をして親族一同ひっくり返りました。

なんと、伯母は自分の親族(約30名)を呼び、伯父の兄弟には伯父自身が家族葬を望んでいたからと言って参列を断ったのです。
断わられた伯父の御兄弟は話し合われ、お一人だけが代表で参列されました。
そのお一人に申し訳なくて私たちは謝るばかりでした。

私たち親族が「我々は来るべきではなかった。申し訳ありません。」と謝っている横で、
伯母は「まあ家族葬だからいいじゃない、きっとお父さんも喜んでいる。」と言い出して、本当に困りました。

普段から我儘で自分中心に物を考える伯母ですが、まさか連れ合いの葬儀に自分側の親族だけを呼ぶとは誰も想像できませんでした。
伯父と伯母の子である従妹に、「どうしてこんな事を?」と尋ねてみると、「おかしい事に気付かなかった。」と。
これで立派にアラフォーです。

まあ、うちの伯母は特別おかしい人ですが、世の中には色んな人がいるので、定義を早く決めてしまったほうが良いと思います。


以下に、私の思う定義を一応書いておきます。

1、家族の範囲に規定は無いが、故人にとって近しい人から順に広げて行く。(配偶者・子→個人の親兄弟→)
2、家族葬という連絡がきたら、参列してほしいと頼まれない限り参列してはいけない。
3、香典・供花を辞退された場合は、必ず守らなければならない。
4、香典返しは、全国共通〇割返しとする。


葬儀会社より、文化庁からのお達しのほうがいいかな?(笑)

ユーザーID:6375366944
ケースバイケース
ニャン
2018年7月12日 15:46

柔軟な対応が必要だと思います。

小町の他のトピなど見ていると、
「家族葬」だからと言う理由をあげる方いらっしゃいます。
その家族の範囲がどこまでなのかを把握するのが大切だと思います。

ミミ子さんの1つ目は、親友の方が直接仰って下さっているので、
気にしない方がいいでしょう。

3つ目は、相手がもらっている以上、
義理は果たさないとと思っているのでしょう。

迷ったら断られるの覚悟で持って行けばいいと思います。

相手の家族葬の考えや、お互いの関係性もありますからね。

ユーザーID:1153617633
義理や儀式で葬儀をする時代ではないから
2018年7月12日 16:00

古臭い慣わしのものさしをもって、人のあらを探して文句言う人

家族葬の目的は、関係者に手間や気遣いをかけることを省き家族だけでするものです

ユーザーID:3737645714
迷いますよね
マッハ
2018年7月12日 16:07

私の母の葬儀は、私と兄と父の職場には家族葬と伝えましたが、母の関係者には特に家族葬とは伝えませんでした。
その結果配偶者や子供の関係者(義理の人)は来ず、母の直接お世話になった方だけが来て下さる形となり、とても良い式でした。
またご近所経由で知った友人から行ってもいいかと連絡を貰ったのでOKし、特に親しい数名(納得の人選)来てくださいました。来てくれてとても嬉しかったです。

上記の例は、配偶者や子供の職場関係者の参列を辞退するために「家族葬」と伝えた事例です。ウソも方便というか便利なフレーズが出来たものです。
お香典は辞退したので基本は頂きませんでしたが、親族からは受けました。
これは断れるものではありませんので。

また別の事例では家族葬と聞いたものの直属の上司だけが参列に行ったところ、本当に家族だけの式で、お互い少々気まずい思いをした、というのも聞いたことがあります。

一方自分の時に頂いたのに…という考えや、田舎でお互いやり取りがあったので参らせてほしいという意見も理解できますのでトピ主さんの対応で正解だと思います。

私の中では、傲慢な言い方ですが家族葬とは「故人と遺族が参列を許した人だけが行ける葬儀スタイルが出来た」というイメージです。元来葬儀は来る人は拒めませんが、家族葬という言葉を使う事で初めて遺族側にも拒否権が出来たように感じます。
私の友人のように家族葬だけど行ってもいいかと聞いてくれ、来てほしいと思った人だけが来てくれる。でもそこまでの関係じゃない人は家族葬と聞いた段階で来ないと言うのは、ある意味とても良い形なのではないかと。

だから家族葬だけど行くのが義理だという理屈になると、せっかくお断り出来た義理の人達がやっぱり来てしまい、彼らを止めようと思ったら密葬にするしか無くなるので、そういう理屈は止めて欲しいです。

ユーザーID:0547697825
うちの場合
2018年7月12日 16:41

・親戚からの香典

一律、辞退

・亡くなった人の子供達からの花

主人の親の時はお坊さんを呼んだので、会場に盛り花を用意した。
私の親の時は、お坊さんを呼ばず直葬にしたので、不要だった。ただそれだと見送る際に淋しいので、御棺の上に乗せる大きな花束と、御棺に入れる小分けの花束だけきょうだいで用意して、親戚全員に入れて貰った。

・ご近所や会社関連からの香典 

家族葬なので、新聞にも載せず、回覧板でも回しませんでした。よって来た数は少なかったです。
基本は辞退。でも「どうしても(うちの時は受け取ったので)」と置いて行った人にだけ、後日お返ししました。 


こんな感じです。

ユーザーID:4797900256
地域差がありそうですね
めいこ
2018年7月12日 16:47

トピ主様はご友人の気持ちを大切にされたのですから、周りの言葉は気にしなくていいですよ。

私の祖母が家族葬でした。
我が家は基本的に事後連絡。会社など事前連絡が必要な場合は、家族葬のため香典参列は不要と伝え、他の社員への周知も控えるようお願いしていました。
それでも来られた以上は断れないな、と感じます。

両親や他親戚の会社からは当日は弔電のみでしたが、私の上司が葬儀場に来られました。
家族葬との事なので他の社員には遠慮して貰い1人で来た、との事でしたが何のおもてなしの準備もしていなかったので戸惑いました。
祖母の地元は葬儀の前に参列者みんなで食事をする風習があるため尚更です。葬儀場も1番狭いスペースをお借りしたので、もしトピ主様の件のように当然のように皆に来られても困ると思います。

私は上司1人でしたので、食事や席もなんとかなりましたが、同僚全員に来られていたらと思うと失礼ながら煩わしく思っていたことでしょう。ちなみに私の職場(支店)は市街地ですが本社は田舎です。上司の参列には会社の意向もあったと思います。

葬儀後、出社した時に同僚達から香典を頂戴しました。突き返す訳にも行かないので有難く受け取り喪主に報告。私から返しておいてとの事でしたので、香典返しとの差額を次回の法要時に喪主に渡しました。

それとは違い知人のケースですが、家族葬とは知っていたそうですが、お世話になった相手だったのでお通夜に香典を持参したそうです。
香典をお供えして、手を合わせて、帰る際に香典はもう供えたから持って帰って、とそのまま返されたそうです。
徹底しているな、と感じました。

私が参列する立場であれば、家族葬に参列するのはご迷惑になる場合もありますので、弔電と香典を送ります。もし香典を辞退され、尚且つどうしても送りたい場合は後日お線香を送ります。

ユーザーID:2091740482
家族葬なので
ん〜
2018年7月12日 17:17

各家族がそれぞれ対応を決めてるんだと思います。

なので家族の数だけ対応があるのかも。

一般的な葬儀のように地方以外はどこも
定形な形ややり方が決まってるわけでは
ないので今後もそういうアクシデント?
はあるんだと思います。

ユーザーID:0042086352
トピ主さんを支持します
内藤勘解由
2018年7月12日 19:49

<1番目のケース>
子供を亡くしたご友人の場合ですが、「家族葬」と言っているのだから、
トピ主さんの振る舞いは全く問題ありません。
「義理」が最も大事ではありません。遺族の想いの方がはるかに重要です。
我が子を亡くす悲しみはとても大きいでしょう。弔問客の相手なんかする
精神的な余裕なんてないでしょうし、それゆえに「家族葬」にした可能性
が大だと思います。従って、トピ主さんが参列しなかったことは、むしろ
「当然」の行為でしょう。

<3番目のケース>
お父様のご葬儀の時の件は、職場の人の気持ちも分かります。本来なら
ご実家で受け取ってもらいたいところですが・・・。まさか職場の人に
返す訳にもいかないので、トピ主さんの判断はよかったと思います。

トピ主さんがおっしゃるように、葬儀の決まりなんてありません。昔ながら
の葬儀がある一方で、「近親者のみで」とか「弔問&香典辞退」も多く
なってきました。つまり、葬儀毎に対応の仕方を考えるしかないという
ことです。その点、トピ主さんはバランス感覚があり、思慮深そうなので、
今後も上手く対応できそうですね。

ユーザーID:0182785626
私の場合
にゃろめ
2018年7月13日 7:21

親は80代後半でゼロ葬にします。一部の身内、職場にだけ連絡します。

他人が来たら鬱陶しいだけ。

来られるのが嫌なら言わないことです。

ユーザーID:7504335098
うちの主人の会社は
kiki
2018年7月13日 10:47

家族葬と言われれば参列を遠慮します。
香典等の辞退もその旨連絡があります。

親戚ならば別でしょうが、
葬儀の連絡があれば、遠慮するのが普通だと思っていました。

家族葬じゃなければ別ですよ。
故人の為に、皆で送り出したいと思っておられれば別です。
お友達に見送られたいとか、個人によってお葬式の方法は違うと思いますから。

自分がしてもらったから、何が何でも参列には反対です。
それは、遺族の方の気持ちを無視した
自己満足の行為だと思います。

私も、あなたと同じ意見で
時間をあけて、遺族の方が落ち着かれたころに
お線香をあげに行ったほうが良いんじゃないかと思います。

仲のいいあなたが葬儀に来ていなかったと
非難するのもどうなんでしょうか?
遺族の気持ちを無視しておきながら、失礼な人だなと思います。

葬儀を何だと思っているんでしょうか。

家族葬と前もって告知しているのに
会場も狭いところに、大人数で押しかけて
ゆっくりお別れもさせてもらえないなんて
ご友人の気持ちを考えるとなんだかかわいそうですね。

ユーザーID:3390789930
難しい
熱帯夜
2018年7月14日 1:27

家族葬と言っても定義はなく、葬儀社や地域の考え方で変わってきます。私の父親の時も名称としては”家族葬”にしました。定年してから数年経っていたので身内以外に生前親交の深かった人達数人に声をかけ参列してもらいました。ただ故人や葬儀を出す人が現役の場合ははっきりと断らないと参列してしまうことも多々あるらしく、現役の場合はそれがめんどうで一般的な葬儀をするみたいです。葬儀は一度でも出す側を経験していれば、辞退しようと思えますが、経験がなく参列が礼儀と信じこんでいる人達は断っても参列するでしょう。ポンさんのおっしゃるようにはっきりとした定義を提唱して欲しいと思います。都市部ではいろんな形の葬儀が受け入れられていますが、地域によっては昔ながらの葬儀を重んじていますから、正解はないと思います。それこそ今回のミミ子さんのように後々、苦言を言われたり悩むのであれば周りに合わすのも有りだし、友人の心境を大事にするのであれば今回の対応でよかったと思います。今後、冠婚葬祭はどんどんややこしくなると思います。マナー・礼儀・慣習・あまりにも価値観が多種多様すぎて戸惑うばかりです。父の経験からですが、どんな形であれ葬儀があると知られたら家族葬だろうが一般的な葬儀だろが同じだと思います。本当に家族だけで静かに送りたい時は密葬レベルの動きや心持ちが必要だと思います。参列しなくても後々お線香をあげにと自宅に来ますし。。。出す側もはっきりと言えることが大事だと思います。はっきりと意思表示をされたら従い、なかったら自分なりの礼儀の範囲で対応がベストだと思いますよ。ただ葬儀は混乱の中での儀式に過ぎないので、大事なのはその後で、悲しみの中にいるご友人の心に寄り添うことだと思います。

ユーザーID:5762965929
家族葬にまだ定義はない
てん
2018年7月14日 10:23

家族葬はどこかの葬儀会社が使い出して、言葉自体が先に広まってしまって
それぞれの葬儀会社が家族葬として自社にあったサービス内容で提供しているだけと聞きました。

定義も作法もルールも正直、まだ何もないんです。
家族葬はこじんまりしているから価格が安くなるというイメージがあるらしいですが、
お寺へのお礼や会場費・祭壇費(生花)が葬儀価格の大きな比率を占めているので
正直そこまで安くなりません。
香典を辞退することが多い家族葬は、すべて自分たちの持ち出して行わなければならないことから、金銭的な負担は逆に大きくなる場合も多いようです。

ルールが定まっていない今の現状の目安として、
もし一般葬(これまでの葬儀)を行ったら数十人以上の人が参列するなーと考えられる場合は、家族葬でない方が不都合が少ないです。

葬儀は故人を弔うと同時に、生きている側のけじめの儀式です。
人の縁が強い人の葬儀は、参列することでその人たちの想い(これまでの義理や悲しみなど)にけじめをつけて昇華してあげないと、行き場を失ってしまうんですよね。

葬儀に参列できなかった、しなかったことをいつまでも非難する人もいます。
葬儀後〜四十九日までにいろんな人が個別に自宅にお参りに来て家族は疲労困憊するという話もあります。

逆に施設や病院に長くいて、人の縁が薄れた方は親しい身内だけの家族葬の方がいい。

今のところはそんな感じです

ユーザーID:2319675851
定義は必要ですよね
月が出た
2018年7月15日 9:21

私の知っている家族葬でびっくりだったのは、どちらの両親とも別居の、アラフィフ夫婦と子供という家族構成の家でした。妻の父親が亡くなった時に、妻と子供と妻の兄弟のみが家族だから配偶者は来ないようにと妻から強固に言われたそうです。他の兄弟の配偶者も参列不可で、また故人の兄弟も誰一人呼ばなかったそうです。家族葬というより直系だけの葬儀という感じでしょうか。
夫は妻親の介護の時にも協力していたのに葬儀では省かれると分かって、非常識だと離婚問題に発展したとか。
家族葬をしたことで、妻の考える家族と夫が考える家族の定義があからさまになってしまった例でした。
私の感覚だと家族葬だったら直系のみでなく、配偶者は参加だと思います。

トピ主さんの場合だと、私はトピ主さんとご友人の考え方で良いと思いますよ。お友達とは親友であるがゆえにわかり合えているのですから他人に口を出されるようなことではないでしょう。
それでも、日本的な本音と建て前があるのではと邪推されてしまうから、冠婚葬祭は決まりを守りたいという人が多いので、これをすれば大丈夫とお墨付きが欲しいのでしょう。新しい家族葬なんて、どんな風にしていいのか分からないから定義を決めて欲しい、マナーブックを発行して欲しいという感じるのは仕方無いです。
とりあえず家族葬と聞いたら一般の弔問客は遠慮するというくらいのルールは確立して欲しいです。

昔の日本は「家」の維持だったので、誰か亡くなっても家が絶えることはないから次の世代が付き合いを続けていくということで葬儀をしていたけれど、現代は個人の付き合いが主流だから付き合う主体の個人が亡くなったらそこでお終いでよいので、これからは家族葬が増えるように思います。家主体ではないのですから、遺された人は故人の付き合いには関係ないので、家族葬が自然なことになるのでしょう。

ユーザーID:7182740374
喪主の意思を尊重
ねこころけ
2018年7月15日 23:46

 50代、既婚の女性です。私の職場は、最近は職員本人が亡くならない限り(職員のご家族の場合)、同僚の参列、香典・供花はご辞退がほとんどです。ただ、夫の職場はそうではないらしく、義父(夫の実父)が亡くなった際、「家族葬・供花のみ受け付け」としましたのに、義父の元同僚の方々が数多く見えられ、遺族側は大変迷惑致しました。
 こうした経験から、やはり、喪主の意向を尊重されるのがよろしいかと思います。トピ主さんの事例の場合、1はトピ主さんが正解で同僚は相手の立場になれない方、2はご親戚が受け取ったのでしたら、それはそれでよし、3は喪主が受け取らなかったのですから、トピ主さんのご対応でよい、このように思います。
 地域により風習があるとは思いますが、私は葬式は残された遺族のためにある、と思いますので、参列する側は、遺族の思いに寄り添えればよいのではないでしょうか。

ユーザーID:9329346337
家族葬を真に受けて
義理知らず
2018年7月17日 17:40

職場の人の家族が亡くなったとき、総務を通じて「告別式への参列はお断りします」とあったので、告別式に参列もせず、持参するチャンスも無かったので、香典も用意しなかった。
そうしたら、職場の当人から「香典ぐらいよこせ、非常識だ、気配りが足りない、ケチだ」と非難されたという、別トピが上がっていましたね。

レスの大半は、葬儀の存在を知ったからには、一般葬か家族葬かなどの遺族の意向など、完全に無視して押し掛けるのが「義理」というものだ、という意見でした。
世の中、一筋縄ではいかないものですね。

このトピにも出てくるが、家族葬だったためか、単に知りそこななっただけか、葬儀に参列しなかった人が後日、遺族の都合なども顧みず「お線香を上げさせろ」と押し掛けるのは、不義理の最たるものと考えるが、彼らには彼らなりの論理があるのでしょうね。
しかも事前予告をすると、お茶だ食事だと余計な手間をかけるからと、遺族が外出しようとする矢先にもアポなしで飛び込むのを、気を使ったつもりになっているから、救いがない。

ユーザーID:4270590180
家族葬は賛成ですがまだ時期尚早かも。
リベラ・メ
2018年7月18日 0:23

 家族葬の趣旨には私も共感します。
 しかし、地域文化や所属コミュニティーにもよると思いますが、私の周りの印象では時期尚早に見えます。それは、世間のしがらみや疑心暗鬼があるからです。

「家族葬と言われても、あの人なら行くだろう。そうなると自分も義理を欠くわけにはいかない」

「本当に故人の遺志なのか。もしそうだとしても、ちゃんとした形で見送るのが肉親の情であり、故人が世話になった人々への礼儀ではないのか」

 そのような声が容易に想像できます。

 また、「どうしても線香を上げなければ」と言う人々が五月雨式に弔問に来て、気も体も休まらないし悲しみが蘇る。また、彼らからの香典を固辞するやり取りも煩わしいし、結局受け取ってしまうとその後も面倒。

 もっと家族葬が一般化して本当にしがらみなく執り行えるようになると良いですけれどね。
 不適切なたとえかもしれませんが、結婚式を海外で挙げれば、家族以外を招かなくてもなぜか不義理にはならない。それと同じように世間の空気が確立すれば楽になるのですが。

ユーザーID:2686919414
ありがとうございます
ミミ子(トピ主)
2018年7月18日 16:10

たくさんのレスをありがとうございます。
一口に家族葬と言っても地方により年代により考え方が多様で、やはり難しいですね。
香典辞退も「親族は例外」ということはよくあるように思います。
(もっとも、親戚は強引に香典を置いていくようなところがありますし)
参列をお断りすると後日バラバラと弔問に来られるとか、後から香典やお線香が送られてくるとか、かえって面倒なことになってしまうというのも悩ましいところです。
「自分の時はしてもらった(来てもらった)」という人は特に、辞退に「はい、そうですか」とはいかないんでしょうね。

とりあえず個人的には、
ずっと「これで本当によかったのかな」と気になっていたトピ1つ目のエピソードについて、みなさんに「それでよかった」と言っていただいて少し気持ちが楽になりました。

まだレスをお待ちしていますので、引き続きよろしくお願いします。

ユーザーID:4943969532
 
現在位置は
です