現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

開腹での子宮腺筋症手術。術後の傷と社会復帰

ラーラ
2018年7月30日 16:55

子宮腺筋症が悪化し、開腹で子宮全摘の手術を受けることになりました。腹腔鏡手術を自分は希望していて、病院も症例が豊富ですが私の子宮が大きくなりすぎてとてもじゃないけど腹腔鏡手術で取り出せないこと、仕事との関係で 1ヵ月以内に手術しなくてはならずリュープリンで子宮を小さくする時間がないことから開腹となりました。

できれば経験者の方にお伺いしたいのですが、術後の傷はどれぐらいできれいに治りましたか。
術後の痛み、職場への復帰はいつごろになりましたか。医師は 4週間の安静で良いと言ってるんですが、通っている病院の女性患者は、仕事持ちの人があまりいないので、仕事をされている方の場合、復帰前後どうだったか教えていただけると幸いです

ユーザーID:3950357428  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本


タイトル 投稿者 更新時間
10年程前に
まさに私
2018年7月30日 19:24

同じように手術を受けました。 入院して次の日は検査、その次の日が手術、入院から1週間留まり、あとの3週間は自宅療養でした。 

以降、あくまでも私の場合として聞いてください。
手術後すぐは寝がえりも打てない程だったのに、癒着を回避するため歩く事を勧められ、退院の頃には、院内あっちこっち見学して歩く程になりました。 人間の体のミラクルを体験した感じです。 家に戻っても、あくまで自宅療養で、回復期なので、なにをやってもすぐに疲れました。 しかし、徐々に家事をし、自宅周辺を歩くうちにどんどん体力が付いてきます。 

自宅療養3週間で復帰しました、が、なにも考えず月曜日からの復帰でフルに働いていたら、さすがに水曜日に疲れから顔色が悪くなったらしく、帰されました。
仕事自体は重いものを持たなければ、なんの支障もありませんでした。 ただ体力がすぐには戻らず、2週間くらいは、かなり疲れました。

退院して自宅療養、仕事復帰をしても、体の中は回復中である事を思い知りました。 そのおかげで一時期はめちゃ痩せて、喜んでいたのですが、体内の回復と共にすぐに戻ってしまいました。

傷はそう思ってみれば判りますが、目立たないように先生がしてくださいました。 まあ、誰でも見るような部所でもないので、そんなに気にはしていません。

入院前に、退院後すぐに休める状態にしておくことと、重たい物を持たなくてよいように準備しておけば大丈夫です。

ユーザーID:7083411802
2ヶ月ですね。
とまと
2018年7月30日 22:16

私は47歳の時に子宮全摘手術を受けました。卵巣も取った。もともと卵巣腫瘍を疑われての手術だったので・・。
手術後、2週間で退院しました。それから1ヵ月半は自宅療養でしたね。仕事は2ヶ月休みました。年齢もあるかもしれませんが、それくらい休めばいいよ、と先生が言ってました。結構適当に書いてた、診断書。「キリがいい方がいいよね?」とか言ってたし・・。

仕事が立ち仕事だったせいかもしれません。でも、とっても元気に復帰できました。歩くのがちょっとつらかったので、自転車通勤にしました。でも、二日目にちょっとした段差でこけて、体を支えられずに頭を打って青タンができたけどね。

傷は、あまり覚えてないけれど、1年後に旅行に行った時にまだ大浴場には行きにくかったから、それくらいはかかるかな。今も10年たちましたが、うっすら残っています。目立ちはしませんが。

ユーザーID:9690644532
1ヶ月で職場復帰しました。
ナタリー
2018年7月31日 10:54

45歳の時、巨大筋腫という診断で開腹核出手術を受けました。
入院10日で退院後は自宅療養約2週間、術後3週間で会議や打ち合わせだけ出社しました。
1ヶ月後の診察で異常なしとなったのでそこからフル復帰。立ち仕事で客先への訪問や出張もありますが、この時期からは普通にこなせました。
ただ走ることと重いものを持つことは半年位は控えていました。

お腹の傷はしばらくは激しく動いたりなぜか辛いものを食べると痛みましたが、きつくしめた方が痛まないと知り、産後用のガードルを履くようになってからは楽になりました。
私は独身、出産未経験なので産婦売場に買いに行くのが恥ずかしかったですが…

全摘よりも傷ついた臓器が体内に残るという意味で核出術の方が回復が遅いと言われていますので、私の例はご参考まで。

ユーザーID:0049775242
トピ主です。とても参考になります。
ラーラ
2018年8月1日 5:48

まさに私様
同じような手術で仕事思っている方からのコメント大変参考になります。傷に関するコメントも伺って少し心が穏やかになりました。子宮全摘、開腹、傷跡などで画像検索すると、恐ろしい画像が次々出てきて恐怖に陥っていたので。回復までの期間が短かったとのこと。普段から体を鍛えられて体力があるのかもしれませんね。
私はもともと運動には余念がなくて、朝は5時に起きて出勤前に1時間トレーシーメソッド、 1時間スレッドミル、プロテイン豊富な朝食しっかりという生活をしていたのですが、子宮腺筋症の悪化で痛みが足にまで広がり、運動はおろか普通に歩くこともできなくなって、この半年間全く運動ができず、食べ物は炭水化物は抜くなどかなり気をつけていましたが体重が5キロも増え、体力も落ちています。手術まであと3週間少しでも歩くなりして体力をつけたいと思います。

とまとさん
ありがとうございます。2ヶ月お休みが取れたのですね。私も最初にかかった病院では、回復手術をした場合は社会復帰まで2ヶ月かかると言われていましたので 4週間と言われて戸惑っていたところでした。私の勤務先はかなり激務で、猛スピードで働き深夜1時2時まで残業することも普通で、出張や移動も多いので自分の体がついていくか心配ですが。手術日を含めて 1ヵ月以内の療養しか認めない、病休扱いにするのは入院する1週間だけで、自宅で療養する後の3週間は有給休暇を取得することになっています。早見優さんが腹腔鏡手術で子宮筋腫を取って 2カ月間仕事を休んだとニュースで読んで、休める条件があるのなら、やはりそれぐらいは休むべきなのかもしれませんね。

ナタリー様
かなり短い療養期間でお仕事に復帰されたのですね。こうして比べてみると、術後の経過や開腹した大きさなどいろいろな条件によって変わってくるんだと思いますが、4週間から8週間まで幅があるのですね

ユーザーID:3556667243
最近の医療の常識では4週間だと思う
ナタリー
2018年8月1日 17:11

お返事ありがとうございます。
もう少し詳しく私の例をお話した方がトピ主さんの安心に繋がるかと思いますので、二度目の長いレスをお許しください。

私の開腹は縦に約17cm・臍下ほぼ一杯、みごとな切腹です(笑)
しかも術後閉じた中で1000ml以上の出血を起こし命の危険もありました。
それでも危機を超えた翌朝から歩け歩けと廊下往復のノルマがあり、昼間ベッドで寝ていると看護師さんに叱られるというスパルタ入院生活。

私が入院したのは世界的にも婦人科の権威と言われる大学病院でしたが、とにかく術後はしっかり動くことで癒着を防ぎ体力の回復を早めるという方針です。
退院後自宅療養中も寝ていてはダメ、身体を動かさなければいけない。と言われ毎日2km散歩していました。
但し、疲れたらすぐに休めるようにしておくこと。出血があればすぐに病院に連絡すること。という条件付きです。

1ヶ月検診後は術前の生活(仕事も含めて)に戻って大丈夫と太鼓判で、自分でも4週間前には死にかけていたことが信じられない回復具合でした。

さて、私が陥った大出血ですが、これは核出術で起きる可能性が高いもので全摘の方がリスクは低いそうです。また、手術時間も全摘の方が短く済み術後の回復も早いと医師から説明されていました。
なのでトピ主さんの医師が安静4週と仰るのは最近の医療の常識で極めて妥当な日数だと思います。

筋腫が大きすぎて民間の総合病院では手におえず大学病院送りになった私ですが、先進医療の場で様々な深刻な疾病と難しい治療をかいま見た後では、筋腫や腺筋症の開腹術なんて簡単簡単!なんの心配もないよー。という気分になります。

トピ主さんが安心して手術をうけ早く回復されること心からお祈りしております。

ユーザーID:0049775242
トピ主です、ありがとうございます
ラーラ
2018年8月5日 12:28

ナタリーさん、丁寧に教えてくれてありがとうございます。
やはり体力があるかないかによって、個人格差がかなりあるようですね。
私はもともと運動大好きで体力にも自信がありましたが、この1年間ほど、痛みで歩くこともままならず、ずっと通っていたジムも休んでいたので、これから手術まで
体力をつけられるように頑張りたいと思います。といっても、現在受けている貧血の治療のための鉄剤注射と雪の錠剤がきつくて、カチカチの便秘になってしまい、1週間お通じが来ない状況です。外来の際に先生にお話ししたところ、お通じを柔らかくする薬を出してもらいましたが、鉄剤と一緒に飲めないので、便を硬くしてしまう高校生の鉄剤と、便を柔らかくするお薬、2つの違う方向性の薬を交互に体に入れているので、おそらくそのせいか体調が悪くて全く起きあがることができません。家の中で五、六歩歩くともうフラフラですぐベッドに戻ってしまいます。情けないですが…がんばります!

ユーザーID:7159919999
お大事に
まりりん
2018年8月5日 18:09

30年ほど前に卵巣嚢腫で13センチまで大きくなり開腹手術をうけました。
若かったこともあり、10日で退院、その一週間後には仕事復帰しました。
傷は嫁入り前だったこともあり、医師が丁寧に塗ってくれたおかげかあまり目立ちません。
しかしその後子宮内膜症から子宮腺筋症とチョコレート嚢腫になりつい最近腹腔鏡手術で残った卵巣も摘出しました。

30年前とは違い、体力が戻るのが遅かったです。
仕事は退院後1週間で復帰しました。

痛みはほんとうに日にち薬でメキメキ回復していきます。
でも。体力は確実に低下します。ふんばりがきかなくなります。

術後はむりされずにゆっくり休みましょう。

ユーザーID:0051127626
MEA
さか
2018年8月6日 23:41

線筋症ならMEAという選択肢もありませんか。
開腹しない手術です。
調べてみてはいかがでしょうか。
ご存知だったら、ごめんなさい。

ユーザーID:8198845368
二ヶ月休みました
2018年8月18日 17:32

50代半ば管理職です。52歳の時、子宮腺筋症で全摘しました。
仕事は残業も連日12時過ぎまであるのが通常と言う職場で、午前3時4時まで働き、タクシーで自宅に帰って仮眠、翌朝8時には出勤と言うことも珍しくありませんでした。

このような職場だったので、子宮腺筋症(当初は子宮内膜症と言われていました)で月経時の大量出血、腹部の激痛があっても我慢し続け、8年以上過ごしてきましたが、管理職に抜擢されてからは過多月経で急に休むと言うのも理解されづらく(私は卵巣が若く、手術直前のホルモン検査でも女性ホルモンが20代女性と同じレベルに出続けていて驚きました)

しかし、年齢的には50歳を過ぎているので、周囲は閉経していると思っていたようです。手術を決断して、上級管理職の男性上司に病気休職の相談をしたところ、どこで知識をつけてきたのか「あなたの年齢ならもう閉経しているのでは?本当にまだ生理があるのか」と無神経極まりない発言、これはダメだと思いました。

ただ、大量出血や腹部の痛み、圧迫痛から来る足の痛みで歩くことも既にままならなくなっていたので、自分の体のことを考えて手術に踏み切りました。

私の場合、腹腔鏡ではなく開腹手術だったので、手術後完全に良くなるまでかなり時間がかかりました。普通の家庭の主婦であれば、調子が悪ければ横になって休むこともできるので、手術後についてはそんなに心配する必要がありません。

ただあなたも私も同じような状況だと思いますが、激務の職場であればあるほど、休みづらいでしょうが、しっかりと 医師が必要と判断した期間についてはしっかりと休むべきです。私の場合開腹で石灰部分も大きかったので、2ヶ月の退院後の安静が必要と判断されました。手術後にしっかり休むことが、結果的にはその後の回復が順調になります。手術頑張ってください。

ユーザーID:8283211178
しっかり静養して
JJ
2018年8月19日 11:28

49歳の時、同じように子宮腺筋症で子宮全摘出しました。子宮腺筋症、痛くて辛いですよね。生理の時の尋常でない激痛。立っていられないほどの大量出血。私の場合普段はデスクワークが中心ですが、ある時、会社が主催するイベントの責任者に任命され、その当日ちょうど生理になり、2時間ほど立ったまま走り回りお手洗いに行くことができず、やっとナプキンを替えにトイレに駆け込んだときには、パンツスーツがお尻は絞れるほど血でぐっしょり、足元まで血が流れパンプスの中まで血まみれでした。

私は独身で出産経験なしですが、子宮腺筋症を体験された出産経験者の方のブログなどを読むと、出産時の陣痛マックスの時の痛みより子宮腺筋症の痛みの方が強いと書かれている方が結構いらっしゃって。痛みは意思の力で乗り越えてきましたが、出血による貧血がひど普通の人間としての生活が送れなくくなるため、子宮全摘を決意しました。職場は殆どが男性で、上司は全員男性。まさか私が陣痛マックスの痛みに耐えながら、何時間も立った走り回ったりしているとはかんがえていないのでしょう。イベント中に出血過多で意識が朦朧とし倒れそうになった時、会場の隅にあった椅子に座りほんの一瞬だけ休息を取ろうとしたときに、上司から「何をやってるんだ!」と怒鳴りつけられ、また立ち上がってその後7時間立ったままで仕事しました。

私は手術後、8週間病気休暇を取得して静養しました。入院2週間、その後6週間の自宅療養でした。結局手術前にの貧血治療で強い吐き気や頭痛みなどがあり、医師の指示通り、8週間安静にしました。ただ痛みはそう簡単には治りません。半年は重いものを持ったり走ったりすることは避けるべきですし、仕事に復帰した当初は、何をやってもグッタリ疲れてしまい、パソコンを見るだけでも 30分もすると気力が続かない状態でした。どうぞ無理をなさらないように。

ユーザーID:2008673240
手術しましたが傷にショック
ラーラ
2018年9月16日 10:33

トピ主です。優さん、 JJさん、アドバイスありがとうございました。
ちょうどお返事をいただいた頃に手術を受け、その後の経過がよくなく体調崩しており、レスが遅れてしまい申し訳ありませんでした。現在退院して2週間目です。

結局、初診から手術まで 4週間しかなかったので、時間もなくベルトコンベヤに乗ったような状態で手術台に乗ってしまいました。
手術自体は全身麻酔で眠っているうちに終わったのですが、摘出した無い子宮が痛むような刃物で刺されるような生理痛と似た痛みがあり、入院中は痛み止めを点滴してもらっていましたが、退院してからがとても辛いです。

自宅から5分ほどのスーパーに買い物に行くぐらいはできますが、それでさえぐったり。病院の先生からは退院後も寝ているだけではなく歩くように言われ、毎日散歩に出るようにしていますが、5分も歩くと目が回って耐えられず自宅に帰ってきてしまいます。夜中に痛みで目が覚めることが多く、職務復帰してからが不安です。

開腹で手術をすることで1番気がかりだったのがお腹にできる傷でした。初診の時の説明では臍下の部分、できるだけ小さい切開で行うと先生が言ってくれ、こまちに回答してくださった方からも傷は目立たないと聞いて安心していました。ところが、手術前の説明ではお臍の上まで切り上げる可能性もあるとサラッと言われ、驚いてどういうことか確認すると、癒着している場合もあり切る可能性があるリスクを説明すると言われました。

手術後にお腹を見ると結局、臍下一杯と、臍を横に避けて臍上 5センチ程度まで切ってあり、あまりに大きな傷にショックで落ち込んでしまいました。癒着は特になかったそうです。へそ上まで切り上げることに確かに同意しましたが、なぜここまで大きく切る必要があったのか。もう取り返しがつかないので前向きに考えるようにしていますが、痛みもあり、今のところは辛いです。

ユーザーID:0815027289
 


現在位置は
です