現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

登山、キャンプの初期費用

トピ主
2018年8月1日 7:10

ネットで見ると、10万くらいからとありますが
皆さんは登山やキャンプの初期費用、どのくらいでしたか?

うちは夫婦2人で去年からハマっています。
登山靴からキャンプ用品まで必要なものを2人分揃えてきました。
ざっと計算して見たら25万くらいかかっていました。
まだ寝袋やら細々したものがいるので、もう少しかかりそうです。

一度ちゃんとしたのを買って、ケアさえちゃんとすれば
すぐに買い替える必要もないので、
結果的には健康にもお財布にも優しめの趣味なのかな
と思ったりしますが
(当日の登山やキャンプ以外の出費は人それぞれですが・笑)
皆さんはどれくらいかかったのかな、なんて思いました。

ユーザーID:6072462533  


お気に入り登録数:21
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本

タイトル 投稿者 更新時間
いきなり揃えない方がいい
ニャン
2018年8月1日 13:56

長く続けるのか判らない趣味ではありませんか?
登山靴は必要ですけれど、他はレンタルや代替品でも使えるものありますよね?
必要だとあなた自身が感じる物から徐々にそろえるだけでいいと思います。

揃えたけれど、数回しか使わずやめたというのが一番もったいないです。
丁寧に使って、きちんとケアすれば長く使えますが、
やはり、年々、便利な物が出てきますし、
以前よりはずっとかわいらしいデザインになっていたりします。

ユーザーID:6155121213
日常品を登山寄りにしていく
こん
2018年8月1日 15:59

登山,ハイキング楽しいですよね。

まずは,靴だと思います。これは良いものをしっかり買います。

次は,衣類ですが,日常品で代用できるものもあります。
ウールのセーターを下着代わりにする等。

でも,登山用の衣類は,機能も優れているので,
この際,日常の衣類を登山用品で置き換えてしまいましょう。

スラックスや下着を登山専門用品にしてしまいます。

そんな感じで,少しずつ投資すればそんなに高額にならないような気もします。

ユーザーID:5097286123
「登山」は桁が違います
黒猫
2018年8月1日 18:37

なぜか?人が担ぐから。

オートキャンプでGWからシルバーウイークくらいしかキャンプ行かないならばホームセンターで売ってるベーシックなテントはじめの製品で十分です。
テントにタープ、寝袋人数分、テーブルにチェア、調理道具・・・と欲張ればきりがないですが、カセットコンロでも十分煮炊きは出来ますし鍋やフライパン、カトラリーや包丁まな板も普段台所で使っているもので十分です。

登山、となると例えば涸沢の写真ご覧になった事あると思いますが、岩がごろごろで張るスペースは極小で、どんだけ根性と体力があって家族用テント担ぎ上げても実用に耐えません。
昨夜2700mのキャンプ地で泊まりましたが、気温は10℃以下。そこで寝泊まりできるだけのかつリュックに納まるもの、となると値段が大幅に上がります。
私は元々オートキャンプは家族で行っていましたが、昨年登山用のキャンプ道具を揃えました。
テントのみではなく、マット、リュックも買い替えになりました。
(寝袋は元々ダウンのものを持ってた)
小屋泊に比べると荷物の嵩や重さが倍以上になり、登るのに時間もかかります。
登山は日帰りか小屋泊に留めるかどうか、よくお考えになった方が良いかと。

ユーザーID:9142898795
経験者に聞いて
落花生
2018年8月1日 21:09

先のレスにもありますが、余り構えない方が良いのでは
と思います。
登山と言っても、シーズンや山の高低などに影響を受け
ます。

失敗談を紹介します。
一番の失敗は、「登山靴」ですね。本格的な物を買いま
したが、登る山に釣り合っていませんでした。
後に買い替えましたが、再度同じ過ちを犯しました。

二番目はソックスと長袖のシャツです。生地が化学繊維
で、汗を吸わずそのシャツを着用する度に風邪を引いて
いました。

三番目は、テントですが、年々新素材が出たり、重量が
軽い物が出て来ます。

結論ですが、登山経験が沢山ある方に、お訊ねになる事
が宜しいです。
レンタルしながら、用途や使い便利、重量等を確認され
ると宜しいのではと思います。

地域のサークルに入られると用具だけでなく、登山の知
識や情報を得られるのではと思います。安全に留意して
お楽しみください。

ユーザーID:9820420230
結構かかりました
キャンプ始めました
2018年8月1日 21:56

私は登山は数年前からやっていましたが、今年からテント始めました。
支出額は、テント、グランドシート、テントマット、ランタン、エアマット、テン泊用ザックで14万円、大出費です。
これ以前に、シュラフカバー、シュラフや調理器具も買っているので、総額は多分、20万円位。。
でも、安い=重い=出番少ない、なので、ケチケチせずに良いものを買いました。仕方ないですよ。
楽しみの幅が広がったし、末永く楽しみましょう。

ユーザーID:1542812634
少しずつそろえました
めん
2018年8月2日 11:21

登山を始めたばかりの頃は本格的なモノは必要なかったので、とりあえず軽登山にじゅうぶんなハイキングシューズ、小さめのリュック、水筒を買いました。服は趣味のスポーツと兼用(ウィンドブレーカーや速乾性・保温性のあるシャツ)、なので2万円以下。

慣れて山の難易度が上がるにしたがって、しっかりした登山靴と靴下、快適な登山パンツ、大きめのリュックとキャメルバックなどを買い足しで+5万円くらいでしょうか。それから、雨に降られたり、風が強くて寒かった、などの経験をして防水・防寒衣料をさらに追加。あとは細々とした小物や便利グッズ類。

登山仲間が使っているものを参考にしたりオススメ情報を交換したりしています。一通りそろえても、コレがあれば便利だなーと思えるものや、仲間が使っているメーカーの商品のほうがよさそうだなーとか、いろいろ欲が湧いてきますねぇ。安く抑えることもできるけど、いいものを買おうと思うとけっこう高くつく、って感じでしょうか。いろいろ経験して、ケチりたくないのは靴とリュック、寝袋かな。

ユーザーID:4363122059
靴と雨具
なか
2018年8月2日 12:36

靴と雨具はアウトドア専門店のものが必須ですが、あとは日常使いや他のスポーツ衣料との併用で何とかできますから、いくら掛かるかはお好み次第です。
私は、日帰りや山小屋登山始めるにあたって揃えたのは、登山靴と雨具で4万円でした。

ユーザーID:5083170945
際限なく・・・
きりまんじゃろ
2018年8月2日 14:06

登山とキャンプでは大違いですし、登山もハイキングから、ロッククライミングや縦走までする本格的なものまでさまざまで、それにより、必要な道具も程度も変わってきます。

そして、年々新しい物、便利なもの、より機能向上したものが出現します。
初期費用と言いますが、最高性能の物を毎回新品で、山道具屋さんで購入していたら、ゼロが沢山必要です。

山登り、地球の上を歩くだけなのに、メチャ金喰い虫の趣味です。

ユーザーID:6732104181
何かで代用できないか?も考えると面白いですよ。
山岳医療関係者
2018年8月2日 15:53

>一度ちゃんとしたのを買って、ケアさえちゃんとすれば
主様のお考えも分かりますし、登山なのに軽装過ぎる・軽く考えるよりは安全ですが、重装備過ぎると負担になります。

主様ご夫婦の年齢や、どのようなキャンプ・登山をお考えか分かりませんが…
自分で荷物を運ぶおつもりなら、軽量化+1つの物を何通りかの方法で使う事も考えた方が良いと思います。

例:女性の生理用品
勿論、本来の使い方も出来ますが、怪我等をした時の止血に適しています。また靴擦れ等の擦り傷に使用も可能です。最近の物は薄くて軽量なのに吸水力抜群、個別包装され衛生的しかも粘着テープまで付いていて、山では医療用ガーゼよりも重宝します。山岳医療関係者は男性も多いですが、山に行く時は万が一の時の為に生理用品を持参します。

どんな時でも水分補給は大切ですが、水は案外重いです。
水をろ過して飲めるようにする物を使用、自然の水を安全に飲む方法を覚える等すると、万が一、持参した水が無くなっても何とかなるかも知れません。水分がしっかり補給できていれば少しの間、食べなくて大丈夫です。ただ水だけでは脱水症状は改善されませんので、熱中症対策品・スポーツドリンク粉末等、日常生活で使う物を登山に応用する事は可能です。

また日本には、優れた災害対策用品あります。
私達は普段は災害の時の為に備え、非常食など期限が切れそうになったら山に持って行った事が多々あります。乾燥・お湯ではなく水でも戻せる物等、軽くて便利な物が増えました。食品以外も災害時に役立つと言われる物は、登山にも役立ちそうな物が少なくありません。

夫は登山・キャンプは出来るだけ自然に優しくと考え、道具よりも環境に優しい方法は無いか何時も思案し物を最小限に抑える等、出来るだけ大袈裟にしない形で登山します。
専用の道具を使うのも楽しいと思いますが、別の楽しみ方もあると思います。

ユーザーID:3037945975
同じくらいです
あおい
2018年8月3日 11:51

歴20年、はじめ揃えるのにかかったのは同じくらいです。
テントシュラフそろえると更に10万、上を目指すと冬山装備や沢装備、どんどんお金がかかります。
靴等買い替えや新しいウェアが欲しくなったりするので年3万くらいかかりますかね。

ユーザーID:9183054161
「元を取る」と仮定しましょう。
黒猫
2018年8月3日 15:05

オートキャンプ。
ご夫婦2人にお子様が1−2名増えても道具はまあチェアが要るくらいでさほど派手に出費は増えない。
旅館にでも泊まって素泊まりでまあ2万円/泊と仮定しましょうか。

ベーシックで揃えちゃえばまあ10万円あれば何とかなります。
って事は5泊すれば元は取れてしまう。

登山+テン泊。
テントは2名用で共用すれば1名用の2割増しくらいで購入できるでしょう。クッカーは共用可、マット、寝袋、ヘッドランプは人数分要ります。
リュックを追加購入すると仮定して、2人分で合計15〜20万円ってところでしょうか。

小屋で2食ついて6500円/人くらいから。
ってことは10〜15泊しないと元が取れないですね。
更に小屋泊に比べ装備と食料を自力で担ぎ上げ、テントを設営し、食事を作り、また翌朝片づけてパッキングして・・・という罰ゲームのような行程が加わります。

ユーザーID:9142898795
登山にも色々
まも〜ん
2018年8月4日 7:58

昔は中上級者向けと言われる所も登りましたが、
流石にピッケルやロープなどが無いと登れない山や
雪山には行きません。

基本、勾配や標高が高くてもハイキング程度で
登れる山に日帰りでした。

テントも調理器具も要らないので、リュックと
登山靴や雨具、携帯食料と水ぐらいなので
わざわざ購入したのは登山靴ぐらいです。

キャンプもしますが、それは登山とは別物の
用具が必要なので、道具代は高くつきますが、
流用できる物も多いので、キャンプ専用は
テントだけです。

キャンプ場で高価な二口コンロのバーナーを
使っているのをよく見かけて羨ましいですが、
カセットコンロで十分代用が効くし、
ランニングコストも格安なので、購入には
至ってません。

カッコもつけたいんですけどね。

ユーザーID:9536827792
ブランドに拘らないのなら
へんくつ爺さん
2018年8月4日 16:22

必要性を感じた山道具があるのなら、まず山道具専門店に行き値段・機能・重量を調べて近所のワークマンショップへ行ってみましょう。ブランドものの半分以下で同等に近い性能のものがあります。特に手袋・ベスト・インナー・パンツ等です。まあ余裕があればファッション性を求めたいところですが、機能性のみを追求するなら同じように野外で作業される人たちと求めるものは重なるところが大きいですよ。一度覗いて見るとよく分かります。ただし靴は登山靴専門メーカーのものをお勧めします。選ぶときは登山靴に詳しい店員さんの意見を聞いて納得のものを選びましょう。良い靴は手入れ次第で山道具屋もびっくりするほど長持ちし、良く足になじんでくれます。

ユーザーID:4787808588
少しずつが楽しい
道端の散歩者
2018年8月4日 17:27

どんな趣味でもそうなのですが
いきなりフルセット揃えないほうがいいと思います。
自分のできることや、興味の範囲が広がるにつれ
それに合わせて合う道具を揃えていく
それも趣味の楽しみの一つではないのですか。

例えば、車やオートバイなどが好きな人は
少しずつ装備の交換やら改造して楽しむものではないのでしょうか。
お金があるからと言って
いきなりフルチューンは野暮というものです。

キャンプや登山も
今出かける範囲のもので揃えて
もう少し遠くへもう少し高くへ
などというときそれに合わせた装備を選ぶ
それもいいんじゃありませんか。

いきなり全部でいくらかかるか
そういう心配はしないほうが楽しそうですが。

ユーザーID:0694019532
良いと思う
マーモットのモットー
2018年8月4日 23:11

長年夫婦で続ける趣味なら、ある程度お金をかけても良いかと。

良い品は良いですし
最初に安物買っても、そのうち性能重視で良いものが欲しくなるでしょう
軽いもの(チタン) 高性能なもの(合羽)

良いものを持つと モチベーションも向上心も上がります。

これが夫婦どちらか一人の趣味なら
お金をかけるべきでは無いですが
夫婦仲が強まるのであれば 良い投資かと思う。

またキャンプ用品は 非常災害用品にもなります。

あれもこれも買うより
厳選して選んでいく方が良いかな

そりゃ 何でも安く仕上げようと思えば
100円ショップで買って
キャンプ場で 用意されたテント セットされたバーベキューを食べれば
安上がりと思います。

生活に余裕無いなら高価な趣味はどうかと思うけど
今は夫婦二人で余裕あるなら良いのでは?

もし 子供が生まれても
アウトドア派の両親から
サバイバル術を教われば いざという時役立つと思います。
当たり前のようなライフラインが止まった時
どうやって生き抜くか そういう知恵って
知っておくべき事だと思います。

火打石の使い方 ロープワーク
飯盒での調理 蒔 炭の使い方 知っておいて損は無いと思います。

うちは、幾ら使ったんだろうか、、、
少しずつ買いそろえてるので 金額は不明です。

ただ 安物は 性能不足を実感して
買い換えたくなるものです。

服は(アウター)はふだん使いも兼ねてます
機能面(保温防水)もいいし 耐久面も良いので
5、6年以上着てます。

ユーザーID:8609584407
山行のテント泊になると、
かめ
2018年8月6日 16:19

テント、マット、寝袋、コンロ、燃料、コッヘル、食料と、俄然荷物が増えて大変ですね。

道具を使っていると、他の人が使っている道具の方が使い易かったりして、欲しくなります。
軽い、使い易い、デザインがいい、色合いがいい、コンパクト、肌合いがよさそう。暖かそう。

自分に合ったものを集めて行くのも楽しみだと思います。

ユーザーID:1931277459
お財布に優しいと言えば優しいかな…
テン泊好き
2018年8月6日 16:40

我が家も夫婦で登山を趣味にしています。

私が登山を始めた頃(日帰り低山)に本当の初期投資として買ったものは、ザック・登山靴・レインウェアでした(金額にすると5万円程)。そこから登山にハマったので、登山を始めた翌年にはテン泊も始めました。

トピ主さんは登山を始めて半年以上経つので、家にあるもので代用出来る時期は終わったと思います。また、回数をこなすと登山専門ブランドの商品がよく出来ていると感じることが多くなるので、多少値が張っても良いものを買い揃えるようになると思います。また、テン泊をするかどうかで今後掛かる費用に大きな違いが出ると思います。

これからシュラフ等も購入されるとのことなので、夏山のテン泊を始める場合に、掛かった費用(テント以外は1人分/今夏使用)をざっくり書いてみますね。

◆ザック42,000円/テント63,000円(共同装備)/シュラフ28,000円/マット11,000円/ガスストーブ21,000円(夫とは別のストーブを使用、山行によってどちらか一方または各自持参)/その他ヘッドランプ・ウェア・食料等 ※定価を記載しましたがセール等で安く購入したものもあります。

確かに大物は1度購入するとそんなに頻繁に買い替えませんが、ウェアや食料など細々毎年買い足したり、買い替えたりするので、毎年数万円は使っているような気が…(汗)今年はテントとマットを買い替え、靴下や速乾性の下着などを買い足しました。

テント泊装備は初期費用は掛かりますが、小屋泊の費用が掛からない分、すぐに元が取れる点ではお財布に優しいと思います。←の考え方は、どのくらい山に行けるかにもよると思います。年1回程度のテン泊ではなかなか元が取れませんので…。また、日帰りのみの場合も、それほど買い替えを必要としないので、お財布に優しめな趣味と言えるかもしれないですね!

ユーザーID:9668109043
私の場合は中途半端でした
ohanamix
2018年8月9日 7:09

私は20代の時に職場の先輩に誘われて山登りを始め、今年登山卒業宣言をした年寄りです。初めは本気で登山をするつもりではなかったので、安ものと古着で始めました。職場には年間100日以上山に入る好き者もいましたが、私はあくまでも趣味として多くても10日くらいしか山に入りませんでした。結婚後はさらに減りました。だから何時までも本気にならず、中途半端なままでした。

登山靴は何足も履きつぶしましたので、2足目からはいいものを買いました。ズボンも古着では長時間は歩きにくいので、山用のものを買いました。雨具もきちんとしたものを買いましたが、40年近く同じものをほぼ毎回のように使っていますので、かなり傷んでます。独身時代にはテント泊もしましたが、先輩のテントでした。やはり混んでいなければ小屋の方が快適です。私は貧乏人ですので、無人小屋に泊まることや素泊まりが多かったです。寒い時期には登りませんので、安いシュラフで十分でした。

ユーザーID:5474187442
トピ主です
トピ主(トピ主)
2018年8月10日 10:09

皆さんレスありがとうございます!

トピを立てた後、また色々と購入したので
結局30万以上になってしまいましたが
(グッズの多くはセール時に買っています)
登山を始めて1年以上で、買い足してるので
”初期費用”とはもう言えないかもしれないですね。

私たちは冬山には登りませんし、クライミングもしないので
3シーズンで週1ハイキングをしています。
*雪山には入らないです
夏休み中はテント泊で縦走(1泊2日ですが)という感じなので
気合が入ってる方達に比べればまだまだですが
それでも軽量だったり、使い勝手がいい方がいいので
試行錯誤しながら揃えて言っています。
皆さんがいうように、揃えて行くのも楽しみですね。

また、夫婦の趣味なのでそこそこかけてもいいかも。
と言ってくださった方がいましたが、そうだよなぁ
なんて思いました!
片方の趣味に何十万もかけると、不公平感がありますが
共通の趣味なので、そういうのもあんまりないですからね。

あとは盗難なんかに気をつけて、楽しんで行きたいと思ってます!

ユーザーID:6072462533
 
現在位置は
です