現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

妊娠中に、腎不全で愛猫が死にました 携帯からの書き込み

風鈴
2018年8月1日 11:33

胸が苦しくて、後悔ばかりで、何も手に付かず、ここに初めて投稿させて頂きます。
(長文です。)
3日前に愛猫が腎不全で死にました。
11才の男の子でした。初めて一人暮らしを始めた時に野良猫だった子です。

赤ちゃんの頃は、ミルクを哺乳瓶で与えたり、日中は理解のある職場だったので一緒に出勤して皆でお世話しました。
一人暮らしの寂しさを側でずっと支えてくれた本当に本当に優しい良い子でした。
それから私は実家に戻ることになり、猫も一緒に連れて戻りました。先住猫もいて、肩身の狭い思いをずっとさせてしまっていたと思います。

私は結婚することになり、実家に猫を預けたまま、家をでました。
月に一度のペースで帰省して猫の様子には気を付けてきたつもりでした。
それから私は妊娠し、つわりや初めてのことで不安で、実家にさえも2ヶ月以上帰ることが出来ていませんでした。
母から連絡がありました。猫が入院して明日まで持たないかもしれない状態だと。
つわりはちょうど落ち着いた頃だったので翌日からは実家に通うことが出来るようになっていました。

その後、1週間入院して、退院後10日後に猫は亡くなりました。その日、ずっと便秘だったのに、少量うんちが出たことや、初めて自宅で皮下輸液をすることが出来て、もう少し頑張ってくれるかななんて嬉しくて安心して、帰宅しました。。

私は看取れなかったんです。
夜中に寝てる母にニャーと起こして30分後に息を引き取ったらしいのです。

私は、宝物を失いました。11才。勝手にまだ大丈夫なんて過信して、ペット可の家に越したら一緒にまた暮らそうって考えてた。
本当に呑気でした。
母に世話を任せて安心しきっていた。

急展開の出来事で、後悔と悲しみで何も手に付かず、胸がずっと苦しいです。
こんな、私にどなたか、アドバイスを下さい。

ユーザーID:3328998579  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本


タイトル 投稿者 更新時間
私は愛犬を携帯からの書き込み
ローヴィ
2018年8月1日 12:46

姉が買った犬で実家で飼っていました。
ものすごく溺愛していたのですが結婚して家を出てしまいました。
そして2人目妊娠中、私が1週間入院してしまい上の子を実家に預け、そしたら犬が体調を崩し、最初は上の子を預けたストレスと言われましたがよくよく検査したら肝臓の数値が悪く手遅れでした。
そして、お正月姉も私も実家で過ごし、かえった翌日ケージの中で息を引き取りました。
ただ、下の子の妊娠経過はあまり良いとは言えず、それでも無事に産まれてくれて今はものすごく丈夫です。
犬が自分の命と引き換えに助けてくれたと勝手に思っています。

ユーザーID:5911766661
仕方がない
なる
2018年8月1日 14:14

後悔するのは当然です、それだけの事をしたのだから。

同じ猫を飼う者として、なぜ実家に置いて結婚したのかが謎で仕方がありません。
猫可の物件に引っ越したら一緒に暮らそうとしていたということはご主人がアレルギーとかではないんですよね?

正直猫が変わらず健康だったら猫可の物件に引っ越したりしたのかな?と疑ってしまいます。
亡くなった後悔や罪悪感から、本当は一緒に暮らそうと考えていたんだよと言っているだけじゃないですか?
本気で暮らす気があるなら既に行動に移していたはずです。

お子さんが生まれればバタバタしてあっという間に数年経っていたことでしょう。
結局猫はあなたとは暮らせず実家で亡くなっていたと思います。

妊娠中のあなたにはきつい事でしょうけど猫と結婚、猫と自身の体調を天秤にかけて猫ではない方を選び続けたというだけのことです。

私も高校生の頃から飼っています。
大学進学中の4年間は一緒に暮らせませんでした。
親にお金出して借りてもらう部屋、ペット可のところにしてとお願いしましたがダメでした。
当時猫は4歳です。「待っててね」と言って実家に残しました。

就職して独立する時、まず探したのはペット可物件です。
卒業と同時に迎えに行きそれから10年転勤や転職、結婚すべて一緒です。
今年18歳になりました。

結婚する時はもちろん独身時の交際相手も猫が好きな人、猫との暮らしを嫌がらない人を最優先にしました。
猫がいると長期の旅行はいけません、7年前に腎不全になってから旅行は一度も行ってません。
新婚旅行も行きませんでした。
実家に預けたり姉妹に泊まりに来てもらって新婚旅行に行くという案も出ましたが慣れない人に世話をされるのは病気の体ではかなりのストレスになるだろうと断りました。
主人は「生き物と暮らすっていうのはこういうことだから、何も気にしてないよ」と言ってくれます。

ユーザーID:1782770319
全ては、運命なのではありませんか
落花生
2018年8月1日 14:49

辛いと思いますが、猫ちゃんとの楽しい日々を
想い出して上げることが、お悔みになるのでは
ありませんか。

猫ちゃん側から考えてご覧になると、トピ主さん
に愛されて幸せな一生だったのではありません
か。

猫ちゃんは、トピ主さんとの交流を楽しんでいた
と思います。猫ちゃんとの交流を胸の中に大切
に仕舞って置かれますよう。

そして、時々想い出して上げて下さい。

ユーザーID:4143217325
悲しいですね携帯からの書き込み
てんてん
2018年8月1日 14:54

私の家では捨て猫が十匹います
一匹でもかけたら涙が出ます

ユーザーID:7633103177
つらいですね。
たんたん
2018年8月2日 2:11

厳しい意見の方もいらっしゃいましたが、気にされませんように。

ペットは家族ですが、その生殺与奪は飼い主の手にあります。
放し飼いで事故や怪我で死んでしまう子もいれば、外飼い・室内飼い関係なく長生きする子もいるし、風鈴さんの猫ちゃんのように病気で命を亡くす子もいます。

どんな最期でも後悔が無いという人の方が、少ないのではないでしょうか。
あの時気付いてたら、あの病院を選ばなければ、留守にしなければ、安楽死させてあげた方が苦しまなかったかも、寿命を縮めたのかも・・・

それだけ愛していたし、愛されていたのだと思います。
きっと、虹の橋で待っててくれますよ。

ユーザーID:5754298202
トピ主です
風鈴
2018年8月2日 10:35

皆様、レスを頂きありがとうございます。

確かに、私に後悔が多いのは、大事な選択を誤ってきた結果だと思います。猫を最優先に行動していれば、今ごろ一緒に住んでいただろうし、最期まで看取れたはずですね。
ちゃんと言っていただけて、ありがとうございます。

また、沢山の楽しかった思い出や幸せなきもちを、愛猫からもらったこと、大切に胸にしまってこれから生きていきます。
今は辛くてしょうがないけど、いつかまた出会えると信じて頑張りたいです。

ユーザーID:1640774541
わかりますよ
2018年8月2日 22:22

貴女の気持ち、よくわかります。
辛いレスには引きずられないでください
私も同じ思いをしました
何年たったって、新しい猫を迎えてみたって
家族が増えてみたって
あの子の事を思い出すときの気持ちがかわることはありません
ただ、月日のくすりがそのつらさを薄めてくれるだけです
なくなることはありません、でも、辛さは少し、少しと薄れていきます
でも、忘れることはありません
それでいいじゃないですか。
時たま思い出してあげましょう、でも、自分を責めるのはやめてくださいね。
きっと、あなたの猫ちゃんもそう思っていますよ、虹の橋から。

ユーザーID:7839080398
 


現在位置は
です