現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

パニック障害について 携帯からの書き込み

みーこ
2018年8月2日 11:28

私は昨年の6月パニック障害になりました。
心療内科に通い治療しています。
家族構成は夫、子(2歳)、私(26歳)の3人です。

病気になった当初は家でも常に発作が起きていました。特に主人が仕事に出かけ子供と2人きりになった時です。発作が起きてもこの子の面倒をちゃんと見れるだろうかと不安があったからです。
病院に通い薬を服用するうちに家で発作が起きることはほとんどなくなりました。
しかし、外出は全く出来なくなりました。

以前はテニスをしたり山登りに行ったり海外旅行をしたり、映画館に毎週のように通ったり、なによりふらふらと歩き回ることが好きでした。
しかし、病気になってからは全てができなくなりました。家を出ようとすると途端に苦しくなってしまうのです。

病気になってからの私の心の安定に必要なのは、抗不安薬と飲み物と横になれる環境だという事に気がつきました。

というのも、例えば家族が運転してくれる車で外出する分には全く問題なく遊べるのです。それは、もし具合が悪くなっても車に戻って横になれるという思いがあるからです。

その結果、病気から1年経った今でさえ電車やバスにものれず、徒歩10分圏内しか歩いて出かけることすらできない状況です。

しかしこのライフスタイル(誰かに車を運転してもらって出かける)では、常に人に迷惑をかけてしまい結局のところ1人では何もできないのです。

また、家族も車で出かけた時は元気そうにしてる私をみて、『もう病気治ってるじゃん』と言ってきます。そのため、徐々に車で送り迎えすることに不満を言うようになり、感謝すべき家族にも病気を理解してもらえていないと苛立ちを感じてしまうことさえあります。

家族に苛立ち、何もできない自分に苛立ち、何のために生きているのかわからなくなる時があります。

この文を読んで何かアドバイスがあれば頂けませんか?

ユーザーID:1400546930  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:28本

タイトル 投稿者 更新時間
自分で運転する、又は交通機関を克服する
雪うさぎ
2018年8月2日 13:13

私も昨年の春にパニック障害を発症しました。
残念ながら、我が家には自家用車がないため交通機関を克服するほかありませんでした。まずは一駅電車に乗って降りることから始めて、今では飛行機にも乗れるようになりました。

>誰かに車を運転してもらって出かける
トピ主さんは運転できないのでしょうか?
発作が出たら路肩で休憩するという方法でPD仲間の方々は乗り切っていますよ。

バスや電車も、最悪発作が起こってしまっても横になれます。
暴露療法と言うらしいですが、まずは飛び込んでみるのも良いかもしれません。

ユーザーID:7195005963
私もそうでした
むらさき
2018年8月2日 13:28

40代半ば、大学生と高校生の子がいてフルタイムで働いています。
初めて発症したのは25年くらい前。
良くなったり悪くなったりを繰り返しています。
一番ひどかったときは、各駅停車でも電車・バスに乗れない、行列に並べない、歯医者や美容室に行けない、夫の運転でもトンネルに入るとダメ、コンサートなど人が大勢集まる場所に行けない、という感じでした。
通勤はラッシュアワーの行きは夫が車で送ってくれたので、帰りは一駅二駅と降りながら帰っていました。
常に人の手を借り、心配や迷惑をかけながら生活するのが申し訳なく情けなく自信をなくしました。

でも、まだ完全ではないけど、マシになってきたのは、「人に迷惑をかけてはいけない」と思いすぎないようにしたからかなと思っています。
パニックの発作が起きたら起きたで仕方ない、と思えるようになりました。
それでもまだ満員電車や飛行機は怖くてどうしても乗らなくてはいけないとき以外は乗れませんけど。
ある意味、開き直ると、少しずつ少しずつ、行動範囲が広がっていくのではないかと思います。
子供がいると、怖いとか言っていられない場面を多いですし。

戻って休める車があると安心、ということは、その「安心」のネタを増やしていくことだと思います。
冷たい水があれば安心、飴があれば、座れるベンチがあれば、外の空気が吸えれば、など。
常に抗不安剤を持ち歩き、少しでもヤバイと思ったらすぐに服用する。
「あの時はアレで大丈夫だった」という経験を増やしていってください。
三歩進んで二歩下がるくらいの気分でね。
完治ではなく、妥協できるラインまで、焦らず少しずつ進んで行きましょう。

ユーザーID:4962549809
冷たいことを言いますが
まき
2018年8月2日 13:45

トピ主さんも病気になる前、パニック障害を理解できてましたか?
パニック障害の方に遭遇した時、今の自分が相手に臨むように、私は対応できたはずよ!と開き直れますか?

今できなくとも、翌日にできるようになったりすることもあると思います。
でも、翌月にはまたダメ。この状態に家族は振り回されます。
家族の理解は絶対に必要です。

患者には気づかいの目が向けられやすいですが、家族には向けられません。
家族もストレスを受けてしまいます。

カウンセリングにはトピ主さんお一人で行かれてますか?
ご家族でしてもらったらどうでしょう?

ユーザーID:1319235724
無題
こおり
2018年8月2日 14:23

パニ歴20年近くになります。
(この病気は波があるので、
5年ほど全く発作が出ない時期がありましたが)


外出ですが、家族と一緒乗る&頓服飲んで
各停電車でも無理そうですか?

ならしばらくは車しかないかなあ。
無理すると、悪化しますしね、、

あとこの病気に罹ったことのない人に、
病気を理解されることはないと思いますので、
旦那さんからの理解を得るのは難しいでしょうね。。

ユーザーID:3583200150
理解は…。難しい
まいる
2018年8月2日 15:40

私もパニック障害です。現在精神科に月一受診、
抗不安剤出してもらってます。

私も5歳子持ちですが子どもの出来る前から
たまーに発作があり、(ちなみに電車が初の発作です)
発作が落ち着いた頃かかりつけ医師にこどもについて相談、
妊娠しました。

が、産後、うつもセットでパニック発作も酷くなり、
産後一年は心身共につらかったですね。
トピ主さんのように日中赤ちゃんと二人が怖くよく
里帰りさせてもらってました。

だいたいパニック障害患者はトピ主さんのように、
あれができないこれができない、もう生きてくの辛い…。と
鬱も引き起こしやすいようです。
私もそうでしたので。

まず、他人には理解は難しいです。
「火災報知器のように頭の危険報知器が他の人より過敏で
サイレンが鳴りパニック発作になる」となにか本で読みました。
本来人間には危険を避けるために不安になる本能があるそうです。

夫は同じような経験あるのである程度理解してもらってますが
実母には「気の持ちよう」位に言われると思うので
パニック症について言っていません。

遊べたりして「もう大丈夫では」と言われたら
薬飲んでいるから、家族だけとだから行けるのだと説明を。
そして感謝をじゅうぶんに。

ひとり外出はお子さんも小さいから…。医師にも相談し落ち着いたら
まず、近くの公園へ母子で。それから駅まで、そうしたら
各停電車でまずは旦那さんと子と共にひと駅ずつ。
私はこういう感じで今は薬服用で各停には乗れます。
少しずつ成功体験を積む、と本にも書いてありましたよ。

私もまだまだ出来ないことも沢山あり偉そうには言えませんが、
お互い、思い詰めすぎず、少しでも出来たらよし!
で自分を褒めていきましょう。

ユーザーID:3500616259
良くわかります、大丈夫携帯からの書き込み
とも
2018年8月2日 16:48

辛いですよね。お気持ち良く分かります。

私は20年前、社会人3年目に過労とストレスかパニックを発症しました。

人によって症状は違うようです。私は「逃げられない状況」がダメ。飛行機がダメ。運転してて渋滞中のトンネルもダメ。疲れが溜まった時などなど。

かれこれ20年付き合っています。かなり悲観した時期もありましたが最近は「体質だからしょうがないな(笑)」と思うようになって症状もだいぶ軽くなりました。

またパニックは「人に理解してもらえない絶望感」がありますよね。分かります。孤独で情けなくて、人生が無意味に思えます。

私は、辛すぎて、逆にパニックについて自分なりに色々読んだり見たりして勉強しました。

人間は危険から身を守る為に「恐怖」を感じる脳の部分があるのですが、いまの社会には沢山のストレス原因があります。

感性が豊かな人は、ストレス原因によって脳の回路が勝手に「危険!危険!」と反応する誤作動を起こす事があり、これがパニック障害だそうです。

つまりパニック障害になる人は「感性が豊かな体質」「すごく人間的!」と、私は感じるようになりました。

あとは環境変化。私は仕事でしたが、貴女は育児?そこは全く分かりませんが、育児は不安で孤独だと聞きます。

長くなりましたが、1.まずパニック障害の仲間はいます。同じ苦しみを知ってる人が沢山います。2.感受性が豊かな体質の証拠だから、3.どうか「自分を許して」あげてください。「ストレス」からは上手に逃げてください。

環境が変わったり、ストレスが減ったり、モノの見方が変わったりすることで結構改善します。

最後に。この障害を経験した人は、「人の痛みがわかり、人に優しく」なれます。

今はそう思えないと思いますが、、あなたの今の苦しみが、誰かの役に立つときがあると思います。人生は苦しみがあっても素敵なものです。どうぞお大事に。

ユーザーID:9130129425
経験した人ではないと、理解できないつらさです
アラフィフ兼業
2018年8月2日 21:34

 トピ主さん、応援していますよ。

 このパニック障害は、本当に経験した人ではないと、理解できません。 私は、15年ぐらい前、突然、発症しました。

 具体的な症状としては、閉ざされた空間が苦手。飛行機や新幹線は、バスは、とても無理。 電車も20分が限界でした。映画館、劇場も無理でした。
 
 とにかく、「自分の意志で外へ出られない」状況になると、気分が悪くなりそうでした。

 ただ、私の場合は、実両親とも、パニック障害経験者だったので、理解がありました。実両親とも、2年ぐらいで良くなったので、「いつかは必ず良くなる」と、希望が持てました。


 精神科に通い、薬を服用して、カウンセリングを受けるうちに、徐々に良くなってきました。(現在では、飛行機も、乗れるようになりましたよ)


 トピ主さんに、伝えたいこと。

 ・パニック障害は、必ず良くなります。
 ・他の人に迷惑をかけて、申し訳ない・・ とは、思わないことです。 人間は、一人で生きていけないのです。きれい事ではなく「人と人とは支え合って生きているのです」だから、具合が悪い時は他人に頼っていいのです。

 ・パニック障害への自分なりの対処法を見つけましょう。 私の場合、閉ざされた空間に行く予定の時は、その前に、必ず薬を服用しました。 外で新鮮な空気をいっぱい吸いました。

 ・このつらさは経験した人でないと、絶対にわかりません。だから、家族が理解できなくても仕方ないと、思いましょう。ただ、ご主人には1度精神科に着いていってもらいましょう。医師から説明してもらいましょう

 ・ヨガ、瞑想、は、よくなるきっかけになりました。良かったら試してみてください。

 ※最後に・・・パニック障害は、必ず良くなります。諦めないでください!!

ユーザーID:4398631246
パニック持ちは沢山いる携帯からの書き込み
脳科学
2018年8月2日 23:10

私はパニック以外にも沢山の精神疾患患者を見てきた人間です。

パニック及び精神疾患患者は、経験していない人の理解を得られることはないと思います。

因みに私もパニック及び精神疾患がありました。

人間、一つの体験が思わぬ道にそれていく事を、身を持って知ってます。

もちろん、トピ主さんが誰かの助けを得たいSOSを出しているのも、私はよくわかりますよ。

毎日に追われて、ネットも偏りがあるのではないですか?

パニックは昨今、あまり珍しくもなく。

例えば数名でカラオケしてて、突然パニックを起こしても、パニックを知ってる人が一人はいる状態です。友人知人のパニックを見てきた人が容易に混じってる、そんな世の中ですよ。

珍しくないんです。
あ、パニックなんだねって。うろたえる事もなく、淡々とそばにいてくれた知人を覚えてます。
知識があったそうです。

皆が健康で幸せな人で、自分は違う…それは勘違いで、疾患を隠したり、沢山のハンデを抱えている人がいます。

パニックについて無料で配信されている、小さなカウンセリングのようなものもあります。大いにご活用を。

いいんです。ゆっくり付き合っていきましょう。

無知な人の理解を求めずに、流しましょう。

それが早い回復につながります。

期間が長くなろうが大丈夫。人生は、まだまだ長いんですよ。

そのうち、簡単に治る方法が出たりして。

なーんて、私は考えてます。

ユーザーID:5019068563
平成30年だというのに
cc
2018年8月3日 0:52

無知な方からのレスがどれだけトピ主さんを傷つけるか
知って貰いたいと思ってレスします

私は昭和の終わり頃にパニック障害を発症した者です
当時、総合病院の(内科)医師達からも部活のやりすぎ、睡眠不足だろう、気の持ちようだと言われるレベルの
ものでした、当時の担任に至っては「通学電車に乗れないから学校に来れない?馬鹿じゃないの?そんな人いません」
当時の私は何も言い返せず ただ泣くばかりでした。30年前なので残念ながら知名度が低すぎて内科医ですら知らなかったのです

結果的に精神科に辿り着くまで丸2年半かかり毎日発作地獄で10キロ痩せて死にたかったです
なので精神科の投薬治療開始から1日目で「あ、生きれるかも」と思ったのを覚えています

それだけ医療の分野でしっかりした投薬治療が必要な病気で
決して「気の持ちよう」で自分勝手な人間がなる病気ではないのです
鬱もパニック障害患者も脳の画像を撮ると健常者の脳と明確に海馬などが違うというデータは30年近く前に発表されており
頑張ろうとして乗り越えられるものとは違い、的確な投薬治療や臨床心理士による認知行動療法も必要です
カフェイン、乳酸(乳酸菌飲料とは別物)、二酸化炭素で発作が誘発されるので
疲れすぎない事、睡眠をよくとる事、カフェイン類を飲まない事(風邪薬も注意)、酸素の薄い所へ行かない事
は必須です

気力で乗り切れる人達は病院も不要でしょうし投薬も不要でしょうから
それはパニック障害とは診断されないと思います
パニック障害になるとほぼ毎日のように発作が出ます

トピ主さんへのアドバイスは電車に1人で乗れないと医師にハッキリ伝えて
乗れるような薬を出して貰う事で解決されると思います
現在の抗不安薬だけでは足りないのだと思います
行動範囲は徐々に広がっていくので決して焦らずに大丈夫です

ユーザーID:3438538093
医師から家族に説明してもらいましょう。
2018年8月3日 8:41

不安障害は、他人には病気だとわかりません。
仮病ではないか?と誤解される事もよくある話です。

でも、家族の理解は絶対に必要です。

是非、早急に医師にお願いして、ご家族へ“パニック障害“は病気であることを説明してもらいましょう。
医師の言葉であれば、ご家族も信じてくれると思います。

お子様が2才とのこと。
来年から幼稚園(3年保育)ですか?
ママ友関係や父母会の役員など、ハードルがあります。
母子ともに、楽しい幼稚園生活となります様、ご家族の理解は必須ですよ。

同じく病気持ちで、子育てをしている人は、たくさんいます。
どうぞ元気を出してください。

ユーザーID:9797146415
開き直りは理解できない
2018年8月3日 10:06

開き直りに聞こえるような表現は避けた方がいいと思います。

「病気の時は助け合い」と言っても、それが長期になり回復の見込みも薄ければ、離婚も含めて生活の見直しが必要です。
家族の運転で外出できるなら、自分で運転する、ネット販売・宅配を利用するなど自力でなんとかする方法を探しましょう。
休日は家族にさらに運転させて遊びに行くのではなく、いつも負担をかけている分、自分ができるお礼をしてください。

子供もいるのに、大人1人分の働きができない時点で、相手には負荷をかけ続けているんです。
さらに運転してもらい、理解もしてくれというのは、かなり贅沢な要求です。

病気が落ち着くまで子供を連れて実家に帰り、1人で外出できるようになってから戻るというのもアリです。

ユーザーID:9306091419
なお対策法
まいる
2018年8月3日 14:37

二度目ですが、
電車には服薬、薬持参も勿論ですが、トピ主さんのように飲み物、
ミント系ガムやタブレットを持ちます。
ハンカチに落ち着く好きなアロマオイル垂らして香りを嗅ぐ。
そして、スマホにミニゲームアプリ
(パズル系のゲーム)を入れて、
電車ではそれに没頭するのも効果ありました。
ようは脳が別の動きをしてれば良いわけで。
あとメール書いて送ったり送らなかったり。
書き続けてれば脳もそっちに意識が行く気がします。

私は密閉がだめなようで窓さえ開けば変な話、
今だめな長距離バス、新幹線、飛行機でも乗れると
思うんですよね。絶対開けるわけないけど。
バス、各停電車も最近は窓を開けづらいのですが…。
開くという事実だけでも違います。

ただ、お子さんも小さく目を離しスマホもまずいので
これはひとりの時用ですかね。

ユーザーID:3500616259
病気なら、家族は支えるもの?
2018年8月3日 17:25

共倒れという言葉があります。

1. パニック障害でツライ、できない、
2. 生活上、フォローしてほしい
3. 理解してほしい

これは家族のキャパシティによります。「見た目に何ともないのに支障があってできないと言う」のは、よくあること。トピ主さんだって、ご主人がこの1年、どれだけ臨時対応し、休めるはずの時間に送迎し、先の見えないフォローに疲れたか考慮せず、不満顔と書き苛立ちを感じるのでしょう。


うちは、パニックではないけれど精神科疾患で夫が行動不能になりました。
当時、私がかなり高給取りで時間もあったため家族内で対応できましたが、お金か時間、どちらか欠けていたら何年ももたなかったと思います。
そして、はっきり言いますが、私はもう10年近く通院している夫の「こういうの無理」はだいたい覚えたけれど、どう辛いか、どれだけ辛いかはわかりません。
先日も夫自身の仕事が忙しくなり、少し病状悪化して、その兆候自体は見ていたけど、悪化の兆候だとは気づけず、無理するなとも言えず、薬が増えたと聞いてアレやばかったのかと思う程度。
服薬内容もうろ覚え。
逆に、そこまで感知しないからこそ、長い間、割り切ってフォローできました。
夫のできない事を言った時は、夫が「俺はそれ無理、◯◯ならできるけど」と言ってくれるので成り立っています。

頼っていいと書かれている方もいますが、治療にお金もかかりますし、支える側の負担もあるので、長期化してご主人が無理だと思ったら、共倒れになる前に頼る先を変えてもらうしかないと思います。

ユーザーID:9306091419
病気の辛さを理解する必要はない
うまこ
2018年8月3日 17:38

生活上、できないことがあるというのを、わかってくれれば十分です。

私は、メンタル疾患で包丁が使えません。
長いコード類も苦手です。

代わりにセラミックナイフやフルーツナイフで料理をします。
周囲に負担をかけない代替手段は自分で探しました。

電車もダメなので、自動車を運転できるようにしました。ネットショッピングで、受け取りは夫のいる日時にまとめて配達。今日もですが、夕食を作れない日は日中にラインで報告して外食か出前。


パニック障害だと、最近は抗うつ薬を使って良くなる人もいますが、副作用で飲めないのですか?
家人の助けがないと生活できないとしたら、障害者認定が視野に入ってきますが、治療が足りない可能性もありますよ。

何だったら徒歩10分圏内にスーパーがある場所に引っ越したっていいし。

ユーザーID:9306091419
CCさんのレスに、賛同です。
アラフィフ兼業
2018年8月3日 18:11

 CC さんのレスに、賛同です。

 パニック障害は、脳の勘違い(誤作動)による れっきとした「病気」です。

 本人の気力で、コントロールできるものでは、ありません。

 本人の「わがまま」とか、「性格が〜」 と、おっしゃっている方、全然違いますから。

 私は、前のレスで、「なった本人しか分からない辛さ」が、あると、
書きました。「辛さ」は、理解できなくても結構ですが、「本人の性格の問題」とか「甘さ」が原因ではないと、いうことだけは、ご理解ください。

 患者本人は「死ぬほど辛い」と感じています。そして、周囲の無理解が、絶望感を強めます。

ユーザーID:4398631246
そもそも理解してもらおうとは思わない
昼下がり決死隊
2018年8月3日 23:49

トピ主さんに質問です。

想像してみて下さい。
トピ主さんは、ご自身がパニック障害にならなかったら、パニック障害がそういう物だと説明されて理解出来たと思いますか?

他人(自分以外の人)から見れば、「また、家族も車で出かけた時は元気そうにしてる私をみて、『もう病気治ってるじゃん』と言ってきます。そのため、徐々に車で送り迎えすることに不満を言うようになり」こんな物なんですよ。

トピを読むと、トピ主さんのパニック障害の症状は、何と言うか典型的だと思います。
だから、ご主人がパニック障害に関しての資料を幾つか読めば理解してもらえるんじゃないかと思わなくもないですが、頭で理解出来ても、条件がつくとは言え、元気に遊びに行ってる姿などを見ていると、気持ち的には理解出来ない部分もあるだろうなと思います。

>家族に苛立ち、何もできない自分に苛立ち、何のために生きているのか〜
何の為に生きているか?
幸せになる為ですよ。

出来ない事で自分を責めたりするのは一番ダメだと思います。

分かってもらえないからって苛々するのもダメ。

そもそもこんな訳の分からない病気、他人に理解しろってのが無理なんですよ。

今まで当たり前に出来ていた事が出来なくなる。
何で今まで当たり前のように出来た事をやろうとしてるだけなのに、手が震えたり発作が来たりして出来ないとか、自分だって訳分からない何これ?って感じでしょう。

簡単にやってた事が出来ないのに、妙に元気に遊びに行けたりする事もあるから、やりたくない事をやらないだけなんじゃないかと誤解される事もある。

そもそも、こんな訳の分からない病気、なってみなくちゃ理解出来なくて当たり前。
こういう風に認識を変えてみたは如何でしょうか?

ユーザーID:6218107056
大変ですね
トトロ
2018年8月4日 1:16

私はパニック障害まではいきませんが、過呼吸発作で倒れたことがあり、それ以降、何度も過呼吸を起こしかけています。
私の場合は満員電車、飛行機、新幹線、混雑したバスあたりが苦手です。閉じ込められて降りられないという状況で過呼吸を起こしかけます。人混みやエレベーターでも具合が悪くなることがあります。

通勤で毎日、満員電車には乗らなければならなかったのですが、倒れてからしばらくの間は途中で降りることもしばしば。でも毎日、乗っているうちに大丈夫な車両を発見してからは「ここなら大丈夫」と思ったらすごく楽になり、最近はたまに具合が悪くなるくらいです。
また、出張で新幹線や飛行機に乗らなければいけなかったので、特に10時間オーバーのロングフライトでは本当に辛かったですが、薬を握りしめながらでも何度か乗るうちに自信が付いてきました。今ではプライベートでも海外旅行に行けるようになりました。

あなたも飲み物、薬と横になれる環境が必要と言っていますが、他にも成功体験を増やしていけば今より行動範囲を広く出来るかもしれないですよ。
私も仕事という強制力がなかったら、倒れた後に電車に乗ることを諦めていたかもしれないし、出張がなければ新幹線や飛行機はもう乗れなくなっていたかもしれません。正直、過呼吸発作の後、最初に国際線の飛行機に乗ったときは離陸直前に苦しくなってCAさんに迷惑をかけてしまいました。それでもドアクローズした飛行機は降ろしてもらえず、CAさんに介抱してもらって落ち着きました。数時間のフライトを終えて着陸した時には少し自信に繋がっていました。
荒治療になってしまうかもですが、ちょっとだけ無理してみて成功体験を少しずつ増やしてみてはどうでしょうか?私も毎日、薬を持ち歩きながらの生活ですが、今ではほぼ普通の生活が出来ています。

ユーザーID:3800062761
でも、支える家族だって辛いでしょう
私もアラフィフ兼業
2018年8月4日 10:20

病気についての家族の理解は必要ですが、支える家族だってストレスを抱えているんですよ。
病気になった本人については、周囲も「辛いね」「大変だね」と言ってくれますが、支える家族の大変さはあまり理解されません。

ちなみに、私は軽度の不安障害で治療中です。

子の夏休みの宿題で博物館に行くのにも頓服薬が必要です。
家族での映画は、頓服薬を服用しても無理で、私ぬきで行ってもらいました。

私も、夫から「毎日服用するのは止めて、頓服だけじゃダメなの?」などと言われることもあります。
そのたびに、説明するのですが、あまり理解はしてもらってないと思います。

家族の理解が足りないと辛いですが、「家族にも負担をかけている」との自覚と謙虚さは必要だと思います。
不満を口にしつつも車での送り迎えをしてくれるなら、「ごめんね。でも、直ってないんだよ」と伝え、後は聞き流すことも必要ですよ。

あと、トピ主が、少しずつでも苦手なことにチャレンジする姿勢があれば、トピ主に対するご主人の印象も変わってくると思うのですが、まだ、無理な段階なのでしょうか?

ユーザーID:5292687403
家族の手を借りない暮らし方を
サフラン
2018年8月4日 14:06

これだけ長引いて、先の見通しも立っていないなら、家族の手を借りない暮らし方を目指して治療なさった方がいいと思います。

トピ主さんがどれだけ辛いかとは別に、ご主人にも仕事があり、いつまでもトピ主さんのフォローを最優先にはできません。
ご主人の手に余って、離婚話が出たっておかしくはないし、現状のように「ご主人に送迎してもらわないと生活できない」と言い切るような状態では、ご主人有責(慰謝料を払う側)だとか冷たいとかは言えません。

他の方のレスにもありますが、自分で運転することはできないのでしょうか?
安易に送迎をあてにせず、代替手段を考えましょうら、
治療が十分でない可能性もあります。心療内科ではなく精神科に通院していますか?抗うつ薬は試しましたか?

夫が病気になった時は、私母から「そんな何年も治らない人、離婚しなさい。アンタを人の看病させるために育てたわけじゃない。」とうるさく言われて、それを夫に聞かせないようにするのも大変でした。

ユーザーID:8486597089
あの
昼下がり決死隊
2018年8月6日 10:56

風邪薬などでも、車の運転をしないように注意している物は多いですよね?
一口にパニック障害と言っても、処方される薬は全員同じではないですが、パニック障害で処方される薬を飲んで運転しろと?

ただね、今のトピ主さんはパニック障害を含めてトピ主さんなの。
そのトピ主さんをご主人が支えきれなくなると言う可能性は否定できません。
仮にそうなったとしても、ご主人は責められない。
これはパニック障害でなくても、どんな病気でも同じです。

嫌な話をしますが、仮にトピ主さんは離婚となっても、一人で生活出来るだけの資産や今の状態でも自力で生活出来るくらいの収入とか資格とかありますか?
なければ、在宅である程度稼げる術を身につけるといいんじゃないかと思います。
何かあっても、自分の生活は自分で見られると言う物があれば、根本的な不安の一つは解消できるんじゃないかと思います。

それと、パニック障害と言うのは挑戦の病気です。
出来なくなった事に挑戦して出来るようになって、また発作起こして出来なくなって、また挑戦して出来るようになって…と言うような事の繰り返しです。

絶対にやっちゃダメだと思う事は、自分に対しても他者に対しても「何で?どうして?」と責めるような気持ちにならない事だと思います。

この病気って直接命に関わる事がないから、軽くみられる事もありますが、レントゲンなどを見て完治したって分かる病気と違って、完治したかどうか分からないからやっかいとも言えます。
完治したと思ったら、或る日また発作を起こして逆戻りなんて話も聞きますし。

治る事には固執しなくていいんじゃないかな。
大事な事は、病気を発症する前と同じ、或いはそれに近い生活が送れるようになる事で、治った治らないはどうでもいい事なんじゃないかと私は思います。

ユーザーID:6218107056
 
現在位置は
です