現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母を亡くしました。これからどうすれば…

なみだ
2018年8月3日 23:00

30歳女性です。
7月下旬に、60歳の母を亡くしました。
母は難病を患って足腰が弱っていましたが、生死にかかわるような病気ではありませんでした。
また、その手術に向けて前向きに検査を受けているところでした。
先月に入って急に食が細くなり、ずいぶん痩せてしまったため、まずは体力回復目的でと入院させてもらおうと病院を予約し、タクシーで病院に着いて5分も経たぬうちに旅立ってしまいました。
父も私も、まさか亡くなるなんて想像もしていませんでした。

葬儀や事務的な手続きを終え、悲しみが深くなってきました。
周りの方からは、「お父さんを支えてあげて」「早く結婚して安心させてあげて」と言われますが、正直、まだそういう気持ちになれずにいます。
また、もっと母にしてあげられることがあったのではないかという思いが残っています。
お母さん、もっと優しくすればよかった、もっと助けてあげればよかった、ごめんね、という思いでいっぱいです。

専業主婦の母は一人っ子の私に愛情をたくさん注いでくれました。
いつ母に会えるのかな、早く会いたい、という気持ちになったり、
しっかりしなきゃ、と思ったりの繰り返しです。
お母さん、と話しかけてしまいそうになることもまだあります。
ストレスのせいか分かりませんが、髪の毛も抜けました。

そして、いつも気丈な父が明らかにショックを受けているのも、心配です。

皆さんは、どうやって立ち直られていますか?
どのような心持ちで今後過ごしていけばいいのでしょうか。
まとまりのない文章でごめんなさい。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:9045084395  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
当たり前と思う携帯からの書き込み
アルト
2018年8月4日 22:25

通常、親が先に死んでしまうのは当たり前の摂理なので自分にそう言い聞かせました。
私も両親とはちょっと早いお別れでした。

ユーザーID:4086903387
立ち直れません
kazu
2018年8月5日 16:29

お母様のご冥福をお祈りいたします。

辛かったですね。
お気持ちをお察しいたします。
私も一人っ子で、両親共に亡くなっています。
少し早いお別れでした。
立ち直ろうなんて考えないで良いと思います。
立ち直るなんて不可能です。
悲しい時には自分の心に蓋をせずに、思いっきり泣いて悲しみを受け入れた方が良いのです。
私も自分が壊れそうになり、カウンセリングに通ったこともあります。
もう二人が亡くなってから10年以上も経ちますが、毎日のように夢に出てきてくれます。
毎日お仏壇に手を合わせ、お墓参りも頻繁に行っています。

ユーザーID:2389947860
アルトさんへ
なみだ(トピ主)
2018年8月5日 21:45

アルトさん、貴重なレスありがとうございます。

そうですね、当然の摂理と考えて気持ちを消化していきたいと思います。
順番が違ってしまえば、残された者の悲しみはより深いでしょうし…

まだなかなか別れを受け入れられていないのですが、少しずつ、がんばります。

ユーザーID:9045084395
当たり前と思う
男です
2018年8月6日 15:39

逆縁でなければ時が解決します。

結婚が目的ではないけど、早くしないとお父様も失い天涯孤独になりますよ。

ユーザーID:4884136637
すぐには・・・
ずず
2018年8月6日 16:19

私も母とは、早いお別れでした。
そして、兄弟とはもっと早いお別れをしました。

父・姉からのの弱気な発言を受け止めていましたが、スーパーマザコンの私の
話は、そんな打ちひしがれている父・姉にはできませんでした。
もう10年以上経ちますが、今でも心がチクチクすることはあります。

ただ、どれだけ後悔しても、もういません。
それならば、もっと生きたいと願っていた母・兄の分も頑張ろう。
悲しんでばかりいる私を見たら、空の上で悲しむかもしれない・・・と
思って前を向いています。

時間はかかるかもしれませんが、改めてその存在の大きさを認識し、
お母様の子に生まれたことを感謝しましょう。

ユーザーID:4760665943
時間はかかりますが…
かわも
2018年8月6日 17:34

それは確かに、かなり突然のことでしたね。

私の場合は特に持病もなく、元気な状態からの突然の別れでした。
脳出血でした。

どちらがつらいというものでもないので比べたりはしませんが、私もしばらく辛かったですよ。
今は2年経とうかという時期ですが、大体みんな落ち着いてきたと思います。

私も、父がちょっと心配でした。
母が亡くなった直後は鬱状態だったように思います。

もうこればっかりは、流れに任せるしかないです。
私のように2年経てば落ち着くかもしれないし、そうでない人もいるでしょうし…

ただこれだけははっきり言えるのは、ごめんね、はっきり言ってしまうのですが、亡くなった方は戻っては来ないということです。
実は私、母が亡くなってしばらくの間、かなり本気で「亡くなった人と会話をする方法」を探しまくっていて。
もう少しで怪しい商売に引っかかってしまうところでした。
私もちょっとおかしくなっていたのかもしれないです…

今が一番大変な時だと思うけど、前のレスにもあるように親が先に亡くなるのは当然のことなんです。
私も当時同じことを他の人から言われて、なんて酷いことを言うんだと思ったけど、今はその通りだと思えます。

できるだけ心と体を休められるように…そうやっていくうちに落ち着いてきますから、大丈夫です。

ユーザーID:8958978342
お母様とともに携帯からの書き込み
2018年8月6日 17:37

なみださまにとって
大切なお母様とのお別れが
どれくらい辛く苦しいことか、
私にはとてもよく分かりますよ。

私もひとりっ子、それはそれは大きな愛情を注いでくれた母を5年前に亡くしました。
母の場合はステージ4の癌で
闘病の1年間を経ての旅立ちでした。
突然にお母様を失なわれた、なみださんの悲しみはどれ程大きいことでしょう。

今はその悲しみの中でお母様と歩んできた30年の思い出ひとつひとつをたぐり
お母様とたくさんお話して下さい。
いいんですよ、お話してあげて。

私は母にこれからも何時でも一緒よ!
と話しかけていました。
写真に向かって
外を歩きながら
何時でも思っていました。
母と一緒に行った旅行等、撮りためた写真でフォトアルバムを作りました。
母に喜んでもらえるよう綺麗なお花をお供えしました。
お墓へ度々行って母に話しかけては
少し気持ちが楽になったものです。


そうして月日が流れ
それでも夜誰もいない道を歩きながら
母に
ママ!淋しいよ!会いたいよ!
そう語りかけてはポロポロ涙を流し

気がつけば5年が経ち
いつもお財布に入れている母の写真を
笑顔でママー!!と見られるようになっていました。

悲しみをそのまま受け入れて下さいね。
いつか少しだけ前に進んでいける時が
きたら
何か新しいことを始めてみて。
そんな、なみださんをお母様は励まして下さると思いますよ。


また辛い時は小町にね。

ユーザーID:4085643940
kazuさんへ
なみだ(トピ主)
2018年8月7日 18:54

kazuさん、優しいお言葉をありがとうございます。

無理に立ち直ろうとしなくて良いと言っていただいて、少しほっとしている自分がいます。
まだ日にちも浅いので、ゆっくり悲しみを受け入れていきたいと思います。

kazuさんもご両親様を亡くされてお辛かったことと思います。
貴重な経験談を教えてくださってありがとうございます。

仏壇に手を合わせながら(まだ納骨は済んでいないので)、母に話しかけたいです。

ユーザーID:9045084395
私も携帯からの書き込み
みきっち
2018年8月21日 20:47

私も8月15日に母を亡くしたばかりです。肝硬変末期で、最初入院した時に余命1週間と宣告されました。
それでも、入院から1ヶ月半頑張って、一時帰宅しようって約束した日の朝に亡くなりました。
まだまだ母のことばかりで周りが見えません。
でも、お母さんの分も一緒に生きましょうよ。
お互いにつらいですけど、あなたは1人じゃないんです。お母様は、ずっとそばにいてくれます。私もそう信じます。姿は見えなくても、ずっとそばにいてくれますよ。

慰めにならないかもしれませんが、同じ心の傷みはわかり会えるかと思います。

ユーザーID:4870859460
これからは誰かに愛情を注いでほしい
しろりん
2018年8月23日 10:54

お母様のこと、お悔やみ申し上げます。あまりにも突然で早すぎるお別れでお辛いことと思います。

自分は夫の父を昨年秋に亡くしました。

今は少し時間が経ち、落ち着きました。さみしかったですが、生きている人たちで協力して物事を進めているうちに、あらためて家族になってよかったという思いと感謝の気持ちで満たされました。今もそうです。

なみださん、どんな言葉も悲しみを癒すことはできませんが、きっと笑える日がきます。

これまでお母様からもらった愛を誰かに分けてください。なみださんがお母様を想っているように、お母さまもなみださんを想っています。

ユーザーID:5893140028
癒えることはない
Nao Nao
2018年8月26日 22:03

なみださん、この度は、ご愁傷様でした。
私も今年の1月に母を亡くしました。
母は一人で苦労して、私達姉妹を育ててくれて、これからやっと親孝行したいと思っていた矢先の癌の宣告で絶望的な気持ちになりました。
僅か4か月間という時間ではありましたが、子供の頃以来の濃密な親子の時間を過ごせたことだけは感謝しています。

もう半年以上経ちましたが、未だ喪失感があり、以前のように何をしても楽しいと思えない自分がいます。性格も変わった部分もあると思います。
街で同年代の母娘が楽しくしているのをみるとどうして私だけ?と思うこともしばしばあります。
ああしておけば、こうしておけばと日々後悔が募ります。
叶うならもう一度会いたい、話をしたいと毎日思います。

余りに気分が落ちこむので、私は、埼玉の秩父三十四観音霊場を徒歩で巡りました。その中で、今、思うことは、日々、母の元に行く日が近づいている、今日かも知れないし、何十年後かも知れませんが、その時、母に恥じないよう、もう一度、胸を張って生きなければいけないなと思うに至りました。

恐らく、この傷は癒えることなく、一生続くのだと思います。
でも、それは、母のことを忘れないということでもあるので、
なみださんも今はお辛いかと思いますが、少しずつ、気持ちを整理して、
次にお互いの母に会った時を楽しみに日々生きていきましょうね。
どうぞまだ暑い時期ですので、お身体には気を付けてください。

ユーザーID:0463164764
お母様のご冥福をお祈りいたします。
こも
2018年8月28日 18:22

お辛いですね。

でもお母様は決して偶然ではなく、きちんとこの世での時間をまっとうされて、旅立たれたのだと思います。

こればかりは、仕方のないことなのです。

どうか、お心をしっかり持って。
お母様は、いなくなられたわけではありません。
ずっとずっと、あなたとつながっていますよ。

泣きたい時は泣いて、話しかけたい時は話しかけて
お母様はきっと、見守ってくださっています。

いまは悲しく、苦しいと思いますが、お母様が大切に育ててくださった、大切な自分であることを思いながら、
なんとか元気になって、乗りきってくださいね。

私も、2年前に母を亡くしました。
今でも時々、寂しいですよ。

でも、母がたくさん守ってくれたことを思いだし、強く生きようと思っています。

幸せになることです。
あなたの幸せは、お母様に、きっと届きます。喜んでくださることでしょう。

負けないでね。しっかりね。
お父様を包んであげてくださいね。

ユーザーID:8279131407
 
現在位置は
です