現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

敷地内同居で長男嫁の方、お聞かせください。 携帯からの書き込み

こまめ小町
2018年8月5日 3:07

長男嫁になってよかったこと、悪かったことありますか?

結婚二年目。
主人のご両親にはとてもお世話になっていますが最近、どこか距離を置いてしまいます。

お姑さんは、とてもいい人なのですが
どんな会話をしていても常に嫁いだ実娘と実娘の孫を基本例として話してきます。

お姑さんとしては自然なのかもしれませんが、
時折、比べられているような気持ちにもなります。

結婚した当初、お姑さんから家事育児で精一杯になったり、子供預けて出かけたいときは頼ってきていいよと言われてましたが、お姑さんも家事に仕事に忙しいので頼りたい日に頼ろうとしてもなかなかスケジュールが合わず、頼れません。
でも実娘の頼りには全力で合わせている感じもあるので、やはり嫁より実娘なのは仕方ないことと思っています。

私の実母は身体が悪く、子供を預けられる状況ではなく…
最近は、保育園に行っているときに自分の用事を済ませるか、主人が休みの日に預けることにしてます。

礼儀作法の細かい部分も主人を介してわたしの耳に入ります。(これも娘夫婦を基本例として伝えられます。)

結婚当初より義実家と距離ができてきましたが、主人は長男。いずれは義実家に帰る条件です。
敷地内同居という形でマイホームを建てる話が出ています。

わたしは気を使う性格なので、敷地外でお汁の冷めぬ距離にマイホームを持つことが理想でしたが嫁は主人についていくものですので、敷地内で別宅という環境だけでもありがたく思うことにしています。

ただもし万が一、主人が若くして他界したら…と考えると、以後ずっとそのマイホームにいていいものなのか…と考えたりもします。

周りは、
敷地内同居って子供も預けやすいし頼りやすいじゃん!同じ屋根の下でもないしいいと思う!と言われますが…実際、どうなのでしょう?

義家族との付き合いや距離感って結構、難しいですね。。

ユーザーID:6730347313  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
経験者です
らてん
2018年8月5日 13:17

夫との関係がいいと、妻は夫のためにと考えがちですよね。でも、やめたほうがいいです。

妻は夫の奴隷ではなく、対等に意見を出し合って家庭を作っていくパートナーです。

もちろんトピ主さんが夫を好きだから、望むように進めていきたいと思っているのはわかります。

ただ、頻繁に義妹やその子供がきたらどうですか?その家に自分の親を招待できますか?

また、トピ主さんも書かれている通り、夫が死んだ場合そこに住み続ける度胸はありますか?

名義は?同じ敷地なら土地の名義は誰ですか?いろんな問題が噴出します。

まぁ、たとえ土地の名義をあなたの夫にしてもらえても、実際パートナーがいない家に住み続けるなんて

つらいと思います。

ましてや、今の時点で義母と心の中に距離があるのに同じ敷地内なんて地獄です。

自分が静かに過ごしたいときに、義家族が集まって騒ぎ立てても平気ですか?

トピ主さんがなぜ妻は夫に従うもの、とこの時代に考えているのかはわかりませんが

一度考え直したほうがいいと思います。

ユーザーID:3783042888
経験談で参考にならないかもしれない携帯からの書き込み
敷地内別居の嫁
2018年8月5日 13:34

けど、書きます。
私は結婚して20数年ですが、始めは近隣アパートに別居してたので、敷地内別居してからは、10年ちょっとかな。

子どもは、別居時代は土日にちょっと預けたり、敷地内別居してからは、小学校までは、子供はよく遊びに行っていたけど、さすがに大きくなってからは男の子だからよけいにだと思うけど、行かないですね。

敷地内別居は、舅が生前、私達とどうしても住みたい!と強く要望され、家も両方新築で建ててくれたので、仕方なく、ですね。

舅はもう亡くなりました。姑は、昔はかなり嫌味で批判的で、嫁は週末来て、ご飯を作ったりするのが当たり前、自分らに尽くせ、と言わんばかりの態度で、私も若かったので、結構言うこと聞いてましたね。

でも段々我慢できなくなり、嫌味も私が怒り何度か怒鳴ったりしたので、それから徐々に遠慮してくるようになりました。

悪い人じゃないけど、私は嫌なことはハッキリと言いますね。
じゃないと長い人生隣同士やっていけない。

姑が入院したときもお手伝いとかしたので、今はもう、私に偉そうにしてくることは全くありません。

今はむしろ好意的です。

メリットは、孫は私の子供一人しかいないし、とても可愛がってくれること。資産家なので、将来子供が困るようなことは起きない、ぐらいですかね。

あと、夫には感謝されて大事にされて、今でも仲良し夫婦です。

姑とは、必要以外は話さないし、別々に住んでるんだし、会わない日も多いから気楽。

同じ屋根の下で、物音とか聞こえたら、それも毎日だと存在自体が苦痛みたいですよ。

慣れるまでは大変だけど頑張って〜。

ユーザーID:2333164308
同居ってそういうものだから
同居嫁
2018年8月5日 15:00

私も同居嫁ですが、義実家と近しく暮らしていれば「私だけ他人」と感じるのは日常茶飯事です。
同居って大なり小なりそういうものですから。

トピ主姑さんが自分基準で物を考えるというのはお互い様じゃないかな。
トピ主さんだって無意識に自分の実家の価値観を基準にしてると思うんです。
ただ同居してしまうと、一人VS義実家連合になってしまうのでそこのところは辛いですね。

夫が亡くなってしまったらって・・・
すみません、この考え方には同意できません。
何かを新しく始めようという時、なんで最悪の事態を真っ先に考えるかな。
トピ主さんは進学したとき「退学になったら」って考えましたか。
就職したときは「リストラされたら」と?
結婚したときは「離婚したら」?
そんなこと言ってたら何もできないと思いますが。

ユーザーID:8389690068
ちょっと違うけど
同居嫁
2018年8月5日 19:05

長男の嫁です
敷地内同居ではないですが、
台所が別で玄関、お風呂は共同ですが
洗濯や掃除などの生活は全て別で同居しています

まず質問の
>長男嫁になってよかったこと、悪かったことありますか?
悪かったというか、うんざりというか嫌なこと、は山ほどあります
良かったなぁ〜と思うことは、1つもないですね〜〜

主さん同様に、姑には実娘(主人の姉)がいます

>どんな会話をしていても常に嫁いだ実娘と実娘の孫を基本例として話してきます
うちもそうです

>周りは、
>敷地内同居って子供も預けやすいし頼りやすいじゃん!
>同じ屋根の下でもないしいいと思う!と言われますが…実際、どうなのでしょう?
私も同居なので、何かあれば預かってもらえていいよね
とか、食事とか別ならましでしょう
って言われましたが

実際子供2人、預けたことはまったくと言っていいほどありません
確かに姑は仕事してた時期もあり、休んでまで見れないと言う感じでしたし
1度上の子を預けた時に、色々言われたので
でも
>実娘の頼りには全力で合わせている感じもあるので
は、本当にそんな感じで、しょっちゅう預かってましたね〜

で義母の言い訳としては、あの辺(義姉の嫁ぎ先)は行事には皆、祖父母が来るけど
向こうの親がいないから自分達が行ってあげないとかわいそう
(義姉のご主人の親御さんは他界されていたので)
とか
他に見てもらえるひといないから
でしたが

私も実家は遠方(車で6〜7時間)なので
親に頼るどころか、親戚も知人もまったくいないんですけどね〜〜

まあ他にも沢山ありますが
我が家の場合、
義母は何事も自分の思い通りにならないと気がすまない人なので

別居してたらしてたで、色々あったと思いますが・・・

ユーザーID:0606267267
実娘(小姑)と孫が実家入り浸りなら止めるべき
元同居嫁
2018年8月6日 16:37

姑も娘が可愛いのは当然でしょう。
嫁よりも気を遣わない存在ですから。
しかし、実家で頻繁に会っているなら、その敷地内に同居しないほうがいい。

結婚して家を出たはずの娘が、我が物顔で実家に居るのは、
嫁には結構つらいですよ。
比べられるのが時折ではなく、もっと多くなります。

娘は甘やかし、嫁にはきびしい、それを受け入れられる人にしか
同居のメリットは無いと思います。

しかも
>礼儀作法の細かい部分も主人を介してわたしの耳に入ります
ご主人、同居してもトピ主さんの味方になってくれないかも。
夫婦で新しい結婚生活を築くよりも、妻に実家に染まる事を求めるタイプです。


敷地内同居のメリットを感じるには、ご主人がある程度は妻の味方になってくれて、
小姑とその子供とは節度ある付き合いが出来てる事が最低条件だと思ってます。

ユーザーID:2427407916
やめておいたら?
しまねこ
2018年8月10日 0:41

夫実家も頼れないわけだし、何かと娘一家を基準にする発言、
敷地内に家建てたら、逃げ場がないですよ。

その娘さんに敷地内に同居して貰えばいいのにね。
私なら、敷地内はやめておきます。
まだ話が出たばかりなら、今ですよ、嫌だと言えるのは。
話が進んじゃったら、どうしようもないから、
早めに、こういう事情で敷地内は避けておきたい、
とご主人に理解してもらったほうがいいのでは?

ユーザーID:9913131478
 


現在位置は
です