現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お義母さんは生きていた?(駄)

石山本願寺
2018年8月7日 22:52

かつて義理の両親が住んでいたマンションがずっと空き家となっていたため、
3年前にささやかなリフォームを施し、家族で越してきました。

義理の両親は既に鬼籍となっていますが
今もごくたまに、二人のどちらか宛のDM等が届くことがあります。

ですが今日、聞いたことのない眼鏡店から、
義理の母宛のハガキが届きました。
いわく、「半年前にしつらえた眼鏡の具合は如何でしょうか?
不都合があればいつでもご来店ください」云々…。

90歳で亡くなるまで、無邪気で可愛らしかったお義母さん。
最後を看取り、涙で送り出したのはもう何年前のことだったか。

息子は「成仏してクレメンス!」と叫んでいます。
今もどこかで元気に生きているのかな。

ユーザーID:7972830077  


お気に入り登録数:166
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
古い家に住んでると
まち
2018年8月8日 6:51

時々だれかが家の中にいるような気配がすることがあります。
若いころの私なら「やだ!オバケ!しかも夫の身内」などと失礼なことを言ってお祓いの真似事なんかしていたかもしれないけど、すでに私も50代。
「ん?お義祖母ちゃんでもいるのかしら」と落ち着いたもの。
でもまだ若い息子たちは微妙な顔をします。
トピの最後の2行と重なってちょっと笑ってしまいました。

まあハガキの件はお店のミスだと思いますけどね。

ユーザーID:3392702072
我が家の義父も…‥。
ぺこりん
2018年8月8日 9:54

近隣での工事の為に通行止めに。
その地図が配られた…‥。
うちの義父。両隣。斜め前。
みんな、お亡くなりになってます。
然も、解体されて更地で、売却済。
15年以上前の地図?。

そして、『お中元』『お歳暮』の時期に必ず京都の『漬け物屋』からの『カタログ』。
義妹の嫁ぎ先の、義弟の勤め先‥。
やめて欲しい…‥全く利用して無かったのに。
もう、13回忌。。

ユーザーID:8314749782
気になる〜携帯からの書き込み
ひまわり
2018年8月8日 10:36

凄く気になります!
もう一人90代の女性のお客さんがいてトピ主さんのお義母さんと勘違いしてハガキ送ったんですかね?
それとも本当に…

ユーザーID:2551873944
単なる間違い電話なんでしょうけど
ミーはピーターソン
2018年8月8日 10:44

久々に見ました。
〇〇してクレメンス!
懐かし過ぎてツボりまいた(笑)

ありがとう。
お疲れマウンテン!

ユーザーID:2103135704
データミスです、心配ない
あらかんです
2018年8月8日 17:25

優しいお嫁さんに涙で看取られたなら、成仏してますよ。

でも、皆が越してきてくれたのが嬉しくて、私の事も思い出してーと空から無邪気にいたずらしたのかも。

仲良しだったなら、いつも守り神として息子家族を見守ってくれているはずですね。

ユーザーID:3391344652
犯罪の臭い
普通の通行人
2018年8月8日 21:07

なにか笑い話に感じていらっしゃるようですが、
戸籍を盗まれているんじゃないでしょうか?
戸籍を盗んではいないにしても、
義母さんの名前と住所を勝手に利用して生活している人がいるのでは?

戸籍はちゃんと死亡届が出されていますか?
戸籍がおかしなことになっていませんか?

ユーザーID:0602370015
大丈夫?
どもさん
2018年8月9日 9:09

半年前に何者かが義母さんの名をかたって
メガネを作ったということでしょう?

クレカとか使われてません?
大丈夫?

ユーザーID:6415491019
間違えただけ。
とらねこ
2018年8月9日 12:56

 顧客名簿の書き間違えでしょう。

 気にする必要なし。

 向こうは、義母様が亡くなったかどうかなんてわかりませんよ。

 しかし、お盆が近いと多いネタですね。

 お線香をあげてくださいね。

 

ユーザーID:4336823090
トピ主です
石山本願寺(トピ主)
2018年8月9日 19:39

やくたいも無い駄トピをご覧くださり
ポチを押してくださった皆さま、
レスをくださったまちさま、ぺこりんさま、
ありがとうございます。

義母は、楽しいことが好きで
子どものようないたずらをしてはケラケラ笑う人でした。

亡くなった際の、忘れられない出来事があります。

本人の意志もあり、葬儀は義姉と夫、私、息子の4人だけでひっそりと行いました。
言葉もなく義母のかたわらに寄り添っていた時、
斎場の方が「ご遺影が出来上がりました」と、うやうやしく入ってきました。

祭壇に置かれたその遺影を眺めること数秒。
あろうことか私たちは、不謹慎にも爆笑してしまいました。

義姉と夫が遺影にと選んだ写真は、
大きなサングラスをかけ、麦わら帽子をかぶり、海辺で微笑む屈託のない義母。

しかし、額に入った加工後の写真は、義母とは似ても似つかぬ「謎の人物」でした。

麦わら帽子は取り払われ、
「ラーメンの小池さん」みたいな髪型になっていました(義母はおかっぱ頭です)。
同様にサングラスも消され、眼光鋭い瞳がこちらを威嚇しています。
そこにいたのは、とても堅気とは思えない、
もはや性別さえ異なる凄みを帯びたオジサンでした。

笑いの発作がようやくおさまり、夫が「作り直してもらう」と立ち上がった時、
息子が裏返った声で「おばあちゃん笑ってる!」と叫びました。
見ると、義母の口角がキュッと上がり、笑みを浮かべていたのです。

私たちみんな、信じがたい思いで呆然としていたのですが、
やがて義姉が「おかあさん、みんなが笑っているのが嬉しいんだよ。
だから遺影はこのままでいいと思う」と言いました。

そんな思い出があるので、
今回の謎のハガキも、義母ならあの世から悪戯心でやりかねないなあ、
と思った次第でした。

ユーザーID:7972830077
何度読んでも吹出します
なんちゃっておばさん
2018年8月17日 16:12

トピ主様の追加レス読みました。

笑いをこらえきれませんでした!
おまけに何度読んでも面白すぎる!

私、「ラーメンの小池さん」がわからず、ググったところ、これまた爆笑!
脳内でイメージ映像が流れる、流れる(笑)

よそ様の母上を笑いものにして申し訳ないですが、お義母様ならそれも尚更に喜んでくれそうですね。
皆様に幸多かれ!

ユーザーID:1817174117
 
現在位置は
です