現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

試合に出させて頂けない 携帯からの書き込み

なし
2018年8月8日 21:27

小学4年生の男の子です
年長さんから空手をやってました
同級生のみんなはもう1級取得してバンバン試合に出て全国大会に出られる強者もいます
うちの息子は、なかなか、上達することができず、現在4級です。ADHDがあり、なかなか他の子と同調出来ずにいます

無料の市民大会は出られるようですが
次の週にある県大会は出させて頂けない事を言われました
以前からミスが多く反則もしてしまいがちで、試合出場について制限をうけることがあったのですが、基礎が伸びず、先生も手を焼いているらしいです。

小学6年までは辞めずに続けさせたかったのですが、進退を求められているように感じてます

どのようにすれば子にとって一番良い方法になるのでしょうか?

ユーザーID:9152434852  


お気に入り登録数:114
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:33本

タイトル 投稿者 更新時間
指導者に相談してみれば?
ハロン
2018年8月8日 21:54

空手は青少年育成目的で教えているところが多いのではと思いますし、指導者の方に相談してみればと思うのですが。進退を求められているようだというのは思い過ごしかもしれないし。

子どもさんは空手が好きなのですか?もし好きなら続けさせてあげて欲しい。

上達のことはともかく、反則は相手にも迷惑を掛けることになるだろうからADHDのことはよくわかりませんが貴女に可能な範囲で、周りに迷惑を掛けない行動を取れるように息子さんに言い聞かせることが出来れば指導者の方も助かるのではと思います。

組み手で反則は相手にケガをさせることになるかもしれないが、型ならあまり周りの迷惑にはならないのでは?

市民大会には出られるならいいじゃないですか。それを励みに頑張って行かれればと思います。
小4の男子なんて障害が無くてもなかなか言うことを聞かないやんちゃな年齢、成長に従って伸びてくるかもしれないし。

障害の特性上、もし向かない競技なら難しいかもしれませんが。
一度、医師とも相談して良い指導法を模索すればと思います。

ユーザーID:0625395035
空手をやらせている目的は何?
海坂
2018年8月8日 22:13

試合に出られないのは残念で寂しいことだし、だんだんヤル気もなくなってくるものです。

でも反則があるようでは、試合に出られなくても仕方がない部分もありますよね。

息子さんに空手をやらせている目的は何なんですか?

それは、試合に出ることがどうしても必要なのですか。

試合に出られなくても、空手を続けることに意味があるのですか。

本人は、どのような気持ちなのですか。

本人の気持ちが第一ですが、無理があるようなら辞めるのも仕方がないと思います。

ユーザーID:7056398711
基礎が出来ていなければケガをします携帯からの書き込み
匿名
2018年8月8日 23:15

反則をついついやってしまったり、基礎が出来ていないなら、試合には出せないです。

発達障害が無くても、試合に出してもらえない生徒はいるし、辞めていく生徒もいるんです。

6年生までは空手を続けさせたいのは、親の希望ですか?
本人の精神面はどうなんでしょうか?

子供に自信を持たせたいという理由で空手を習ったのに、逆に自信喪失に繋がるという場合があります。

ユーザーID:4712280542
五年も続けているんですね」
小豆洗い
2018年8月9日 0:22

小さいお子さんが空手の修業を嫌がらずに続けているだけで、私はエライと感心してしまいます。
うちの息子は一度道場を見学しただけで「イヤだ」と拒否しましたから。

なんのために空手を習わせたのですか?
集中力を高め、精神を鍛えて落ち着きのあるお子さんにしたいと思ったのではありませんか?

級は上がらなくてもへこたれずに続けている。進歩は遅くても確実に成長しているのでは?
空手は精神修業の場ですから、お子さんが音を上げない限りは続けさせてあげては如何ですか?

試合はまた別の話です。
道場、または地域を代表するのですから当然優秀な人材が選ばれます。
ピアノの発表会とは違いますので。

先生はそれぞれのお子さんの資質を見ながら指導して下さっていると思います。
お子さんが遅れているからといって、そのことで進退を求めるなんてことはないと信じます。

お時間があれば、お子さんと二人で『ベスト・キッド』という映画を観て下さい。
新・旧どちらでも構いませんが、個人的には旧作がおススメです。
なぜ反則がいけないか、強くなるとはどういうことかが学べます。

ユーザーID:3723060819
まず本人のやる気は?
F
2018年8月9日 0:27

小6まで続けたい気持ちは本人にありますか?親御さんではなく

もしも強い気持ちが本人にあるなら
反則を減らさなくてはいけない事など理解できているのでしょうか

そして進級できるようになるしかないのではないでしょうか

試合に出させて貰えないのは先生のキャパシティをお子さんが超えているからだと思います
面倒見切れないのかもしれません
(そのような子はどこの教室にも だいたいいると思いますが)

ただ本当に空手が好きなら級にとらわれずに地道に習い続けられる教室へ移っても良いのではないでしょうか
ADHDの子にとって続けられるものがあるというのは 1つの自信にもなると思うので。

それと競わない芸術系の習い事もお勧めですよ
絵や書道や街のピアノ教室など。ひたすらお子さんのペースで進めてくれる教室を探してあげたら良いかなと思います
スポーツはどうしても勝敗があるので あまりに負けばかりも可愛そうでは?

ユーザーID:8907333584
ルールを判らせるチャンスと思って
るるべ
2018年8月9日 0:50

<以前からミスが多く反則もしてしまいがちで
反則が多いと先生の指導力も問われてしまいますよね。審査員だって事前にADHDのハンデを知っているわけじゃないでしょうし。

ここはお子さんに、『この大会はとても厳しいから、ルールをきっちり守らないとダメなんだよ』、ということを根気よく理解してもらうしかないと思います。そのためにも辞めるべきではないと思います。

<先生も手を焼いているらしいです

教室へはお子さんだけで?あなたも見学に行って、何がダメなのかきっちりと家庭で説明してあげては?先生だけに頼らないことですよ。でないと、どこに行っても長続きしないと思います。大会に出る子は、親もそれなりに熱心に子供のやることを見ているはずですからね。ADHDなら、尚更先生のいうことをフォローしてあげる必要があるのでは?

どうか、親子でがんばって欲しいです。

ユーザーID:2335716222
何のために携帯からの書き込み
かな
2018年8月9日 2:01

しているのか明確にするべき。

トピ主の文章だと他の子供と比べて落胆しているようにしか見えない。

他の子供がトピ主の子供とレベルが同じだと生じない悩みだよね。

子供さん自身の鍛錬としと取り組むべきだし、トピ主の世間体でやらずのなら意味は無い。

子供さんがどう生きて行くか安易に考えるのはトピ主には厳しいのかな。

行き当たりばったりは価値的どはないよ。

ユーザーID:7473651734
誰がやりたくてやっているのか
ノック
2018年8月9日 2:16

息子さん自身の様子はどうなんですか。
空手を愛してやまなくて、絶対に辞めたくないと言っているのかどうか。
もしそうなら試合に出られなくてもただただ続けていけばいい。
実際、その様子では試合に出しても周囲が困ってしまうわけで仕方がありませんよね。
親としては「出してもらえない」ことを悲観的に捉えず、息子さんに明るく向き合っていくくらいしかできないと思います。

一方、もし息子さんが実はそこまで空手にこだわっていないのであれば。
辞めて他のことをやらせてもいいんじゃないですか。

ユーザーID:5252808432
なぜですか?
通りすがり
2018年8月9日 2:21

>小学6年までは辞めずに続けさせたかったのですが

明らかに向いてない習い事だと思うのですが なぜ6年生まで続けなくてはいけないのでしょう?

もっとお子さんに向いている習い事を探してみたほうが良いと思いますけれど。

ユーザーID:5605696889
お子さんの気持ちを尊重してあげたいけど・・・
ゆず
2018年8月9日 4:25

>ミスが多く反則もしてしまいがちで

反則行為をしてはいけないというルールが
能力的に理解できない、または身体的に難しく
どうしても反則扱いを受けるような動きしかとれない等の
本人が気を付けていても守れない状況なら
他のお子さんのケガにもつながると思うので
別のお稽古事に変えられた方がいい気がします

体を鍛えるために運動系がいいのなら
水泳などはいかがでしょうか
タイムを競うスポーツなので
少なくとも周りの生徒さんのことを心配しなくてもいいと思います

お子さん本人が
今どう思っているかが一番大事だと思います
まずは、本人の意志を確認してみては?
頑張りたいってことなら
道場から脱退してくれと言われない限りは
通わせることは可能だと思うけど
大会に出られないことと
この先続けるかどうかは
また別問題だと思うので
親の視点だけで決めるより
まずは我が子本人の意志確認ではないですか?

親が通えというから
まわりと馴染めなくても無理して通ってるだけかもしれません
言われたことを真面目に受け止めてしまうことがあると思うので
やめたいならやめてもいいのよと
かわりに他にやってみたいものがあるなら
そっちを始めてみてもいいし
何もしなくても悪いことではないよ
どうしたい?思ってること言っていいよ
と向き合ってみては?
もし空手を続けたいということであれば
先生に一度相談して
本人がやりたいといっているので
もう少しの間面倒みてもらいたいと頼んでみては?
大会も大きな大会は実力がないのなら出られないのは当然であり
我が子にも大会を経験させてあげたいのなら
市民大会に申し込めばいいじゃないですか

大人の感覚で6年生までは続けさせたかったとかよりも
今子供が通うことによって
やりがいを感じて意欲がわいているのかどうか
親の勝手で無理やりやらせてはいないかどうか
そっちのほうが大事

ユーザーID:4334810674
空手の顧問の先生の言う事を聞いた方が良いですよ。携帯からの書き込み
tomo
2018年8月9日 6:32

トピ主さん、厳しい事を言いますね。まず、息子さんはADHDの知的障害があって、この障害の特徴は相手の事を読んだり、間を考える事が出来ません。空手はその感覚を使わないといけないと思います。あまり詳しくないので違っていたらすみません。息子可愛さで 空手を続けさせてあげたい気持ちは母親としての立場なら分かりますよ。でも、息子さんは本当に空手を好きで先生の空手の指導を聞きなからしていますか?トピ文に書いてあるように、空手の顧問の先生から「息子さんは反則ばかりで困っているのです」言われて先生方が手を焼いてと言われているのなら、息子さんが嫌々やっている状態であれば、先生の言う事を聞いて、「息子がすみませんでした。空手が出来なくて伸びないのであれば辞めます。今までありがとうございました。」と先生に今までのお礼と謝罪を言って、空手を辞めさせて、息子さんの得意分野の者を習わせる方が良いですよ。その息子さんの障害の特性に合った空手部以外の習い事をトピ主さんが息子さんの様子を見てあげながら、次へのステップに進んだ方が良いですよ。それが息子さんのためでもあります。特別支援の先生と相談するのも1つの手かもしれませんね。障害の特性や息子さんが何かしたいか、親の欲目を出さずに、息子さんに寄り添える母親としての立場を見つめてみてはどうですか。続きます。

ユーザーID:1030672778
続きます。携帯からの書き込み
tomo
2018年8月9日 6:45

続きますね。長くてすみません。トピ主さんに先生方の気持ちを受け入れていただきたいと思いますので、息子さんの指導ばかり先生方がしていると、他の同級生の空手の上級の1級クラスの子供達の指導にも影響が出てきます。そうすると、県大会の試合の練習にはその子供達は上達したいと一生懸命に先生の指導を受けながら真面目にやっている子供達が気の毒で可哀想ですよ。考え方や受け入れ方を全て変えて、敢えて先生方の辞めていただきたいと思う事を受け入れて下さい。息子さんに寄り添い、息子さんに障害の特性に合った習い事をトピ主さんである母親の貴方が息子さんと一緒に探してあげて下さいね。何度も厳しい事を書きますが、何もかもそれが息子さんのためですからね。

ユーザーID:1030672778
当事者です
ピアノが大好き
2018年8月9日 7:56

精神科にて診断済みの者です。

空手は、未経験ですが
幼い頃からずっとピアノをしています。

地区予選、本選、全国大会と
毎年勝ち進んでいます。

孤高の世界は
とても居心地がいいです。

個人プレーのほうがいいのかなと思います。

子供さんが、「空手大好き!!」と
おっしゃっているなら また別ですが
子供さん自身が、もし
「なんとなく合わない」と感じておられるなら
・別の世界を体験させてあげる
・居心地のいい場所をみつけてあげる
ということも大事かなと思います。

ユーザーID:0094077486
ルールを守れないから携帯からの書き込み
おにはは
2018年8月9日 8:17

>ミスが多く反則
対戦する空手なら、相手が怪我をする可能性があるから出してもらえない。お金を払う大会=上を目指したい意思=教えを守る。だから「教えを守れない」お子さんは出してもらえないのでは?
型の空手なら、ミスも反則もしない子が選ばれるのは(定型不定型の関係なく)当たり前。

お子さんが「大会に出られない」ことを気に病んでいるのなら、継続させる意味はありません。むしろ「自分は出来ない」マイナスイメージが大きくなって、お子さんのために良くありません。

「お子さんに合う」習い事に変えた方がいいと思います。

ユーザーID:9594688565
親が待てるなら、続ける
posuyumi
2018年8月9日 8:18

お子さんが空手が好きなら、周囲との扱いの差を呑み込んで、続けるのがいいと思います。
お子さんが空手を楽しんでいないようなら、早めに切り上げ、別の楽しめるものを探しましょう。

大きくなるに従い、年齢で望まれる対応力の基準が上がり、新しく何かを始めるのがだんだん難しくなります。
お子さんが、ではなく、受け入れが難しくなる。
でも、何かをしている、というのはお子さんにとっては大きな心の柱になる。
だから、好んでいるなら続け、好んでいないなら早くに別のを見つけるのが大事なんです。

文化系の街中の子ども向けサークルに関わっています。
発達障害で学年並みのものが難しい子がいます。
大きな大会ではさすがに他に頑張ってる子の成果が全部だめになるので、参加を見合わせてもらった時期もあります。
ここで同じくらいの程度だけど素直に従ってくれる親と受け入れがたいとやめていった親とかいました。
受け入れられなかった親のお子さんはその後あちこち試してはやめていて、今は居場所があるのかどうか・・・。学校でも普通クラスにこだわっていて苦労してもいて。

受入れて続けていた親のところは、やがて一部は大会でも参加、となり高校生になった今はすべてに参加しています。
だんだん、ゆっくりと足踏みするかのようなスピードですが成長し、5年遅れ、6年遅れくらいではあってもなんとか他の子たちの努力を潰すことない参加が可能になってきたからです。
もう、当人の親だけでなく、私たちもその雄姿には涙もの。成長したねえ、と。

彼にとっても心の大きな柱になっています。

ユーザーID:5569561371
どうするっていうか携帯からの書き込み
かりん
2018年8月9日 8:22

やらせたい
のですか?
お子様自身が
やりたい
のですか?
それによっても答えは変わりますよね。

ユーザーID:4844560628
スポーツしてたら、試合に出れる子の方が少ないですけど…
子猫産まれたぁ!
2018年8月9日 9:10

私も部活系のスポーツやってきましたけど

でもね、そういうのって、試合に出れる子の方が少ないですよ、どっちかっていうと…
チームの勝負かかってるし、実力主義だし、試合に出られる定員は決まってるし厳しいもんです
それでも、みんな続けて行く…

なぜかって言ったら、苦しいこともあるけど、基本的にスポーツ自体が楽しいんです
ストレス発散効果もあるし
苦しい事をやり抜く達成感もあって
レギュラーになれなくても、地道に練習を続けて行く根性って言うのは、
他人(友達や先生)にも、ものすごく評価されるんし
自分の自身の自信、一生自分に誇れる根拠になります

そういうところで、集団での自分の立ち位置を学んで行くのも、将来的にすごく本人のためになるし


だから、本人がやめたいと言うなら別ですが
簡単に親がやめようか?とか言わないであげて欲しいです



あとね
子供の習い事って、スポーツも学業も含めて、親の家庭での補強って大きいですよ
できる子は、だいたい、親がなんかかんか、補ってる(宿題みたり、キャッチボールしたり)
主さんご夫婦はお子さんの空手の練習その他にお家で何かされてますか?

多分、先生から見て、ルールが、本当には、わかってないというところがネックになってると思うんですよね
(ADHDだと、先生がルールを説明してる時、注意が外れて、全部聞けていないかも?)
なので、そこんところを親が補強してあげるのは、大事かも?

例えば、
子供向きの空手の教本みたいなのがいっぱいネットで売ってますから
そういうのを1冊買って、毎日、2-3ページずつでも親子で一緒に読みながら、ルールを覚えたらいかがでしょう?
読解力もつくし、親子のコミュニケーションも良くなるし

ユーザーID:3805922857
息子さんの気持ちは?携帯からの書き込み
モゲラ
2018年8月9日 10:03

息子さんの気持ちは?続けたいの?辞めたいの?息子さん次第だと思いますよ?

ユーザーID:0127796664
個人競技はどうですか?
トラリンゴ
2018年8月9日 10:13

とある団体競技を長年子供にやらせています。
同じチームにADHDのお子さんがいます。

その子自身とてもいい子ですが、力が強いのでキレると相手をケガさせて
しまうようなファールプレーになってしまい、実際相手にケガをさせてしまった事もあります。

でも、その子の親は「またキレちゃった…ほっといてくれればいいのに、日頃の指導が悪いせいだ」と。
そして試合に出さないと「もっと試合に出してくれればいいのに!」と文句。

コーチも危なくて試合に出せない、というのが本音です。
子供自身にも親にも反則がいけない事は伝えているのですが、試合中は感情が先に立ってしまうので
いくらファールはいけない、ルールがある、と説明してもダメなんです。

個人が相手にケガをさせれば、それはチームの責任であり責任者が責任を
負うことになります。
(あんなプレーをさせて!と相手チームや見ている他のチームからも悪い評判がたちます)

厳しい事を言うようですが、個人競技にしてはいかがですか?
水泳や、長距離や短距離の陸上など。相手がいるスポーツではなく
自分自身の記録と向き合うようなスポーツはいかがですか?
中学の部活動にもつながるようなスポーツを今からすれば、中学校生活も
楽しくなるのではないでしょうか?

高学年になるとスポーツの習い事は、より真剣になります。
試合に出れない、活躍できない…という事も多くなり、お子さん自身も
親もツライ思いをすると思います。

中学も見据えて、今からシフトチェンジをして自分に自信を持てるような
スポーツをお考えになってはいかがでしょうか?

ユーザーID:9203215583
子にとって一番の方法
棒棒鶏
2018年8月9日 10:55

それは、子供がしたいようにさせること。なのでは?

試合に出られないことで息子さんがやめたいと言っているのなら別ですが
試合に出られなくても、空手を続けることは止められていないのですよね?

だったら、それで納得するしかないのでは?

「ルールを守れない。反則をする。」
これは「〇〇道」では絶対にやってはいけない基本中の基本。

それができないのであれば、試合には出られません。

でも、本人の趣味として空手を続けることはできるのでは?

ただ、空手にしても柔道にしても格闘技を習うということは、
「絶対に他人には手を出してはいけない」ということを理解させなくてはいけません。

それは親の務めですから。
そこだけは、しっかりお願いしますね。

ユーザーID:6735837223
 
現在位置は
です